2017年08月05日(土)

8/5(土)【東京ライブ・全国中継】 「教えて!高野先生 自然派医師の教える自然育児」2回目が開催されました

20170805_oshiete_tokyo_01.jpg20170805_oshiete_tokyo_02.jpg

(写真クリックで拡大します。)

本日は、豊受クリニック院長 高野弘之先生による「教えて!高野先生 自然派医師の教える自然育児」4回シリーズの第2回目の講演会が開催されました。

本日の講演はCHhom東京校から同時中継され、全国で150名以上の熱心な参加者の方々にお集りいただきました。今回初めて講演会を聞かれる方が多数参加され、多くのお子様連れのお母さんがいらっしゃいました。

2回目は皆さんの大変関心のある「薬・ワクチンの話」という内容でした。

講演では、著作「母子手帳のわな」の中から、母子手帳に載せられているスタンプラリーのようなワクチン接種欄や乳児を母乳から引き離し早期離乳食を勧める表記などを挙げて問題提起し、商業主義的なコントロールの罠があることを説明。子どもたちが本来持つ本来の力を信じ、自然に従った育児法の大切さを訴えました。

自分の体に備わっている内なるドクターを 信頼して、不要な薬やワクチンで症状を抑えないことで免疫が作られ子供の成長が促される、そのためにもホメオパシーが役立つということを小児科医師としての立場からお話いただきました。

高野先生の今回の講演は、自然な医療、自然な育児について考える参加者の皆様の共感を呼ぶ内容でした。

高野先生ありがとうございました。

終了後、お昼は参加された多くの方が、豊受オーガニクスショップ&レストランでのショッピングやお食事を楽しまれました。

次回の高野先生の講演は、CHhom東京校から各校同時中継で10月28日(土)食べ物・牛乳の話・離乳食の話を予定しています。
皆さまお誘い合わせのうえ、ぜひお越しください!

20170805_oshiete_tokyo_03.jpg20170805_oshiete_tokyo_04.jpg20170805_oshiete_tokyo_05.jpg20170805_oshiete_tokyo_06.jpg20170805_oshiete_tokyo_07.jpg20170805_oshiete_tokyo_08.jpg20170805_oshiete_sapporo_01.jpg20170805_oshiete_nagoya_01.jpg20170805_oshiete_osaka_01.jpg20170805_oshiete_fukuoka_01.jpg

講義の感想

●ワクチン、薬についてとても勉強になりました。今は25、22、18、12才になった子供がいます。小さいときに薬やワクチンについて小児科の先生に質問したところ、打たない方法は考えられない、と聞き、知識の無さからくる自分の自信のなさで全てワクチンも打ってきました。今ナチュラルハーモニーさんと関わったきっかけから先生のお話を聞くことが出来、(過去は後悔しても始まらないので)こうして勉強することが出来、嬉しく思います。50代ですが、可能であれば子供を授かりたいとも思っています。又、まわりの人々にもお伝えしていきたいと思います。「ホメオパシー」という言葉を存じてなかったので勉強していきたいと思います、インナーチャイルドもこころとからだのバランスを自立するのにとても大切と思います。今日は本当にありがとうございました。

●いつもありがとうございます。何度か伺っているワクチンの話ですが、今回は特に掘り下げてくわしく聞けたのでさらに深まりました。毎回想うのが、「もっと早く知りたかった…」ということです。今、子育て中の方や、これから妊娠する方にももっともっと広く知ってもらいたいと思います。少しでも感心や興味のある方には話は早いのですが、薬やワクチンがあたりまえと思っている人には、とても難しいことでもあります。そのような方にも興味を持って、意識をしてもらえるように、広めていきたいです。今日もすばらしいお話をありがとうございました。

●子供が5人いまして2人目のアトピーがひどくそれからホメオパシーと出会いワクチンも全く受けていません。次男のアトピーもレメディーのおかげで良くなりワクチンは全く受けていませんが感染しても特に重症化することはなく体の中から出し切って病気を治しています。周りのママ達から子供達みんな風邪もひかないで元気だね!とよく言われます。これも余計な毒や薬をなるべく入れないでいるおかげだと思います。唯一子供を検診などにつれて行く時に予防接種の空白欄を問い詰められることがとても嫌です。次回の講演もとても楽しみにしています。今日はありがとうございました。

●今日はありがとうございました。娘が生まれて、ワクチンについてすごく悩んだ時に高野先生の健診を受けさせていただきました。色々な不安がたくさんありましたが、先生の言葉と娘の内なるドクターを信じて今2才半になる娘は何一つ薬を使わず、大きな病気せずに過ごせています。今日改めてワクチン、薬の話を聞き、感謝がわき出てきました!!そして本当に信じて良かったなと思えました。とはいえ不安は尽きないこともありますが(特にこれから成長にあたっての入園や入学のカベ)今後も夫と相談しながら娘の内なるドクターを信じて、高野先生に頼って(笑)いきたいと思います。これからもよろしくお願いします。今日は本当にありがとうございました。

●どうしてもレメディ以外の薬を使うなら…ということで、漢方薬をいくつか教えて下さり、ありがとうございました。私と息子はここ数年西洋薬を使わず過ごしています。レメディーで(自己処方)なんとかなる程度の風邪しかひいていないため薬のお世話になっておりませんが、やはり私の50代、60代の父母は体の不調がこたえるようで、レメディー以外の薬を飲みたがったりしています。そのため、古くからあるできるだけ添加物が入っていないような薬(ネットで検索し有名なもの、多くの方が使用しているもの)を使用するよう勧めているのですが…やはり自分の考え方で大丈夫かなと心配になっていたため自分たちでも使用したことがある薬の名前がでてきて少しまた安心しました。ワクチンは現在小学3年生の息子にだいぶ接種させてしまったため、またホメオパスの先生方のお力をお借りしながらできるだけ体に有害なものを排出できたらと考えております。本日は私自身の体調が少し悪かったため、いつもより集中して聞くことができず残念でしたが、髙野先生からまた為になるお話が伺えたので頑張って来て良かったなと思いました。一緒に来てくれた息子にも感謝です。また次回の講演会も楽しみにしております。

●今回は子供が13歳なのであまり心配することはないのかな・・・と思い来ました。(知らないが由にワクチンは2才までのものは殆ど接種してしまっておりますが)うちは鼻水が良く出るので、まわりから、ちくのう炎になるぞと散々言われ、冬場は仕方なく鼻の薬はのまされていますが、今度の冬は胸をはってNOと言えるようになります。先日歯医者に行ったら、勝手にフッ素をぬられました。ことわりもなくです。二度とその歯医者には行くか・・と目の前でうがいさせて帰りましたが、横浜市は昨年までは6才から医療費がかかったので医療費も支払されフッ素もぬられ、腹立たしく思いました。おたふくかぜは菌をもらいに2度も行ったにもかかわらず、かかることができませんでした。今後はワクチンをうたないといけないのかなぁ・・・もっと小さい頃にかからせてあげたかった、と思います。今日は本当にありがとうございました。

●何回聞いても高野先生のお話はわかりやすく、痛快です。日ごろ自分が家族に言えないことを代弁してくださり、ありがとうございます。高野先生のお話でさえ受け入れられない人もまだまだ大多数なんだと思いますが、そういう人はとらこ先生の授業を聞いたら心臓が止まってしまうんじゃないかというほどのインパクトでしょう。私達が日常常識としていることを180度覆すことは自分の人生そのものを否定せざるを得ない大変苦しい作業ではありますが、言いかえると日本がそれほどまでに嘘の情報だらけであり、100%洗脳されており、真実の到達するには程遠い、自らも含めて愚民(内海先生も言うところのグーミン)だということです。でもこれを直視しなければ子供たちの未来はより狭められてしまうでしょう、子どもたちの未来は、お父さん、お母さんにかかっています。医者の言うことをうのみにせず、自分の頭で考える正しい情報を収集してほしいです。

●ワクチンを打たずにホメオパシーで子育てしています。本日も高熱を一晩出して翌朝、ケロッとして元気になった息子を見届けて家を出ました。レメディーを与えてきたので大丈夫だと思います。先生のお考えをじっくり聞けて心強かったです。時折不安になりますが、クリニックに伺ったり、ホメオパスの方に相談しながら、子供にとって健康でいられるっこととは何か、考えながら子育てしていきたいです。

●薬を必要以上に否定する必要はないけれど、安易に長い時間とること、特に成長段階である子供に対しては注意が必要だと勉強になりました。子供のかかる病気は、子供のうちにしっかりとかかりきる事、内なる神である自己治癒力を触発していく子育てをどうしていくか、大切な親の役目だと思います。髙野先生もお話ししていましたが、親は理論武装するのではなく、バカっぽくふるまうと、これは、ホメオパシー的子育てライフを自分自身がこの世の中で楽しく楽に実践するために大切な処世術ですネ!!たくさんのお話、ありがとうございました。

●ホメオパシーを学んだお医者様が”内なるドクターを信じてみよう!”と伝えて下さると、多くの方に納得してもらえると思うので、ホメオパスとしてもとてもありがたいことです。ホメオパシー創始者であるハーネマンさんもお医者です。周りに理解されず、迫害を受けることもありました。髙野先生も辛いこともあるかもしれませんが、多くの味方もいますから負けないで!(あっでも人生は負けることも必要ね・・・苦笑)

●自分は子どもがいないですが、周囲のお子様がいらっしゃる人が何の疑いもなく予防接種を受けられ、その後の体調不良で抗生剤を処方されている方がいて心が傷みます。医療に関する考え方は、政治や宗教のように押し売りしづらいので、自分の知識を持っておくことが大切だと日々感じている中、高野ドクターの”ばかのふりをする”という渡世術は素晴らしいと思いました。大多数が善とされるこの世界ではマイノリティーは生きづらいですから…。内なるドクター、免疫を高める、自分や子どもの生命力を信じ自然にいきていきたいなと、改めてお勉強させていただきました。

●赤ちゃん連れの方、一般の方が多数いらっしゃり、反響の大きさに驚きました。BCG接種とツベルクリン判定はアメリカではやっていない為、アメリカに行くときは文章を作成して提出する必要がある事など知らなかった知識だったので「ワクチンも絶対じゃないんだなぁ」と改めて思いました。個人的には各ワクチンに入っている添加物の内容とその害をもっとくわしく説明して欲しかったです。全体的には興味深い内容ばかりで有意義な時間でした。ありがとうございました。

●本日の講演で先生のお話は改めて子供へのワクチンをどう考えるのかとても良い機会だったと思います。テーマがテーマでしたので参加者の年齢もとても若く、若い男の人までチラホラみられ、そこが今日のテーマのすばらしさだと思います。小さい赤ちゃん連れの方も多く、今日のおはなしで覚悟をきめて(?)ワクチン接種の選択をできた人も多いのではないかと思います。また、Kシロップについても添加物の多さに驚かされました。やはり勝手に飲ませたり、根拠もなく予防だけに先走る現代医学の考え方(価値観)にそまらないようにしたいと思います。

●今打つべきワクチンの多さに驚いています。「何かウラがあるのか?これも人口削減政策の一つなのか?」と疑ってしまいます。私は未婚で子供もいませんが現代の子育て中のお母さんは大変だなあと思いました。あの量というか数のワクチンを子供に打ちこなすのは母子ともに大変では?と。ホメオパシーを知ってワクチンの実態を知っていれば別ですが。今、帯状疱疹のワクチンまであるそうですがどこまでばかなんだろう?もっと人間の内なるドクターを自覚すればいいのにと思います。

●薬の作用の所は少し難しかった。でも、ワクチンの話、どう見ていくかなど、とっても勉強になりました。どれだけ信じて、その力を伸ばしていくのか、私も今一度振り返っていこうと思います。息子の予防についても、しっかり考えて決めていこうと思いました。本人の免疫を挙げ、信じていこうと思います。

●特に個々のワクチンのお話が伺えて参考になりました。全体 現在第二子妊娠中で、薬・ワクチンとの付き合い方を考える上で勉強になりました。K2シロップに関しては、出産予定の助産院でも服用がギムのように説明され諦めていましたが、念書の差し入れなど検討したいです。今後も、このような育児にかかわる講演会があれば参加したいです。

●とてもわかりやすい説明でしたが、少し早いテンポだったので、理解する前に次に進むことがあり残念でした。まだまだ薬のこと、ワクチンのこと、深くお話を聞きたいと思いました。ホメオパシーについてもっと知りたくなりました。

●2歳の女の子と0歳の男の子の二児の母です。子育てをしている中で、予防接種や病院で処方される薬に疑問を感じておりました。高野先生の「母子手帳のワナ」を読み共感できる部分が多く、本日の講演を知り受講させていただくこととなりました。大変参考になるお話が多く、同時にもっと知りたいことも増えました。今後、もっと勉強していきたいと思います。本日はありがとうございました。

●自分の身体の力を信じて、余計なことはしない、という考え方を持っていたので、今日のお話にはとても共感できました。ワクチン摂取が進められている病気の感染率、重症度についても知りたいと思っていたので聞けて良かったです。ワクチンの添加物がどの程度身体に悪影響を与えるのかということも詳しく聞きたかったです。

●とても盛りだくさんの講演でした。薬の作用機作から服用時に注意すべきことや、ワクチン接種の問題についても、統計を交えながらテンポよく解説されてありがたかったです。どうもありがとうございました。

●とてもわかりやすい内容でした。早くてついていけないところもありましたが、詳しい資料とともに深く学ぶことができました。薬と予防接種、内なるDr(免疫力)がとてもよくわかりました。予防接種スケジュールもしっかり地元のものを資料など調べたいと思いました。ありがとうございました。薬剤レメディーのこともわかりやすくなりました。3回目、4回目も楽しみにしています。

●2時間ではとてもまとめられないような内容でしたが、テンポよくお話しいただいき、良かったと思います。わが子には幸いワクチンも薬もいれていないので、今後も免疫を高めていくやり方で健康を維持していきたいと思いました。ありがとうございます。

●クライアントさんに赤ちゃんや子供さんが多いため、勉強に来ました。とても分かりやすく資料もたくさんのデータを見ることが出来てよかったです。どうクライアントさんに説明したらいいのかの参考にもなりました。次回の講演会も参加させて頂きます。また、今日来られなかった方も多いと思うのでぜひ、来年も同じテーマで講演して頂きたいです。

●私は、父母、自分の家族(夫婦子供2人)と一緒に住んでいますが、友達や、父母もワクチンを信じていて、私と夫でなんとか自分たちの考えを続けている状態だったので、今日のお話をきいて、また自信がつきました。ありがとうございます。

●ワクチンは打たないと決めていましたが、高野先生のお話を聞き、やはり正しかったととても心強かったです。また子供の事でお世話になるかと思います。これからもよろしくお願いします。

●薬ワクチンの話をもり沢山あり、今後の子育ての強みとなりました。健診にいくと、医師にワクチンのことで嫌みを言われるので、「バカ」になってみます。保育園に入所予定なので、その際の事が今は不安です。周りにワクチン薬をと、話せる友がいないので、それが悩みでもあります。

●西洋医療側の目線ではこのような視点で考えると説明があったうえでの具体的な防衛策のお話がありがたい。まだ豊受クリニックへ診察に伺ったことはないですが、本日の講演をうけてワクチンや成長曲線等対外説明時のかかりつけ医として使用させていただきます。

●赤ちゃん連れで大変でしたが畳のお部屋でよかったです。薬、ワクチンについて、やはり使わない方がよいと再確認できました。とてもわかりやすかったです。2013年頃より急激にワクチンが増えたのでなぜ???という思いと怒りが湧いてきてます。いらないものばかり体に入れようと強制すること。

●予防接種に対して疑問を持っており、打たない選択をしてきました。しかし、周り(自治体、友人)は打つのが普通であると売った方がよいのでは?と言われることも多く心がぐらぐらしていました。今日の講演会を聞いて、自分の考え方に自信が持てました。生後6か月です。

●ワクチンには全く効果がない、と仰らなかったのが良かったです。FHでとらこ先生の話を聞いたりして、ワクチン=悪、だと思っていたので(今でも思っていますが)、一般の方も聞いている講演ですし、ソフトで良かったと思いました。ホメオパシーにはどうしても生き残ってほしいので・・・(バッシングも多いので)

●予防接種やお薬等いいのか悪いのか知識がなく、勉強したかったので、今回参加させてもらいました。今は色々な情報がありすぎてどの情報が正しいのか分かりませんが、高野先生のお話を聞けてよかったです。

●少し難しく感じ頭に入りきらない所もありましたが、自分なりに理解できた所は、納得できて、今日お話しを聞くことが出来て良かったと思いました。また次回、ぜひ来たいです。ありがとうございました。

●現代社会の現状を本当に憂えます。浅はかな人間の考え、マングースの話の様に、ワクチンの浅はかさも知らなければ守れない、知る事が大事だと思います。勉強になりました。

●とっつきにくい薬の成分などのお話が、先生の柔らかいわかりやすいお話で少し理解できた気がします。次回のセミナーも受講したいです。

●お医者様の目線で注意すべきこと、薬、ワクチンのお話、とても勉強になりました。余計なものは体に入れない重要さ、子どもや夫にも、他の人にも伝えていけたらと思います。ありがとうございました。

●二人子供がおりますが、一人目の時からワクチンは打たないようにしてきました。行政の健診で返答に困ることがありましたが、高野先生のお話を聞いて今後は大丈夫かなという気がします。子供の力を信じていきます。

●ありがとうございました。ワクチンのことを詳しく聞きたいと思って参加しましたが、「内なるドクター」が第一なのだなと再確認できました。打つか打たないか悩むより何より、日々の生活を大切にしたいと思います。

●高野先生のクリニックを一度受診して、もっとお話が聞いてみたいと思っていたのでとてもためになりました。机がなかったので、少々メモしにくかったです。映像もありわかりやすかったです。他の日も参加してみたいです。ありがとうございました。

●ワクチン1つ1つに対して説明が聞けたのがよかったです。他の情報はインフルエンザ、子宮頸がんばかりで、なかなか他のワクチンに対して聞けず、医者である方から聞けたことがよかった。

●ワクチンは身体に良くないと聞いていて、ネットや本で読んでいましたが、医師からの視点を聞いてみたかった。どんな時も「内なるドクター」意識したいと思えました。ありがとうございました。

●素敵な講演会でした!私は1歳の娘がいますが、高野先生の話を聞いて、ワクチンを今後も打たない、必要ないと確信しました。ありがとうございます。強い味方です。これからもどうぞよろしくお願いします。

●薬や食べ物、小麦粉、乳製品や環境汚染に注意すること、改善すべきもの、早すぎる離乳食、過食、冷え、便秘、ストレスに注意。これを改善すれば自分の力が出せるということがわかりました。

●知らない内に投与されている薬、ワクチンについて自分で知識をつけ、必要なときに必要なものを選択することが重要と感じた。

●ワクチンの効果を全て否定する訳ではなく効果を認めたうえで打つのかどうか決める。という所が良かったです。

●ワクチン、とてもショックなお話でした。間もなく1歳の子供がいます。今後、どうすべきか、悩みます。一度先生に相談に伺いたいです。

●勉強になりました!ありがとうございました!薬の話は難しかったですが、ワクチンの話は参考になりました。抗体のことを詳しく知りたかったです。

●とてもよかったです。難しい用語はよくわからないですが、母この免疫力を上げることこそ最重要なのだなと思いました。

●とても勉強になりました。薬のことも知れたのでよかったです。病気にならない体づくりをすることが本当に大切だと思いました。

●本やFacebookを読ませて頂いておりました。もっと詳しくお話をききたいです。また今度クリニックに息子と来たいと思います。よろしくお願いいたします。

●もう少し時間割をうまく進めてほしかった。タイトルになっているワクチンについてあまり詳しく話が聞けなかった気がする。残念。

●ワクチンの事がなんとなく身体に良くないということは分かっていましたが、数字も交えて教えてくださったのでとてもわかりやすかったです。

●一番聞きたかった内容(ワクチン)が時間が足りず、かけ足になってしまったのが残念でした。

●思ったよりしっかりした内容で勉強になりました。神経の話とか薬の成分の話など。

●改めて先生の話を聞けて良かったです。「内なるドクター」の大切さがわかりました。

●薬、ワクチンについての知識を改めて考えることができました。ありがとうございました。

●自然治癒力には、以前より注目していたので、より詳しく聞けたと思います。

●ワクチンの現状や薬の作用の仕方などがよくわかり勉強になりました。

●いろいろ考えるきっかけになってよかったです。

●子の対応で約半分聞けなかったが、それでも来れてよかった。

●子供(7か月)と一緒に参加できるのがとてもよかった!

<< 1つ前の記事へ | 記事一覧へ | 次の記事へ >>

最新のセミナーの様子

2017/10/09 (写真クリックで拡大します。) 本日は増田先生による「子どもの体と動きサポート...
2017/10/06 (写真クリックで拡大します。) 涼しい秋の風の中、日本ホメオパシーセンター名古...
2017/10/05 (写真クリックで拡大します。) 日増しに秋の気配が深まる中、本日はCHhom福...
2017/09/28 (写真クリックで拡大します。) CHhom札幌校でミニセミナー&座談会「わいわ...
2017/09/27 (写真クリックで拡大します。) 秋の気配を感じる中、ホメオパシーセンター名古屋...

講義を月別に表示する