2018年03月11日(日)

2018年3月11日(日)ファミリーホメオパス養成コース公開講座
「農業総論」DVD上映会

20180311_open_tokyo_01.jpg

本日は、農民であり、豊受自然農の代表として自然農を実践する由井学長による『農業総論』の授業が公開講座としてDVD上映されました。

授業では、日本人の病気が英国人と比べて治りにくいのは、食が原因の病気(食原病)が起きている事に気づくことが大切であること、そして、日本古来の自然農を復興させる目的で『豊受自然農』を立ち上げた由井学長から、日本人に根付いた意識や政治に危機感を募らせている現状が伝えられました。

また、自然療法を学び、自分と家族の健康を守りたい志を持っている学生達にとって、その基盤となるのが食であり、農業であると学びの意義が伝えられました。病気や健康に結びつく食の問題をどうとらえ、自然療法でどう乗り越えてゆけばいいのか、様々な知恵が盛り込まれた内容となりました。

次に食原病の患者の臨床ケースの映像より、ホメオパシーの食生活の改善によって回を重ねる毎に本来の健康を取り戻していく様子も上映されました。

農業に関する、かなり専門的な知識もレクチャーされ、根や土、微生物などの知識はもちろん、農業従事者の気持ちの持ちようなど、とらこ先生が経験を通して学び、磨かれた農業が伝えられ、生命感あふれる生きた授業を学びました。

参加者の皆さま、お疲れさまでした。

講義の感想

●とらこ先生の行動力に相変わらず、すごいと思います。夫と一緒に参加させていただきました。自然農に興味が強いので、ホメオパシーについても紹介したくちょうど良い機会でした。今の社会のバランスをとるのに何が必要かとても参考になりました。ホメオパシーを夫にもすすめてみたいです。

●3時間寝ずにみました。座ると眠くなってしまう事が多いのですが、とても参考になるお話でした。ありがとうございました。農業の大切さを学べました。

●農業総論DVD講座良かったです。勉強になりました。栄養学を学ぶだけでなくホメオパシーも一緒に学んだ方がいいと思いました。

●由井先生の広く深い知識に学ぶところが多くありました。社会の要因が現在生きている自分たちと深く関連している事に思わされる内容でした。

●レメディーの使い方だけでなく、生きる基本の食の問題から見直してこられた由井先生のパワーに触れてよかった。

<< 1つ前の記事へ | 記事一覧へ | 次の記事へ >>

最新の講義の様子

2018/05/02 (写真クリックで拡大します。) 本日は、学校説明会「eラーニングで学ぼう、オー...
2018/03/25 本日は、プロフェッショナルホメオパス+ファミリーホメオパス養成コース学...
2018/03/24 本日は、豊受自然農の代表として自然農を実践する由井学長による『農業総論』の授業...
2018/03/16 本日は、ファミリーホメオパス養成コースの学校説明会行われました。 はじめに由井...
2018/03/11 本日は、農民であり、豊受自然農の代表として自然農を実践する由井学長による『農業...

講義を月別に表示する