2016年05月14日(土)

2016年5月14日(土)

CHhom プロフェッショナルホメオパス eラーニングコースCH3・4・5・6期合同
「集合授業」
講師:由井学長

20160514_3456_tokyo_01.jpg20160514_3456_tokyo_02.jpg

(写真クリックで拡大します。)

CHhomの授業は、eラーニングを通して世界中に配信されており、ヨーロッパやアジア、アメリカなどの国々に受講生がおり、老若男女様々な年齢層、様々なご職業の方が学んでおります。

本日は年に一度のeラーニングコースの集合授業です。

日頃一人でPC画面に向き合い学んでいる、eラーニングの学生さんたちが一同に顔を合わせる機会でもあり、また生の由井学長と対面して生の授業を受けられる時間は、学生の皆様にとって、とても嬉しかったことと思われます。

由井学長からは、日々寡黙に自宅学習に取り組んでいる学生の皆様へねぎらいの言葉や心に響くメッセージをお送りいただきました。

本日の講義は、eラーニングの学生から事前に募集したテーマより、要望が多かった「好転反応の見極めのポイント」や「ポーテンシーの選択」についてなどホメオパシーの原理に関わる解説が主に行われました。

多くの方が日頃気になっている疑問について、ハーネマンの文献を噛み砕いた根拠と学長の長年の経験に基づいて分かりやすく回答していただきました。

日頃、独学で行き詰まりがちなパートや疑問点が解消され、理解をぐっと深めることができたと思われます。またホメオパシーだけではなく食の問題やインナーチャイルドについて、社会の裏側についてなど多岐にわたるお話をしていただき、とても有意義な時間になりました。

最後には、由井学長による生ケーステイクが行われました。

QX-SCIO、TBRなどを使いながらクライアントの中核に迫るセッションには、eラーニングコースの皆様が、普段、体験できない肌で感じる学びの刺激を受けたようです。

今回は便秘のケースでしたが、クライアントのインナーチャイルドや霊性の問題についても踏み込んだ内容で普段なかなか接する事のできない学長の深いケーステイクに強く触発されたようでした。

由井学長、eラーニングコースの皆様、本日はお疲れ様でした。
ありがとうございました。

20160514_3456_tokyo_03.jpg 20160514_3456_sapporo_01.jpg20160514_3456_nagoya_01.jpg20160514_3456_osaka_01.jpg20160514_3456_fukuoka_01.jpg

講義の感想

●初めのお言葉の「自分に起こることは全て受け取る。必要だから目の前にきている。」が、何度も聞いた「全ては必然」という言葉を呼び起こし、改めて目が覚めました。とても穏やかに、優しく微笑まれたとらこ先生は本当に美しく、素敵だなぁと思いました。公開相談会で、QXの操作も見れ、進め方がよくわかったので、とてもよかったです。出たレメディーが自分の予想通りで嬉しく思いました。明日の試験も精一杯やり、結果もそのまま受取り、向上できればと思います。本日の集合授業に出席できて本当によかったです。ありがとうございました。

●eラーンニングで受講していましたので、今回初めての教室での講義はとても新鮮でした。"人の話を聴く"という事を意識するとともに、由井先生の話をきき、様々な出来事を1つ1つ受け入れる事を通して、人は大人になっていくものであることを学びました。"経験"そのものを抗うのではなく、受け入れる事の大切さも知りました。ホメオパシーを学ぶことは、単に病気、心を治療するのではなく、至るまで、時として回り道をしながらの過程そのものでもあると思いました。勉強途中ですが一つ一つ丁寧に理解しながら、今後勉強していこうと思います。

●学生から事前に集めた質問に回答する形式の授業はとてもためになりました。自分でも思いつかない質問に、理解できていなかったところに気づかされることが多々ありました。特に、ミネラルやLMアルコールポーテンシーについての解説は、かゆいところに手が届いたような貴重な情報の数々でした。4学年合同授業で、マヤズムや三次元処方については正直なところ質問の意味もよくわからない状態でしたが、2年生になったらそれらを理解するのを目標にしたいと思います。ケースは、「便秘」という主訴でインチャをズバッと指摘している様子に驚きました。インチャの悲しみと便秘の関連を、わかりやすく説明されていたのには感服しました。ボランティアの方にも感謝です。

●今期のカリキュラムがまだ終了していない中の授業でした。ホメオパシーの勉強をしなくてはいけないのに、家庭のこと、仕事の事、悩むことがたくさんあり、最近ずっと気持ちモヤモヤしていましたが、逃げてばかりでなく、やってみる ベストを尽くしてみる 受け取ってみようと思います。普段はパソコンに向かって ヘッドフォンをつけて耳が痛くなったりで、なかなか集中できませんが、今日の集合授業は集中できて時間がすぐに過ぎてしましました。ありがとうございます。

●今回も盛りだくさんの内容で頭がいっぱいです。たくさんノート記入したので、指も腕も痛いし、ものすごく疲れました。けれども、それ以上に由井先生の生講義は先生の全身から発せられるものも含めて得難いものであるので、貴重な一日になったと思います。今はぴんとこない内容もありますが、来年には今より間口が広くなって理解できていたらいいと思います。先生、スタッフの皆様、今日一日本当にありがとうございました。

●久々に由井先生の講義なので楽しみにしてました。思えば5年前CH1期で古神道のお話とホメオパシーの関連のお話をうかがい、人生が変わりました。今日のH2Oの水の分子のレジメンタルのお話のジェスチャーなつかしかったです。当時笑ったのを思い出しました。色々5年間の間にはありましたが、やめなかったのは、やっぱりホメオパシーが好きなのだと思います。将来性もあると感じており、職場でもみんなレメディーをとってくれたり、MTをとってくれたりしてくれますが、私の処方がつたなく‥力不足をもどかしく感じています。信仰心を持てた事も、大きな出会いでした。ありがとうございました。

●年に1度の集合講義でしたので、とても楽しみにしていました。普段より、ホメオパシー仲間から、ポーテンシーについて質問を受けることが多いのですが、自分自身も分かった様な、分からない様な曖昧に覚えていたので、今日の講義を聴いて理解することが出来ました。毎日、自宅で黙々とeラーニングを視聴していますので、孤独を感じる事が多いのですが、今日はライブで視聴することが出来て、同じ志を持つ仲間と勉強できて、とても刺激になります。学年は1年生なので、時々心が折れそうになる事もありますが、4年間頑張って、必ずホメオパスになりたいと思います。

●難しいことばかりとは思いますが、3年間も勉強を重ねてくると、より解りやすくなってきていることだけは、はっきりと分かりました。マザーチンクチャーにしても何でもが由井先生のこだわる性質だとおっしゃっていましたが、おかげで相当安全であることがよくわかり、ありがたいことだと思いました。各質問は私の中でもくすぶっていたような問いがやはりあって、解決につながりました。いつの間にか3年生で今や後輩が続々といてくれて、年に1度会えることはうれしいことです。

●ライブの授業は初めてで、しかもケーステイクも初めてでしたので、とても刺激的でした。興味深く、楽しく受講できました。自分は話についていくだけで精一杯でしたので、質問される方はしっかり理解出来ているのだろうな。すごい!と、思います。また、今回eラーニングの時はいつも一人なので、同じ宮﨑から来られている方に会えたりして嬉しく、心強く感じました。明日のテストは不安ですが、出来る程度で楽しみながらやります。

●普段はeラーニングなので、由井学長のお話をライブで聞けて良かったです。ケントについてイルミナティーとの関わりを以前から触れられていたが、今回もあった。ディビッド・ロックフェラーはホメオパシーで治療しているということだが、ケントの方法が効かないのなら、どうなのだろうと思っていたら、それについて説明があったので面白かった。今までに学んだことがもう一度詳しく説明されて、より理解が深まった。公開相談会での由井学長の「霊性が子供の方が高いと、母親は愛せない。」という言葉で、自分自身の1つの謎が解けたようだ。愛されなかったとは思っていないが、理解できない子供だったようで、もう亡くなっているが、「どんなふうに思っていたのだろうか」と考えることがあるから。

●「どんなことも神からのギフト、何事もお受けとる」がとても心に響いた。これからも強い意思を持ち、がんばれそうな気がします。ポーテンシー、LMのこともわかりやすかった。最後の生ケースもなるほどと思いつつ、自分にも重ねてやっぱりインチャは大切だと思った。お母さんより、あなたのほうが霊性が高いとの話があったが、自分の娘は自分より霊性が高いだろうなと思える気づきになった。6時間あっという間、楽しかったです。

●生ケーステークが「便秘」の主訴から、インチャの問題まで明らかにした学長の手法が素晴らしかったです。好転反応が悪化ととらえてしまうのが、どうしてなのかと思います。正しく理解しないと、ホメオパシーがよく活かされないのですね。今はLMポーテンシーでなるべく好転反応が出ないようにとのことですが、私はソーファーでがっちり好転反応を経験したおかげで、理解できましたし、ホメオパシーが好きになりました。

●実際に由井先生に直接お会いできてとてもうれしかったです。自分が自分を徹底的に愛するというのはみんなのテーマだと思いました。「すべて失敗も無駄もない」という言葉が心に残りました。悲しみは便秘、恐怖は下痢になるのは興味深いです。ケースを聞いていてうちの母も男尊女卑の家庭で育ったようですが、私にはそれを断ち切ってくれたんだな、お陰で私は母のような体験をせずに済んでいるんだと気付き有難く思いました。

●初めての授業はとても新鮮でした。午前中は、今までの総復習のような感じで、明日の試験対策になりました。ありがとうございます。ケーステイクの方の症状は、自分ととても似ていて、症状の改善はもちろん、これから先の人生穏やかに、暮らしていけたらなと感じました。長男に対して、あれこれ心配をしてコントロールしたくなってしまうのは、彼の霊性が高いのだろうなと思いました。

●今までホメオパシーという治療法があることは知っていて、どのようなものかを知ろうと思って学び始めました。自分自身も全く体験したことがなかったので、はっきり言ってホメオパシーは同種療法ということしか知りませんでしたが、今日の講義でどのような処方をしていくのかちょっとだけ理解できたように思います。方法論の確認ができました。地道に一つ一つのレメディーの特性を覚えていけばよい姿勢でいますが、ポーテンシーとかLMとかの意味合いもよくわかってよかったです。とらこ先生、色々なことを乗り越えてありのままの出来事を受け入れ、自分のありのままを愛しく思い、幸せの境地に至られたとおっしゃっておられて、何よりと思いました。笑う門には福来たる!かなぁ。ハーネマンさんのように80歳で再、再?再?再?婚目指してください。

●今年は、これまでと違って、多くの質問に答えて頂くパターンでしたが、とても楽しく良い復習になりました。質問内容もこんなの取り上げてくれたの?という内容もあり、面白かったです。皆と一緒に学べるのってやはり楽しいでよすね。最後のケース、自分が学生相談するようになって、先生の質問のし方の素晴らしさ、勉強になりました。私は終わってから、あれもこれも聞き忘れてしまいます。

●普段の講義視聴ではできない先生への質問ができたり、直接回答を頂くことができ、よかったです。Zenメソッドについて、eラーニングの資料でもあった「(朝)抗疥癬の有益ミネラルレメディー」の意味が理解できていなかったのですが、淋病、梅毒の有害レメディーもあるとの説明で、納得できました。質問にご回答頂く形式の講義だったので、確認ができたり、あいまいだった箇所の理解を深めることができたように思います。

●生ケーステイクがとてもよかったです。当人の出している症状の背後にある霊的な問題や心の奥にある感情にも触れていて、寅子先生ってすごいと思いました。ミネラルの不足についてはとても興味深く思いました。これから注意して学んでいきたいと思います。現代の食生活や環境が病気の原因になっていることを気づけたので、注意深くありたいと思いました。

●前半の講義では、いろいろなポイントを復習する事ができてよかったです。試験準備でオーガノン、慢性病論を読んでいた時に6年前よりわかる部分が沢山あって嬉しかったのですが、今日の説明を聞いて、なるほどと思うこともあって、更に学び続けていくのが大切なんだなと思いました。生ケーステイクもとても勉強になりました。質問力をあげられるようにしていきたいと思います

●ZENメソッドの治療の流れがよくわからなかったのですが、理解できました。これまでは症状が出た時に 症状をとるような処方ばかりしていましたが。根本体質と抗かいせん治療にもっと気を配りながら、広く症状、状況を見ながら処方するように心がけていきたいと思います。

●好転反応について、ポーテンシーについてもやもやとしていたことがだいぶすっきり理解できたように思います(全部ではありませんが…)。まず臓器サポートが必要であること、ミネラル、動植物一緒にとっていくことなどがよくわかりました。

●eラーニングで家で受けるのと違い、周りの人と話したり、ショップを見たり、先生の授業をリアルタイムで受けられて、とても刺激になりました。ケーステイクを初めて見ました。先生が選ばれたサポートチンクチャーがサポートKanだった事が驚きました。心臓かなと思ったのですが。

●質問がついていけなくて、他の方とのレベルの違いに少し焦りました。でも先生の講義は分かりやすくてよかったです。ケーステイクが自分とかぶるところがあって、スタッフィサグリアetc、また飲んでみようと思いました。

●特に疑問に思わず納得していた部分も理解が深まり、ZENメソッドに関しての内容は、予習として、また母にZENメソッドを行っているので、今後のレメディー選択のためにとても良い勉強になりました。先輩方との交流も色々とためになり、楽しく、すでに来年の集中講義が楽しみです。由井先生の講義は言わずもがなです。

●もうまさに、私の質問の解答のオンパレードで、助かりました。すごく根本的な質問だったかもしれないのですが、実は誰に聞いても答えられないものだったので。由井先生から、直接答えが聞けてよかったです。

●卒業式以来、とらこ先生にお会いして懐かしいような気持ちになっています。今日のとらこ先生は、また一段とお綺麗になったようです。お世辞ではなく!明日はいよいよ卒業試験です。悔いのないように頑張ります

●4月から鍼灸の専門学校に通っていますのでホメオパシーの勉強をする時間がなかなかとれませんでした。じっくりと勉強できたのは久しぶりで、すごく新鮮でした。明日のテストは不安ですが、一年生から学んだ事をじっくりと見直そうと思います

●今回は4年分の大事なポイントをいくつも教えて頂けて、あらゆる意味で総復習ができたように思いました。4年間は本当にあっという間で、授業ももうないかと思うと少し寂しく思いますが、明日の卒業試験、秋の認定試験をそれぞれ頑張ろうと思います。

●ケーススタディーにおいて、色々な感情、症状が主な原因を元として表れているのがわかりました。知識も大切ですが、ケーススタディーの経験も多く体験していきたいと思いました。

●生ケーステイクありがとうございました。思っているより悲しみや怒りがおしこまれているとあらためて感じました。相談の大切な部分をインナーチャイルドが占めているとも感じました。

●YOBOキットの使い方の講義をもっと聞きたかったです。とらこ先生の生き方のヒントに関するお話は毎日参考になっています

●復習になりました。基本的な部分も再度聞くことになり、確信が持てるようになりました。資料の最後まで説明が聞けなくて残念でした。生ケースとても勉強になりました。

●質疑応答が中心で、とても分かりやすい講義でためになりました。ありがとうございます。明日の試験、頑張ります。

●初めての生講義、初めての生ケースは、非常に刺激になった。祝詞を皆さんとあげるのも良かった。明日の試験、頑張ります。

●質問したいことが、配布資料に書かれていたので、ちょうどよかったです。e-ラーニングコースのことで聞けない事も知れてよかったです。

●自分が何を分かってないのかもよく分かってないので、皆さんの質問はとても為になります。1日の授業だけでは時間が足りない気もしました。テスト後もまたその時間はあるからいいとは思いますが。

●きょうはありがとうございました。久しぶりのスクーリングを楽しみにしていました。質疑応答の形式で答えて頂いてよくわかりました。集中して講義を受けることができました。

●楽しい講義をありがとうございました。まだまだ間口が狭いため難しく感じています。がんばります!

●総括的な意味も含めて、学びを整理いただく良い講義でした。ありがとうございます。

●講義を受ける度(eラーニング視聴も含めて)勉強になります。今日もとても勉強になりました。

●復習ができてよかったです。生ケースも勉強になりました。ありがとうございました。

●生の授業は良かったです。まだ自分に合いそうなレメディーも選択できないです。

●良いまとめになりました。ありがとうございました。

●大変わかりやすかったです。

<< 1つ前の記事へ | 記事一覧へ | 次の記事へ >>

最新の講義の様子

2016/05/15CHhom プロフェッショナルホメオパス eラーニングコースCH3・4・5・6期...
2016/05/14CHhom プロフェッショナルホメオパス eラーニングコースCH3・4・5・6期...
2015/08/23 (写真クリックで拡大します。) CH3期卒業生向けeラーニング講義:ホメオパ...
2015/08/23 (写真クリックで拡大します。) CH3期卒業生向けeラーニング講義:MM1-7...
2015/05/10CHhom プロフェッショナルホメオパス eラーニングコースCH3・4・5期合同...

講義を月別に表示する