2015年02月01日(日)

高野 弘之 医師(豊受クリニック院長)、ホメオパシーを語る

bn_dr_takano_2.jpg







患者さんに自己治癒力を発揮させる事を伝える事が
医師としてのポリシー

救急救命・緊急手術・入院など、症状が激しく緊急を要する場合は、現代医学が有効な場合もあります。緊急な症状の場合は薬が必要な時もありますし、重症感染症の場合は抗生剤が命を救います。しかし、それらがむやみに濫用されているのが現代医学の問題なのです。検査にせよ薬にせよ、本当に必要な場合に必要な分だけをというのが、当院の基本方針です。

一方、ホメオパシーなど、代替医療の良いところは、「自己治癒力を高める」ことを目的にしていることです。怪我でも病気でも、治してくれるのは自己治癒力だからです。ですから、自己治癒力を発揮するために現代医学以外の治療法が必要になってくるのです。

ですので、患者さんに対して、なるべく現代医薬品に頼らない方法を検討します。たとえば、すでに他の医師のところに行って、たくさん薬をもらって飲まれていたりする場合があるのですね。薬は場合によっては大切なものですが、やたらに飲むと自己治癒力を阻害してしまいます。ですから、こういう場合は、ホメオパシーのレメディーやハーブ・マザーチンクチャーや漢方薬などで補いながら、薬を減らすようにしてもらっています。薬に頼りすぎたくないとか、たくさん薬をもらったが飲むことに不安があるという人は、ぜひこちらに相談にいらしてください。

CHhom(由井学長)に学んだ4年間
  想像をはるかに超えた奥の深い授業

ホメオパシーに興味を持ってセルフケアで使い始め、その安全性と有効性を実感して、医師として治療法の選択肢として使えるようになることで多くの患者さんのお役に立てるだろうと考え、勉強させて頂いたのですが、入学前の想像を遥かに超えた幅の広さと奥の深い授業で、興味の尽きない4年間でした。ホメオパシーは体と心の繋がりだけでなく魂まで見据えてバランスを整えていく治療法は他に類を見ないと思います。このようなクリニックを始められたのもCHhomに入学したからこそですし、由井学長の下で学ぶことができて本当に良かったと感謝しています。

特に由井学長の20年の臨床の中で生み出されたZENメソッドは、難しい病の方も治癒に導いています。実際のケースをみて学んでいけるので、こういった手法を学んでいけるのはCHhomならではと思います。

『豊受クリニック』名前の由来

豊受というのは伊勢神宮の外宮に鎮座する神である豊受大神(とようけのおおかみ)からお借りしている本当に畏れ多い名称です。食べ物を司る神様です。食べ物が安全で、栄養豊富でないと健康な体は作れません。又、安全な食は病気の予防にもなります。ホメオパシーの第一人者であり、私の恩師である由井寅子先生が代表をされ安全な野菜を作っている日本豊受自然農の活動を私も推進しており、その名前から同じ「豊受」というクリニック名にさせて頂きました。


私は現代医学の勉強をしましたが、人々が健康で生きられるように医師としてお手伝いしたい。人間に限らず生きとし生けるものの健康にとって魂(スピリット)というのは本当に重要だと思っています。そういった 存在に気付いたのが10年前に初めて外宮へ足を踏み入れた時でした。
それまでは、寺社仏閣とか神々とか魂とかには全く興味が無く、信じることもなかったのですがUSJに行ったついでに奉納花火大会目当てで訪れた伊勢で、認識が完全に変わったのです。早朝の外宮の鳥居をくぐって参道を歩き始めた時に「神社には鳥居の外とは違う空気が満ちているんだ」「本当に神様っているんだなぁ」と実感したのです。特に豊受大神の荒御霊が祀ってある多賀宮は、すごい場所のように感じまし た。「たかのみや」という名称にも御縁を感じました。日が高くなってから訪れた、大勢の人で溢れた内宮では、そのような感覚はありませんでした。それ以来、唯物論一辺倒の現代医療にも大きな疑問を抱くようになり、代替医療のあれこれを調べていくうちに、日本の 神々や目に見えない世界、ということへの興味と重なる部分がどんどん増え、このようなクリニックを始めるに至りました。現代医学を学び、ホメオパシーを学んだ私は、皆さんが自己治癒力を使い、自分の力で病気を乗り越えられる事を心から願っております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
高野弘之/豊受クリニック(内科・小児科)院長
日本ホメオパシー医学協会(JPHMA)理事
JPHMA提携クリニック
カレッジ・オブ・ホリスティック・ホメオパシー(CHhom)講師
統合医学医師の会 副会長
統合医療健康増進会 副会長

昭和46年 佐世保市生まれ
平成8年自治医科大学卒
国立長崎中央病院(現長崎医療センター)で研修後、長崎県内の離島の病院で主に小児科医として勤務。
平成24年5月に東京池尻にて池尻クリニック(内科・小児科)を開業。
カレッジ・オブ・ホリスティック・ホメオパシー(CHhom)1期卒業。
平成27年1月5日 クリニックを東京用賀に移転し豊受クリニックと名称を変えて開業。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


○豊受クリニック地図/住所
http://www.toyoukeclinic.jp/

○第15回配信 とら子先生の人生相談「高野医師との対談」2013/01/26 On homoeopathy-life
http://www.ustream.tv/recorded/28807283

○TOYOUKE Clinicのブログ
http://ameblo.jp/theyellowplanet/entry-11978116657.html

<< 1つ前の記事へ | 記事一覧へ | 次の記事へ >>

最新の新着情報

2017/10/01 --> お近くの、ホメオパス・JPHMA会員・CHhom学生の皆様よりお得なチ...
2017/09/18 お近くの、ホメオパス・JPHMA会員・CHhom学生の皆様よりお得なチケットを...
2017/05/21 2017年5月21日 1.日本豊受自然農商品の価格改定について CHhomショ...
2017/03/25「のびのびと楽に生きてますかー」 一般財団法人日本ホメオパシー財団認定 「インナ...
2017/02/17 ■ 3/11(土) 名古屋講演会   スケジュール 14:00~14:20 ホ...

講義を月別に表示する