2013年03月09日(土)

3/9(土)【福島】WHAW2013参加
「災害を乗り越えた福島だからこそ知り得たもの」
―大いなるものに生かされて―が開催されました

20130309_yui.jpg

福島でとらこ先生の講演会が行われ多くの方々にご来場いただきました。

福島での講演はおよそ一年ぶり、4回目となります。

本日の講演テーマは
「災害を乗り越えた福島だからこそ知り得たもの
-大いなるものに生かされて-」

東日本大震災からまもなく2年がたちます。

あれから2年が過ぎようとしている今日の福島の町は春のようにぽかぽかした陽気で、当時の光景が嘘のように穏やかでまぶしい光に包まれています。

ご来場いただいた皆さんとお話することができましたが、皆さん明るくほがらかでとても素敵な方々でした。
内側には秘められた強さのようなものが感じられます。

福島の皆さんがこの震災から学んだことは何だったのでしょうか。

この2年でとらこ先生が福島を訪問して皆さんからの声を聞いてわかったこと、感じたこと、そして福島の事例から他の県の方々が学ぶべきことが講演の中で取り上げられました。

まず、福島の方々が震災後にホメオパシーをとりながら心と体の問題に対処し、乗り越え、そして今は健やかに幸せに過ごせているということ。
それはとても素晴らしいことだと思います。

それから今後このような災害時に必要なこととして自分で自給自足することが大事だということ。
豊受自然農の代表、農民としても活動されるとらこ先生の鋭い視点で日本の農業の現状と問題点が指摘されました。

最後にホメオパシーで心も体も鍛えるということ。
ホメオパシーで多くの子供たちの自閉多動や大人たちの心の問題、インナーチャイルドの問題が劇的に改善し、皆さんがいきいきと生きられるようになった映像が上映されました。

そして、驚きと感動と大きな拍手の中に本講演は終了しました。


【参加者インタビュー】

講演終了後、福島のみなさんがどのようにして、今回の震災、数々の苦難を乗り越えていくことができたのか、体験談を話していただきました。
皆様がそれぞれ、ホメオパシーを使い、また自分のこころと向き合い、恐怖の気持ちを克服して来られた皆さんの言葉には説得力がありました。


【豊受自然農の野菜を食する会】

引き続き豊受自然農の野菜を食する会が行われました。
自然農で育った無農薬の気にあふれた野菜を皆でおいしくいただきました。
子供たちもおかわりをするくらい十分味わっていただけたようです。


福島の皆さま 本日はどうもありがとうございました。

なお、今回の福島講演は世界ホメオパシー認識週間の活動の一環として世界にも配信する予定です。

世界ホメオパシー認識週間(WHAW:World Homoeopathy Awareness Week)」

講義の感想

●あの雪の日の仙台の講演にも行きました。先生のすごい所は、講演が終わってすぐ帰らない所です。被災地を回って、皆を励まし、元気づけて帰られた。寅子先生、あらためてすごいと思いました。私は津波にもあわず、身内の不幸もなく、家も大丈夫でした。でも、今でも被災地の映像や関連の話を聞くと涙が出ます。今の福島は、皆さんが(県外の一般の方、マスコミ)思っているほど悪くはないと思います。スーパーで売り出されるものは、すべて検査されて出荷されていますし、米は全袋検査しています。陰膳検査も行われて、ほとんど出ていませんでした。甲状腺検査も予測されたことではありますが、他県と変わりなかったのです。すべてのことに過剰に反応して、ヒステリックにさわぐ人もいます。甲状腺のう胞が40数%みられたと言って、「今に大変なことになります。断言します」とさわぎたてる人。悪い方へ悪い方へとしかとらえられない人。放射能を甘くみてはいけない、気をつけるべきところは気をつけていく、というスタンスでやっていきたいとは思います。NHKでさえ、不安をあおりたてるような報道をすることがあり、残念に思うことがあります。”あんなに心配したけど大丈夫だったね”と言えるように希望を持って、生きていけるよう、福島に残っている母子をケア、サポートしていきたい。最後に、おいしかったです。ごちそう様でした。

●ずっと聞いてみたかった先生のお話が聞けて今日は本当によかったと思っています。原発事故があり本当に福島にいていいのか?とずっと不安に思って生活してきました。看護師として仕事もしているので、ここを離れることもできず悩んでいた中でレメディーに出会い、今年ははじめて予防接種をせず冬を乗り切りました。色々調べていく中で、不必要なことだとわかりました。今年のほうが子供の体調もとてもいいです。自分自身も精神的に参っていた中でレメディーとの出会いは本当に救われました。今日先生のお話を聞いて自分を愛し大切にしてこれからも生きて行きたいと思いました。今日はすばらしい時間を本当にありがとうございました!!

●いつまた起こるかもしれない災害に対して、自給自足が大切だと改めて思いました。また、日本で起こっている真実を、マスコミは報じていない事に対して、ショックでした。真実を国民一人ひとりが知ることで、アメリカに依存しない強い日本を作れるのじゃないかと思います。今、生きている事に感謝し、全てを受け入れられる自分にしたいと思います。私は以前、長く福島に住んでいました。知人、友人もたくさんいます。この講演に参加して、福島の人の心の痛みがよく分かりました。私ができることをしたいと思います。

●東日本大震災があってから、たくさんの気付きがありました。どうして東北に、どうして福島にという悲しみで、何度も涙を流しました。でも今はこの震災を経験したからこそ、たくさんの人に感謝することが素直にでき、悲しみではなく自分を愛していくことができそうな気がします。とらこ先生の講演中の感きわまったお話にも大変感動しました。本当にありがとうございました。

●インナーチャイルドの相談会DVDは涙なしでは見られませんでした。私は広島出身ですが、震災の時に福島にいたということ、何か意味があれば良いなと思います。この2年で、自分の身の周り、親から受けた価値観を整理し捨ててきましたが、まだまだ真っさらな自分を目指して自分と向き合っていきたいと思いました。とらこ先生、また福島に来てください。福島を受け入れ元気にしてください。私も、そうでありたいと思います。今日は本当にありがとうございました。広島に生まれ、福島に癒された私は、堂々と日本人として生きていきます!!

●仙台から来ました。少しずつ復興されている所もありますが、心の問題は残っています。私自身も震災の映像をみると、つらいなぁと思います。私の場合は、地震で起こった様々な出来事は、笑って話せる思い出となりつつありますが、住む場所をうばわれた、家族をうばわれた人々のことを思うと、なにもできない自分に腹が立つときもあります。何回もそんな思いをくり返していくのですが、その時に今日きいた話もきっと何度も思いうかび、力づけられるのかなぁと思います。また、世の中に出回っている食品等を気をつけて買い、家族共々健康に生きていこうとあらためて思いました。

●毎回とらこ先生には元気と希望をいただいています。今、自宅周辺はかなり広範囲に表土除去をしています。今まで沢山の命を育んでくれた草花が無くなり、除面は土砂崩れ予防のため人工的に草が生える様なシートが張られました。大切な自然が無くなってしまって本当に辛いです。もっと早く微生物やレメディーの力を借りて対応できれば変わったのかな、とも思いましたが、これからできることを考えて、日々楽しんでいこうと考えが変わってきました。本当に福島のことを想っていただいているのが伝わってきました。福島県民だということ、日本人だということを誇りに思って生きたいと思いました。子どもたちにもそれを伝えていきたいです。震災後、辛いことも多かったけど、それ以上に幸せも感じられたと思います。いつもありがとうございます。

●ニュースで、放射能のことを目にするたびに、このまま福島に住むことで子供に余計な負担をかけるのではないのかと不安になることが多かったです。でも、自分で選んだ道を自信を持って進むことが出来るように、ホメオパシーを活用しながら、食も大切にして生活していきたいと思います。野菜については、福島産を避けていましたが、福島産に限らず農薬・肥料がたっぷりの野菜を避けることの方が大切になってしまったくらい、私たちが不自然な食べ物に囲まれている事を知り、驚いています。とらこ先生のお話を聴けて、福島で生活していくことに少し勇気が持てました。これからもよろしくお願いします。

●私は農業で野菜を作っていますが、化学肥料のおそろしさを教えていただきました。夫もホメオパシー農法をしてくれればいいのですが、夫との考えの違いがありすぎ、できない。人間の為には自然農はいい物ですね!今日は本当にありがとうございました。今まであまりにもがんばりすぎていたので、自分をこれから愛し、あまりがんばりすぎない様、レメディーをとりながら、子育て、野菜作りをして行きたいと思います。

●昨日(3/8)、ポストに入っていたDMを見て、すぐ申し込ませて頂きました。ホメオパシーのレメディーだけではなく、食の安全やTPPのお話も聞くことができて、良かったです。今日は、とら子先生にお会いできて嬉しかったです。子供たちは皆、成人しましたが、子育て中は応急キットにずいぶん助けられました。その子供も子を持つようになったので、レメディーを伝えようと思います。ありがとうございました。

●生きていることに対する疑問を感じたり、ふと死にたくなる瞬間があることが、自分だけではないことを感じる。生かされている、という感覚を持たなかった今、いろいろなことを思い、思い出される講演だった。地方公務員であることで、何もできない自分にはがゆさを感じたり、絶望感をもったりすることもあった。避難したいと思う自分と職業上「安全だ」と言わなければいけないジレンマの中にまだいるけれど、講演会を聞きながら、福島で生きていくために、できることを考えなければいけないと思った。講演とは関係ないかもしれませんが、書かせていただきました。意識を覚醒させられたような強烈なショックのように震災が思える。今まであえてふれたくなかった。

●レメディーをとりはじめてから、自分の体のこと、心のこと、よく考えるようになりました。そして、すべてのことに理由があると理解できると感じるようになりました。ホメオパシーに出会えた縁に、本当に感謝しています。寅子先生の話を聞くと、本当に元気になります。子供(中高生位の)に向けた話もあるとおもしろいのかなと思っています。

●寅子先生お忙しいなか、ありがとうございました。食についてもっと勉強し、本当に安全なものを取り入れていこうと思いました。お食事とってもおいしかったです。ごちそうさまでした。寅子先生お身体ご自愛ください。ありがとうございました。

●とらこ先生が震災直後から、東北、この福島に心を寄せて下さっているのがよくわかりました。直後に沢山のレメディー、ほめあめなどをいただき、とても励まされました。まだまだこの福島で暮らすには、毎日たくさんの決断をしていかなくてはなりません。アナカーディアムをとりながら、もう少しがんばれそうです。

●素晴らしい講演をありがとうございました!危険な食べ物の事、薬害や人工地震の事等、様々なお話が聴けて大変勉強になりました。美味しいお昼ごはん、ごちそうさまでした。食べていて、すごくエネルギーを感じましたし、味つけもとても良かったです。今日の講演で元気や勇気を沢山いただいたので、明日からまた頑張ります!是非また東北での講演をお願い致します。ありがとうございました。

●自分の考え方・生き方等、深く考えさせられました。自分の中で病を作ったり等、上手くいかない時や人に変わって欲しい等あったのですが、人を信じ・愛し、また自分も大切にしたいと思いました。また放射能で不安を感じて生活していましたが、不安がらず前向きに生きて行きたいと思いました。今日は素晴らしい講演ありがとうございました。

●今日は仙台から来ました。2ヶ月前の仙台講演を聞いたばかりですが、毎回寅子先生の講演会に参加するたびに心が震える感覚があります。また沢山の学びがあります。ホメオパシーには三位一体で癒されていく力があるので、災害はもちろんのこと、日々の生活で生かされていくことができると思います。これは多くの人に大きな恩恵をもたらすものなので、より多くの人々に広げていきたいと思っています。

●被災地に何度も足を運ばれ、温かい支援・励ましをくださる先生の講演を伺いたくて、宮城から来ました。二番目の孫の中学卒業式でしたが、こちらを選びました。学校の行事には(3人の孫)全部に参加していました。三人ともいろいろご相談したいところがありますが、レメディーのお世話になりながら参りましたが、大きくなるほどに悩みも増しますが、三人ともまあまあ頑張っていることを認めてやらなければならないのは私であることにようやく気づいてきました。高校を卒業し、専門学校の決まった上の孫(女)を今は連れてこなかったことが悔やまれました。彼女も長いトンネルをくぐってようやく少し明るくなってきたので、ホッとして、この半年、私は安心したら、ボーッとしている状態です。

●今日は福島まで来ていただいてありがとうございます。この2年間の思いと先生の「いいんだよ」と受け入れてくださっているDVDを見ていて自分のことのように涙が出て止まりませんでした。ありがとうございました。お昼、とても美味しかったです。お野菜もご飯も生きていました。

●今回は福島での講演ありがとうございました。豊受自然農のお野菜のいきいきさにとてもびっくりしました。本当にありがとうございました!お昼のお野菜、ごはん、けんちん汁、とてもおいしかったです!!ありがとうございました。

●震災から2年。先生のお話にあったように、大変で、苦労し、悲しみを受け入れたからこそ、わかったこと、気づけたことが多くありました。まだ、自分の中ですべてを消化していませんが、少しずつでも自分を受け入れ(許し)周りにも広げていきたいと思いました。ホメオパシーをもっと勉強して役立てたいと思います。ありがとうございました。

●福島で暮らす私達のために、講演会をして頂きありがとうございます。寅子先生に会えただけで、パワーを頂けたと思います。もちろん今日のお話も良かったですし、これからここ福島で生きていく私達にとって、前向きに生きて行く力をもらったと思います。本当にありがとうございました。

●とても良い講演会でした。受講して本当によかったです。雄性不稔のこともっと勉強したくなりました。私はこの5年間で身内の死、出産、震災、家の火事といろいろなことを経験しました。でもたくましくなったなと感じます。娘の出産後ホメオパシーに出会い本当によかったです。また原発のこと放射能のことを身近で感じながら福島で生活していますが、家族が元気で仲良く過ごす毎日を本当に幸せと感じています。

●私は幼少期からアトピーを患い、成人してからもアトピーと向きあってきました。いろいろな自然療法を試してきて、ホメオパシーにも興味があり、しかし使うのがこわかったのです。トラウマ、両親との関係などもあり、外に感情が出てくるのがこわいのです。でも、ホメオパシーを使ってみたいです。ここ福島で暮らしてきて子供2人を育てる中で原発事故の放射能汚染により子供を守りたい一心で昨年ママの会を立ち上げて活動してきました。やればやるほど母親は行政からすると復興の邪魔になっているようで、無力感に疲れ切っています。行政も教育現場も医者もお母さんのストレスが子供に悪影響を与えるんですと言われ母親のストレスケアがなされない現状にママの会で少しでもストレスをやわらげる活動をしています。今日の寅子先生のお話をお聞きしまして、ここで暮らしていく希望のようなものが持てそうです。そして、私のやるべきことも見えてきました。ありがとうございます。

●とら子先生にまたパワーをいただきました。放射能の影響は今後どう出てくるのかと不安な毎日でしたが、気持ちが落ち着きました。自分を見つめ直していこうと思います。とら子先生がいなければ、自分は駄目になっていたかもしれません。ありがとうございます。

●特に理由もなく約1年くらいホメオパシーから離れておりましたが、今回DMで講演会を知りこちらに伺いました。やっぱり“とら子先生”は素晴らしい。お話しを聞き、DVDを見て、涙が出て、元気が出ました。とら子先生また福島に来てください。

●とても希望ある内容を教えていただきありがとうございました。また、これから取り組むべき課題が明確になり、それに対しての具体的な解決方法がまだまだ見つかりませんが、そのまま言うことを聞いてされるままに従うのではなくて、自分が取り組んで行きたいと思います。

●最近気分が悪く、その原因の一つに今日思い至りました。3月11日が近づくにつれて、連日のTV・ラジオによる震災時の放映・放送だったと思います。とても辛い。

●初めて聞きましたが驚きでした。孫には予防接種はするべきじゃないのかと考えさせられました。レメディーは素晴らしい!!

●本当にありがとうございました。ぜひ、本にまとめてください。福島→新潟→弘前→会津へ、子と避難しました。レメディーがあれば、帰ってこれるかもしれないと思いました。

●日本豊受自然農がある事も今日わかりました。ホメオパシーという言葉がどんな事か又どの様なものなのか今日講演、DVDを見て今後学んで行きたいと思いました。36基本のキット購入いたしました。

●講演会の後、食事を共にできることへの感謝!私達の集会も持ち寄り集会をしています。皆様の寄り添い方へ心から拍手。ホメオパシーをもっと知って、日常化したいと思います。

●前向きに考えてホメオパシーを飲んで行きたいと思いました。36基本のキットを購入いたしました。

●久々に寅子先生の講演会をきいて、元気になりました。ありがとうございました!食事もとっても美味しかったです!

●また再び、福島へおいで下さり、ありがとうございました。今日はDVDなどを見ながら、涙々の時間でした。

●とても良いお話でした。感謝と自分を愛することの大切さを知りました。

●寅子先生ありがとう!!薄れかけていた頑張る力を取り戻すことができました!!

●今日は有難うございました。胸に来るものがたくさんありました。

●感動しました。ありがとうございました。

<< 1つ前の記事へ | 記事一覧へ | 次の記事へ >>

最新のセミナーの様子

2017/10/01 (写真クリックで拡大します。) とらこ先生 秋の全国講演会2017『人生は負け...
2017/09/18 (写真クリックで拡大します。) とらこ先生 秋の全国講演ツアー2017『人生は...
2017/09/17 (写真クリックで拡大します。) とらこ先生 秋の全国講演会2017『人生は負け...
2017/08/13 (写真クリックで拡大します。) 毎年お盆の時期には恒例となりましたとら子先生の...
2017/07/30○洞爺ツアー2017 2日目 (写真クリックで拡大します。) 「日本豊受自然農 ...

講義を月別に表示する