2017年06月11日(日)

2017年6月11日(日)

CHhom プロフェッショナルホメオパス CH5・6期
「新マヤズム論」DVD上映
講師:由井学長

20170611_CH56_tokyo_01.png20170611_CH56_tokyo_02.png

(写真クリックで拡大します。)

本日、CH5,6期生に由井学長「新マヤズム論」のDVD上映授業が行われました。

治療家一人一人が心を見つめ霊性を上げることはどういうことかを考えさせられる素晴らしい授業でした。

今回の授業では、「不自然な思いや価値観が病原体をひきつけるのではないか」という仮説から「価値観と病原体」「インナーチャイルドとマヤズム」という由井学長ならではの切り口より、新たなマヤズム論を展開し、とても刺激的な内容になったと思います。

新しいマヤズム論をより理解するために、先祖から連綿と受け継がれる価値観やテーマが今のその人の問題に繋がっていることが良く分かるケースが紹介されました。

由井学長のもとに来られたクライアントさんは、奇形や大事故、死が差し迫った緊急性の高い状況、カルマの問題が絡む非常に難しいケースの数々で、どれもホメオパス達を圧倒するようなものばかりです。

学長のケーステイクではその方々の病理生理をとらえ、最も必要なレメディーを選択し、霊性向上のための指導、助言も行い、そしてクライアントさん自身が取り組んでいく中で本当に奇跡のような治癒が起こっていく様子が紹介されました。

由井学長の最新のZENメソッドのアプローチを学べるだけでなく、ホメオパス目指す学生にとって必要な心の在り方が洗われる魂の琴線に触れる授業でした。

授業終了後は、由井学長のライブでの質疑応答が行われ、授業で理解できなかったポイントや様々な症状に関する質問がなされ、学長は深い洞察とともに、わかりやすく解説されました。

由井学長、学生の皆さまお疲れさまでした。

20170611_CH56_sapporo_01.png20170611_CH56_nagoya_01.png20170611_CH56_osaka_01.png20170611_CH56_fukuoka_01.png

講義の感想

●新しいマヤズム論、とても共感します。なぜならこの世界はすべて自分で創っていると日々切実に感じるからです。各マヤズムの思い込みの価値観、愛されることは善、勝つことは善etc…とても学びになりました。ありがとうございます。今日のケースも、生まれたとき(胎児~)~今までの激しく虐待によるダメージの積み重ねが出る症状のあまりの痛ましさ、激しさに…なんていうか身体というもの、VFというものの深さ、働きかけを改めて考えさせられました。毎回考えさせられています。うまく表現できませんが…(いつもそう 笑)。ケースの骨折した骨が戻っていく件では驚きました。VFがまっすぐ本来の方向に向かっていく様子が伝わるようでした。以前、私の子供の上前歯が2本、生え変わったときに、2本とも大きくゆがんで生えてしまい、あ、これは矯正だな…と思いながら皮膚湿疹のレメディーを自分なりに3次元処方でトライしたところ、ふとみたら皮膚だけでなく前歯2本ともまっすぐに戻っていてびっくりしました! それから、抗疥癬治療と、根本体質治療が混合していたことに気づくことができました。いつも深い内容のお話、ありがとうございます。

●何かで痛みが出たとき、私は怒りが出るタイプでした。世の中の人たちは、みんなそうだと思ってたのですが、この学校で数年前痛みで怒りが出るというのは、子供の頃暴力を受けたことがある人、というを知りました。父は優しい面もありますが、Nat-mの典型タイプです。父との肉体面での接触として、お風呂で頭を洗っていもらっていたことは良い思い出です。それ以外では怒られたとき、つかまれて床に突き飛ばされたり、髪を引っ張っられたたことがあります。なのでインチャに語りかけ「あのときは怖かったね、辛かったね・・・」などと癒したら、痛い時も怒りは出なくなりました。怒りと屈辱感がわき起こっていたのに気づけました。インチャ癒しする前は自分で机に足をぶつけておきながら、「いてーな、コノヤロー!!」と机をけとばしていました。今は「あ、いたたた」と思うだけで、怒りにはなりません。インチャ癒し、すごいですね。ありがとうございました。

●マヤズムについてはそれぞれの特徴的な価値観を復習することができました。何千年もかけて抑圧の結果作られてきた価値観、生き方の影響、病気をつくってしまう考え方などインチャの癒しの重要性も改めて感じました。処方において、マヤズムを選んでいくときには一番悩みます。また、今までノゾーズについてはあまり考えた事がなかったですし、ケースによっては出ている症状の緊急性や病理を考えて選ぶ必要があることもわかりましたが、自分が試してやっていくことでわかっていくのかなと今は思います。

●難しかったけど、理解できました。先生が目指していることがわかりました。自分の霊性をあげないといけないこと、百体清浄をセットにあげて、まずは低い霊性をあげたい。クライアントさんのクレームを教えて頂き、実際に自分におきたらこわいなー、しっかり勉強しないと学生相談も難しいなー、いつになったらできるのかなーとか、ぐずぐず考えてしまいますが、やるしかないです!! 自分に自信をもとう。私の生きる目的、どうしたいのか見つめてみます。

●マヤズムの授業は大好きです。何度聞いても新たな発見があり、ホメオパシーって楽しいと気持ちが新たになります。学生相談をするようになり、マヤズムの選定に頭を悩ませますが、今日の授業で「最初のマヤズムの出し方」として初歩的な考え方が示されたのは、とても助かりました。マヤズムの知識や治療の実践は経験により蓄積されるところも大きいかと思いますが、あまり慎重にならずやっていこうと思います。

●あらためてマヤズムについて学びを深める1日でした。感染体、病原体を体にはびこらせてしまう土壌、全ては間違った価値観から生じるインチャ癒し、霊性の向上に努めることの大切さをまた一段と感じました。今日は感想を書くのが難しいです。様々な質問への回答と数々の質疑応答がまた勉強になりとても良かったです。今日もありがとうございました。

●今日の授業もとても心に響く授業でした。1年前初めてマヤズムの授業を受けた時難しすぎて衝撃を受け熱まで出してしまいました。繰り返し教えてくださることで少しずつ理解することができてきました。とても難しいですがマヤズムの授業は大好きです。勉強時間がなかなかとれないのがつらいですが、何とかついて行きたいと思っています。

●最初の方の、新マヤズム論のお話は驚きすぎて「わかった」など言えない状態ですが、心にとどめて大事に噛み砕いていきたいです。昨日の講義と併せて、心(感情)がゆがんだ価値観とその行動を起こすんだなぁと、ありありと実感することばかりを見聞きします。例として、講義の中で、魂に真摯、純粋であることがどんなに大切なことか再確認した思いです。あるケースで、Psor.があるからこそ(複合しているからこそ)これまで自殺を完遂せず、Tub.がその人の命もとりとめていたという箇所では、目からうろこが落ちるようでした。症状はありがたい、無意味、無為なことなど本当に何一つないんだなぁと思い、感動しました。

●ガス壊疽のケース、去年発表があったのを気になっていましたが、四年生になって知ることが出来、ガス壊疽自体どんなものなのか未知であったのと、またとても背景が大きいケースであった事を知り、そして外傷の再生がおこること、カルマの問題など、これはホメオパシーでないと立ち向かえないケースであることを思い知りました。塩の話は、岩塩メインで使っていたのがまずかったことを知れてよかったです。焼き塩買って帰ります。お魚を焼くときに塩をふるのは理に適っているのですね。

●今日はとても大切なことをたくさん教えていただきましたが、やっぱり難しかったです。パワポ資料で質問コーナーがあり、その回答などがわかりやすかったです。ノゾーズを使ったり、抗○○レメディーを使ったりの使い分けがまだよくわかりません。

●ノゾーズをマヤズムとして出すやり方を知る事が出来ました。最近の傾向で子供の頃にかかる病気にかかりきれず(例えば麻疹など)、発熱を始めとして、麻疹様の症状や猩紅熱様、耳下腺炎様で終わるケースがあるように思います。症状がはっきりしないケースです。出す力をサポートする意味でノゾーズは有効だと思いました。今日もありがとうございました。

●改めて、病理を学ぼうと思いました。クライアントさんを診るためには、こちらに病気の素地がなければ、何も処方することができない…と。学生相談を始めようと思っていたこの時期にマヤズム論の講義があり、とてもよかったと思いました。しっかり咀嚼したいと思います。本日もありがとうございました。

●深い部分の病理が知れてよかったです。ノゾース、深めて行きたいと思いました。それぞれの病気、学んで使えるようになって行こうと思います。

●マヤズムはいつも難しいなと思いますが、まとめてマヤズムの精神を説明しているのは分かりやすかったです。質疑も確かに自分も理解できていないものが多くて、とても理解を深めることができました。ありがとうございました。

●今日も頭がパンパンです!!どうしても精神の方ばかり注目してしまい、体のことは未だちんぷんかんぷんです。ノゾーズ分かるように病理もやらないとです。そしてケースでは、いつもとらこ先生の愛を感じます。みんなよくなって欲しいものです。ありがとうございました。

●本日のとらこ先生の授業のテーマは新マヤズム論。病気の成り立ちの新しい見解や、根本体質レメディーの説明等、普段わかりにくいと思っているところもあり、タイムリーで良かったです。どうもありがとうございました。

●三次元処方について詳しく教えていただいた。人を霊性面も含めた全角度から見た処方の仕方でとても興味深かったが、自分で処方する事を考えると難しく感じた。

●新マヤズム論、とても興味深く、実際の処方などの際にも、とても使えると思いました。復習して自分のみになるようにしていきたいです。ありがとうございました。

●マヤズムは難しいといつも思います。病理をもっと勉強しないとならないと思いましたし、ノゾーズのレメディーにも、もっと目を向けていきたいと思いまし。

●マヤズム論は難しいですが今日は少しだけ理解が増えました。とらこ先生のマヤズムの授業はインチャの問題にも触れまた私の中のインナーチャイルドに気づきました。

●ケース①の男性も泣けないようでしたが、うちのダンナも泣けないようで怒っていました。レメディーで鼻水が止まらなくなっています(笑)。

●前よりマヤズムの出し方がわかってきた。ガス壊疽のクライアントさんにSymph.が処方されてた理由を知りたかった。

●”マヤズム論”何度も授業で学びますが、学べば学ぶほど深くて広くて難しいなと思います。今からしっかり復習していこうと思います。

●今日は質問コーナーで大変なケースも勉強になりました。塩の話も勉強になりました。ありがとうございました。

●ありがとうございました。遺伝慢性マヤズムはやっぱり難しいです。

●本日もありがとうございました。

●とても勉強になりました。

<< 1つ前の記事へ | 記事一覧へ |

最新の講義の様子

2017/06/11CHhom プロフェッショナルホメオパス CH5・6期「新マヤズム論」DVD上...
2017/06/10CHhom プロフェッショナルホメオパス CH5・6期「ホメオパシー病理『呼吸...
2017/06/04CHhom プロフェッショナルホメオパス CH7・8期「マテリアメディカ」講師...
2017/06/03CHhom プロフェッショナルホメオパス CH7・8期「ホメオパスのための西洋...
2017/05/28CHhom プロフェッショナルホメオパス CH5・6期「マテリアメディカ」講師...

講義を月別に表示する