2015年03月14日(土)

3/14(土)【名古屋ライブ】春のとらこ先生全国講演会
"楽に生きよう"セミナーが開催されました

20150314_nagoya_01.jpg 20150314_nagoya_02.jpg

(写真クリックで拡大します。)

とらこ先生の全国ツアーが開催されました。

今回、とらこ先生が伝えたいのは「今、ここに幸せ」の境地に至る
心の持ち方。

講演では経済的には世界の最貧民国でありながら、世界屈指の国民の幸福度を誇るブータン王国にて、とらこ先生が体験した事を織り交ぜながら、一人一人の心の中に眠る幸せへと迫っていきました。

とらこ先生が今回、ブータン国王と対話した内容は奥深く、経済的には豊かと言われる日本において、我々日本人の心の渇きが癒えない理由、一生懸命に生きているのにもかかわらず、幸福度が年々下がっていく原因が何か、はっきりと理解され、我々一人一人の生き方、考え方、価値観を見つめ直す大きな機会となったようです。

今回の講演では、現地で撮影した沢山の映像が用いられておりました。

参加者は臨場感あふれる会場内で、とらこ先生の一言一言を心に沁み入らせるように聴き、五感を通して感じ、それぞれの参加者が、それぞれの心の中で気づきを得ているようでした。

また、政府レベル、国連レベルの大会となった日印ワールドカンファレンスでの感動や、 とらこ先生とインドの癌の大家との心温まる交流を通して得た気づきなども分かち合われ、参加者はとらこ先生から、インドの躍動感をエネルギー的にチャージされたかのようでした。

本日の講演会も感動とともに大きな拍手で幕を閉じました。

とらこ先生、お疲れさまでした。
参加者の皆様、ありがとうございました。

>>2015年CHhomスクリーング(インド・ブータン)の様子はこちら

20150314_nagoya_03.jpg

講義の感想

●愛に満たされたあたたかい時間だった。「私は何で苦しいのだろう?なんで幸せを感じられないのだろうか?」と問いかけるきっかけになりました。自分を愛することが少しずつできるようになっていますが、責める自分、許せない自分を許していけるように、少しずつですが進んでいきます。できないこと、苦しいことを許せる自分になること、それが自分に対しての愛なのかな?と考えています。

●インド・ブータン旅行を通して今の日本の状態を垣間見れるような講義内容でした。今の日本は大切なものを失ってしまったのだなと思いました。自然の中に幸せがうめこまれている、というのはよくわかります。改めて気付かせてもらえてよかったです。ありがとうございました。ブータンの自然を体感してみたくなりました。後半のホメオパシー事例では、あたたかく幸せな感じになるためには、自分を愛していくのだなあ、自分は生きていていいのだなあと思いながら生きることだということがわかりました。大きなものに守られている事も感じながら生きて行きたいなあと、と思いました。今日は参加できてよかったです。ありがとうございました。

●とらこ先生ありがとうございました。インド・ブータン海外スクーリングのエピソードを聞くことができて、本当に素晴らしかったのだなと思いました。国王にお会いできたこと、数々の奇跡、本当に素晴らしい。「愛」のなせるわざだなと思いました。また今日、久しぶりにCHhomに来ることができて、早く学校で再び学んでいきたい、仲間と一緒に学んで生きたいと強く思いました。CHhomの学生でいられることに感謝!

●初めて講演を受けました。人が沢山で驚きました。私の周囲では、ホメオパシーを知っている人がいませんので嬉しかったです。先生がお話ししてくださったインドやブータンは私も行ってみたいと思った国なので、とても面白かったです。特に信仰心の大切さをいってらっしゃいましたが、自分には全く持ち合わせてないものだったので、体調が常に悪いのは、そのせいかなと思ってはいました。家の仏さんに手をあわせてみようかなと思いました。

●今日も心に響くお話をありがとうございました。何か色々どうでもいいことを考えたり、思ったりしていることがバカらしくなってきました。自分をまず愛し、自分のできることを周りに種まきしていきたいと思います。とらこ先生、応援しています。お体に気を付けて。ありがとうございました。

●本当の幸せについてのお話、ブータンの貴重なお話、神様のお話、他では聞けない大切なお話が聞けてありがたかったです。校舎に入った途端、山の中や神社に入った時のように、頭の上が軽くなり、軽く瞑想状態になりました。何がついていたんだろう?笑 20代で先生に会って、その頃は、怒涛でうまく自分で自覚できなかったけれど、先生に出会う前と今とでは、前世と今世くらい違う。由井先生、ホメオパシー、そして私の自然治癒力、神様、本当にありがとう。

●ブータンは本当に奇跡の国だなと思いました。伝統的な国としてとどまろうと国民が思えるというのもバイタルフォースの強さかなと思います。自分自身を愛することが本当に核だなあと思いました。なかなか難しいですけれどいつも忘れずにいられるといいなと思います。まだ幸福と競争とを行ったり来たりですが、穏やかな気持ちになれることが増えてきています。もっともっと心も体も柔らかくなると思います。ブータンやケースや先生自身のお話などいといとな角度から愛、幸せを教えて下さってありがとうございました。時々立ち止まって考えないと毎日の生活に埋もれてしまいます。

●自分は幸せだと思っています。自由に生きさせてもらっているとも思いました。ただなぜか、自分の中に何か違う、迷うものがありました。こうなりたい自分になれないのは何でかいつも思っていました。その理由が少しわかった気がしました。

●インド・ブータンの様子がとても興味深いもので面白かったです。厳しい自然条件の中で、「共に」生き抜くことが大切でかけがえのない人との絆であるのだなと思いました。自分を含め、日本人・近代人の問題は、孤独感に端を発していると思います。不平等、不公平、不条理な環境や人生をどう受け入れていくのか。私たちには私たちの問題に取り組まなければなりません。「私」の平安が広がって、世界に平安が訪れるのだと思いました。

●幸せの国ブータンを紹介して下さりありがとうございます。近代化と伝統への回帰の間で「幸せ」がどこにあるのか、聡明な国王がよく急ブレーキをかけて伝統へ戻られて素晴らしいと思いました。ホームキットがあるのは日本だけというのもすばらしい。

●来てよかったです。とらこ先生の言葉ひとつひとつが心にしみてきました。泣けてきてしまいました。自分を愛するのは永遠のテーマだと思います。ブータンという国の幸福度を見習って、日本がいけたらいいなと思いました。そのために自分ができることを考えていきたいと思いました。

●自分を責めない、自分を愛そう、何度も本の中で読んだ言葉ですが、受け止めきれてなかったと思います。今日は、ライブのエネルギーのおかげなのか、心にすーっと入ってきて、私はたくさん自分をいじめていると気づきました。愛にあふれたお話でした。家に帰って、中高生の子供にも伝えたいです。ありがとうございました。

●「自分を愛す」今、インチャセラピーを自宅でやっています。自分を愛することを徐々にできるようになってきたと思っていましたが、由井先生にお会いして、全然できていないということに気づかされました。自分を愛すということは、全く逆のことをしてきた人生では大変難しく感じます。けれど、今、由井先生にお会いし、ホメオパシーに会い、全く変わって来ました。幸せだと思えるようになっています。“自分をもっともっと大事にしてあげたい”心からそう思えました。

●ブータンという国はすばらしいと思いました。様々な外圧や内部への工作もあったと想像できますが、それでも国王はじめ国民の大多数が近代化よりも伝統的な社会を選択した事はきっとその国の使命があったのだと思います。それと対照的なインドや他の近代化の走る多くの国を由井先生が否定しなかったことも印象的でした。近代化の中で多くの人が傷つき、苦しみ、恨みもがくなのでそうけれど、それにも意味があるという事。一番前の席で拝聴して汗だくでお話をして下さる由井先生の姿に大きな愛を感じました。人が幸せを感じるということは物やお金ではなく、自分と出会った人たちが苦しみを乗り越えて笑顔になって行くのを見る事といったようなお話がとても心に響きました。私自身インチャコースを受講して、多くの気づきを頂いている最中なので、今日のお話になお一層共感することができました。

●ブータンの事は幸福度調査の件でとても気になっていました。今回、沢山の映像とともに生のお話をきけてとても嬉しいです。仕事に忙殺される中で、幸せってなんだろうと最近考えていました。お金が沢山あること?結婚している事?どちらでもない気がしていました。ただこの前、大切な人と結婚に関する話をしていて、様々な事情から少なくとも一般的な結婚(同居して子供をうむ等)はしない、というような話になった時にとても悲しい気持ちになりました。そこでよく考えてみると相手を愛したい、と言うより自分が愛してほしくてたまらないのだ、ということに気づきました。そうだったのか、と思って、自分にできるだけ愛を注いであげるようにしていますが、愛ってなんだろうとふと考え込む自分もいます。でも以前より、生きるのが(ハードな仕事でさえも)楽に感じられます。うれしいです。

●ブータンやインドの知らなかった姿を見れて、幸福感について考えさせられました。日本の情緒、日本の昔からの守ってきた信仰心を大切にしたいと思いました。レメディーだけではなく、大切なことを教えて頂きました。ありがとうございました。

●ブータン国王の国会演説がとてもよかった。どういう目で日本を見ているか(世界の人が)、もっと日本人が知る必要があると思った。最後の歌、素晴らしかった。愛は生命の花、まずは自分を愛することから!!

●とらこ先生の生の声を拝聴し、お人柄からにじみでる大きな愛を感じ、自分も今いる場所で精一杯生き、少しでも愛の実践者になろうと決心しました。今年度ファミリーホメオパスコースに入学します。よろしくお願いいたします。

●ありがとうございました。自分を愛さないと思ってもできません。もやもやから抜け出したくてレメディーをとっているのでもっともっともやもやして行く。娘がてんかんでレメディーをとりだして3年近く。でも毎週のように発作を起こして、もうそれに耐えられない状態です。寅子先生の相談会も受けてみたいです。

●どうもありがとうございました。幸せって!?私の息子は重度の知的障害・自閉症です。どうやったら彼を幸せにしてあげられるのか、いつも罪悪感を持って何故健常児として生んでやれなかったのか自分を許せなくて。でも…本当は息子から本当に大切な事を教えてもらっている事、彼が居るからこそ学べる事は沢山あり障害があっても幸せはあるんだ…と思う事ができました。気がつけた事に感謝しています。

●インド、ブータンのお話、楽しかったです。私たち、とらのこ会員の知らないところで、ホメオパシーを消さない努力をしてくださり、ありがとうございます。また勇気をいただきました。

●自分の周りにも、ぜび広めたいと思います。そして、ブータンのお話しがとても素敵でした。私もいつかブータンに行けるように生きていきたいと思います。ありがとうございました。

●とらこ先生の講演会、数年ぶりでしたが進化してらっしゃるなーと思いました。自然に対する信仰心、大切にしていきたいと思いました。

●心の豊かさについて考えさせられました。ブータンの話はなかなか聞けないので良かったですが、ケースももっと見たかったです。

●ブータンでの貴重な体験のシェア、ありがとうございました。ブータンからたくさん学ぶことがありそうですね。いつか一度行ってみたいと思いました。

●今回インドのみのスクーリング参加でしたが次回はブータンに行きたいと思いました。信仰心をもって生きていこうと思います。

●沢山の事に気づかせていただきました。今の自分に最も大切なところに、とらこ先生の話がひびいてきました。

●幸せとは何か、ブータンの人達の暮らしを聞いて、考えさせられました。人生の目標は健康になる事!でしたが、幸せになる事なのかな。

●ブータンのお話しがとてもよかったと思いました。いろいろな気づきをもらえて嬉しかったです。ありがとうございました!

●本当の幸せは物、お金ではないという事を改めて思い知らされました。

●どれだけ自分を愛せるかという言葉が印象に残りました。

●とらこ先生の愛がよく伝わってきて涙が出ました。ありがとうございました。

●本物の健康学を学びました。有難うございました。

●ありがとうございました。考えを変えて、楽にいきたいです。

●初めて参加させていただきました。やっと入り口に立てた感じです。

●とら子先生の愛あふれる言葉に身にしみ込んできました。ありがとうございました。

●ブータンの幸せな生き方に日本もなるとよいなと思いました。

●ブータン国王の演説、涙がでました。ありがとうございました。

●ブータンとインド比較がよくわかりとらこ先生の捉え方、見方に共感しました。

●物質的な豊かさが幸せでない事がわかりました。

●とても考えさせられました。

●どうもありがとうございました。

●レメディーの話をもっと聞きたかったです。

<< 1つ前の記事へ | 記事一覧へ | 次の記事へ >>

最新のセミナーの様子

2017/03/20--> (写真クリックで拡大します。) 東北のホメオパシーファンの皆さん、お待た...
2017/03/12 (写真クリックで拡大します。) とらこ先生 春の全国講演ツアー2017、昨日の...
2017/03/11 (写真クリックで拡大します。) 全国各地のホメオパシーファンの皆様お待たせしま...
2017/02/11 (写真クリックで拡大します。) 「日本の文化と日本の心 日本人のインナーチャイ...
2017/01/05 (写真クリックで拡大します。) 2017年、新年明けましておめでとうございます...

講義を月別に表示する