2017年11月23日(木)

11/23(木・祝)「連続講座 古事記(壱) ~日本の神話、我々の祖先について」DVD上映会が開催されました

20171123_pmDVD_tokyo_01.jpg20171123_pmDVD_osaka_01.jpg

(写真クリックで拡大します。)

本日CHhomでは、小名木先生による、古事記のライブ講演会の後、夕方から1回目の講演のDVD上映会が行われました。

『因幡の白兎』『ヤマタノオロチ』など、古事記には多くの方が耳にした事がある物語が記述されておりますが、子供向けの物語程度にしか扱われていないのが現状です。

小名木先は「大人には大人の古事記の読み方がある」として、古事記の原書に立ち戻り、そこに記述された一文字一文字に隠された暗号を読み解くと共に、現実的、科学的な見識から、これまでとは全く異なった解釈を説明されました。

参加された方々は、まさに目からウロコの連続、腑に落ちる解釈の連続に、大きく頷き、古事記の面白さを堪能されている様子でした。

20171123_pmDVD_sapporo_01.jpg20171123_pmDVD_nagoya_01.jpg20171123_pmDVD_fukuoka_01.jpg

講義の感想

●日本の神話はすごい意味がかくされていたんだと驚きました。しかも、実際の土地を空から見ないとそれがわからないことからして、本当に神様のお話なんだと思いました。 ちゃんと木を切って火を使っていろんなものを作ったら、その後に植林しておきなさいという神語は、他の国にはなくて、日本の神様は伝えて下さっていて、この後も伝えていかなくてはいけないことだと思います。もっとこのことを日本人は知るべきです。

●日本大好きですね、小名木先生。ヤマグチ敏太郎さん対談すると面白そう。大人のための古事記いいですね、何年か前、ボールペンマンガの古事記もあった日本人は、アイデンティティを取り戻そうとしているのかもしれない。

●天は苦難、葛藤、辛いことを与えるが、互いに支え合ったり、愛の力が大切だという素晴らしい内容があると知って、ますます古事記に興味がわきました。今まですさのおは弱虫でダメな神様だと思っていたが、男の中の男、すごい神様であると知れて楽しかった。

●最後のスセリ姫の布が「愛の力、支え合う力」困難にあった時、互いに支え合って乗り越えなさいという教えがあるのだというお話に涙がこみ上げました。ありがとうございました。

●古事記は改めて深いと感じました。古事記から愛の力のお話が出てくるとは思いませんでした。スサノオについてとても詳しく学ぶことができ、とても面白かったです。ありがとうございました。

●やまたのおろちやいなばの白ウサギが私が知っている(というより日本人が普通に知っている)こととはずいぶん違ってとても為になりました。

●やまたのおろちの話が子供向けの話ではなく、盆地の水害を防ぐ生活に密着した話であるということがわかりました。

●”古事記”大変興味深く親しみを持つことができました。できましたらテキスト資料があったら復習する時等に読み返して学ぶことができるのでありがたいです。どうぞよろしくお願いします。ありがとうございました。

●ぶれない生き方をするコツや知恵が増した感じがします。自分にふりかかっている諸問題も自分で解決していく自信と自律を目指して、進みたいと強く思えた内容に思いました。

●絵本の世界の大国主や、ヤマトノオロチの話、大人の読み方として納得しました。古事記の格式の高さがわかりました。

●障害者の霊格の事は興味深かった。大国主命の国譲りと天孫降臨がどういう事なのか、今日改めて知った。ヤマトノオロチの正体は、興味深い説だった。

●古事記もいろんな解釈があるので参考になりました。ありがとうございました。

●とても素晴らしい内容でした。ありがとうございました。

●興味深い内容でとても楽しかったです。

<< 1つ前の記事へ | 記事一覧へ |

最新のセミナーの様子

2017/11/23 (写真クリックで拡大します。) 本日CHhomでは、小名木先生による、古事記の...
2017/11/23 (写真クリックで拡大します。) 午後からは小名木先生による「古事記 ~神々の物...
2017/11/23 (写真クリックで拡大します。) 本日は勤労感謝の日という事で、働くことをテーマ...
2017/11/22 (写真クリックで拡大します。) 冬本番の寒さの中、日本ホメオパシーセンター名古...
2017/11/12 (写真クリックで拡大します。) 本日は、豊受クリニック高野弘之先生による「教え...

講義を月別に表示する