2017年11月29日(水)

11/29(水)【名古屋】ホメオパシー座談会 【座談会50回記念】子どもの成長の悩み~発達障害?それとも個性?が開催されました。

(写真クリックで拡大します。)

透き通るような寒さの中、日本ホメオパシーセンター名古屋本部にて、第一月曜・第三火曜・水曜・土曜日の健康相談会を担当されている竹内基幸先生による座談会「子どもの成長の悩み~発達障害?それとも個性?~」が、今回はホメオパシー座談会50回記念ということで、30分拡大して開催されました。

最初に「発達障害の定義」や「発達障害のグループ(ADS、ADHD、LD)」「精神病院での診断」「学校でのサポート」の現実を学んでから、本題である「子どもの困りごとに対応する方法とホメオパシー対策」を説明していただきました。

その中で「衝動性・多動性」「注意力散漫」「こだわり」「コミュニケーション障害」等の子どもの行動の具体的な対応を挙げながら、「自分の尺度や価値観を捨てて、子ども目線になって丁寧にかかわってあげること」「お母さんが子どもの一番の理解者になってあげること」が大事、と竹内先生の体験談も交えながら力説。最後には、「困りごとに合うレメディーやフラワーエッセンスをどんどん使いながら、親が長い目でじっくり腰を据えて、子どもと一緒に成長していってください。」としめくくりました。

皆様の支えがあり座談会を50回続けることができました。皆様の知りたい事、知っていただきたい事を今後も情報提供していけたらと思います。どうぞよろしくお願いします。 さっそくですが、次回の座談会は2018年2月22日に「サポートのレメディーとサポートのチンクチャーを使おう!」をテーマに開催いたします。皆さまお誘い合わせのうえ、ぜひお越しください!

講義の感想

●初めて参加させていただきました。相談会に参加させていただきたくお電話したところ、まずこちらをすすめてもらい、出席しました。長女が発達障害です。様々な症状の中、長女にもあてはまると思うところと、その対処法を重点的に聞かせてもらい、やれることは今日やろうと思いました。託児もしていただいて、ゆっくりお話しを聞かせてもらい感謝しています。ありがとうございました。

●濃い内容でした。ありがとうございました。一般常識とホメオパシー的とらえ方がよくわかりました。発達障害という区別が必要?とは思っていました。世間の多様性の許容範囲がどんどん狭くなっていると思っています。その事を軽視することなく、多様な個性として受け入れられる「日本」に戻る事が出来たら良いと日々思います。今日はありがとうございました。

●発達障害といっても色々あるのだなあと思いました。フラワーエッセンスについては、全く存知あげなかったので、基礎から教えていただきたいと思いました。

●いろんな症状に合うものを教えていただけて、接し方や対応のしかたも教えていただけてすごくよかったです。感情的に怒らないおうに気をつけて、長い目で見て子育てしていきたいと思います。

●いろんな場合の対処法も教えていただけて、わかりやすかったです。FEの説明も入っていてよかったです。

●症状、行動に合わせて、適切にレメディーを使えたらいいなあと思う。ありがとうございました。

●細かいレメディーが知れてよかった。漢字がうまく書けないのは、まさに私の息子だと思った。

●ありがとうございました。勉強になりました。

<< 1つ前の記事へ | 記事一覧へ |

最新のセミナーの様子

2017/11/29 (写真クリックで拡大します。) 透き通るような寒さの中、日本ホメオパシーセンタ...
2017/11/23 (写真クリックで拡大します。) 本日CHhomでは、小名木先生による、古事記の...
2017/11/23 (写真クリックで拡大します。) 午後からは小名木先生による「古事記 ~神々の物...
2017/11/23 (写真クリックで拡大します。) 本日は勤労感謝の日という事で、働くことをテーマ...
2017/11/22 (写真クリックで拡大します。) 冬本番の寒さの中、日本ホメオパシーセンター名古...

講義を月別に表示する