2016年09月19日(月)

2016年9月19日(月・祝) 強化学習

ホメオパス強化学習
講師:由井学長

20160919_tokyo_01.jpg20160919_tokyo_04.jpg

(写真クリックで拡大します。)

本日はホメオパス強化学習が行われました。

CHhomでは卒業後も卒業生に門戸を開き、由井学長の最新の技術だけでなく、ホメオパス達に今伝えたいことを学べる場を提供しています。本日も多くのホメオパスが集まりました。

今回のテーマは「由井学長の最新ケースからZENホメオパシーを学ぶ」

まずは、ZENホメオパシーの根幹となる、『病気を治すためには生き方・考え方を変える必要があること』についての具体的な由井学長の最新のケースが数々披露され、病気についての霊的な要因についての解説も行われました。

クライアントの抱えるこの病気を、クライアント自身が受け入ていく導き方や、自分自身に目を向ける事によって生き方が楽になっていき、それと共に症状が改善されていく姿を皆さん目のあたりにし、インナーチャイルドを癒すことや霊性を高めることの大切さを改めて実感されたと思います。

今回の講義では由井学長のZENメソッドの技術的な手法はもちろんのこと、魂のホメオパスへ向けられる由井学長からのメッセージの数々が、大きな学びになったのではないかと思います。

後半はホメオパスとしての実践感覚を養うためにQX-SCIOとTBRを使った生ケーステイクが行われました。

疲労困憊で常に慢性疲労を抱えているクライアントに対して、心配・不安を抱え自分自身にエネルギーを使う事のできない、エネルギーが滞る背景には、母親からの愛されなかったインナーチャイルドから来る、罪悪感や自己卑下など心の問題がベースとなっているという気付きが、由井学長の導きによって明らかになっていきました。

最後に由井学長がクライアントの方を抱き締め、クライアントご自身が涙があふれて嗚咽する姿に、今まで頑張って生きてきたクライアントの心の強張りを解きほぐされる素晴らしいセッションとなりました。受講者にとっても生きた学びになったようです。本日の講義もホメオパスたちに希望やさまざまな示唆を与える内容でした。

由井学長、魂のホメオパスとしての資質、在り方を示していただき、素晴らしい講義をありがとうございました。

そして最後に11/11、12に行われるJPHMAコングレスの意義が由井学長より語られました。第16回JPHMAコングレスをホメオパスが一致団結して、皆で良いものにして行きましょう。

次回の強化学習は年明け1月22日とまります。皆様のお越しをお待ちしております。

20160919_tokyo_03.jpg 20160919_sapporo_01.jpg20160919_nagoya_01.jpg20160919_osaka_01.jpg20160919_fukuoka_01.jpg

講義の感想

●今日もエネルギッシュな授業ありがとうございました。最初のころ、ホメオパスとして、クライアントさんの相談会をさせていただくとき、このレメディーが効かなかったらどうしよう、好転反応が出すぎたらどうしよう、とか不安になったり、もっと勉強すればよかった…と後悔することも多かったですが、自分を見つめたり、クライアントさんのお陰で今の自分でもいいんだと自分を認めてあげられるようになりました。そんな中の今日の講義だったので、心にしみ入るようなすばらしい経験となりました。クライアントさんと普段はしない話をしたり、普通ではできない経験ができるのでクライアントさんがどんどん変わっていくのを見られるのはこの上ない喜びですね。今まで色々大変なこともあったけれど、それもよかったな、と思える日がくるとは思えなかったけど、今のところおだやかな日が続いています。また苦しみは来ると思いますが…。すぐに怒ってしまったり、霊性の低い私ですが、霊性コース、楽しみにしています。家でも心経、のりとを唱えますね。生ケースに来ていただいたクライアントさん、大切な経験をシェアしていただいてありがとうございました。

●本職が忙しく、今年は参加出来ずにいたので、とても久しぶりでした。やっぱり、良いです。来れないのはしかたないですが、来れる時には出来るだけ来たいです。海外に出ることが多く、外から日本を見る機会が増え、先生のおっしゃっていることが、とても良く理解できるようになりました。特に欧米のドッグトレーナーと話をすると、多くの人は出来るだけ自然に近い方法での治癒や予防、手作り食などをやっているので、ホメオパシーにも興味を持ってくれます。今日の講義の中で、先生がおっしゃっていたように、日本のホメオパシーは群を抜いていると感じます。

●本日のレクチャーも由井先生の最新のケースをシェアして頂き、その解説を含め、非常に参考になりました。特に腎臓や副腎の霊的見解は興味深く、為になるお話でした。また、ホメオパシーだけでは限界があり、霊性を向上させインチャを癒すことも行って初めて自然治癒が成立する。霊性を向上させないと乗り越えられないインチャがある。という具体的なお話も印象的でした。以上、本日も実践的な最新情報がテンコ盛りで、多くの専門的アドバイス付きの熱いレクチャーでしたので、充実した1日となりました。本日学んだことをしっかり吸収し、明日からの健康相談に十二分に活かしていきたいと思います。本日もありがとうございました。次回のレクチャーも楽しみにしております。

●久々の参加でしたが、とら子先生のケース分析は本当に勉強になります。自分の相談会、視野が狭くなってきていたと反省しました。日々、インチャのことは意識してクライアントさんの話を聞いていますが、大人の自分が、傷ついた自分の味方になってあげて、と言うのですが「私だって、子供の頃の自分を好きになれない。とても味方になれない。」となかなか前に進めない方がいて悩んでいます。今日の講義をよく振り返って、生かしていきたいと思います。生ケースでの「愛されてたと思いたい。それが進歩させない」というのは衝撃でした。

●今日は一番知りたかったことを教えていただいたと感じています。病気もその人の魂の学びや成長に必要な気づきの為に必要があってやってきたという事。病気を治すことが目的なのではなく、その人の魂が元気にその人らしく生きるという事が目的なんだとわかりました。インナーチャイルドを癒すこと、霊的に成長していくことを自分自身も日々やっています。魂にひびく授業を今日もありがとうございました。

●今日の強化学習もとても勉強になりました。先輩方がたくさんいらして嬉しかったです。それから副腎疲労症候群について詳しく知りたいです。相談会をやっていて慢性疲労もそうですが、実はアトピーの方々は副腎疲労症候群だと思っています。今、そのテーマに個人的に取り組んでいますが、機会がある時に取り上げていただけると嬉しいです。いつもとらこ先生の言葉は金の言葉でとてもありがたいです。

●生ケースに登場された方の様に、母親(両親)が、子供を自分の思うとおりに”人形”にしていく「無言の圧力」で黙らせ、従属させる、しかし子に対する母性はそこにはなく、愛の欠如した家庭が増えていると感じます。これは食物の毒、薬の害の結果として、こういう世界が展開しているのだと思いますが、ますます深く学んでいきたいと思いました。防衛の気がないと体は固くなってことを知り、納得いくものがありました。

●最初に取り上げてもらったムンプス難聴のお子さんのケースで、お母さんに思いを吐き出してもらった時間を割愛せずに、ぜんぶ見せてもらえると、とても勉強になると思いました。受け止める、相づち1つ、そういう空気の中では、気を遣います。ぜひお願いします。予防接種のことなど、否定せず、攻撃のエネルギー持たずに話すことは、まだまだむずかしいです。攻撃には攻撃が返ってきます。課題です。

●正直にすばらしい講義でした。インチャの大切さのお話のときの由井先生の一言一言、間の沈黙の時まで、すごいものを感じました。これからどう生きたらいいかわかりません。ただ、正直に生きたとだけ思いました。もっと、寅子先生シャワーをあびて影響されつつ、自分の人生を生きていこうと思います。ここへ来る意味が絶大だということがはっきりわかりました。ありがとうございました。

●本日もありがとうございました。どの方法を選択するかは、それぞれの選択にゆだねる事が大切だと感じました。以前でしたら他の道よりこれが絶対だと自分が取り入れていることに関しては強い思いがあったのですが、今日の講義を聞いて広い気持ちでまわりを受けとめられるようになってきた自分の変化に気づきはじめています。

●最初のケースは自分の行いが自分ではなく子孫にカルマとして影響を及ぼす興味深いケースでした。卒業して3年ですが、病理をみる角度がさらに進化していて難し~い!病気を治すためには生き方・考え方を変える必要があることは、実体験として本当に大切なことだと実感しています。私はがんになってしまったけれど、そのおかげでホメオパシーに出合え、がんになる前よりもずっと元気になれたのでがんに感謝です。さまざまな治療法と手をたずさえて、ホメオパシーに固執することなくクライアントさんと向き合っていきます。ありがとうございました。

●2008年にRAHに入学していますが、今日の由井学長の変化、やわらかさ、可愛らしさに内心おどろいています。修業(?)、インチャへの取り組み、霊性向上への取り組みでの変化を目の当たりにでき、先生の変化自体がものすごい教材であると感動しています。今日の内容は、自分で実践していかないと、自分の内面に目を向けていないと、耳で聴く言葉だけでは理解が難しいと思いました。でも、学生の頃より少しは「腑」に落ちるような気がして嬉しかったです。大変有意義な強化学習でした。ありがとうございました。

●今日の由井学長のお話はとてもタイムリーで勉強になりました。耳鳴りや難聴のクライアントさんも多いなぁと思っていまして、難聴のケースはとても勉強になりました。耳鳴りのクライアントさんが子どもの頃、祖母の口うるさい話と母親の愚痴を聞き続けてきた人で、由井学長の解説が重なりました。『慢性病論』の解説はとても共感し涙が出ました。「受け入れられなことを受け入れていくこと」を日々大切にしたいと思います。収穫期の農作業の中でクライアントさんの対応に疲れがたまることもありますが、また力をもらって、これから励みます。ありがとうございました。良いコングレスになりますように。

●強化学習に出るたびに先生の変容から刺激を受けています。温かい気持ちになりますし、やっぱりホメオパシーをしていて良かったと思います。レメディーだけでは治癒しないことにも賛同しています。今日の生ケースの方のテーマは私の現状にも一致するテーマでした。もう一度よく振り返ってみます。ありがとうございました。

●本日は卒業してはじめての強化学習でした。3月に卒業してから家のことでバタバタと忙しく、ホメオパシーから少し離れていたのですが、少し落ち着いてきたところで、久しぶりに由井先生の講義を聞けて、エネルギーをいっぱいいただけました。自分はまだ認定試験を受けていませんが、今日の話を聴いて、ホメオパシーの勉強、インチャ癒し、霊性の修業をすることの大切さを改めて、頑張っていこうと思いました。今日来られてよかったです。だめだめ母ちゃん目指そう、かな。

●「ホメオパシーは完ぺきじゃない」という先生のはじめの言葉に釘付けになりました。三次元処方で、今ある症状や病気を治しても、心や魂のレベルで治らないと、本当によくなったとは言えない、ということに、とてもとても心揺さぶられました。インチャ癒しの重要性と霊性を上げること、心に刻んでクライアントさんに寄り添ってやっていきたいと思います。本日のDVDケース、生ケースとも、自分に当てはまる事が多く、細胞レベルで共感しました。強化学習があり、本当によかった。学ぶことがいっぱいです。日々精進します。ありがとうございました。

●最初のケースは非常に参考になりました。私もムンプス難聴で左耳がほとんど聞こえません。神経がダメージを受けているので、ホメオパシーでも改善無理とあきらめていましたが、由井先生が少し改善したとおっしゃったので、レメディーを試してみたいと思います。このケースのお母さんは、子供をこんなにして、と泣いていましたが、我が家のケースはあまり気にもされず、それほど大した問題ととらえられていなかったので、本当はもっと大変なことだったのに…とショックを受けました。しかし両親も十年前に亡くなり、おおらかな家族だったんだと、と考えることにしました。ホメオパシーとインナーチャイルド、霊性を高める、の相性が良いとのお話、納得しました。久しぶりにお見受けした由井先生、スマートになられて、若くなっていらっしゃるので驚きました。

●今、身近なところで、おたふくかぜが流行しているとの噂を聴いたところだったので、タイムリーな内容にとても驚きました。ホメオパシーでケアしたのに難聴になってしまったというクライアントさんの辛さに対する、先生の言葉のレメディーの数々が本当に素晴らしかったです。クライアントさんの傷つきに寄り添いながらも、どう生きていくのかという気付きの問題もとてもさりげなく提示していらっしゃって、とても勉強になりました。

●ホメオパシーは完ぺきではない、から始まる講義は、大変有意義な時間だった。ムンプスの例は気をつける点を確認できました。サルチル酸使っている点は多く参考になった。レメディーは感情を解放できても、意識の使い方が必要。根底にある深い部分を癒していく事が大切ということ。改めてレメディーの作用の範囲を学習できました。この母でないと気付けない事。その人それぞれの今世での学び、大変参考になりそうです。霊性と臓器の関係を知り、霊性が下がらないようにしていくアプローチ、ホメオパシーでなければできないだろう。霊性と愛の関係は目にはみえないが、納得できるような気がした。もう少し身近な事例から見直していこうと思う。自らを認めること、自己認識することは易い事ではないと実感していますが、レメディーの力と適切な関わりで、自らやクライアントを癒していけるよう観察、洞察を深めていけたらと思う。

●先日いらしたクライアントさん(がんの末期のため娘さんが代理で受けられた)が、相談会の日から3日目に亡くなりました。相談会で主にインチャの話をしていたためだと思います、感謝の言葉をいただきました。ホメオパスになって丸2年経ち、初めてクライアントさんの死を経験しましたが改めてインナーチャイルドの癒しの大切さを実感しました。今回由井先生をもってしても亡くなるケースをお話いただき、病気だけを治すことは神の真髄を否定すること、この言葉の大切さも身に染みました。ありがとうございます。

●インチャに苦しむクライアントさんに対する話しかけ方が参考になりました。クライアントに難聴(少し聞こえる・片側 父も同じ)+耳鳴りの人がいて、腎をサポートしたり薬剤レメディー(サルチル酸、抗生剤)を使ったり、子どものころからある脳腫瘍(経過観察中)もおたふく風邪も考えて処方しているけれど聞こえはやや悪くなっています。今回のケースも参考にしてみます。(クライアントのもともとの主訴は片腕のしびれでこれは消失、今は以前患った湿疹に対処していて徐々に良くなっています。ただ難聴や耳鳴りはあまり改善しません)

●人はいつまで親子関係に捉われるのだろう…と思いました。ただそれが人の前進を妨げている大きな要因ならば、クライアントにも話し、講習もやっていく必要があると感じました。先生痩せて素敵でした。でも昔の、ちょっと変わった派手な服を着ていたころの先生もパワーみなぎってて良かったですよ(ハート)

●霊性の不一致が臓器を弱らせ、病気を引き起こすことをわかりやすく教えていただきました。インナーチャイルドの癒しの重要性が大変よくわかりました。治療者は病気だけを治してはいけないということを忘れずに念頭に置いて、今後も学びを深めたいと思います。本日はありがとうございました。

●とても良かったです。今の自分といろいろリンクすることがありました。”向上”とは、上へ上へではなく、ダメな自分を受け入れること、と前にも聞いていましたが、今回また同じように聞いて納得しました。私は、結構幸せな人生を生きてきましたが、ここで学べて良かったです。本当にありがとうございました!!先生、きれいになりました~。

●はっきり言っているのにむずかしいことが多いと思いました。勉強すればするほど、むずかしくなるようで、つらい時があります。最近、カッコイイ、今の流行とかスマートとか言われていることが、本当は、人間を生きづらくしていることが多いことがよく感じられました。

●今日も素晴らしい授業をありがとうございました。どのケースもインチャ癒しの重要性、霊性の向上の必要性がよくわかるもので、とても勉強になり、参考になりました。生ケースで「母に愛されるのをあきらめなさい!」との言葉にびっくりしましたが、そこに愛があるのでクライアントさんに言えるのだと思いました。病理の授業も受けたいです。お勧めがあればお知らせください。

●本日一日通して、インナーチャイルド癒しは自分が認識している以上に大きことだと改めて感じました。来年度本気で受講を考えてみようと思いました。(自分の人に認められたい、ほめられたい、という気持ちが常にあって、ついつい頑張ってしまったり、ウケを狙ったりしてしまいます。「わかっちゃいるけどやめられない」というケースに納得・共感してしまいました。)

●由井先生、生ケースのクライアントさん、スタッフの皆さん、いつもありがとうございます。今まではインチャや霊性のことを学びながらもクライアントさんの病気を治したいという思いが強くありました。(それは救いたい、ほめてもらいたいにもつながるのですが…)しかし、今日ホメオパスとして一番大事にしていくことが腑に落ちてわかりました。ありがとうございます。

●ムンプスの難聴のケース、祖母の方はまるで自分を見ているようでした。霊性と魂の部分はまだまだむずかしいと思いますが、ZENメソッドだけではだめなのだと理解しました。今日のライブケースでTBRの使い方はよくわかりました。ありがとうございました。

●大変刺激になりました。ホメオパスとして毎日活動していると、正直マンネリ気味になって来ます。忙しくても学ぶことが一番だな。と思いました。最後の生ケーステイクは、このような症状を抱えるクライアントの方も多く、由井先生が解きほぐしていく鮮やかな道筋に今日も目からうろこでした。ありがとうございました。

●由井先生が身も心もスッキリとよりご自身らしく生きていらっしゃることが伝わってきました。ZENメソッドの素晴らしさに加えて、そのようなホメオパスとしての在り様がどれほどクライアントにとって助けとなるか。それを学ばせて頂きました。

●台風が来るといって心配していましたが、今日は大したことがなくて、参加出来てよかったです。ケースがどれも素晴らしく、もっと頻繁に強化学習も開催して欲しいと思いました。いくつになっても勉強を重ねて行きたいと思っています。由井先生がすごく痩せられて美しくなられているのに驚いています。

●ホメオパシーが全てではない。ということを、改めて再確認出来ました。とても良かったと思います。強化学習に来る度に気持ちが新たになります。無理せず、自分なりに出来ることをやっていこうと思っています。ありがとうございました。

●私自身が難聴気味で、母親との関係を知り、大変納得しました。今日のケースを参考に自身に処方してもようと思います。いつも自分がかかえている問題とぶつかることが多く、偶然ではないなずなので驚くです。

●今日もありがとうございました。強化学習に出ると、その時の自分の今の問題点そのものというケースやお話を伺えることが多いです。今日のインナーチャイルドの話もまさしくそうでした。体だけ直しても、心、生き方、魂を直さなくては、病気が戻ってくるという話が身にしみました。

●予防接種をうけるべきかどうかで意見を求められることもあるが、今回のケースの様にムンプスにかかり難聴となることを知り、どのようにクライアントに指導したらいいのか分からなくなった。ケースの難聴はカルマ的要因と薬害が原因との考察であるが、ケーステイクをしないとその様なことは分からないし、結局は一般論を話して自分で決めてくださいとしか言いようがないように感じます。

●久々の講義楽しかったです。寅子先生の言葉は、時にユーモラスながらクライアントへの言葉かけのヒントとなるものがたくさんありました。レメディー処方も大切だと思いますが、心のケアへの言葉かけの重要性を学ばせて頂いた1日でした。

●「本人の生き方、考え方を変えないで病気だけ直してはいけない」というのは、本当にその通りだと思います。これをやると「症状が消えればよい」というアロパシーの考えと同じになってしまいますから。先生も「敵を作らないやり方」にシフトしていてうれしく思います。ありがとうございました。

●生ケースが今日のテーマにそっていて、授業の内容がより深くおちていきました。インチャで、ものすごーく苦しかった時期を思い出しました。そこから、ずいぶん変われた自分も再確認できました。

●毎回、強化学習に必ず参加していますが、新たな気づきが出てきて(ダメなども含めて)勉強になります。コングレスも参加します。今日は、ありがとうございました。

●一番最初のケースは、対応の仕方とか勉強になりました。苦情というと、どうしても恐いイメージを持ってしまうのですが、相手の言いたい事をよく聞くこと。よく分かりました。

●卒業してしまうと、忘れがちな基本的な部分、また寅子先生の現在の視点を交えた講義は大変意味深いです。また、現代人にありがちなテーマもクローズアップされており、参考になりました。

●由井先生がますますお綺麗になられて素敵です。最近、女性性の目覚め、再認識できることがあったのですが、私も失うことや手放したりしないで、大切に持ち続けていこうと思いました。生ケースライフ、モニター近くだったので、先生が引かれているのを間近で見れて勉強になりました。

●卒業して初めての強化学習でした。人はそれぞれの役目があるということに、改めて考えさせられました。私も、私のペースで与えられた役目をこなして生きていこうと思います。ありがとうございました。

●大変勉強になりました。ケース等を見て、レメディーはもちろんですが、先生のカウンセリング力、人間力が相手の心を動かして治ゆの方向に向かわせていっていると思いました。ありがとうございました。

●マンガン、ニタック、マーキュリー 私にも必要なレメディーだと思いました。日々が流されがちで、講義を受けることで気持ちがまたひきしまった気がします。霊性向上のコース、受けてみたいなと思いました。ありがとうございました。

●先生、本当に最近、女っぽくなられましたよね。チラシ見る度にドキッとします。彼氏が戻ってこられたのでしょうか?本当にお世辞抜きでどんどんキレイになられてるんで、今度は是非、キレイの秘訣をお聞きしたいです。

●ホメオパス以前に、人としての生き方も学べた様な気がします。やはり正直に生きなければなりません。霊性を、みがく事の重要性が理解できました。今日もすばらしい教えをいただきました。ありがとうございました。

●私はインチャコース1期生でしたが、その時と今とどうでしょう。もう一度受講したくなりました。それから、霊性コース、早く受けたいです。今日もたくさんの学びがありました。ありがとうございました。

●今日も強化学習に参加してよかったと思いました。今自分に必要なことを聞くことができました。寅子先生のインチャの本を改めて読み直そうと思います。今日もありがとうございました。

●今日もたくさんのお話をありがとうございました。インナーチャイルドのこともあらためて、深く考えさせられました。コングレスの成功をお祈りしております。

●霊的な背景をふまえた臓器の見解、病気の原因、なるほどと思いました。自分自身の技術の向上と霊性を上げる信仰心を持つ暮らしをしていこうと思います。

●今年のコングレスには残念ながら参加できないのです。申し訳ありません。みなさんのけん闘をお祈り申し上げます。細々とがんばっています。強化学習、また参加します。

●生ケーステイクはやはり勉強になります。これからも強化学習に参加しホメオパスとしてよい処方できるようがんばりたいと思います。ありがとうございました。

●午前中の難聴のケースを見て、クライアントとの距離の取り方、言葉かけの難しさを感じました。一日とても充実した内容でした。ありがとうございました。

●久しぶりの講義でとても勉強になりました。ありがとうございました。寅子先生がますますスリムになってきて、なんかスッキリ!キリッ!とした感じで素敵ですね。

●難聴の症例、ありがたかったです。インチャの問題、魂の問題、ホメオパシーは深く考え、治療に導くツールだと改めて思いました。クライアントの対応、かたくな、Merc.、自分がいつも正しい、参考になりました。

●人に厳しく、自分に厳しい。得体のしれない恐怖。努力をしていない人を見ると腹が立つ。など、自分に重なるテーマが出てきて勉強になりました。

●本日もありがとうございました。卒業して2年余り過ぎましたが、由井先生の処方がいろいろと変化していることに驚きます。強化学習は必修ですね。

●久しぶりに参加しました。忘れかけていることも再認識できたので、よかったです。ありがとうございました。

●前回の強化から霊性の事が必ず入ってきているので、その点を早く学びたいです。ありがとうございました!

●インナーチャイルドの癒しの大切さを知りました。ありがとうございました。

●今日は久しぶりに哲学的な話し、霊性の話しが長く聞けて良かったです。

●霊性について具体的に(見方、高め方など)知りたいと思いました。


<< 1つ前の記事へ | 記事一覧へ | 次の記事へ >>

最新の講義の様子

2017/10/08ホメオパス強化学習講師:由井学長 (写真クリックで拡大します。) 本日CHhom...
2017/07/22ホメオパス強化学習講師:由井学長&松尾先生 (写真クリックで拡大します。) 本日...
2017/06/04ホメオパス強化学習講師:松尾先生 (写真クリックで拡大します。) 本日はホメオパ...
2017/01/21ホメオパス強化学習講師:由井学長 (写真クリックで拡大します。) 年が明け、今年...
2016/09/19ホメオパス強化学習講師:由井学長 (写真クリックで拡大します。) 本日はホメオパ...

講義を月別に表示する