2018年02月16日(金)

2018年2月16日(金)

CHhom ファミリーホメオパスコース
「修了試験&関連法規」
講師:秋山先生

20180216_FH7_tokyo_01.jpg20180216_FH7_tokyo_02.jpg

(写真クリックで拡大します。)

本日、前半はファミリーホメオパスコースの修了試験が行われました。

後半は、JPHMA認定ホメオパスであり、弁護士でもある秋山先生の「関連法規」の講義が行われました。

秋山先生は、ファミリーホメオパスの学生に合わせ、「法律と倫理」について分かりやすく丁寧に解説されました。

法の尊守、法の礎など、専門的な内容に関しても身近な例を挙げて下さり、分かりやすく学ぶ事ができました。

特に医師法や薬事法に関しては、ホメオパシーを学ぶ学生にとって重要なパートを明確にしながら、ポイントを押さえ詳しく説明されました。

秋山先生のホメオパスとしての視点からみた「関連法規」は、学ぶことが多く、実践的であり、学生にとって貴重な講義になったと思います。

秋山先生ありがとうございました。学生の皆様おつかれ様でした。

20180216_FH7_sapporo_01.jpg20180216_FH7_nagoya_01.jpg20180216_FH7_osaka_01.jpg

講義の感想

●今日はしめくくりの授業をありがとうございました。レメディーを選ぶときに心を込めて相手のために選ぶ愛の気持ちが大前提として大切なんだとしっかりわかりました。急性病をキットのレメディーで対処するときにもその心で選びたいです。また、私の中で、このコースを1年学ばせて頂く中で、ホメオパシーは自然治癒力を触発するもの、素晴らしい、レメディーをどんどん使おう!と思っていた最初のころと異なり、由井先生や今日の秋山先生が、ハーネマンが急性の対処をしていく中で、より深い病になって戻ってくる患者に悩みながら慢性病論を書き上げたとおっしゃいましたが、私自身や家族にレメディーを使う時に、この急性症状をレメディーで取り除いてよいのだろうか、より深い、マヤズムを育てるのじゃないか、等、怖さが出てきました。勉強がまだまだ足りずに頭の中で混乱しています。自分なりに勉強をこれからも続けていきたいです。どうもありがとうございました。

●最後の講義でしたが一年間のまとめとしてとても良かったです。一年振り返るとあっという間でまだまだ勉強不足ですが少しでもこれから役立てたらいいなと思います。試験は頭の中で言いたいことを実際文章にうまく書けなかったりまとめられなかったりどの範囲まで書けばいいのかわからなかったりと散々な結果だと思いますがとりあえず受けたことに意義があるのかと…一年間ありがとうございました。

●今日も「そのままでいいんだ、また、今まで学んできて、試験も終えてお疲れさまでした」と労って下さり、大きな気持ちで包んでいただき、ありがとうございました。人類は、宇宙はみんな調和しているから、そのままで大丈夫ということを教えて下さり、ありがとうございます。うっかり忘れることも多いのですが、秋山先生のように大きな視点と愛で日々暮らしていきたいと思います。今日も、気持ちが豊かになりました。ありがとうございました。

●気がつけば33回の講義が終わりました。講師の先生方、一人一人、丁寧に教えていただけたなと痛感しております。総まとめ秋山先生の講義は注意事項でしたが、今後これからいろんなことが起きていく中で、ホームキットを使いこなしていけるよう、楽しみでもあります。これからも益々進化していくホメオパシーを追いかけて、少しずつでも近づけるようアンテナを張ってすごしていきたいと思います。ありがとうございました。

●試験難しかったです。自分の中でホメオパシーのとらえ方が甘かったと、反省です。秋山先生の講義で改めてホメオパシーという実感がわいてきました。1年間、アッという間でしたがこれからも日々勉強してホメオパシーの輪を広げていきたいと思います。ありがとうございました。

●試験は真正面から聞く問題ばかりで面食らいました。その後で受けた講義も、ボンヤリして聞いていました。そんな精神状態だったので、法律のこともかいつまんで説明して頂いて助かりました。一緒に受けていた皆さんもお疲れ様でした。共に学べてうれしく思います。本日もありがとうございました。

●ホメオパシーを学んでいくと、時々不自然なものであふれている社会での生き辛さを感じる瞬間がある。「あれはダメ、これは危ない」と制限をかけるような考え方ではなく、「この世に存在しているということは、全て存在が許されている、必要なもの」という大らかさを大切に過ごすことの大切さに気づかされ、ハッとした。

●最後の講義を無事に迎えることができました。一年間ありがとうございました。今は一年続けてこれたことにホッとしています。しみじみ、今日は思い返しながら一年を振り返ってみたいと思います。

●関連法規について学びましたがホメオパシーを人に伝える場合とても難しいと思いました。自分は効くから使っているけどこれに効くというと薬事法にひっかかる、すごく難しいと思いました。

●ホメオパシーは世間からかけ離れた(理解されにくい)所があり、ホメオパシーをすすめていく中で薬事法、医師法は心得ておくべきだと思った。ありがとうございました。

●ホメオパシーを学び、今後も代替療法の一つとして日々の生活に取り入れていきたいと思います。ありがとうございました。

●単に法の事だけでなく、ファミリーホメオパスとしての心構えなどを、改めて丁寧に教えて頂きました。ありがとうございました。

●秋山先生のお話は愛にあふれていて、聴講していてあたたかい気持ちになります。ありがとうございました。

●法現について、良く分かりました。ファミリーホメオパスとしても大切なことだと思います。ありがとうございました。

●実際にファミホメの方で、法的に問題を起こしてしまった(無意識)人の事例など聞いてみたかったです。

●ありがとうございました。法律は難しいですね。言い周しによっては薬事法に触れてしまうなんて面倒な法律だなと感じました。

●薬事法は色々と細かいので気を付けようと思います。
 

<< 1つ前の記事へ | 記事一覧へ | 次の記事へ >>

最新の講義の様子

2018/03/09CHhom ファミリーホメオパスコース FH7期生 「集合授業&修了式」...
2018/02/16CHhom ファミリーホメオパスコース「修了試験&関連法規」講師:秋山先生 (写...
2018/02/09CHhom ファミリーホメオパスコース「バイタルエレメントのレメディー②」講師:...
2018/02/02CHhom ファミリーホメオパスコース「バイタルエレメントレメディー①」講師:麻...
2018/01/26CHhom ファミリーホメオパスコース「ホメオパシー病理」講師:由井学長 (写真...

講義を月別に表示する