2011年11月02日(水)

2011年11月02日(水)

RAH&CHhom英国スクーリング
「ホメオパシーにおける急性治療の原理」
講師:ラビ・ロイ氏

講演会の様子

本日の講義はRavi Roy先生による「ホメオパシーにおける急性治療の原理。そして放射線の害およびその対応、ホメオパシー的予防、放射線レメディーとその使用法」。

Ravi先生は「放射能-放射線と放射性物質のホメオパシー的解毒と予防」の著者であり放射能に対するホメオパシーアプローチを長年研究されている先生です。
1986年チェルノブイリの原発事故が起こった際、放射線被ばくが引き起こす様々な症状に苦しむ人々を放射線のレメディーを与えて治癒した多くの臨床経験を持っています。

午前はセシウムやプルトニウムなど放射性物質が人々の精神に与える影響-例えば鬱との関係性について、また個人だけでなく人々の集合意識-社会に与える影響について。
放射性物質が持つ破壊的な力を建設的な力に変換する力はホメオパシーにあること、それぞれの問題に対応するレメディーのマテリアメディカを紹介していただきました。

午後には急きょRavi先生による生ケーステイクが行われることになりました。
被験者の学生さんの主訴、体や心の問題についてヒアリングし、感情やマヤズムの観点からエネルギーレベルの問題を拾いあげ、適切なレメディーを選択していただきました。

先生の長年培われたケーステイクの方法は短い時間で核心を突く神がかったもので、選ばれたレメディーをとった方が瞬時に主訴が良くなって行く素晴らしい内容でした。

そして学生の勉強のためにと由井学長が自らケーステイクの被験者役に名乗りをあげ、Ravi先生とのセッションが実現しました。

最後には瞑想が行われ、そしてRavi先生来日の約束が交わされ、大きな拍手とともに英国スクーリング4日目が終了しました。

講義の感想

●本日も大変素晴らしい講義でした。放射能に対応するレメディのお話もそうですが、急性症状への対処も大変わかりやすかったです。そしてなによりも後半からの生ケーステイクは全てのケースが素晴らしいものでした。今日一日感動の連続でした。ありがとうございました。

●とても面白かったです。特に午後からのケーステイクは素晴らしかった。なぜこのレメディを処方するのかの具体的な内容も分かりやすかったです。先生からは不思議なエネルギーを感じました。ありがとうございました。

●とにかくすごくよかったです。感動でした。ぜひ来年日本にいらしてください。自分自身、進化生長してつながっているレベルの自分たちを助けて、ともに進化生長していきたいと思います。ありがとうございました。英国校にこれて本当に良かったです。

●スピリチュアルの話も聞け、放射能のレメディーも自分に必要なものを知る事ができとても興味深くまたとてもひとつひとつのレメディーの違いがわかりとても頭に入りました。実際の生ケースの時の処方には本当に素晴らしくいかにそのレメディー像が細かくしっかり先生の頭に入っていることのすごさに本当におどろきました。最後のコンテンプレーションは、本当に様々な体感ができ、自分が大きな光に包まれているのをすごく感じ最後にはすごいエネルギーが入ってきて先生が声をかけてくださった時に自分の中でもちょうど区切りがつきとても心地よい体験をさせていただきました。次回の日本でのセミナーとってもとっても楽しみにしています。ぜひコンテンプレーションの詳しい理論を聞かせてください。本当にありがとうございました。

●放射線のレメディーについてひとつひとつの特徴が大変興味深かったです。長崎や広島の原爆に対応するプルトニウムやウラニウムの住んでいる人そのままのレメディー像であったのがおもしろかったです。それにしても放射線の影響は住んでいる人の状態、ポジティブかどうかによって少なくなることは驚きでした。

●レメディへの深い知識、鋭い質問は大半勉強になった。レメディの全体像の把握のみでなく、病気の全体像や症状の段階をきちんと知っておかなければならないのだなと思いました。マヤズムやリアクションの話などもっとたくさんにお色な話を伺いたかったです。

●午前のレクチャーでは、放射線の種類による性格の違いの話がとても面白かったです。震災後、私は強い怒りが湧いてきて典型的なプルトニウム状態になっていました。世の中の男が全員無能に思えて、原発を許してきた自分自身にも腹が立ち、異常とも思えるほど怒りでいっぱいでした。なぜそんな状態になったのか、今日のレクチャーで目からうろこでした。午後の個々のケースもとても勉強になりました。最後の婚店舗レーションでは今日の渡英を気持ちよく送り出してくれた家族、義父母、母、そして金銭面でのサポートしてくれた今は亡き父の顔が浮かんで感謝の気持ちでいっぱいになり涙が止まりませんでした。ラビ先生ありがとうございました。

●初めてラビ先生のレクチャーを受けましたが、とても興味深いものでした。午前と午後の内容が全く違うもので、それぞれ興味深い内容でしたが、できればラビ先生の新しい本についての内容ももう少し伺いたかったのと、精神的な想念のお話など、もっと聞きたかったです。これからもたまにラビ先生のレクチャーを聴いてみたいので学校に呼んでください。日本でなくロンドン校にも。

●放射線のレメディの特徴を聴いているととてもよく当てはまる人が出てきたので放射線のレメディで試してみようと思っています。ポジティブな意識が放射線のエネルギーをもポジティブにしてしまうのは「そんなウソな」と思う反面、そうあってほしいと思うし、自分もそうあろうと思いました。急性症状へのアプローチも大変理解しやすく、これからの処方に使っていきたいと思います。生ケースとても興奮しました。素晴らしかったです。ありがとうございました。日本にも来てください。

●放射線のレメディの話で、被爆後の長崎、広島、福島の特徴がそれぞれのレメディを表していて、それがよく当てはまっていてビックリしました。常にポジティブな気持ちを持っていることの大切さ、また、ポジティブな気持ちになれないレメディも教えていただきありがとうございました。生ケースの例でも日本の時珍の影響もまだまだ深刻ですが、みんながポジティブな国に少しずつなっていってほしいです。

●放射線系のレメディの違いを知ることができてよかったです。一口に鬱と言ってもいろいろな違いがあることが分かりました。また、ポリクレストのレメディでも急性症状のいつ使っていくかという丁寧な流れがあることが興味深かった。ケーステイクをしていただいてありがとうございました。確かに私は「どうしたいの?」と聞かれてもどうしたいのか自分で分かりません。自分の気持ちと社会のルールや相手の周りの気持ちを考える気持ちで行ったり来たりです。頭の中がそれでいっぱいで体が動かないです。TUB-Bをしばらく続けてみて自分で自分のことを決断できたらうれしいです。気持ちいいだろうなーと思います。

●自分がポジティブエネルギーをひきいれて周囲にポジティブなエネルギーを投影すると放射能が消えるという話を聞いて、さっそく他の人にも話そうと思いました。私は広島出身ですがなぜ広島にいる間ずっとやる気が起きずジャンクフードやコーヒーやたばこばっかり吸っていたかなぞが解けて嬉しかったです。最後の瞑想ではすごいパワーを感じ抑えつけられているようで胸が苦しくなりました。

●レメディ処方も精神世界の分かりやすくグイグイ入ってきました。ホメオパスはCLを観察者になって、細かい段階とポーテンシーとタイミングを見分けなければいけないと思いました。生ケースの質問の仕方やCLの洞察の仕方はすごいと思いました。CLがカモフラージュしても常に感情に入り込んで、冷静に分析してゆく過程でCLは本当のことを言わざる得なくなってゆくのは迫力でした。ラビ・ロイ先生のパワーは熱かったです。

●歯と放射能の本を読んで今日の講義を楽しみにしていました。「治療の科学の基盤」ーとても大切な心を教えていただいたと思います。ただ知識だけではなく、プロセスやプロセスの意味もよく理解しなければ治療に導く事が出来ないですよね。生ケースをみることができたのもとても貴重でした。コンテンプレーションでは泣くべき時に泣けなかった涙が出てきた感じで泣きやんだ時はすっきりしました。ありがとうございました。来日講演を楽しみにしています。

●最初から最後までとても面白かったです。放射線の話はとても勉強になりました。由井学長の長崎・広島の話もリンクしてとてもおもしろかったです。午後のケースは全て驚くものばかりでした。MMをひかなくてもレメディーを言い当ててしまう先生の知識も驚きでした。最後のコンテンプレーションは凄かったです。自分の中で思い出すとブラックホールみたいに黒くてぐるぐるしていたものが解消しました。ありがとうございました。

●ホメオパシーを17歳から実践し、オルガノンをドイツ語で読むためにドイツへわたり、ドイツに帰化したというキャリアにまずおどろき、またオルガノンをドイツ語の原書から追求した人が語る共通項として挙がるリピートの必要性「ケンティアンの一点投与でなぜ治らないか、それはリピートをしないからだ。」という一言にはクラシカルやプラクティカルといったセンシティブ・マターなども超えたホメオパシーを徹底的に理解しているという自信以上のもの、ただ真理を語っているという感じがしました。哲学的なパートではホメオパシー的悪化と通常の悪化の定義がしっかりとわかり良かったです。午後の生ケーステイクでは全てのケースで、非常に少ない時間に問題の核心に無駄のまったくない質問で到達し、その選択されたレメディーの説明の包含性とわたしたちがこれまで知らなかったレメディーのポジティブなアスペクトもみられ多くの智恵をいただきました。ただただ感動しました。素晴らしかったです。

●とても充実した時間でした。放射能のレメディー、それぞれの特徴、ケースを通してマヤズムのレメディーの特徴を詳しく教えて頂き、勉強になりました。ケースもひとつひとつすごかったし感動しました。質問の仕方も勉強になりました。第6チャクラとハートチャクラをつなげることは最近自分でやっていることと結びつき、改めてとらえなおす事が出来ました。濃い講義でした。ありがとうございました。寅子先生にも改めて感謝します。

●愛と優しさを感じる講義でした。放射線のレメディーは興味深かったし、午後のモデルケースにしての講義もポイントを絞ってケースに質問しながら、レメディーを確定していったのが素晴らしかったです。チャクラも興味あるし、来年楽しみです。

●何よりも観察することの大切さを学びました。患者の奥深いところにある何かをしっかりと感じること、自分自身の心を開くこと。もっともっとお話をききたいです。授業の最後にやった第3の目とハートチャクラをつなげ瞑想。時々やってみたいと思います。

●放射線のレメディー詳しく聞くことが出来とてもよかったです。生ケースも質問していく過程を聞くことが勉強になりました。もっと、先生の講義が聞きたいと思います。ぜひ、日本で授業をお願いします。ありがとうございます。

●放射能の著者の方の授業を受けられてうれしいです。ポジティブエネルギーが大事ということで、気持ちの努力をしたいと思いました。生ケースを聞きことで、とても勉強になりました。講義の中で、私たちは皆、創造主というとこがありましたが、そうなれれば放射能もポジティブエネルギーに変えられるのだと思います。で、それが出来るかも知れないと最終的に思いました。

●1つ1つのケースを通してそのクライアントが急性か慢性かを読み解いていく記述を実際目にして、どのように質問を投げかけ、必要なキーワードを拾っていくかということの大切さを学びました。午後は実例を通してどの様な基調があるのかとても分かりやすい授業でした。

●初めはとても難しいと思いましたが、今までと違ったホメオパシーを学べてすごく良かったです。何か先生はすごい力を持ってるような気がしました。ぜひ日本にいらしてください。またお会いしたいです。次回はチャクラの話を聞きたいです。

●放射能のレメディーはあまり採っていなかったのですが、線っせいのお話を 伺ってみると、放射線の影響を受けていなくても、日常の鬱などの症状に使用できるのだなと勉強になりました。放射能というのは目に見えないものだけれど、レメディーで取るとやはり確かに存在しているのだなと思います。先生の反応の段階の本を読みたいです。早く日本でも出版してほしいです。後半、すごかったです。レインボ―のレメディーを数日とっていたのですが、最後のチャクラを開いたのか、色々な色の光が大→小さくなっていくのを見ました。初めての経験です。チャクラ、すごいですね。

●非常に巨身深く聞くことができました。放射線のレメディーの人物像や感情に分けて説明して下さり、とてもおもしろかったです。寅子先生、沢山ケースが聞けて良かったです。ありがとうございました。

●今日もあっという間の1日でした。とにかく凄いものを見せてもらった!!という感じ。あれだけの話ですぐに1つのレメディーが浮かぶなんて、神技ではないでしょうか。私も、そのようなホメオパスになりたいとつくづく思いました。今日もありがとうございました。

●生ケースに取り上げていただきありがとうございます。大変よい機会を与えていただき感謝いたします。大きな一歩を踏み出せる気がいたします。“感じていること”がいかに大切か意識していきたいと思います。日本にいらっしゃるのをとても楽しみにしています。

●素晴らしい授業をありがとうございました。放射線の元素のレメディーの説明は分かりやすくて非常に参考になりました。午後のケーステイクも4例ともすごかったです。

●素晴らしい先生だと思いました。生ケーステイクがとても芸術的でした。素晴らしいホメオパスは真摯で謙虚でたゆみない努力なんだなぁと思いました。

●とても奥の深い授業でした。ケースの考察は素晴らしかったです。もっと、精神世界について聞きたかったです。日本でまたお会いできるのを楽しみにしています。

●よかったです。もっと聞きたい話ばかりです。デモンストレーションも凄く良かったです。あのレメディー、Kali-ars.,Syphilinumなど。は全員に合うのでは?ぜひその瞑想を日本で教えて下さい。できれば久高島で!

●生のケースはとてもよかったです。先生の質問には脱帽です。深いところへ届くような言葉でした。最後には全てがクリアーに見えるとてもうなずける質問でした。長い時間でしたが満たされた一日でした。

●症例の話の内容から、レメディにも行きつくまでのプロセス、レメディの説明が非常に興味深くあっという間に過ぎました。

●午後のコンサルテーションが非常に興味深かったです。心理や感情の相手から答えを引き出し言わせる導き方に感銘を受けました。

●放射能の話、それぞれのレメディー像が詳しく分かりました。福島の急に怒りだした知人がいたり、奇形の赤ちゃんが生まれた例とか・・・とても他人ごとではなくて。ありがとうございました。生ケーステークも素晴らしかった。何か自分にリンクする部分があってひっかかる部分とか・・・最後の呼吸法で、何か良く分からなくてどうしたらいいのかと思ったり、解らないままでいいやと思ったりなんか揺さぶられた感じです。私は私でいいのかな。

●先生のレメディに対する深い知識と真の治療家であることに感激しました。ぜひまた日本で講義してほしいです。とくにマヤズムに関するマテリアメディカを聞きたいです。

●寅子先生のケースはとても面白かったです。放射線のレメディを買ったので、日本に帰ったら飲んでみたいと思います。

●マヤズムがどんなものか詳しく具体的に知ることができました。マヤズムのレメディを取りたくなりました。

●先生の深い知識と豊富な経験に基づいたお話に感銘を受けました。どうもありがとうございました。

●もっと慢性病についても話を伺いたいので、まずは本を読んで勉強します。

●よかったです。

<< 1つ前の記事へ | 記事一覧へ | 次の記事へ >>

最新の講義の様子

2017/10/08CHhom プロフェッショナルホメオパス CH7・8期「解剖生理学③ 筋系」講...
2017/10/07CHhom プロフェッショナルホメオパス CH7・8期「臨床病理学7」講師:酒...
2017/10/01CHhom プロフェッショナルホメオパス CH5・6期「日本のフラワーエッセン...
2017/09/30CHhom プロフェッショナルホメオパス CH5・6期「日本薬草学4」講師:小...
2017/09/24CHhom プロフェッショナルホメオパス CH8期「ホメオパシー方法論① レパ...

講義を月別に表示する