2017年06月10日(土)

2017年6月10日(土)

CHhom プロフェッショナルホメオパス CH5・6期
「ホメオパシー病理『呼吸器』」
講師:由井学長

20170610_CH56_tokyo_01.png20170610_CH56_tokyo_02.png

(写真クリックで拡大します。)

CHhomでは、本日、由井学長が教鞭をとり呼吸器に関するホメオパシーの学びを深めました。

数分間呼吸がとまっただけで我々は死んでしまう事が証明するように、空気は最も重要な栄養源であり、それを吸収する呼吸器は大変重要な働きを担っています。

由井学長によれば、肺の問題はインチャの影響が大きく、その人の霊性と大変密接に関係するとのことです。授業では現代医学的な理解、東洋医学的な理解だけにとどまらず、ホメオパシーのマヤズム医学からとらえた呼吸器、更に霊的な視点でとらえた呼吸器など様々な角度から肺に関連する病気を学びました。

臨床ケースでは、喘息が治癒したケース、統合失調症が結核発症で改善したケースなど3つのケースが映像で映し出され、成功例からも失敗例からも、そのケースをもう一度研鑽し、身にしていく事の大切さが伝えられると共に、病理やレメディー選択の方法論を遥かに超えた、インチャを癒し霊性が向上する事で、病気を劇的に改善させる奥義が伝えられました。

様々な観点から、腑に落ちる授業の深さに、学生達は終始集中し、積極的な質疑応対が行われました。

由井学長、学生の皆さま、本日もお疲れ様でした。

20170610_CH56_sapporo_01.png20170610_CH56_nagoya_01.png20170610_CH56_osaka_01.png20170610_CH56_fukuoka_01.png

講義の感想

●久しぶりに先生の講義を受けさせていただき、胸が躍る思いでした。学生の時よりも実際のクライアントさんの顔が浮かび、先生の話されている内容が、一言一言心に刻まれました。講義中に出てきたMTやレメディーは何年も続いた母の咳と痰につかってきたので、実感としてよくわかりました。自分の咳の意味、肺、結核マヤズムに関する霊的な意味もよくわかりました。今の自分をよしとします。幸せな一日でした。ありがとうございました。

●今日の授業はとても、いつも以上に深い内容でした。実は先月の初めからひどい咳と痰が出続けていて、主婦ですが、ろくに家事すらすることができず、呼吸困難、動悸にも苦しんでいます。自身で処方を出して、ほんのり少しずつ良くなってきていますが、咳と痰が残っています。肺と霊性のお話になった時、思えばこのひどい咳は地元の神社の神事に参加した夜から急にひどくなったことに気づかされました。もともと体調がいまいちで、かつ、おそらく「私なんかがこんな神事に関わっていいのかな?」という、前々からわかっていたけれど、自己卑下のインチャが深いところで騒いでいた1日であったことを思い出しました。この日とはげしい症状をきっかけに、再びよく本を読み直したり、MTを試してみたり、TBRを読んだり、とても学ぶことが多く、私にも、また精神的な上で家族にも、大きな変化のあった1カ月でした。苦しい症状に悩まされながら、朝方に祝詞をあげて、そのまま窓際で眠った時、たっぷりの太陽を浴びながら「ここにいてもいいよ」という声を聞いた気がして、再び目覚めたとき、これまで生きていた世界がこんなに素晴らしく、美しい世界だったのか、と光って見えた気がしました。

●深い内容でしたがわかりやすかったです。RAHの時代のホメオパスの方が治らない処方をされるのはホメオパシーが誤解されてしまうので、ZENメソッドを正しく処方していただきたいと思いました。CHhomでZENメソッドをとらこ先生に教えていただけるのは本当にありがたいです。自分の霊性についても知りたいと思いました。

●今回”呼吸器”とても身近で大切な臓器の学びの一日、とても勉強になりました。呼吸器もインチャとの関係が深い臓器であること、霊的影響を受ける肺の臓器。見えないところを治すことの大変さを感じました。とらこ先生が”何事も感謝が大切である””感謝が生命力、感謝が治癒力である”という言葉も心に響きました。ありがとうございました。”ジンカム”のマテリアメディカを帰ったら読みます!

●子どもの頃、風邪を引いてはすぐ咳が出ていたのでよく吸入をかけられていたり、小児ぜんそくを疑われたことを思い出しました。確かにそのころは体質的にも敏感で、周囲の気配から印象を感じ取っていたように思います。どちらかというと、Carc.かと思っていましたが、充分Tub.の要素がある事に今日はは気づけました。インチャ癒しも、その頃の事をうっすらと思い出した点が出てきたのでやってみます。そして今日のケース、先生は失敗だったかもとお話されるシーンもありましたが、今ケースをとろうとしている身にとっては、失敗を恐れずにやってみる事、上手くいかなかったら等は考えずに、でももしこうした方が良かったのかもという点が出てきたら明らかに認めていく、負ける強さというのはこういう事にも言えるのだなあと思いました。がんばりまーす!そんな強さを持てるホメオパスになれますように、と。

●肺は、霊性と密接な臓器である。とりあげたケースの内容も深く、濃い授業でしたが、今日は、体調が悪く、どこまで吸収できたか…インチャからずいぶん抜けた感じがあり、しばらく体調もよかったのに、今日来た不調は何故かと考えていたところだったので、霊格の話も興味深かったです。また体のメッセージから、自分を見つめようと思います。

●肺の病理について学びましたが深くていい理解ができたと感じました。ケースはとても参考になりました。処方の仕方、とらえ方。死亡例での考察はZincの重要性、素晴らしいと思いました。さっそく学生相談や個人的にも積極的に使っていきたいと思います。また結核と精神病とのかかわり、非常に興味深く学ばせていただきました。ありがとうございました。

●4年生になってやっと自分のインナーチャイルドの存在が明らかになってきました。自分を責めているつもりは微塵もなかったと思っていましたが、自分を理想の型に当てはめ、できないと責めている事に気が付きました。4年生になってやっと、とらこ先生の今迄お話して頂いてきた事を理解できるようになってきました。まだまだ気が付けば、できない自分を責める癖がありますが、ひとつ見つけては癒し、癒し続けていきたいと思います。

●難しかったですが、楽しかったです。去年まで2年間病理と解剖学をこの学校で学んできましたが、ここに来てこの重要性がわかってきて、本格的に復習しなければいけない!!と思いました。未だにどんな人が何マヤズムかわかってなくて、クマーさんのマヤズムの本をきちんと読まなければ!!と思いました。今日の授業の「呼吸器」は自分も咳が止まらない時期があったので、自分のこととして聞くことが出来ました。Zinc.のMMも読まなきゃですね。

●今日の授業もいろいろ衝撃的でした。2回出産しましたが、いずれもへその緒が胎児に巻いてしまいました。ストレスだったんですね。上の子は胎便を飲んでしまいましたし、二番目は帝王切開でした。親としての罪の意識を感じました。でも仕方ないですよね・・・許しましょう。解毒がきちんとできる霊のホメオパスになりたいと強く強く思いました。朝のお香、心が落ち着きました。ベルガモットのお花・・・とても良いですね。今日もありがとうございました。

●喘息の霊的解説を聞いたとき、その通りだとすごい腑におちました。また亜鉛の重要性も息子の入院中体験を通してとても感じました。臓器のルーブリックをみるとたいていZincが入っていて体の修復にはZincがないとならないんだと思いました。大病している人にはZincですよね。とらこ先生ありがとうございます。私たち親子をずっと見守っていてくださっていたことに今気づき、3期の皆んなにメールをした時にやっぱりとらこ先生にもメールを出すべきだったのだとつくづく今思いました。昨年4年生としてスタートするところで息子の再発がありそのあとのことを報告させて頂きたいと思っています。ありがとうございます。

●治癒していく人と、治癒していかない人との大きな違いは、はっきりあると思います。治癒するのは、自分自身を見つめ、自分の内に全て問題の解決の原因がある。ということに気づくことができる人だと思います。インチャがあるから今までの自分がいる。このインチャにこれまでずっといてくれたことに感謝し、それによって成長してきた自分をそのまま受け入れられていければ、治癒が早くスムーズにいくと思います。

●亜鉛大事ですね。髪の毛も薄くなってきたし、セレン、シリカと共にとらないといけないお年頃になってます。息子達にも大切なミネラルなので、サポートに入れようと思います。あっ、もっと大事なものが・・・霊性ですね。霊性が低いせいか、ここ4・5年肺が時々痛みます。皮膚にも、Tub-b.ですね。今日もありがとうございました。感謝こそが治癒の力なんですね。

●とても深い「呼吸器」の講義でした。1ケース目での由井学長が振り返り、考察した由に導き出された「Zinc」の必要性と、それについての解説がとても勉強になりました。1ケース1ケースを真摯に受け止められ、私たち学生にも広めてくださる由井先生にとても感謝しています。出ている症状につながる心や魂のあり方まで学べる講義でした。ありがとうございました。

●肺の症状の霊的な見解は興味深かった。また、亜鉛の重要性も実感した。長い事薬をとってなく、症状を抑圧した覚えはなかったが、今回の講義を聞いていて、20年程前に1年半以上頑固な咳が止まらなかったにもかかわらず、結核でもぜん息でも気管支炎でもないが、咳を止めないといけないと言われ、薬を処方された事を思い出した。

●学生相談で肺の疾患の方をみていますが、肺の症状の他に腰が痛い、むくみなどの症状があり、うすうす肺と腎は関連性があるのではないかと思っていたところ、授業の冒頭で、「息を吸すのは腎が司る」と出て驚きました。次の処方に向けて重要なヒントが得られました。亜鉛の復習もしたいと思います。

●いつも内容が盛りだくさんで毎回アンケートに書く頃には頭がパンパンで言葉にできません・・・。今日も納得することがとても多かったです。でもホメ病理の前に現代医学の解剖・病理をもっともっと知る必要もあると病気しています。今日から乾布摩擦やります。とらこ先生、新城先生、本日もありがとうございました!

●今日はとてもたのしみにしていたホメオパシー病理の授業でした。そして内容は…改めて肺という臓器の難しさ、深さ、デリケートさ…精神面の影響…を改めて大変に感じました。もし自分のクライアントさんが結核になったら私は自分で処方、対応できるだろうか…答えはNOです。全くもって、あまりにも勉強不足…。あらゆる方面、ジャンルにおいて。

●今日も濃厚な授業をありがとうございました。肺と精神状態が繋がっていることが興味深いです。ウツだった友人が亡くなったのですが、肺炎でした。とても悲しみを抱えた人だったので、レメディをあげられたらよかったなと思います。質問にも答えて頂きありがとうございました。とらこ先生、これからは霊性の方へ力を入れていかれるようですね。うさんくさいスピリチュアルが多くてウンザリしてましたが、とらこ先生の内容は本物だと思います。霊格の話などまた楽しみにしています。

●薬を飲むということの恐ろしさを感じました。途中まで改善したのに、そのまま信じて頑張ればよかったのに、結核を抑圧してかかりきれず、精神病が再発してしまった。助けられたのに、助けられなかった事に残念さを感じました。『病院へは行かない』と強く思いました。インチャと向き合うこと、本当に大切。自分を信じて、自分を大切にする事、真剣にやらなければ。

●最初のケースで、亡くなられたケースも教えて頂いて、どうすればよかったか振り返って見直されていて、こんなことをさらけ出してくださる由井先生はすごいなと思いました。統合失調症の方で、結核が酷くなると精神病がよくなり、結核を薬で抑圧すると精神病がまた出てくるのが分かりました。

●娘の汗がちょうどとても臭いので、サポート腎臓にNit-acとSelを入れて飲ませてみようと思った。喘息といっても奥深いと思った。統合失調症が結核にかかりきることによって治るなんて、西洋医学では考えられないミラクルだと思った。

●喘息について病理的に深く知る事ができてよかったです。また肺については、病理だけではなく霊的な意味も解り、先日まで長く続いた咳のことを思い出し、改めて自分について見せてくれていた意味を考えようと思いました。

●自分は生まれた時に、ヘソの緒が2重に巻きついて生まれてきたと母親に聞いたことがあります。確かに酸欠になりやすく、満員電車で呼吸がしにくくなり、パニックになりそうになったことがありました。本当に勉強になりました。ありがとうございました。

●呼吸器の病理、とても奥が深かったです。臓器が病むと、そこには必ずインチャがある。まさに三位一体。ホメオパシー敵病理をしっかり身に付けていこうと思いました。とら子先生、本日もありがとうございました。

●肺は悲しみの臓器と知識がありましたが、ここまでのものかとショックを受けました。Zinc.は発達障害の学生相談でもよく使います。改めてマテリアメディカの勉強を強化します。ありがとうございました。

●今回のとらこ先生の病理学は呼吸器。喘息や結核、また席の性質とレメディー、霊的見解など非常に幅広く、そして深い学びとなりました。今日も1日どうもありがとうございました。

●ありがとうございました。体の症状と精神はやっぱりつながっているのですね。いや、抑圧している精神のゆがみが体の症状として出ているのですね。

●肺の病気の大変さが良くわかりました。病院との絡みも大変なことがよくわかりました。今日はありがとうございました。

●Zinc.が重要であることが、改めて分かった。脳腫瘍の処方をしなければならなくなったが、必要だと思った。

●Zincが大事だってすごく伝わってきました。霊性の話難しかった。最近霊格の話がよくあるから、これからちゃんと理解していかないといけないなと思った。 

●喘息や結核の病理とケースをしっかり教えてもらえたので、肺という臓器のスピリットと一緒に学べて結びつきやすかったです。ありがとうございました。

●とても深い話が多く、大変勉強になりました。

●とても勉強になりました。

<< 1つ前の記事へ | 記事一覧へ | 次の記事へ >>

最新の講義の様子

2017/06/11CHhom プロフェッショナルホメオパス CH5・6期「新マヤズム論」DVD上...
2017/06/10CHhom プロフェッショナルホメオパス CH5・6期「ホメオパシー病理『呼吸...
2017/06/04CHhom プロフェッショナルホメオパス CH7・8期「マテリアメディカ」講師...
2017/06/03CHhom プロフェッショナルホメオパス CH7・8期「ホメオパスのための西洋...
2017/05/28CHhom プロフェッショナルホメオパス CH5・6期「マテリアメディカ」講師...

講義を月別に表示する