2017年12月08日(金)

2017年12月8日(金)

CHhom ファミリーホメオパスコース
「予防と予防接種概説」DVD上映
講師:由井学長

20171208_FH7_tokyo_01.jpg20171208_FH7_sapporo_01.jpg

(写真クリックで拡大します。)

本日は、由井学長による「予防と予防接種概説」のDVD上映授業でした。本日の授業は公開講座として一般の方々にも参加いただき、CHhomの魅力あふれる講義の様子を肌で感じて体験していただきました。

由井学長が長年に渡り警鐘を鳴らして来た予防接種問題。

本日は予防接種の真実についてメディアでは広く伝えられていない映像や情報を公開し、その副作用の危険性やワクチンを推進する社会について言及されました。

講義の中では、社会毒、環境毒、食品毒やワクチン毒など事実の側面をしっかり知り、賢く対策することで、いきいきとした本来の自分を生きられるようになります。

ホメオパシー的な予防を実践することで流行病や伝染病に対して有効だった国内外の数多くの実績データがあります。また多くの医原病、ワクチン病に苦しむお子さん、お母さんの方々がホメオパシーのレメディーを使用したZENメソッドにより、多くの方が改善しています。

アトピーの症例のダイジェストでは皮膚がみるみるきれいになっていく様子に、学生さんだけでなく公開講座に来られた方も感銘を受けられた様子でした。

また、ファミリーホメオパスの予防接種に対してのとらえ方のお話がありました。その中でホメオパシーと現代医学が手を取り合って統合的に見ていく必要性があるとのお話をされました。その人、その人に合ったホメオパシーの取り入れ方について、体の根本的な体質から心の状態について考えなくてはいけなくてはいけないという解説もなされました。

学生の皆様お疲れ様でした。

CHhomでは体・心・魂の三位一体で見ていく重要性を学ぶことができます。CHhomファミリーホメオパスコースならびにプロフェッショナルコースの入学申込は現在受付中です。早期申込みの際の入学金割引の特典もありますので、この機会にお早目に お申し込みください。

>>FH7の感想
>>公開講座の感想

20171208_FH7_nagoya_01.jpg20171208_FH7_osaka_01.jpg20171208_FH7_fukuoka_01.jpg

講義の感想

【FH7の感想】

●3歳の息子がいるため、予防キットの詳細はぜひ聞きたいと思っていました。猩紅熱やはしかの話で、先祖の方が病気にかかりきると全体免疫ができるという話は、「百匹目の猿」の話と似ていると思いました。私はついこの間、3歳児健診の時に「予防接種は1歳以降はさせていない」と医師へ伝えると「はしかだけはした方がよいし、全体の予防にならない」と言われたばかりなので、「はしかによる死亡率の推移」のグラフをこの医師が見たらどう考えるんだろうと思いました。予防接種の話でしたが、予防接種が良い悪いではなく、予防接種や病気との関わりを通して自分自身の生き方、考え方を見直すきっかけになる、という結論にとても納得できる内容でした。

●10数年前、私と子供2人、インフルエンザの予防注射を2年続けて打ったことがあるのですが、私は注射した直後から気分が悪くなり、病院で寝ているほどでした。そして注射を打った2年間だけ3人とも(私と子供)インフルエンザにかかりました。注射を打ってもかかったので打つのをやめてから、インフルエンザにかからずにすんでいます。この頃から予防注射の不信感がありましたが、具体的に何故いけないのかがよくわかりとても良かったです。私は解熱剤で幻聴、幻覚、飛び降りたい現象を実際に経験したので、本当に水銀etcのこわさを改めて感じました。

●子供の予防接種は受けるのは当たり前と思って、乳児の頃受けてしまいました。たまたま何事もなく副作用は出ませんでしたが、受ける前の同意書には恐ろしいことが書かれていたのを記憶しています。今でもお年寄りの肺炎予防接種とか受けるようにCM放送されていますが、薬会社とのたくらみに聞こえてきますね。

●今日も私にとって、内容の濃い講義で、充実した時間でした。レメディー等の薬には、まだまだまったくですが(頭がこんがらがりますが)、その意味、価値、役割はより一層理解できました。病の価値、意味、ことば化の必要性、自分(自己)に起きること、相手(他者)に起きることをどう受け止め、向き合い、その意味を理解してこそのホメオパシーと受け止めました。

●カタツムリの脳神経のDVDがおどろきでした…娘に、予防接種をしてしまったこと、とても後悔しました。ムンプス難聴、のケースでは、病気にかかる人の許容量のちがいを知り、身につまされる思いでした。受け入れは愛、とのことなので、自分の許容量をしり、物事を受け入れられるよう、していきたいです。ノゾースの概念がいまいちつかめません…

●予防に対してこんなに効くのかとびっくりしました。予防接種をすべて、子にうってしまい後悔していたが心配症の私はうってよかったのかもしれないとも思った。うってしまったものはしかたないし、ありがたいスーヤのV0Mをとるということもできるから。後悔ばかりして自分をせめてせめつづけることは自分にもよくないし、もっと前をみてすすもうと思えた。ありがとうございます。

●本日も内容の濃い講義をありがとうございました。話されている速度について行けず、ところどころ取りこぼししましたが、後で整理しておこうと思います。予防接種の怖さを改めて知ることになりました。インフルエンザなどは、二度と接種することはないと思います。

●ありがとうございました。様々な背景が絡み合って、結果おきているという事が、ケースを見せて下さり、良くわかりました。魂や霊性や心の持ち方が、本当に大切だという事がわかりました。

●水銀が神経が退行していく映像には、びっくりしました。私はワクチンはもう打っていませんが、周りにも周知していきたいと思います。

●予防の大切さ、難しさ、今年もインフルエンザ予防を孫にしておりますが、娘は病院に連れていこうとしています。最近は孫が自分でレメディーを選び、使用していますので、少しずつ理解してもらいたいと願っています。

●今まで予防接種は、自分を含め娘たちにも打ってきているので、恐ろしいと感じました。何を選び、何をとっていくか、よくよく考えて生きていきたいなと思いました。ありがとうございました。

●最後のケースを通して、卒業、ファミホとして活動するにあたってのたくさんのヒントが得られたと思いました。

●ありがとうございました。解毒する力を増やすという言葉が印象的でした。

【公開講座の感想】

●とても勉強になりました。6歳、3歳の娘がいるのでタイムリーな内容でした。おたふくのDVDの内容がとても勉強になりました。ホメオパシー的予防の本を読んでみたいと思いました。予防接種の害については少し知っていたのですがより詳しく分かり良かったです。

●いままで知らなかった事、知ってきた、すごくびっくりしたけど勉強になりました。ありがとうございました。心と身体と魂。すべて元気になる事。本当に素晴らしいです。

●インチャのコースで通わせていただいていますが、今日のファミリーホメオパスのコースのお話では、予防に関しての事や、急性症状の時のレメディーの事など、とても勉強になりました。とても興味がありました。ありがとうございました。

●思っていたよりも内容が深く良かったです。講義が終了してからも、ホメオパスの先生がとても丁寧に答えていただいてよかったです。

●大変参考になりました。ホメオパシーは、体・心・魂の三位一体に基づいているという意味が、少し理解できたような気がしました。分かりやすく、深く伝えてくださり、ありがとうございました。

●とても興味深く、参加させて頂きました。斬新的な授業で、目からウロコでした。ありがとうございました。

●薬・予防接種が有害だとよくわかりますが、いざその場面に直面すると対処が難しいと思いました。

●教室が2つもあり広い、沢山本や雑貨や無農薬野菜の販売もしている。居心地が良く、買い物でき楽しい。

<< 1つ前の記事へ | 記事一覧へ | 次の記事へ >>

最新の講義の様子

2017/12/22CHhom ファミリーホメオパスコース「予防のレメディー②」講師:新城先生 (写...
2017/12/15CHhom ファミリーホメオパスコース「予防のレメディー①」講師:秋山先生 (写...
2017/12/08CHhom ファミリーホメオパスコース「予防と予防接種概説」DVD上映講師:由井...
2017/12/01CHhom ファミリーホメオパスコース「マヤズム概要」講師:由井学長 (写真クリ...
2017/11/24CHhom ファミリーホメオパスコース「マヤズム概要」講師:由井学長 (写真クリ...

講義を月別に表示する