2017年05月07日(日)

2017年5月7日(日)

CHhom プロフェッショナルホメオパス CH8期
「ホメオパシー用語②」
講師:由井学長

20170507_CH8_tokyo_01.jpg20170507_CH8_tokyo_02.jpg

(写真クリックで拡大します。)

本日CHhomではCH8期生のスクーリングが行われ、由井学長による「ホメオパシー用語②」の講義が行われました。昨日の講義の続きとなる内容です。

1年生がホメオパシーを習うにあたっての用語説明の講義ではありますが、表面的な用語解説ではなく、オルガノンや慢性病論の文献やハーネマンの当時の歴史的背景や臨床経験に基づいた深い解説がなされました。

「Law of Cure(治癒の方向性)」「Maintaining Cause(病気の持続要因)」「Miasm(マヤズム)」「One-Sided-Disease(一面的な病気)」などの重要なテーマを取り上げ、ホメオパシーの歴史の中では誤って意味が伝わっている用語に関しては、文献をもとに訂正し、ハーネマンの原点に沿った忠実な意味が伝えられました。

「Potency(ポーテンシー)」についてはレメディーの作り方を由井学長に実演していただいたり、用語に関連した学長の症例や体験を交えたり、また笑いを誘うエピソードや生徒との会話のキャッチボールも多く取り入れたりと、難解さの中にも理解につながる工夫がたくさんの由井学長のパッションと愛のあるライブ講義でした。

1年生にとっては学び始めたばかりで疑問もたくさんでなかなかすぐに身につかない所もあると思いますが、どのホメオパスでも1年生の頃は皆同じ状態ですので、あまり気にし過ぎずマイペースで学んで行ってください。

由井学長は今週は毎日セミナーに授業にと本当にお疲れ様でした。
今週もどうもありがとうございました。学生の皆様お疲れ様でした。

20170507_CH8_tokyo_03.jpg20170507_CH8_tokyo_04.jpg20170507_CH8_tokyo_05.jpg20170507_CH8_tokyo_06.jpg 20170507_CH8_sapporo_01.jpg20170507_CH8_nagoya_01.jpg20170507_CH8_osaka_01.jpg

講義の感想

●今日は今まで意味がわからなかったところが良くわかり、なるほど!でした。ポーテンシー、C、LMなど。Zenメソッド構成の意味が分かりとても有意義でした。今迄LM、マヤズム、ソーラなど分からなかったことを説明して頂き、理解が進みました。マザーティンクチャー、レメディの作り方を、とらこ先生自ら、目の前で実演して下さり、とても印象に残りました。私は一生忘れません。とらこ先生のライブの授業で、とても楽しく有意義に学ばせて頂きました。ありがとうございました。また、今日の授業で本当のこのままでは人類は滅亡するなーと思いました。これからさらに学ぶことが楽しみです。

●今まで何度も聞いていた用語(「マヤズム」など)の意味がやっとわかりましたが、もっと理解を深めていかないとと思います。土づくりの話、農業の話、食べ物の話など、これからも考えて取り組んでいかなければいけないと思います。さらにホメオパシーと一緒にこの取り組みをされている由井先生と皆様はすごいと思いました。私も何かに参加したいです。マヤズムのお話に病理の歴史の深さ、重さを感じると同時に、全く知らなかったので驚きでした。ポーテンシーからのお話が少し難しく、休み時間に同じクラスの方に教えていただきました。覚えられても、きちんと理解するために、落とし込まないといけないと思います。

●3つの慢性マヤズム以外にも色々なものが抑圧されてマヤズムとして受け継がれてしまうというのが興味深かったです。目先のことを考え、良かれと思ってした事がこの結果を生んでいると私は思うのですが…。ただ、ホメオパシーでよくなるという事は、一人ひとり、気付いた上で選んでくれたらいいのになと思いました。自分とは全く違った価値観を持っている人を治癒することになると思うので、傾聴は本当に大切だなと思いました。

●たくさんの情報で頭がいっぱいいっぱいの感じがしました。症状や感情を抑えつけてきたことで様々な病気が作られたこと。症状はバイタルフォースが起している事など、ハッとさせられました。私も地元で健康相談を受けて、レメディーをとっているのですが、朝、昼、夜、随時とるのが正直大変だなと思ったりしていたのですが、これからはきちんととって行こうと思います。

●今まで点と点だったことが少し繋がったところがありましたが全体的に難しく感じました。マヤズム、ポーテンシーに関しては特に復習が必要だと感じました。レメディ作りの実験で使ったルータの葉、私はとても良い香りだと思いました。父方にも母方もガンで亡くなった方がいるので、受け継いでいるのかなと思っています。昨日、花粉症のお話で亜鉛不足が原因の一つとありましたが、今日の麦アレルギーのお話では小さい頃の体験からというお話を聞いて、両方改善しないと治らないのだろうかと新しく疑問が出てきました。これから少しずつ理解していけたらと思います。今日は一日通し講義して頂きありがとうございました。

●マヤズムのところの話の中で、感染体の話が少し難しく、理解しきれなかったように感じました。心→身体へと症状が変化していくというお話は、私もうつ病の時に全く風邪をひかず、治ったころにアトピーが出始めたので、あれは元気になっていってたのだなと、今になって理解できました。ケーススタディーでみなさんがよくなっていくのを見るのが本当にいつも感動的で楽しいです。

●ポーテンシーよりも基調が重要だということ、よくわかりました。患者さんの基調を見出す観察眼や洞察力を鍛えること。またレメディーや処方、ホメオパシーに対する正確な理解を深めること。少しずつ着実に身につけていきたいと思います。

●マヤズムのお話が難しかったです。レメディーのポーテンシーについて、何かの本の影響で、高ポーテンシーほど深く作用するのかと思っていたので、事実を知れてよかったです。人工物を解毒する消化酵素はない(通常は)というお話がありましたが、薬のトートパシーレメディーはどのようにして効くのかな?と疑問を持ちました。

●ポーテンシーやマヤズムなど、今の段階では難しい部分もありましたが、これからの勉強で深く理解していければよいと思います。200Cのレメディーは大人にはほとんど効かないといわれていましたが、インナーチャイルドセットのレメディーは200Cだったと思うのですが、自分の中の子供に向けて作用させるからでしょうか?

●数字が苦手なので、ポーテンシの話は難しく思いました。LMポーテンシーが今一つの理解のままです。全体像や時間の経過まで捉えることの難しさと面白さを少し感じています。まだ、初歩の授業ですが、なんだか大変なところに足を踏み入れてしまったと感じています。

●種の問題、水の問題、他色々と、本当に考えて行動していかなければいけないと思いました。私も近くの畑を借りようと思いましたが、JAが管理しており何故か同じ時期に同じ野菜を作らされるよ!と農家のおばちゃんに教えてもらい、がっかりして止めたのです。やっぱり土地のある地方でやるしかないのだろうか?と考えてしまいました。7月の洞爺ツアー楽しみです。

●難しかったです・・・。いかに日本人の体がとんでもない事になっていて、臓器サポートがどれだけ大切かという事も、よくわかりました。今までもある程度、臓器サポートはしてきてはいましたが、今後も家族でしっかりとケアしていきたいと思います。そしてまた、心のあり方についても、更にインチャ癒しをし、本来の自分に戻っていきたいと思います。ありがとうございました。

●マザーチンクチャーの作り方がわかり自分でも作ってみたいと思いました。使いながら気になっていたポーテンシーを学べてよかった。マヤズムは遺伝から来るもので、私達の体はいろんな要素があり症状を出していたこと、やっとマヤズムがわかってきました。

●レメディーの作り方の実技は分かりやすく、ただ薄めるだけではなく叩いている。それも41回っという数字にもびっくりしました。30CとLMの違いやどんな時にLMを使用するのかなど、細かい所が難しく理解できませんでした。由井先生のお話は私には、まだまだ難しく理解できない所がありました。

●とらこ先生の生はとても楽しい。目の悪い男の人が涙したり、女性が後ろめたさを感じずに幸せになっていくビデオを見て、ホメオパシーの素晴らしさが実感できました。

●ポーテンシーのところで、数字が入ってくると頭が混乱してすぐに反応できない部分がありました。最後のZENメソッドの構成は特によく整理しておきたいと思います。クライアントの方の聞き取りも難しい面が多いなと感じました。

●今日もボリューム満点で聞き洩らし、書きとり漏れがありましたが、充実した時間でした。どうして自分がCarc.を処方されたのかがよくわかって面白かったです。

●自然治癒力が大切なようにサプリメントに頼りすぎるのは、身体の能力を削るのだと気付きました。午後の後半は内容が深かったように思います。

●健康になる。生きる方法が具体的にわかっていき、受講できてよかったです。理解できにくいところも多くありますがゆっくり勉強していきます。特に最後のほうが早くてわかりにくかったです。

●ポーテンシーについての勉強がとても興味深く、面白かったです。用語については、昨日勉強したものの名前が出てきたりして、すぐに思い出せず、焦りましたが覚えていきたいと思います。

●マヤズムの概念は難しい。自分を当てはめて考えてみると、どれも当てはまるようで更にわからなくなってしまった。まず、ソーラーから勉強してみようと思いました。

●ようやくポーテンシーの単位が分かりました。M、LM、CXが、今までごちゃごちゃになっていました。

●今日も難しかった。でも、非常に興味深く聞けました。これからの学習が楽しみです。

●ポーテンシーの考え方について、もう1度復習したいと思った。

●少し難しくて、眠くなってしまいました。。。細胞に期待したいと思います。


<< 1つ前の記事へ | 記事一覧へ |

最新の講義の様子

2017/05/07CHhom プロフェッショナルホメオパス CH8期「ホメオパシー用語②」講師:...
2017/05/06CHhom プロフェッショナルホメオパス CH8期「ホメオパシー用語」DVD上...
2017/04/30CHhom プロフェッショナルホメオパス CH5・6期「ケーステイクと分析」講...
2017/04/29CHhom プロフェッショナルホメオパス CH5・6期「マテリアメディカ」講師...
2017/04/23CHhom プロフェッショナルホメオパス CH8期「ホメオパシー基礎②「歴史」」...

講義を月別に表示する