2017年09月10日(日)

2017年9月10日(日)

CHhom プロフェッショナルホメオパス CH7・8期
「現代臨床病理⑥」
講師:酒向先生

20170910_CH78_tokyo_01.jpg20170910_CH78_tokyo_02.jpg

(写真クリックで拡大します。)

本日はCH7期8期の合同で、酒向先生による「現代臨床病理⑥」の講義が行われました。

現代医学だけではなく、千島学説、統合医学などにも精通している酒向先生の本日の講義では、女性性器の病気、内分泌器官の病気の2つをメインテーマとして、それぞれの働きや病理について学びました。

講義では、それぞれの病気について、実際の症例や具体的な治療法の説明が、写真を用いて行われました。特に子宮癌や乳癌、バセドー病など、聞き覚えのある症例の説明の際には、学生の皆様もとても熱心に興味深く聞かれていました。

普段聞く機会の少ない内容なので、学生の皆さんが真剣に聴講している様子が伺えました。ホメオパシーを学ぶ上で、現代医学の基礎となる臨床病理学を学ぶことができ、学生の皆様にとって、とても内容の濃い時間となったようです。

酒向先生ありがとうございました。学生の皆様お疲れ様でした。

20170910_CH78_sapporo_01.jpg20170910_CH78_nagoya_01.jpg20170910_CH78_osaka_01.jpg

講義の感想

●"女性性器の病気"とても興味深く、学ばせて頂きました。家族…身近な人の病気であったり、メディアを通しての知識や自らの検診などが思い出されました。どのような流れで癌化していくなど、生き方、食生活等も大きく影響していくこと、ホメオパシーで対応できる領域など気づきと深い部分の学びでした。あらためて、恐れること(病気に対して)はないこと、そして病気にならないような生き方を確認できました。臓器1つ1つの働き、どれもなくてはならない大事な臓器であること、日々働いてくれている臓器に感謝と、食であり、身体にとり入れるものを意識して摂っていくことが大事であると思いました。ありがとうございました。

●子宮筋腫・子宮内膜症・子宮癌など、名前はよく聞いていましたがどんな病気なのか詳しく勉強することが出来て良かったです。細胞や実際の臓器の写真をカラーで見てもどれが正常でどの部分が癌なのかわからないのですが、沢山写真をみていくと慣れるものなのでしょうか。副甲状腺の説明のところで思ったのですが、図がどこからみたものなのかボードに書いて説明してくださるのでとてもわかりやすいです。長時間の講義ありがとうございました。

●たくさんの病気や症状があってこのような検査や細胞の状態を研究してきたお医者さんたちは本当にすごいなと思いました。それでもまだ人体・病気についてわかっていないことの方が多くて体内の機能が精妙に働いて日々生きているという命は私達の知恵をはるかに超えたものなのだと感じました。一回の授業であまりにたくさんの情報量なので一般的によくある病気とそうではない珍しい病気をわけて緩急をつけてくださるとホメオパスとして活動するに際して助かるのかなあ?と思いました。

●通常の西洋医学の講座なのでワクチンや抗癌剤などホメオパシーの考えとは相いれない点が多々ありましたが西洋医学の病理を知れたのは大変勉強になりました。今日は特に女性の疾患の病理だったのでとても興味深く拝聴しましたが現代の女性は乳製品や砂糖を使った食品を摂取することが多いのでこれから今日学んだ病気が増えると思うのでしっかり復習して今後生かせるようにしたいと思います。ありがとうございました。

●臓器の名前と機能、病名と症状など、一度ではとても覚えられなかったので、また見返してみないとと思います。ホメオパスとして患者さんの症状を見る上で、とても役立つと思いますが、自分の中に落とし込むのは時間が必要です。ホメオパスとして活動する上では、より多くの知識・理解が必要なのだと思いました。ワクチンのお話などうなずけるお話と、放射能のお話など、私の理解と違うお話もありましたが、実際に医師として様々な経験をされてきた先生のお話はとても貴重だと思いました。

●若い人の乳がんの大変さを改めて見直した講義でした。知り合いで若くして乳がんになり、最後は全身に転移して亡くなったので、すごく進行の早いがんと認識しています。内分泌系の疾患含め、女性の患者が多いのは、DNA的に関係しているのかなと思っています。知れば知るほど人の体は複雑で、いろんなバランスの上に成り立っているのかなと思いました。

●女性の器官特有の病理について学びました。酒向先生は経験豊富な医師ですので、現場の生の声はリアルに響きました。私の叔母が半年前に乳癌で亡くなりましたので、特に乳癌の解説の所では、その恐さを身近に感じました。また、甲状腺の症状について、写真も多く、かなり細かく解説いただきました。放射線ホルミシル効果について、酒向先生は効果があるのではないかと言ってましたが、内海聡医師は完全に否定されていましたので、是非を問いたいところです。

●婦人科生殖器の病気を主に学びましたが子宮がんに子宮頚がん、子宮体がんがあってその違いなどとても勉強になりました。乳製品と乳がんの関係は以前から聞いていましたが、かなり以前にアメリカで本が出ていたのは知らなかったので読んでみようと思います。カルシウム代謝を昨日勉強したばかりだったので分かりやすかったです。

●現代医学の現場でご活躍されている酒向先生から丁寧に説明いただき、難しかったですが、大変勉強になりました。どうしても自然療法のことばかり興味を持ってしまいますが、現代医学の事も知っておかなくてはいけないし絶対に必要な場面もあるのだから、偏る事なく受け入れて学んだいきたいと改めて思いました。ありがとうございました。

●女性生殖器、乳房に関して実際その病気と患っている知人もあり、とても身近に覚え興味深かったです。甲状腺も母が病んでいたこともあり、身近に感じました。内分泌は昨年解剖生理学でやってましたのですんなり入って来ました。酒向先生のお話で、米、特に玄米にヒ素が含まれているとのこと。玄米が良いと最近玄米に変えてましたがそれを伺いちょっとがっかりしてます。

●以前は癌なんて自分や周囲とは遠い存在だったのに、最近は癌が身近になってきてしまいました。これからもっと増えると思うと何かできないのかと考えてしまいました。PMは昨年の授業で習ったホルモンが多くでてきたのに、ほとんどの名前を忘れてました・・

●先生のジョーク混ざりのお話がとても楽しかったです。今日はたくさんてんこ盛りで頭がいっぱいいっぱいです。ホメオパシーでは治せないものがある?そういうものはやはり西洋医学とホメオパシーのいい所を出し合っていければ本当に良いですネ。

●甲状腺や副腎などホメオパシー的アプローチから学習してきたので、西洋医学的見地から、いろいろ講義を受けたので、しっかり復習します。乳がん、子宮がんの話も、最近の医療事情の学べてよかったです。ありがとうございました。

●今日は婦人科系の臓器の詳しい解説で、知りたいこともたくさんありましたので、面白かったです。また癌や腫瘍の例、違いもわかって大変勉強になりました。それにしても癌にかかる人の多さに驚きます。癌が進行した人や、すでに現代医療を受けた後の患者さんにアプローチするにはどうしたらよいのだろうと思いました。

●知らなかったことが多くあり、勉強になりました。ただ、抗がん剤について効果があったという内容があったが、そう判定した期間が不明で、その後間もなく死亡した例も多いのではないかと思う。玄米にヒ素が含まれているという事は参考になります。

●女性性器の病気や内分泌の病気には、周囲の女性にも不安を持っている人が多く、興味深く聴講いたしました。甲状腺や副甲状腺ホルモンの病気は、聞いたことがあってもよく分かっていなかったので、勉強になりました。副腎の所は初めて聴く病気も多く、難しかったです。

●30代のころから乳腺症と言われ、しばらく落ち着いていましたが、昨年急に生理前に痛み出し、今もまだしこりが残っています。乳がんの症例が校内の授業でわかり、とても参考になりました。ありがとうございました。

●女性性器の病気は、一般的にもよく聞く病気や症状なのでまだ分かりやすかったです。内分泌系は、昨年解剖生理学を受けたので、ホルモン系に少し聞き覚えがありましたが、細かい所はやはり難しかったです。

●たくさんの病気のことを分かりやすくまとめて頂いて、良かったと思います。先生の臨床経験からくる話は印象に残ります。ありがとうございました。

●かなりグロテスクなショッキングな写真も多く、こんな状態になってしまうのかと自分の知らない症状をたくさん学ぶことが出来て、パワーポイントもつながっていてとても見やすかったです。

●乳がん、子宮がんの組織的病理がよく分かりました。図や写真も多く説明も丁寧にしていただきました。知らなかったことが大変多く、自分の体をベースに考えて聞いていましたが、興味深い講義でした。

●盛りだくさんの授業でしたので、家でゆっくり復習したいと思います。昨年、解剖学で学んだところでもありますのでよい復習になりました。

●今まで曖昧だった甲状腺の働きと疾患について、よく理解できました。授業の中で、先生の臨床のお話をもっと聞かせて下さるととても有難いです。

●女性生殖器の病気、とても恐ろしいです。乳癌、くさっている様子は、初めてみたので気持ち悪かった。ただ、病理は興味深かったです。

●女性器の講義で、身近な事なので想像もしやすく、頭に入ってきやすかったです。内分泌は何度勉強しても覚えにくいですが、実例や症例を交えて講義して頂いてわかりやすかったです。

●興味のある内容という事もあり、集中して聞くことができました。内容の多さは感じますが、少しずつ頭に入れていきたいと思います。

●とても多数の資料を用意して下さったことでわかりやすく、興味を持てました。ありがとうございます。内容も身近な病気も多くわかりやすかったです。

●閉経しても、脂肪からホルモンが出るというのは、とても驚きでした。副甲状腺のお話は興味深かったです。ひじきやお米にひ素含まれているという話は初めて聞きました。

●酒向先生ありがとうございました。膨大な情報量でしたが、画像や図を多く入れて下さり、理解の助けになりました。

●今日の西洋医学講義は、性器、乳癌、甲状腺などの症状や仕組みなど身近な病気だったので分かりやすく聞きやすかったです。

●症例写真など分かりやすくスライドを作っていただきましたが、病理はやはりむずかしいと感じました。

●出産・婦人科系の病気は、自分にも関係があるので勉強になりました。全体的には難しかったです。

●復習になりました。被爆の問題についての講義内容はよく分かりました。ありがとうございました。

●難しかったです。自分が調べて勉強しないと、頭に入らないのでがんばります。

●現代医学臨床病理、難しいですが、非常に勉強になります。ありがとうございます。

●細かい字の資料を大きくしてくれるのは、とてもありがたいです。

●一度ではなかなか覚えられないので、復習して頭に入れたいと思います。

●本日もありがとうございました。難しかったです。

●医療の裏話的なものも一緒に聞けて面白かったです。

●婦人科、産科は興味深く聞くことができました。

●病理は大切だと思います。ありがとうございました。

<< 1つ前の記事へ | 記事一覧へ | 次の記事へ >>

最新の講義の様子

2017/09/17CHhom プロフェッショナルホメオパス CH5・6期「マテリアメディカ」講師...
2017/09/16CHhom プロフェッショナルホメオパス CH5・6期「ケーステイクと分析」講...
2017/09/10CHhom プロフェッショナルホメオパス CH7・8期「現代臨床病理⑥」講師:...
2017/09/09CHhom プロフェッショナルホメオパス CH7・8期「解剖生理②骨格系」講師...
2017/09/03CHhom プロフェッショナルホメオパス CH5期「運動と筋肉」DVD上映講師...

講義を月別に表示する