2017年10月13日(金)

2017年10月13日(金)

CHhom ファミリーホメオパスコース
「妊娠出産概説」DVD上映
講師:由井学長

20171013_FH7_tokyo_01.jpg20171013_FH7_nagoya_01.jpg

(写真クリックで拡大します。)

本日は、ファミリーホメオパスコース由井学長によるホメオパシー『妊娠出産概説』のDVD上映授業が行われました。また、本日は公開講座として一般の方も参加されました。

『出産』をテーマとした授業という事で、由井学長のご自身の妊娠出産育児を振り返り、幾多の苦労を思いだし、喜びの境地に到達するまでのエピソードをわかりやすく、解説されました。

授業では、人はなぜ、生まれてきたのか? なぜ、この親の元に、なぜこの家庭に生を受けたのか? なぜ、人生の中にこのような苦しみを経験せねばいけないのか?など、根源的なテーマを土台に、発生学、栄養学、ホメオパシー病理学、妊娠出産のレメディー、心理学(バーストラウマ)などを包括的に学びました。

日本の妊娠と出産の環境が危機的状況にあり、不妊や奇形の問題が増加している現状について、問題の原因となる食や心の問題を指摘され、心臓中核欠損のお子様のケースが紹介されました。そのケースでは、お母さんが出産前に生理痛に痛みどめを使用していたこと、そしてお母さんが小さい頃から自分を殺して生きてきたことによって、そのDNAを引き継いだ子の心臓に穴が開いてしまう説明がされました。

また、母親がインナーチャイルド癒しをすることが必要であることを学長ご自身が出産子育て体験を通して得た多くの学びをシェアされました。

学生は、我々の体に宿る生命の神秘の偉大さ、自己治癒力を触発する、心・体・魂を三位一体に包括した療法の可能性を感じたことと思います。

学生の皆様お疲れさまでした。

>>FH7の感想
>>公開講座の感想

20171013_FH7_sapporo_01.jpg20171013_FH7_osaka_01.jpg

講義の感想

【FH7の感想】

●ありがとうございました。人生、出産、その後の育児にかかわる考え方、取り組み方が、とてもわかり易い講義内容で組み立てられていて、これまでの自分の持っていたもの(体験も含め)が、より明確になったり、具体的になったりで、力になりました。人生はほんとに人の生で、この生でしか味わえない肉体を持っているからこそ味わえる世界を愉しみたいとますます思います。四苦八苦の人生であればこそ。

●とても神秘的な映像を見せていただきました。妊娠、出産は今でも昨日のことのように鮮明に記憶にあります。妊娠する前からホメオパシーと出会っていれば、と思いました。これから2週続けて、妊娠、出産の講義なので、また楽しみたいです。そして奇形で産まれてくる子供が今後増加していかない事を願います。

●こどもは一人しかいないのですが、その時の体験を思い出しながら聞きました。DVDで女児の奇形は母がとっていた薬の影響もあるだろうけど、母や祖母のインチャの影響もあった、というのが、とても印象的でした。今回の授業を含め、CHhomで勉強を始めてから。息子が生まれる前に知っていたらと良かったと思う事があります。最近、息子が自閉症の疑いと言われ、相談会をうけたらMercがTopにきているとQXで分かりました。潜在意識でもMercの傾向が見られましたが、それは夫と母の傾向とも似ていると気がつきました。(夫は虫歯が多く、母は仕事柄ワクチンをたくさん打っている)息子にワクチン0才の時に全て受けさせてしまったためと思うのですが、息子がいなかったらホメオパシーや由井先生とも縁はなかった事を思うと全てはつながっているのかなと思いました。最後の由井先生の言葉が励みになると感じました。

●今週水曜日に菊田先生の相談会を受けた際に、「もしかしたら、お母さんのおなかの中にいた時に、お母さんが感じた感情をもらったのかもしれない」と言われ、すぐに「あ、これだ」と直感でわかりました。また、なぜか、呼吸困難になり、息ができなくなることが胎児の時の記憶だったとはっきりわかりました。生まれた時、息をしていなかったので、医者が背中をたたいたと母から聞いてます。今日の講義の内容、20代の時に聞いておきたかったです。母体を健康にするということがいかに大事なのか、命をつなぐ土台になることを痛感しました。先生がいて下さって本当に感謝です。ありがとうございます。もう一度聴きたいです。

●私自身、体型、体質、性格、すべてが父親に似て、どこが母親に似ているかがわからないと思っていたのですが、母親から引き継がれるものが多いと知り驚きました。娘は出産直後から母乳、ミルクをたくさん吐き、水頭症の疑いがあると言われ、毎日不安と心配の気持ちで育ててしまいました。どちらも要観察ということで当時は子供を大丈夫!という目で見れず、10か月近く不安定な精神状態であったことはよくなかった…と思ってしまいました。結局、結果としては何もなかったのですが。これから将来妊娠するかもしれない子供のためにも特に食生活は気にかけていきたいと思います。

●ロキソニンの話しをされていたときに、私も生理痛がひどい時、生理毎に1回はロキソニンを飲んでいたので、腎臓が弱いのはこのせいもあるかなと感じました。(現在は飲んでいません)目からウロコの内容でした!先生の宇宙人の話が気になったのでもっと聞きたかったです。星の話しも。私は何人かの人にもう生まれ変わらないと言われたことがあったので、来世が無いのかなと心配になりました。辛いものが大好きで辛いものばかり食べていたので、控えようと思いました。

●ありがとうございました。親から子へ意識を超えて伝わっているものがあるということ。症状が出た時は、そこに取り組むチャンスであるということを再認識しました。どれだけ自分と向き合い、言語化するか。それには、手伝ってもらう人が必要であること。そんなことを思いました。親を、自分を、許すための作業が自立への道なのだと。

●日本の奇形発生率の中で、3つも発生した娘がいます。自分の妊娠中はどうだったかな?とふりかえっても、ストレスの多い妊娠初期を過ごしていた!と申し訳なさでいっぱいです。自分自身を生きていなかったのかな、しっかりしなよ!という娘からのメッセージなのかなぁと思い、講義中涙が出てきました。妊娠出産はすごいことだと改めて感じ、産れてきてくれた子どもに、もっと感謝しなければと思います。

●どうもありがとうございました。盛り沢山で頭の中が一杯ですが、とても勉強になりました。自分が出産するときにホメオパシーに出会っていたら、どういう違いがあっただろう?と思ってしまいますが・・・笑。(アレルギーや結核マヤズム、ワクチン、色々と持たせてしまいました・・・)でも、由井先生のおっしゃる様に、すべては必然このタイミングで全てが起きて、今の自分と子供が居る事を受け入れる事ですね。とても有意義でした。

●自分の妊娠、出産をふりかえりながら、授業を聞いていました。妊娠中のショック、恐怖が大きかったから、子どもの体に直に影響していたんだと改めて思いました。自分を愛し、トラウマをとるのにインチャ癒しをちゃんとやろうと思います。子どもがよくお母さん、人生楽しいと聞いていたことを思い出しました。

●妊娠・出産について、影響があることがよくわかったし、昔のやり方の意味や、効能を知れて良かった。知ることで選択肢が増えたり、広がったりすると思いました。

●講義はとてもよくわかり、もやもや知りたかったことがわかり、今日聞くことができ、よかったです。私自身は年齢的に出産は無理ですが、娘によくよく引き継いでいきたいと思います。どうもありがとうございました。

●日本の出産の奇形率が世界一という事実にとても驚きました。心臓の奇形のみならず骨の奇形も多いという話を以前、講義で伺ったと思いますが

●母と子は密接な関係であるからこそ、改めて女性の心身の作りは大切だと思った。妊娠・出産は、その人の生き様が表現され、自分を見つめる大切な機会だと知れた。ありがとうございました。

●私が次女を出産する前日に、長女がトイレでおしっこができなくなり、病院に入院することがありました。今回の講義を聞いて、そういうことかと納得しました。ありがとうございました。

●また子どもが生みたくなりました。今はパートナーの問題がありますが(笑)。妊娠・出産がどれだけ大事な時間か改めて感じ、思いがけず涙がいっぱい出ました。

●受精から誕生までのDVDを見て、自分の子の出産を思い出しました。妊娠前からの体、心づくり、大切だと思いました。

●私は、妊娠、出産をしたことがなく、年齢的にも、もう無理だと思いますが、自分と同じ魂の宿題をもっている親に生まれてくるという事を初めて聞いて、なるほどと思いました。

●娘が3人結婚していますが孫は1人です。なぜ出来ないのか不思議でしたが、色々な原因があるのだなあと思いました。食の安全はもっと社会的に頑張っていくと良いのにとつくづく思います。

●今まで大腸菌は悪だと思っていましたが、今日の授業で考えが変わりました。むしろ大腸菌こそ大事、うつや他の病気を防ぐにも役立っていると新しい発見があり、有意義な授業となりました。

●来年子供2人目を考えているので、すごく勉強になりました。

【公開講座の感想】

●非常に興味のある内容だったのと、来年このコースに通学を検討しているので、参加しました。冒頭はインナーチャイルドの話が多く、やはり全てに母親のインナーチャイルドが関係しているのだなと思った。出産の時間帯さえも誘導され、動物本来の力を発揮できない現代の出産業界の話にもとても驚かされました。出産妊娠の座談会なども増やしてもらえたらとても嬉しいし、これから子供を産むかもしれない人にとっても本当に貴重な情報だらけでいいのではないか?と思った。

●長女がアトピー、食物アレルギー、肥満などあるのですが、妊娠出産時の影響で思い当る事がたくさんありました。ものづすごく興味がある内容、というよりは、日程があったので、来てみたのですが、想像以上に良い内容でした。又、日程が合えば自費参加したいです。

●「苦しみやつらさは人生の醍醐味という言葉が心にとまりました」。つらいことも受け止めて生きているという感覚を楽しんで、味わっていこうと思います。ありがとうございました。

●寅子先生の話を夢中で聴き、あっという間の3時間でした。情報量が多くて、とりこぼすまいとして必死に聞いてしまいました。もう一度お産してみたくなりました(笑)ありがとうございました。

<< 1つ前の記事へ | 記事一覧へ | 次の記事へ >>

最新の講義の様子

2017/10/20CHhom ファミリーホメオパスコース「妊娠と出産のレメディー①」講師:豊池先生...
2017/10/13CHhom ファミリーホメオパスコース「妊娠出産概説」DVD上映講師:由井学長 ...
2017/10/06CHhom ファミリーホメオパスコース「病理学」DVD上映講師:酒向先生 (写真...
2017/09/29CHhom ファミリーホメオパスコース「農業総論」講師:由井学長 (写真クリック...
2017/09/15CHhom ファミリーホメオパスコース「フラワーエッセンス」講師:東先生 (写真...

講義を月別に表示する