2017年09月17日(日)

9/17(日)【札幌ライブ・全国中継】とらこ先生講演会「人生は負ける為にある!」が開催されました

20170917_sapporo_01.jpg20170917_sapporo_02.jpg

(写真クリックで拡大します。)

とらこ先生 秋の全国講演会2017『人生は負ける為にある!』が、本日、CHhom札幌校にて開催されました。

北海道は台風もまだ来ていない清々しい秋空の一日。ライブ会場には多くの熱心な参加者の方々にお集りいただきました。また今日の講演は全国中継され、CHhom各校でも皆様にご参加いただきました。

今回の講演のタイトルは「人生は負ける為にある!」。夏の講演で多くの感動を起した講演は、とらこ先生が講演会を重ねるごとにどんどん内容が進化して行き、今回は講演時間を3時間に拡張し内容もさらに濃いものになりました。時に笑いもあり涙があふれ、胸を打つ感動と魂に響く真理がある、まさにこれまでのとらこ先生のインナーチャイルド癒しの集大成とも言える講演会です。

今回の講演ではインチャの形成、感情と価値観の変遷、対抗価値としてのプライドの形成が分かりやすく図解され、インチャ癒しの方法もより体系だてられて分かりやすく学ぶことができる内容になっています。

とらこ先生の激動の人生を振り返りながら、人生の中でそのような辛い出来事が繰り返されるのはなぜなのか、負けることを認めるのがなぜ大切なのか、とらこ先生が生きた人生をもとに私たちに語りかけるお話が心を振わせます。

母と子が同じテーマを持って生まれてくること、霊性の問題がある場合は神仏に任せ、心経や祝詞をあげ霊性を高めること、母親のインチャを癒すことが子供たちの心を救うことになること、今回もさまざまな学びの詰まったケースが参加の皆様に共鳴し多くの皆様が涙で目を潤ませて、とらこ先生の言葉を聴き入っていらっしゃいました。

霊性の修行を積み、ご自身の内面と向き合いインナーチャイルド癒しを続けて来た、とらこ先生が辿り着いた、「人生は負ける為にある!」。最後に、この言葉に込められた意味を理解できた時、人生が、自分自身に備わった神聖な魂と心と体がとても尊く、愛おしく、新生されるように感じられます。

人生を変える秋の講演会は、明日は仙台、10月は金沢、和歌山で開催する予定です。皆様のご来場をお待ちしております。

20170917_sapporo_03.jpg20170917_sapporo_04.jpg20170917_sapporo_05.jpg20170917_sapporo_06.jpg20170917_sapporo_07.jpg20170917_sapporo_08.jpg20170917_sapporo_09.jpg20170917_sapporo_10.jpg20170917_sapporo_11.jpg20170917_sapporo_12.jpg 20170917_tokyo_01.jpg20170917_osaka_01.jpg

講義の感想

●久々にとらこ先生のお話を聴けて大変感激、感動しました。ホメオパシーがレメディーのことにとどまらず、インナーチャイルド、心の、魂の健康にまで探求され、根本的な問題にまで触れていくのを聴いて、素晴らしい進化をされているのだと実感しました。これからもホメオパシーを応援して参りたいと思います。貴重なお話をありがとうございました。

●あっという間の3時間でした。最後のコングレスで発表したクライアントの方の発表は、自分の感情をあそこまで吐き出し人に伝えるというのは、とても勇気のいることだと思いました。インナーチャイルド癒しをしながらの作業だったのでしょうか。2人の障害のある子どもを一人で育てるというのは考えられない大変さだと思います。ホメオパシーの力を借りてこんなふうに自分を生きられるのはとても素晴らしいことだと思いました。自分もやれる時がきたら良いなあと思いました。

●今日は息子と参加しました。息子と一緒にとらこ先生の講義を聴けていることに感謝です。自分のインナーチャイルドが癒されていないため(夫も)子どもを愛しているにもかかわらず、うまく伝えられない、理想の子どもを求めていることに気づきました。私が変わらないと子どもも自分の人生を生きることができないと思い、インナーチャイルドセラピストコースを学ぶことにしました。今日もお話を聴いて、たくさん泣けてきて、自分のインチャがまだ悲しみや怒りをもっていることに気がつけました。私が自分を生き直すことで、息子も自分らしく生きていくことができるよう、まず私からスタートしたい、しよう、と心に決めました。とらこ先生は愛の人ですね。今日会えて感謝感謝です。

●心の奥深くに響き、自分のことと重ねて、聞かせていただきました。涙があふれました。毎回、先生のお話は、人生に対する深い気づきを与えていただき、心より感謝申し上げます。今日、誘っても、いろいろな都合で参加できなかった知人、友人たちにも、もどったら報告したいと考えています。私自身のインチャ癒しも、今後続けて、家族共々一層幸せになり、周囲の方々にもお役に立てたらと思っています。とら子先生、そして、関係者の方々に深い敬意と感謝を申し上げます。

●インチャ癒しをしてみようと思うのだけれど、どうもインチャが出てこない。出てくるとしても、自分が頭の中でつくりあげたインチャ、自分がストーリーをつくっていて、ストーリー通りに癒しをしている感じがします。インチャは癒やせていないと思うけれど、気づきはたくさんある。最近は「私と関わる人達は、皆、私の一部」だと思うようになった。私は私の目を通して、自分の思考を映して、私の周りの人達との関わりの中で生じる感情から、自分の内なる自分をみせられている。だから、みるもの感じるもの全てが自分、この世界は自分を表している。そんな気がするのです。

●I really enjoyed. When I was younger, I felt I didn't need to pay attention to my feelings.Now I realize how important it is. I see so many people suffering these days, emotionally and mentally.I hope in the future more people can learn about inner healing. Thank you.
【訳】とても楽しかったです。もっと若いころは、自分の感じることに注意を払う必要はないと思っていました。いま、そのことがいかに大事かわかります。最近、多くの人が感情的に、精神的に病んでいるのがわかります。将来、もっと多くの人々が心の癒しについて学ぶことができるとよいなと思います。

●久しぶりに生の寅子先生のお話を聞くことが出来て、本当に嬉しく楽しい時間でした。仕事で遅くなったのにも関わらず、スタッフの方々も親切に対応して頂いて感謝しております。札幌に越して来て、まだ5ヶ月ですが、何か卒業生として出来る事がないか、探していこうと思います。寅子先生、益々お元気で。有難うございました。

●東京ライブの時も聴講させていただきました。わたしはどうして、あのケースの男の子の涙に心をゆさぶれるのだろう・・・。前回の時から考えていましたがまだ答えが見つかりません。由井先生の人生、よく生きて、私達に真実や知恵を下さって、本当に感謝申し上げます。今までの講演会で先生のお母様やおばあちゃんはどうしてこんなひどい仕打ちをしてきたのかと思っていましたが、今回、お母様の辛い心の内が見えて、全てがつらかったけど、そうならなくてはならなかったとすっと心の中に入って来ました。

●4月の講演会の際は仕事の都合で相談会同席後、家路を急ぎました。今回はボランティアに参加でき、また講演会も聴くことができ幸せです。とらこ先生のパワーはどこから来るのでしょう。来道→相談会→エネルギッシュな講演は驚きです。今、私はインチャにあふれています。随分癒せていたと思ってたインチャはどんどん大きくなり、私の心は怒りや憎しみでいっぱいです。「悲しみ→恐れ→怒り→無力感→憎しみ」の流れに納得。癒せていないインチャがめいっぱい大きくなったのが今の状態なのだと気づきました。インチャの原因はわかっていて、数年前から声をかけているのですが、未だ癒せないでいて、とても苦しいです。怒りや憎しみは苦しみを増大させ、何の解決にもならない。もう一度しっかりと悲しみに戻る必要があるのですね。いっぱい泣きましたが、まだ道のりは長そうです。怒りは逃げていることなのですね。いっぱいいっぱい苦しもうと思います。苦しみ耐えてみます。とらこ先生の涙、心に刻みます。

●今日はありがとうございました。今日の講演を聞いていて、母親の生き方を見て自分の生き方を決め、その自分の生き方を見ていて娘が娘の生き方をより窮屈にしてきたんだと改めて思いました。最近は二人で話していてよく涙が出てきます。あまり思い出がなかった出来事(インチャ)を思い出す機会がよくあります。そして一番自分を許していないのは自分だと最近心底思いました。自分の弱さ、未熟さetcを徹底して感じていきたいと思いました。今は「適当に生きる、中途半端に生きる」ということをしていきたいと思いました。

●どうもありがとうございました。インチャセラピストコース4期のeランコースで学びましたが、今はとても幸せだと感じていますが、また一年学び直したいと思いました。今はプロフェッショナルコースの2年生になりました。今ここにいられることがとても幸せです。どうもありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。

●今日で3回目です。今日はとらこ先生の生の声を聴き、とらこ先生の魂の声が伝わった気がしています。レメディーも始め、自分の周辺が変化し始め、私がやりたいと願っていたことが近づいてきたと感じています。どんな治療も良い部分があり否定はしません。でも魂の成長がなければ、その人の本当の役割や健康という状態にはならないと思うようになりました。私はホメオパシーとインナーチャイルドセラピストコースを受け、他の自然療法や西洋医学を統合させ、治療を行いたいと希望しています。そのためにまず自分が変わろうと決めました。これからも自分の役割を果たせるように進んで行こうと思っています。

●最近、自己卑下、駄目人間に悩まされている。自分に自信が持てなくなって悲しいというか、その繰り返しはホトホト疲れる。睡眠不足にもなる。なんかしないと、と…。今回の講演で少し楽になれそうだ。血小板減少症の話も参考に(自分がそうだから)。発症は3年前に血液検査で、それ以前からあったのかも。インナーチャイルドは大変な労力が必要のようだが、知らない自分というか本当の自分に出合うために必要かとも。機会あるごとに勉強したい。

●もりだくさんの内容でした。とらこ先生の人生を感じて胸が詰まりました。インナーチャイルドについては、自分の子どもに対する愛情や言動について考えるものがありました。自分の言動が子供の人生を変えることもあるんだと感じ、愛情を伝えているだろうか…傷つけていないだろうか…と感じました。すべてのことに感謝の気持ちを感じたとらこ先生はすごいなぁと思います。私も同じ病気なのでホメオパシーもいいのかなと…。いろいろ考えてしまい、受けるのは戸惑っている感じです。今日はありがとうございました。

●何も怖がることも恐れることもない。このままで良いから。勝たなくていい、出来なくてもいい。私は私だから。ありのままでいてもいいと言われると、逆にどうして良いのかわからなくなる時がある。でも、負けていいんだと思えるのはとても心強くて温かいです!!自分の魂に誇りを持つ。というとてもすてきなお守りを指針をいただきました。ありがとうございました。

●最新版のオアシスの「人生は負けるためにある」の記事を読んで、涙がとまりませんでした。インチャコースの3期生として1年学び、その後もインナーチャイルドいやし、自分と向き合う日々を意識する中、なぜかどんどん生きているのが苦しくなるような出来事が繰り返され、まさに「どん底」の底の深さを深めていくような、出口のないような苦しみが続いていました。その答えが、今日のとら子先生のお話の中にあったのです。私は全然自分を許せていなかったのです。インチャコースで学び、気づきを深めて少しずつゆるめていけたことは事実です。おかげさまで大元のインチャに近い所まで歩み寄っていっていたのですが、見つけられた事で精一杯だったので、ダメ押しのようにつきつけるかのように、人にうとまれたり無視されたりして辛い日々でしたが、「人に見てもらいたい、愛されたい」にどれほど執着していたんだろうと、ものすごくショックでした。それでも「見てもらいたかったんだ」「愛されたかったんだ」の先にあるもの・・・を私は知りたかったんだなぁってやっと分かりました。「人に愛されない私」「ないがしろにされる私」を私が大切に愛せるか、なんだなあと。ここまで苦しくないと気づけないから、仕方無いんだなあ、と少し緩みました。これまでのインチャ癒し、「愛されたかったね。よしよし」で終わっていましたが、本当の私、内なる私は「私が私を愛したい!!!」だったんだ。そんなパワフルな強い思いがあったことに気づけて、大切な大切なひとときになりました。苦しみをシェアして光を与えて下さり、とら子先生本当にありがとうございました。

●本日は久しぶりにとら子先生のお話が聞けてよかったです。(夏の講演がとてもよかったと友人から聞いて楽しみにしていました)自分が今、かなりつらい状況に追い込まれていて、「ここから何か学ばねば!」「自分をばかにしている人達を見返してやるんだ!!」「心配かけた人のためにもがんばらなくちゃ」と思ってカラ元気で何とか2ヶ月近くやってきていましたが、お話聞けてよかったです。今のどん底を十分味わって(?)自分のダメさを認めて許していこうと思いました。(まだ泣けないところがネックですので、ちょっと手強いですが、ボチボチ)本当にありがとうございました。

●2度目の参加でした。前回よりもわかりやすく感じました。今まさにインチャのお試しで、隣人トラブルの隣人が引っ越したら、大家が隣に夜間ずっといて、床を揺らして眠れないという同じパターンが繰り返されています。すぐ引っ越そうとか警察に通報しようとかするのが昔のトラブルのパターンですが、「この奥にどんな価値観があるのか」「こういう扱いをなぜ受けうるのか(自分が自分をどう思ってどう扱っているのか」を書き出してみようと思いました。とらこ先生のインチャにかける言葉のレメディーの本とかがあると、自分で自分に声をかけられない、ほめられない人にはありがたいなと思いました。

●寅子さんのエネルギー、人生の重みがひしひしと感じる場でした。沢山の希望、癒しがありました。元気が湧いてきました。症例のお話で自分と重なるところがあり、涙があふれ、沢山感情がでてきました。この講演後にのどの痛みが消えているのに気付きました。子供の頃から苦しみと向きあうきっかけとなった母と参加しました。この度参加できて本当に良かったです。ありがとうございました。

●本日はお忙しい中札幌まで来ていただいてありがとうございました。壮絶な家庭環境で生きてこられた寅子先生が、お母様とともに祝詞を上げられている絵を見てとても感動しました。自分だったら親に手をかけているであろう憎しみを乗り越えられて、虐待と呼べるような経験を乗り越えられた寅子先生だけに「人生は負ける為にある」と主張されることにも説得力を感じました。余談ですが、4月にいらした時は食べ物をお話されていたところ、豊受大神様の掛け軸がゆらゆら揺れていたのが印象的でした。原野を都市開発した札幌では、豊受大神がまつられている神社がたくさんあります。ゆかりある地に来ていただいたのはとてもうれしく思います。ぜひまたいらしていただきたいと思います。

●とら子先生のお話は何度聞いても、その度に新たな発見や気づきがあるなと感じます。今回先生の子供の頃から現在までの歴史をお聞きして、本当に大変な人生を歩まれてこられたのだと思いました。このように色々なお話を聞かせ下さるのは迷いの多い私にとってとてもありがたいです。私自身もインチャが沢山あるなと思い知らされました。少しづつでも自分のインチャ癒しをやって、もっといろんなことにとらわれない自分になっていけたらと思います。ありがとうございました。

●インナーチャイルド癒し、奥が深いです。孫が私のところでごはん(米)を食べないのを不思議に思っていましたが母親の愛情にうえているんだなあと思いました。10歳で父親を亡くし母子家庭になった母親は大学へ入り直し、現在看護士として働いていますので、ほとんど私のところで生活しています。そのさみしさからの抵抗で米を食べないのではと、とらこ先生のお話を聞いて思いました。もう少し娘と孫と私達話し合う必要があると強く感じました。とらこ先生ありがとうございました。

●本日はご招待をいただき、友人と3人で受講させていただきました。ありがとうございました。ホメオパシーととらこ先生のお名前は以前から知っていたのですが、初めてお話を聞かせていただきました。お話を聞いていると、今までの人生のいろいろな事が頭の中を流れてきて、ぼっーとなりながら聞いていました。良いお話を聞かせていただいて、本当にありがとうございました。

●長い間、娘と向い合ってきたテーマ、娘を変えたいという思いでしたが、問題は母の私にあると気づかせていただきました。インナーチャイルドに向い合う事が娘との関係をよくする事なのですね。本日のお話しは私の心の奥底に響く深いお話で、機会がありましたら、是非、セミナーを受けてみたいと思いました。有難うございました。

●なぜインチャ癒しが必要かということを初めから説明していただき、ありがとうございました。とらこ先生の一生を通じての説明、びっくりしましたが、わかりやすくするために話していただき、ありがとうございました。ケースには通じるところもあり、今日も泣いてしまいました。先生には今後も無理せず、いろいろ、教えていただきたいと思いますのでよろしくお願い致します。無理だけはしないでください。

●本日、拝聴させていただきまして、インナーチャイルド癒しの終着点が人生は負けるためにあるということの意味がわかりました。自分で自分を癒すというのを主に、進んでいく先に、最後は相手のことまで考えてそれを受け入れ納得するまで至るというのはすごいことだと思いました。ありがとうございました。

●何もわからずに参加させていただきました。DVDの子供の気持ちがよく感じられ、涙が出てきました。自分の気持ちとすり合わせ、自分のインナーチャイルドがまだ癒されていないなーとわかりました。とらこ先生のお話を聞けて良かったです。ありがとうございました。

●とらこ先生 札幌に来て下さってありがとうございました。今までの“ダメでいいじゃないか”というのが表面ではわかったつもりでもどうしてもわかりきれていなかったのですが、今日の講演でやっとわかってきたと思います。ケースDVDで声をあげて泣く男の子の姿に心が痛みました。

●本日も心に響く講演をありがとうございます。ケースの母子にかけているとら子先生の言葉は、私自身のインチャにも深く届きます。いつもいつも進化していく由井先生にお会いすることを楽しみにしています。

●私は理解が遅いので、何度も何度もお話をきいて、やっと少しずつ体の中に心の中に入ってきている感じがします。まだまだできていない事もいっぱいですが向き合うのをこれからの楽しみのように思えてきました。とら子先生、ハグありがとうございました。

●ダウン症の10歳の子供がいます。血液の病気の親子のDVDは、まさに私の事だと思い、ドキドキしてしまいました。勉強を教えていて叱り怒り、泣かしたこともたくさんです。両親、妹の関係も同様なことがありました。いつかインナーチャイルドを勉強したいです。ありがとうございました。

●どん底の場所、万物斉同、この世的に最低の位置が霊的に見ると最高の位置、とてもよいお話を伺いました。インナーチャイルド癒しの難しさを感じましたが、画面にある各ポイントの説明文、印刷物等を配って頂ければ助かります。と感じました。

●毎日いろいろあります。自分の親に感謝もしているし、元気でありがたいし、頑張って生きてきてえらいと思うのに、姉や姉の子がだらしなくお金を使うことにとても怒ってしまいます。腹が立つ姉や母や父に怒るのも、やっぱり相手の問題でなく自分の問題ということですね。たくさんのお話をありがとうございました。

●自分を駄目であると戦うと怒りが生じる。とても重いお話でした。自分で駄目であることを認め、価値観を解放すると生きづらさからも解放されていくと気づきました。私は抑圧した感情がとても深かったと気づきました。今まで生きてきた道をふりかえり、自分の生き方を見つけていきたいと思います。

●今回初めてとらこ先生のお話をお聞きしました。DVDもとても素晴らしいですが、生の講演はまたとても良かったです。インナーチャイルドは深いテーマで、誰しも少なからずある問題だと思います。今後、書籍などから学んでいきたいと思います。ありがとうございました!

●インナーチャイルド癒し。わかっているつもり、取り組んできたつもり…ではいたけれど、まるで色の違う十二単を着ているように、その下その下と癒してほしい子どもが姿を現す感じがしました。今世でどこまでやれるかな…?まずは次の扉を開けてみよう。そんな気持ちにさせられた講演会でした。

●とらこ先生、札幌に来ていただいてありがとうございました。先生の子供の頃、いえ、赤ちゃんの頃からの様子を伺うと涙が出てきます。何回聞いても泣きます。でも、ホメオパシーを日本に広めて下さった力の基になったのですよね。心より感謝いたします。私のインチャも深く潜んでいると思います。ヒョコヒョコ出てきて欲しいものです。本当に今日ありがとうございました。

●真赤な彼岸花を見て、亡き父母が他界してから何年たつのかと、ふっと思いました。母は私の32歳の時、父はそれから4年後に亡くなり、それから32年も経っています。64才になります。ちょうど半分の月日が経っているのに、まだまだ両親を許していない自分がいます。インチャを癒さなければ、駄目な自分を認めなければと強く思いました。とらこ先生ありがとうございました。

●親は子供の為に頑張って働く!子どもの為に少しくらいの事は我慢する!私の両親の価値観で生きていました。これからは、もう少し自分の人生を生きていきたいと思います。わがままを沢山言って…(笑)。とらこ先生、ありがとうございました。

●怒りが起こるのはそれにインチャが潜んでいるかもしれないと気付いて自分を見つめ直すチャンスにすることが大事と思いました。存在しているものは存在を許されているというのは確かにそうだと思いました。会社の人間関係を見ていて、離れていく人は行くし、常に事実を受け入れることだと思います。子供に対して接し方を少し変えようと思いました。

●思い切って今回の講演会に参加出来て本当によかった。今、まさに自分が感じ、考えていた件でした(悩んでいた)。「駄目」な自分を認めるという事・・・。それはどういう事なのかという事。どうもありがとうございます。何回でも聞いて考えていきたい。そのためにとても参考になる、元気になるお話でした。

●今回は2回目です。前回の東京での講演会の際、心が熱く涙が出て止まりませんでした。自分の思いが巡り、聞き逃したこともあり、再度参加いたしました。また新たな気づきがありました。ありがとうございました。

●人生をふりかえりながらのお話はずっしりと心に響きました。苦難があった時、じっとそこで受け入れよう、認めようの言葉、特に心に残りました。まだまだ心を裸にしていくべく頑張りたいです。ありがとうございました!

●今日はとらこ先生の人生を通してインナーチャイルドの癒し方を学ぶことができました。自分にはあまりないと思っていましたが、子供の反応を見ると実は結構あるのではないかと感じました。

●レメディーで全てのことを治せるものではないこと、ありのままを受け入れること、次々に起こる苦難も今の自分にはとても大切で必要であること、自覚しありがたく受けたいと思いました。ありがとうございました。

●母と子の関係が、一番太く影響が強く長くかかると思った。価値観が大きく変わっていると思った。善悪や優劣など、自分を縛っているのだと思った。自分の内面を深く見つめるきっかけになった。

●授業でちょうどインチャを行っています。今後学びを深めて、自分のインチャを癒していきたいと思います。実際の先生にあえて、優しさを感じたし、この学校に肺って本当によかったなと思いました。

●お話を拝聴しながら「色即是空空即是色」あるがままに受け入れなさいと思いました。負ける事は空になる事でしょうか。空(カラ)にならなければ新しいものが入って来ないという事を思っています。

●とらこ先生の存在自体が美しいと感じました。自我(エゴ)のない、透明な存在をながめている様な気がしました。

●負けるためにあるということが、最初は理解できませんでした。お話を聞いているうちに何か心がやわらかく軽くなる感じがありました。レメディーをもっと学んでみたいと思いました。

●今日は、講演ありがとうございました。私のインナーチャイルドをより癒していける人生を送れるよう生きていけると思います。

●今回も心が震えました。ダメだと言われると悲しくなる事、怒られると怒りが出る事、すべて自分のインチャが原因、改めて自分に言い聞かせます。ありがとうございました。

●自分をふり返る時間になったと思います。負けることを認めようと思います。できないことを認め、どういうふうに行動していこうかと考えることができました。自分の命を生きていきたいと思います。

●今の私に必要なことばかりでした。「良くなりたいから、やる」という純粋になるということ、心にしみました。ブレーキではなくアクセルのみで進む。たくさん学べました。ありがとうございます。

●お話の内容が今、現在の自分に必要な内容ばかりなので、驚きです。今日来れた事にただ感謝です。とらこ先生ありがとうございました。

●「優れていることが善」という価値観にとてもとらわれていることに気付きました。自分がだめであることを認めて、受け入れて、家族もそのまま愛していきたいです。

●ダメな自分を許し愛す、を改めて心に刻みました。とても素晴らしいお話でした。ありがとうございます。

●本当に最高に素晴らしかったです。感激しました。友人連れてきてよかったです。とらこ先生、すごいです。

●先生のエネルギーを感じることができてうれしかったです。インチャいやし続けていきます。

●定年と還暦を目前にこれからの生き方、今まで歩んできた道のりを見つめ直すきっかけとなりました。

●とらこ先生の愛を沢山もらいました。いつも涙でいっぱいです。ありがとうございました。

<< 1つ前の記事へ | 記事一覧へ | 次の記事へ >>

最新のセミナーの様子

2017/10/01 (写真クリックで拡大します。) とらこ先生 秋の全国講演会2017『人生は負け...
2017/09/18 (写真クリックで拡大します。) とらこ先生 秋の全国講演ツアー2017『人生は...
2017/09/17 (写真クリックで拡大します。) とらこ先生 秋の全国講演会2017『人生は負け...
2017/08/13 (写真クリックで拡大します。) 毎年お盆の時期には恒例となりましたとら子先生の...
2017/07/30○洞爺ツアー2017 2日目 (写真クリックで拡大します。) 「日本豊受自然農 ...

講義を月別に表示する