2018年05月27日(日)

2018年5月27日(日)

CHhom プロフェッショナルホメオパス CH9期
「ホメオパシー用語」DVD上映
講師:由井学長

20180527ch9_tokyo.jpg 20180527ch9_osaka.jpg 20180527ch9_sapporo.jpg 20180527ch9_nagoya.jpg

本日、DVD上映授業の開始前に由井学長が登壇され、学生からの質問について回答されました。

学生からの「アルポ(液体レメディー)のレメディーを飲まなくても、鼻で嗅ぐことで症状は改善できるのでしょうか?」という質問に応えて回答されました。

20180527ch9_tokyo1.jpg

由井学長から、「ハーネマンがその著書『医術のオルガノン 第六版』§279で指摘している通り、希釈振盪しポーテンシーを高めたレメディーは、臓器の機能不全がない、信念の病気(インナーチャイルド)がない、医原病がないという条件においてよく効く。急性で症状がでている時には鼻でかぐだけでいい。」
「一方で、慢性病で臓器の機能不全がある、医原病がある、信念の病気がある以上、鼻でかぐだけで治る事はない。」
など、学生に対して分りやすく解説をしていただきました。

その後、CHhom9期に向けて、ホメオパシーの基礎となる「ホメオパシー用語」のDVD上映授業が行われました。

ホメオパシーで使用する沢山の専門用語とその概念、意味を由井学長から学びました。世界で10億人が利用するホメオパシーの専門用語は英語表記が多く、目に見えないホメオパシーの原理を説明する事は容易ではありません。

その難解なホメオパシーの専門用語の1つ1つを由井学長がホメオパシーの原点ハーネマンの文献、臨床経験に基づき、解り易く噛み砕いて解説されました。

由井学長は20年以上の臨床経験で体験したケースや自らの体験を織り交ぜるだけでなく、写真や映像で臨床ケースを見せ、体感させる事で目に見えないダイナミックな生命原理を新入生に伝えました。

皆様、ホメオパシーの深さを味わいながら、学ぶ事の喜びを感じているようでした。学生の皆さま、お疲れ様でした。

講義の感想

●ホメオパシーの基礎を学ぶ回、最終でしたが用語だけでなく今回はポーテンシーやレメディーの作り方、マヤズム、Zenホメオパシー、食の大切さ、TBRの使い方など、びっしりと内容が濃く学べてスゴイ世界に足を踏み入れた気分になりました。8時間があっとうまでした。とらこ先生はいろんなことを織り交ぜて話してくれるので、飽きることなく他楽しく今日日深く聞けました。インチャとは違うスピード感と緊張感があって良いです!!頭がまだいっぱいですが、整理しながらやっていきます。

●LMのことがやっと少しずつわかってきて、嬉しくなりました。Cポーテンシーは針で、LMポーテンシーはハンマーのたとえがとても分かりやすかったです。そして処方箋のアルポを毎日トントンすることで、日々活性するお話も「なるほどー!!」と思いました。治癒の方向性における性格的な部分の変化の症例とオルガノンの文章は笑えました。殆どの人が一面的な病気だという点についても、色んなことを思い浮かべてみて「確かにー!!」と思い、こりゃレメディの選択の技術を身に付けるには至難の業だーと思うのと同時に勉強することがさらに楽しみになってきました。

●今日は治癒の難しさを痛感しました。目の前にある症状が単なる急性症状なのか、慢性マヤズムなのか、その人にとって症状の抑圧がどの程度の段階のものなのかによって、処方するポーテンシーやアプローチの仕方を冷静に判断する必要があると感じました。それには、レメディーの特徴を知る事はもちろんですが、病理に対する理解を深める事が何よりのヒントを引き出す方法になる事が学べました。現代病を抱えている人は思っている以上にいるので、臓器サポートで治癒に向けての基盤づくりが第一だと感じます。今日も有意義な時間をありがとうございました。

●メインティングコーズのところが特に興味深かったです。多面的に見て、考えてレメディーを選択していくのは難しい気がしました。以前先生は自家採取のタネが規制されて使えなくなるということをお話されていたので、その後の動向が気になります。私も最近ネコアレルギーが良くなった気がします。「魂の成長によって必要な事が起きている」という言葉がすごく心に残りました。

●Homoeopathy の研究所の見学に是非行きたいなと思いました。もっと詳しくレメディの作り方が見たいです。MTから1C、2C、3Cの作り方を実演として見れたのがとても良かったです。自分でも作れるものがあるかなと実習もしてみたいと思いました。(プルービングも興味あります。自分で人体実験)ポーテンシーの選び方について、どのように選択したら良いのか詳細に説明があると良いなと思いました。LMを持ち歩かない方が良いというのは知らなかったので驚きでした。

●講義ありがとうございました。魂を汚すものインチャは奥が深くて難しいです。同期の方はレメディー1粒で好転反応が出たと、フラワーエッセンスもよくきくと言っていましたが、私はききが悪いのはインチャがあるからとインチャコースに通いましたが、インチャ癒しはできませんでした。今度こそ、インチャ癒しに取り組もうと思います

●専科の授業を今日初めて受けました。正直ついていくのが精一杯で、まずはオルガノンや慢性病論を日々読み込んで行こうと思いました。全くすごい事を学び始めてしまった。という気持ちと、なんだか嬉しい気持ちでした。勉強の事じゃない感想ばかりですいません。ありがとうございました。

●覚えることが沢山あり、頭の中がいっぱいですが、2年前にファミリーホメオパスコースで1度学んだことは、すっと頭の中に入りやすく、あの頃は、もう、いっぱいいっぱいでしたが、あの1年は無駄ではなかったのだと感じます。LMの使い方が、良く理解できていず、今まで試したことがなかったのですが、ゆっくり、じっくり考えて使ってみようと思えました。来週も楽しみにしています。ありがとうございます。

●5月に入ってから気がついたのですが、空を見ると毎週ケムトレイルをまいているのを見かけるし、森・加計問題の裏で、種子法廃止を進めていたのも、この学校に入ってから知りました。水の民営化もすでにされたのをユーチューブから知りました。恐ろしいことが密かに進められているのに、大半の人真実を知らず平和ぼけしている。すごい世の中だと思うが、自分のやれることをたんたんとやるしかないのだと思う。前回は、用語が盛りだくさんで、講義が難しかったが、あれから3週間程、今日の講義まであったので、その間自宅で復習をすることができたので、少しは基礎知識が頭に入ったので、先回よりは理解することができた。まだまだ入学したてなので先は長いが、コツコツと勉強するしかないので頑張ってやっていきたいと思います。ありがとうございました。

●①農業の危機は今回初めて知った。55年も生まれてから身体に入れてしまった。未来ある子供達にはよいものを摂って欲しいと願う。②前回の講義を受けていないためか「バイタルフォース」「ソーラ」などの意味がわからず、全体の内容の理解に至らなかった。資料の最後にバイタルフォースは生命力の事だと知った。③「ハーネマンは病気を治せ、ケントは人を治せと言った」ちょっと自分の考え方が間違ってたように思いました。「信念の病気を治す」イコール「人を治す」ことなのかと思っていました。④サセプタビリティーの高い低いがわかったが、ちょうど良いサセプタビリティーというのが少しわかりにくかった。⑤職業柄、多くの薬剤を使用しているが、今さらながら罪悪感が出てくる感じがあった。

●寅子先生の話がとても楽しくてゆかいな実体験が沢山でこれから4年間が楽しみになりました。まだ始まったばかりなので、ついていけるか不安はありましたが非常に分かりやすいです。自分の病が少しでもひも解けたらよいなあと必死です。でも病のおかげで今の全てがあって嬉しいです。

●知らない、わからない言葉が多く、理解しながら授業についていくのが大変でした。今までなら、わからないことを気に病んでいた方ですが、まだ最初の授業なので、これからまた多くを学べばいいと思いました。

●用語の解説を授業で詳しく説明して頂けて良かったです。ファミリーホメオパスコースでも少しなじんではいましたが、ピンときていない用語も多々あったので、まだまだだなーと思いました。今後もしっかり取り組んでいこうと思います。

●今日は前回いただいた資料の用語集の解説だったので、少し見ていたので、今日の資料は見やすく分かりやすかったですが、奥が深いので難しく、時間がかかると思いますが、少しずつ覚えていこうと思います。

●「バイタルフォースは目に見えないので、同じように周波数のあった目に見えない動的なものにして与えないと作用しない」という説明により、ホメオパシーというものをより理解することができました。

●今日の授業は、理解できた部分も多かったが後半のノゾーズの話やZENメソッドの構成はとても難しく感じた。心と身体はとても繋がっているものだと思った。

●先生のご説明はわかりやすかったけど、スピートについていくのでいっぱいいっぱいでした。よく復習します。いろいろなレメディーを自分の身体でも、どんどんとってみたいと思います。

●由井先生、いつもわかり易くご説明ありがとうございます。テキストをもっと何度も読み込まなくてはいけないと痛感しています。

●用語の紹介だったので、少し難しかったです。でも今まで本を読んで不明だったことが分かったことがありました。ありがとうございます。

●マヤズムの話が面白かった。レメディ作りが楽しそうだった。やってみたかった。

●ポーテンシーの使い方の違いがわかってよかった。作用の違いもなんとなくイメージできた。

<< 1つ前の記事へ | 記事一覧へ |

最新の講義の様子

2018/05/27CHhom プロフェッショナルホメオパス CH9期「ホメオパシー用語」DVD上...
2018/05/27CHhom プロフェッショナルホメオパス CH6,7期「マテリアメディカ」DV...
2018/05/26CHhom プロフェッショナルホメオパス CH6・7期「ケーステイクと分析」講...
2018/04/30CHhom プロフェッショナルホメオパス CH9期「ホメオパシー用語」DVD上...
2018/04/30CHhom プロフェッショナルホメオパス CH6・7期「ホメオパシー病理 筋肉...

講義を月別に表示する