2013年05月05日(日)

5/5(祝・日)【東京・全国中継】
(第一部)とらこ先生・高野弘之先生講演
(第二部)とらこ先生講演「農家が作る化粧品」 
(第三部)映画「世界が食べられなくなる日」上映が開催されました

第一部
○「未来を担う子どもたちの健康問題」 高野先生

○「TPPと罪悪感教育から子どもを守るホメオパシーと豊受自然農」 由井学長


○農家が作る化粧品 由井学長

第三部

『子供の日』の今日、CHhom各校では『とらのこDay』が行われ、とらのこ会員への感謝をこめた様々な特典が還元され、子供の日にちなんだイベントが行われました。

○「未来を担う子どもたちの健康問題」
始めに池尻クリニックの医院長を務める高野先生より、小児科医として経験した様々なエピソードやセルフケアの医学知識などがご教授されました。
特にワクチン接種については熱が入り、定期摂取となった子宮頸がんワクチンを子供たちに打つ事の愚かしさを医師の立場から解説されました。
日頃聞く事のできない医師の本音に触れ、参加者は熱心にメモをとっておりました。

○「TPPと罪悪感教育から子どもを守るホメオパシーと豊受自然農」
後半、とらこ先生の講演では、子供達の心身が益々弱くなり、自己卑下や劣等感を強めていく傾向を救うため、「食」と「教育」の面からメスが入れられました。
間違った栄養学や遺伝子組み換え作物が子供達の心身を蝕んでいる実態や、本来の食生活を取り戻す事で本来の健康を取り戻した事実などが伝えられました。

また、子供達の心が蝕まれている根幹に学校で教わる歴史教育の弊害が伝えられ、終戦後68年間子供達に行われた罪悪感政策のからくりが解き明かされました。
参加者達は、身を乗り出して講演会に集中しておりました。
アンケートには「目からうろこの内容だった」「とらこ先生の勇気に感謝します」「今日の内容を多くの人に伝えたい」「自分の中にある自己卑下が、ここに繋がっていたんだと納得した」「自分の中の劣等感こそが、利用されたり、他者(他国)を利用することに繋がっている事がわかった」など大きな反響が寄せられました。

最後に、とらこ先生と高野先生の対談が行われ、ワクチン、食の問題、教育の問題などから子供達を守るには、大人達が真実を言う勇気を持つ必要があるとまとめられました。

講演会は大きな拍手で幕を閉じました。

○農家が作る化粧品
午前の部に引き続き、午後の部は「半農半教師」として活動する、とらこ先生より化粧品セミナーが行われました。
とらこ先生は週の半分を「農業生産法人 豊受自然農」の代表として、農地に這いつくばり、無農薬・無化学肥料かつホメオパシー原理を応用した農作物を生産しております。
その生命力の強い農作物からできた化粧品にまつわる様々なエピソードや農作物作りの様子が映像で伝えられ、終始明るい雰囲気の講演会となりました。
人工添加物を使用せず、ニンジンやキャベツなどの農作物から作られた化粧品。
他社製品と比較にならない程のヘチマ水を使った化粧水など、魅力的なラインアップに関心も高く、様々な質問が寄せられました。

最後に、豊受自然農の作物で作った無添加の和菓子やハーブティーが参加者全員に振る舞われ、参加者は、柔らかい笑みを浮かべながら、「美味しー」と声に出して言っている様子が印象的でした。

午後の講演会も午前に引き続き、大きな拍手で終了しました。

とらこ先生、高野先生素晴らしい講演をありがとうございました。

本日とらのこDayを記念し、子宮頚がん予防ワクチンと予防接種と人権についての2つのJPHMAホメオパシー新聞記事が発刊されております。
こちらもぜひご覧ください。

予防接種と人権 副反応の責任は誰がとるのか 情報開示とインフォームドコンセントの必要性
http://news.jphma.org/2013/05/post-ab06.html

子宮頸がん予防ワクチン被害の問題
http://news.jphma.org/2013/05/post-3b1d.html

講義の感想

<第一部>
●今日の講演を聞いて、高校生の時に神主の息子である予備校の先生が書いた歴史の本を思い出しました。神主さんの家に伝わる歴史の話は、すごく面白くて、中学で教えられた三光作戦なんてウソと確信できたし、歴史は勝者のものと大学で教えられた時に、敗戦した日本の歴史は勝者の国に都合のよいように塗り替えられていることがわかって、お墨付きの教科書は検定した人の意図を反映したものでしかないと知る事が出来た自分は幸運だったと気づきました。戦争に行った祖父が、シラフだと眠れないからタバコはやめても、酒はやめられないと言っていました。戦争は絶対してはいけない、と言っていました。歴史の話を聞いて涙が出るなんて思いませんでした。真実に触れたから涙が出たんだと思います。ありがとうございました。新しい歴史教科書、読み物としてもすごく面白かったので、また読んでみたいなと思いました。

●日本の現状を鋭くつき、本当に子供たちの未来を考えた講演内容であると思いました。日本の未来に必ずおとずれるであろう崩壊にストップをよびかける大切な講演だと思います。もっととらこ先生の話を多くの方に聞いていただけるように声をかけたいと思います。特に後半の話は、日本と日本人の名誉のために、事実を話してくれたとらこ先生に感謝します。これは、国がもっときちんと日本の真実を話すべきだと思います。今、この歴史の正しさを私たちが知らないと、本当に子供たちが罪悪感をもった大人となり、日本がダメになると思います。とらこ先生の日本を愛する講演に、心から拍手を送らせていただきたいと思います。本当に大事な話をありがとうございました。最後の子供たちがホメオパシーで変わっていく様子が印象的でしたし、ホメオパシーがあることで、救われると思います。とらこ先生、ありがとうございます。

●内容の濃い講演会、3時間があっという間でした。何度か息子とともにお会いしている高野先生、そして初めて生でお目にかかるとらこ先生と同じ時を過ごせたことに感激です。とらこ先生の講演の中で、共産党の話、日教組の話が出てきましたが、父(共産党員で中学校英語教師)が帰宅は夜8時、部活の指導もし、自宅でテレフォンサービス(子供達からの質問、相談を受ける時間)をしていた姿を思い出しました。父は日教組を批判していましたし、「教員は労働者だ、なんて主張ばっかしやがって」と話していたことも、とらこ先生の講演とつながっていて、苦笑しながら拝聴していました。先生のおっしゃる通り何事も自分で学び、選び、確認してゆく事が大切ですね!

●高野先生のようなお医者様がいらっしゃることは心底ありがたい存在であります。光です。慰安婦問題についてのお話が心に響きその中で涙と何となく持っていた罪悪感について見えた思いがします。よくぞ、とらこ先生、私たちに伝えてくださいました!!本当に心底勇気と真実を知ることができ大変ありがたくて感謝の涙でこの文章を書いています。CHhom4期生としてこの内容、その他の子供たちを救うVTRを見せていただいたことをこれからの勉強に大いに役立ててまいります。中学生の息子にも真実を伝えます。誠にありがとうございました!

●本日はありがとうございました。本当に複雑で何が本当なのか自分の力で探し追求していかないといけないこの世の中、少しでも自分の生活や食に役立てようと思い今回久々に参加しました。まったくひどい話で特にTPPの所では人の人権や大事なことを無視した利益追求型の進め方にとても腹立たしいと感じています。その非道徳的なモンサント社のやり方、原発の問題も終息していないのに日本から輸出しようとしている安倍首相、本当に国民のためなのかどうかきちんと熟考していただきたいですよね。日本人の強い思いや意志、そして本当のことを知る大切さが今後さらに求められると思いますが、私一個人としても家族を守り自分を愛し国を愛して行こうと思っています。

●メディア、書物、大学教授etc.から多くの情報が溢れている中で何が正しいのかを自分で判断するのは難しいですね。知らないということはとても大変なことですね。ホメオパシーが一筋の光となり、そこから広がっていってほしいと思います。保育士をしていて、特に今は障害児をみているので、良くなっていくというのは本当に嬉しいです。ただ、なかなか伝えられないことが辛いです。まずは自分自身を考えていかないと、と思います。ありがとうございました。

●とらこ先生の広い知識がすごいと思いました。とても難しくショックの内容ばかりで聞いているのが精一杯でしたが、まずはここからだと思うので参加できてよかったです。自分のできる範囲で広めていかなければならないなと思いました。とらこ先生はハーネマンさんの生まれ変わりではないか…?と思います。そして、私はハーネマンさんのお弟子さんに診てもらっていたりした患者さんだったのかな、なんて思ったりしました。これからも先頭切って声を上げ続けていってください!ありがとうございました。

●食の問題は、私たちが賢くなって何を食べていくか、自分の責任で選択していくことが必要だと感じました。TPPに参加して、日本の社会が変わっていくことが予想されますが、とらこ先生には、日本の食を守るべく、引き続き頑張っていただきたいと思います。我々も出来る範囲で日本の食を守れることをしていきたいと思います。戦前、戦中のプロバガンダ、戦後の親米のプロバガンダ、現在のTPPの取上げ方を見ると、日本のジャーナリズム(があるとすれば)の罪は大きいと思います。日本が第二次大戦における真実を見直すことは良いことだと思いますが、それを悪用する右翼の人や、アジアの大同を嫌うアメリカのことを考えると、注意が必要だと思います。

●真実を知ることは衝撃的ではあるけれど、目を背けず、きちんと目を見開いて知ることが大切であり、今の日本人には必要な事だと痛感しました。歴史が一部の権力によって書き換えられていることに驚きと憤りも感じました。そしてとらこ先生の大きな愛を感じました。真実を真実として伝えること、「No!」は「No!」と言う事、自分の思いは正々堂々と発言する事…自分にできる事から勇気を出してやっていこうと思いました。ありがとうございました。

●予防接種について、昔から見るとそんなに増えていることを知りませんでした。1~2歳の孫がいるので、早速教えようと思います。また傷口の治し方も初耳。とてもたくさんのことを学ばせて頂き、ありがとうございました。ひとつでも人から人への広がりを大切にしてゆきたいと思います。先生の活躍があまりに広いので、日本の中に新たな寅子王国が出来そうですしそういう流れになってほしいと思います。先生のお話に涙が出そうな思いで感動しております。ありがとうございます。

●はじめて高野先生の池尻クリニック開業の経緯をお聞きしました。高野先生のように診療をはじめられて時間がたっていなくても予防接種、薬剤使用がおかしいと思える若いDr.がいられる事に感激しました。そしてその高野先生が由井先生と会われて開業されたこと、神様がおはからいくださったとしか思えません。高野先生、高野先生らしい臨床医(ホメオパシーのわかる)になって下さい。応援しています。私は40年以上も臨床医をしてきて、自分の不調は今の医療ではどうにもならないと思ってホメオパシーに出会ったので、高野先生のような方がたくさん出てきてくれたらよいなと思います。由井先生の南京事件、韓国がひっかかるような事件など、日本人が自分を卑下していることとしてとらえられていることに感動しました。今日は子供の日ですが、私も子供のように自分に向きあっていきたいと思います。ありがとうございました。

●罪悪感教育、衝撃的でした。南京大虐殺も慰安婦問題もなぜもっと認めて謝らないのかと思っていました。まさかこんな風に捏造されていたなんて、今まで自分でちゃんと調べていなかったのがはずかしいなと思いました。子供にはちゃんと真実を伝え、自分を愛する人に育ってほしいと思います。もちろん自分もですね。予防接種の被害者の方のビデオを見ていて心が苦しくなりました。自分の子にはしないことを決めていますがやっぱり周りの人にも教えていきたいなと思います。ありがとうございました。

●高野先生の話は、医者が本当のことを語ることは大変だと思いました。大学病院などでは、いろいろなしがらみがあって、先生のやりたい治療がやりずらいということがよく分かりました。先生のような医者がふえてほしいと思います。トラ子先生の話も、先生の言いたいことはよく分かりますが、何が真実かは、戦争を経験していない私には、真実を知るのは大変で、とてもそこを調べるエネルギーは、まだありません。私がホメオパシーを活用しているのは、病院をさんざん変え、少しも良くならなかったものが、私の実体験として、良くなっていると実感できたからです。歴史の問題も、きっと真実がかくされていると思いますが、本当のことが明らかになるのは難しいと思いました。先生は大変勇気をもって、話をされたと思います。

●遺伝子組替がわからないうちに入ってきていて、何年後、どのようになっていくのか不安ですが、防げるものは防ぎたいと思います。マスコミに報道されない情報を与えて頂きありがたく思います。勉強不足もあり、政府やマスコミの言っている事を何となく信じていて、日中・日韓の歴史を間違った認識でいたこと反省します。もう一度自分なりに勉強してみたいと思います。 

●事実はある程度知っていたのだが、米国、ロシアなど、戦勝国のした事柄を正当化するために、日本人があたかも様々な事件を起こしたかのようにでっち上げたというのは、新しい解釈で新鮮だった。育児中のみだが、遺伝子組み換え食品と乳がんの相関関係について知ったのはショックだった。育児中なので、テレビを見る時間も限られ、自分にとって必要な情報を得るのにどうしたら良いのかわからないと強く実感した。

●つまるところ、TPPから子供をまもるためにどうしたらいいのでしょうね。真実が多くの人の伝わることがとても困難だと感じます。残念ながら世界を動かしている人々の多くは、一番優先されるべき人としての理性を飛び越えて、目先の利益のみしか頭にないと感じます。しかし、そうした事実は日頃普通にしていれば知りうる事実であるにもかかわらず、権力を信じたい、偉い人が悪い人であると信じたくない人々があまりにも多く、もうこのまま変わらないのではないかと絶望感をいだく今日この頃です。今日は講演の中身が思っていたのと少し違っていましたが、ためになるお話も色々聞けてありがとうございました。

●今日は、未来を担う子ども達をどう育てていけばよいのか指針が示されたような気がします。予防接種から日本の歴史、教育、食まで全てのことがつながっているのだと初めて知りました。日本人への罪悪教育に始まり、自分の健康を病院の薬や予防接種に頼る気質も生まれてくるのかなと感じました。自分で自分を責めるのが一番つらいので、それをやめようという教育に変化していってほしいです。予防接種を受けない人への批判はものすごく言われるので本当の予防接種の害を伝えて続けてほしいです。

●国会議員の先生方のDVDは非常に感銘を受けました。Netでは常識になりつつある内容が聞けて時代というか数年前の日本人の認識よりだいぶ変わってきてると思います。一般のメディアでも取り扱われる日が早く来ればいいと思いました。

●知らないことは罪だった。ワクチン、農業、歴史等の医療、食、教育で一部の人に都合の悪いことが、いつもいつでもかくされてきたのだと改めて感じた。怖い世の中だ。真実を知るためには受身ではなく、自分から情報を取りに行動しなくてはならない。知ってしまったら、出来ることをしなくては、行動しなくては知らないのと同じ。知っても無力感で流されている人もいる。経済的に行動できず流されている人もいる。自分はどう行動するだろう。子供のいじめのDVDはつい一ヶ月前に自分の3年生の子供がいじめられていたのを知ったばかりで自分の問題であると感じていたところで、涙が出て仕方なかった。すべてのこの世の出来事は人ごとではないことばかりだと教えてもらった。息子よありがとう。とら子先生が子供に処方される勇気のでるレメディーが知りたい。

●TPPから子どもを守るホメオパシーと自然農と言う事で、食に関する講演かと思っていたのですが、日本の歴史の事に掘り下がり、知らなかった事がたくさんあり、聞く事ができてとても良かったと思います。また中山成彬さん、西尾幹二さんらの発言は全く知らな方ことであり、報道されないという不自然さ、もっと知る為に努力しなければならないと思いました。

●歴史の改ざんの話は興味深く、真実はどうなのか改めて考えさせられる内容でした。日本人であることを恥に思う気持ちが、実際自分の中にある事にも気付かされました。いつも新しいテーマでお話しいただけることをありがたく思っています。

●由井先生、高野先生、良い話をありがとうございました。私は、罪悪感は人間なので必ず持っていることだと思います。ただその罪悪感を正論化するために他の人や国を悪く言ったり、言った言ってないの様な事は大嫌いな話でした。しかし人それぞれ考え方や感じ方、捉え方が違うので、しっかり聞き、見極めようと思いました。

●予防接種の害はすごく悪いことは分かっていましたが、DVDで被害にあった方々を見ると、本当に怖いのだと確信しました。今年3月(入学)までにもう1本予防接種(麻疹・風疹)を追加接種しないといけなかったのですが、しなくて本当に良かったと心からそう思います。また、参加させていただきたいです。ありがとうございました。

●今日の講演会の内容、真実を多くの人に知ってほしいと思います。TPPの目的、ワクチンの危険性、日本歴史の真実、ホメオパシーの素晴らしさ、などたくさん大事なお話が聞けて良かったです。ありがとうございました。

●貴重な話、ありがとうございます。以前から、わかっていることでも、別の視点から再認識させられました。特に戦後の問題は、多くの人に知ってもらいたい事実です。これからもっと、ホメオパシーが広まっていくことを望みます。

●何で良い社会、良い国造りをする方向にならないのかと考えさせられました。食品の裏表示に遺伝子組み換えでないを見て、買い物をしているがもうすでに食べてしまっているのですね。世界のトップは、どんな未来を想像しているのでしょうか。皆が平和で生き生きとした世界ではないのでしょうか。

●今まで知らなかった歴史の問題など、いつも目からウロコ状態で嬉しく思います。もっともっと多くの人にこの講演を聞いて頂きたいと思います。セミナーではいつも新しい気付きがあり、本当に感謝です。

●初めて講演会に参加してすべての話に心が響きました。遺伝子の組み換え、罪悪感教育など知らなかったことが多かったです。知らないことはこわいなと思いました。子供がいるので自分できちんと解釈していかしていきたいと思います。

●自己肯定感を持つ上での大きなさまたげになるのがやはり間違った教育であると思います。よくぞ言ってくださいました。ありがとうございました。

●名古屋の河村市長は南京大虐殺はなかったと言って、メディアから叩かれていました。(でも今回また再選され、よかったです)名古屋の裕福な家は、戦後60年経って在日の人が占める割合が多くなりました。日本人の地主さんが相続税が払えなくなった土地はどんどん在日の邸宅になっています。経済力から発言権の力をもっていてこんな地方でもどうなっていくんだろう…との思いがよぎります。

●予防接種の問題はやはり怖いと思い、真実をちゃんと伝えていくことが大事だな~と思いました。自然農では種の大切さがわかり、自分でも畑をする種、アクティブプラントなどを使ってやってみたいと思いました。

●最後の方でいじめられたりしている子供たちの健康相談会での様子がVTRで出ていましたが、どのようなレメディーが選択されたのか気になりました。日本のタブーについて発言されている寅子先生の勇気に感動します。いつまでも元気に活動されてほしいです。

●話を聞いていて、ホメオパシーの原理が早く広まればいいなと思いました。周囲でも薬を手放せない人や予防接種を受けさせている母親が身近にたくさんいます。少しでも多くの人に伝わっていくように願います。

●歴史のこと、遺伝子組み換え問題(ある程度知っている私でしたが)、初めて知ったことが多く、本当におどろきで貴重でした。卑下しないことの大切さ、すごくよくわかりました。小1の息子と参加できたこと、子どもの日らしく、子どものためになるお話を格安できけたこと、本当に感謝しています。

●高野先生のようなDr.に出会えた子供達は、本当にラッキーだと思います。先生の勇気に感謝です。自分の中にある葛藤に向き合うって、一人では難しいのですが、信頼のできるホメオパスはもちろん、こうしてセミナーに参加できる環境を与えていただいて、ゆっくりと向き合っていきたいと思います。ありがとうございます。自分の中にある自己卑下はこんな風につながってたんだ…と納得する一方、少々複雑な気持ちが正直なところです。

●本当のことを探していこうと思います。自分の中の劣等感こそが、利用されたり、他者(他国)を利用することにつながるのよね。良い講演会でした。私も今一度、自分なりに真実を探しに行きます。(今日は心が騒がなかった。そこには私が知っていることと、そうでないことを、自分で検証すればいいのだという平常心があった。そしてまた日本の歴史を再度調べ、聞くことをしなくては始まらないですからネ。)

●素晴らしいお話でした。議員の方々も、素晴らしい方は全てニュースで取り上げられないなんて…賢く生きることは難しい時代だなと感じています。たくさんの方に聞いてほしい内容の講演でした。

●予防注射や外交問題など、疑問があったことについてお話が聞けてよかったです。

●とてもためになりました。来てよかったです。とても深い内容でした。心が豊かになれました。とら子先生のパワーがすごいです。

●とても貴重なお話しを聞けて良かったです。ありがとうございました。

●とらこ先生の話は分かりやすく、ためになりました。政治や歴史についても勉強したくなりました。

●素晴らしいの一言!日本の国の問題点、ひいては地球人類の問題点の核心が語られた素晴らしい講演でした。

●歴史問題がたいへんおもしろかった。

<第二部>
●いろいろおもしろい話が聴けて良かったです。木の花咲くやシリーズを使ってみたいと思いました。かりんとうと和菓子とてもおいしかったです。あと、ハーブティも香りがとても良くておいしかったです。ぜひ通信販売もして下さい。クッキーやハーブなんかもほしいです。

●お肌とともに魂まで喜びそうな化粧品をありがとうございます。「花を食べる会」もぜひ実現してほしいです。(私は会員になりますよ!)とらこ先生はアイディアが豊富で、まるで”とらえもん”のようです。豊受DVDに映っていた根っこがわんさかのネギ、欲しいです。ネギの根が腎の特効薬と聞いたのです。豊受のネギなら安心して根っこまで丸ごと食べられます。

●ホメオパシーの化粧品を使い続けてもう何年かわからないくらい愛用者です。まだすりこみ油とかなかった頃はビーワックスCで冬の乾燥を乗り切っていました。40代後半ですがお陰様で「シワないよね」と言われます。化粧水、乳液、すりこみ油(たまにビーワックスC)だけのシンプルなお手入れですが、どんなに高価な美容液やクリームにも負けない効果ありの商品だと思います。これからも長くこのような良い商品を作り続けて下さい。

●本日はありがとうございました。楽しいお話、そして為になる情報を聞けて、有意義な時間が過ごせました。MTとハーブティ、そして安心安全な化粧品を使い、日々元気に健やかに家族、地域とともに協力し合い生活していけたらと思います。また参加させてもらいます。ありがとうございました。

●ホメオパシージャパンの商品好きで毎日使っています。肌につける度にふと優しく包み込まれる感触はほかのどの化粧品にも無い感覚です。ヘアジェルは以前購入したのですが、レモングラスの香りが強すぎるのと、べた付くのであまり使っていませんでしたが、今日の講演で化粧水と混ぜて使用するとよいとのこと、早速試してみようと思います。

●相談会参加の為、途中からの参加でしたが、内容がギュッと詰まってて参考になりました。1年半前より、自然栽培の人参をずっと食べ続けていて、化学物質過敏症の治癒力が少しづつ上がって来ています。(もちろん他の野菜も無農薬です)リアルに体感しているだけに丁度人参のお話が聞け「うんうん、わかるわかる人参バンザイ!」とひとりうなづいてました。自然栽培・自然農の野菜は「生命エネルギー」がとても高いと体感しています。コスメも使ってみたいと思います。

●3日に引き続き、内臓にも焦点をあてて、生草花の説明をしてもらいました。私は先生とは逆の乾燥肌タイプなので、保湿力と潤いのあるコスメを探していました。改めてシリーズの説明をしてもらえて、商品の力が良くわかりました。私にとってはクリームは必要なものなのですが、まずは、生草花シリーズから使ってみようと思います。肌に焦点を当てがちですが内臓の浄化と強化があってこそ美肌がはぐくまれることがわかりました。今からインチャのDVDをみるのですが、本でしか触れられなかった、インナーチャイルドの癒しが講義として聞けるので楽しみにしています。今年度は、ネット会員から正会員に切り替えて、手元にオアシスがある状態にする予定です。こういったイベント、また、ぜひやってください。16年目ありがとうございます。

●今日参加させていただいて本当に良かったです。家に帰ってから早速、自分の使っている化粧品の成分を見てみたいと思います。それに最近息子が目のところに蕁麻疹のようなものができているのですが、よく青色のついたおかし(ひも状のグミ)を食べることが多く、それが原因ではないかと思いました。

●体中からパワー全開。連作できて当たり前の人参ができるまでには長年(自然農法)7年かけてできたとか聞いていますが、先生の農法ではすぐその土壌ができるとは、ものすごいものだと思います。雑草を水につけて抽出した液を活性液として使用する人もいますが、人参エキスを撒くのとはまた違うのでしょうか?とても興味があります。

●久しぶりにとらこ先生の講義を聞きました。おもしろく、おかしく、そしてそして、ポイントをきっちり…。知りたかったこともバッチリ!学べました。改めて、化粧品も気をつけなくては…と思いました。かりんとう、和菓子も頂戴しまして、ありがとうございました!今日はありがとうございました。

●経皮毒のお話、大変ためになりました。愛用させていただいている「生草花」の化粧品のお話も詳しい説明を聞けてよかったです。かりんとう、おまんじゅう…素朴な味でとてもおいしかったです。ハーブティーもとても良い香りでした。ごちそうさまでした!!

●木の花咲くやシリーズを愛用しています。化粧水と可憐顔を基礎で使っていますがジェル天がおすすめとのことで、また使ってみようと思います。他の自然派化粧水との違い等、わかりやすい説明で良かったです。

●子供が小さかった頃親に隠れて添加物の多いインスタント食品を食べたので叱ったら、お母さんは顔に添加物しているやんかと言われた。無添加の化粧品を探して使っていたが、指定成分(表示義務)が100種類程あり、それ以外に200種(今は290種?)もありむしろ指定成分以外の方がいろいろ良くない作用があるものがあるということを知りました。ホメオパシーを学ぶことにより、自然に生きることに気づかされ生き方を考え本当の健康への指標になります。今日の化粧品を使い安心して健康美をと思っています。

●健康のために始めたハーブティーも今では自宅の庭から摘み取って作るようになりました。今年はカレンデュラの種を買ったので秋に種まきし、来年を楽しみにしたいと思います。

●連作は良くないという常識のような話が、実はそうでないというとらこ先生のお話を聴き、びっくりしました。土がその作物のための土になっているというお話、又別の講座で詳しく聞きたいと思いました。

●私はアトピーなのでなかなか合う化粧品がなく、化粧品で悪化もします。本当に肌に良いものをきちんと選んで使っていきたいです。早くきれいな肌になれるように・・・。

●私たちの命は安心安全な元気な食物で作られていくのだと改めて思いました。心身共に健康であるために自然に感謝し、自然なものをいただき自然体で生きていくことの大切さを感じました。私もツルツルのきれいな肌になれるように、日々大切に生きていきたいと思います。ありがとうございました。

●先生がテレビに出てくれて嬉しい。やったー!「連作障害」の話しは目からウロコです。納得できました。違ったものが入ってくると、土壌菌もウロウロしますね。今月になって何も食べてないので、とっても癒されます。生き返りました。

●経皮毒はオソロシイですね。私は美容院のヘナでシアミン入り使われてしまいました。うっかりでした。ヘアカラーのレメディーとってます。添加物入りのヘナは、しみるし、かゆくなるし、おできはできるし、散々でした。元の自分でするヘナに戻ります。楽して病気をもらうアロパシーと同じでした。おいしいお菓子ありがとうございました。なつかしいカリントウ幸せな手亡豆の和菓子!!

●天然成分、自然と言われ安心して使っていましたが、もう一度見直すか、全般的にかえていった方がいいのかと思います。シンプルがいいので考えたいと思います。

●へちま水はへちまが少量入っているだけだったという事にショックを受けながらもやっぱりという気もしました。しかし本当に良い物、使える物がなければ困ってしまいますよね。とらこ先生が良い商品を作って下さり助かります。ありがとうございます。

●野菜のマザーティンクチャ―によって、その野菜だけがよく育つという発見は、農業の将来に光明をもたらすと思います。その結果、連作した方が効率よくその野菜が育つという発見には、感動しました。 

●お茶やお菓子がとてもおいしかった。化粧品なども、とても丁寧によい材料でつくられているのがわかり、使ってみたくなりました。ありがとうございました。 

●てぼう豆の和菓子、美味しかったです。かりんとう、いつもは苦手で食べませんが、美味しかったです。塩も甘いのもこれなら食べられます。

●素晴らしい講義でした。身近な野菜、人参、キャベツが栄養豊富なんですね。ニンジンジュースで癌をなおしたり、キャベツでダイエットとかいろいろ使えそうなので、種と無農薬にこだわったものを食べようと思います。

●今まで知らなかったことがいろいろわかって良かったです。現在使用しているスキンケアやシャンプーなど見直しをしたりして、更に解毒し、更に健康で若く美しくなっていきます。

●由井先生のお肌は本当にピチピチでお綺麗ですよね。私もヘチマの化粧水は愛用しています。サッパリしていて気持ち良いです。これからも良い商品を作り続けてください。よろしくお願いいたします。

●化粧品の毒の恐ろしさが良くわかりました。体内にも吸収されやすい事もわかり自分のこれまでの生活を考えさせられました。

●肉体のすべての面で障害の出ないようにと思っていろいろ開発されている商品の意味がよくわかりました。ありがとうございました。

●スーヤのスプレーを蓄膿・ワキガの夫に使ってみようと思った。私も…。化粧品類の中に沢山のレメディーが入っている事を知らなかった。え~っ。

●経皮毒の怖さもわかったし、化粧品も使ってみようかなあ~と思いました。なんでも自然、天然が良いことがわかりました。

●毛染、化粧品からけい皮毒についてよくわかり、生活に活かしていきたいと思います。

●私はニンジンが苦手ですが、もっと積極的に食べて行こうと思いました。本日はありがとうございました。ごちそうさまでした。

●食の大切さを改めて感じました。肌につけるものも安全、安心なものが一番ですネ。

●野菜のMTの話がとても興味深かったです。

●もう少し詳しく内容を聞きたいと思いました。かりんとう(塩)が美味しかったです。

●普通の化粧品は痛いので、全てオーガニックを使っています。ファンデとクレンジングをつくって欲しい。

●ハーブティーもお菓子もとっても美味しかったです。連作のススメ、野菜のMTはおどろきでした。

●生草花、ぜひ使って見たいと思います。

●とてもよかったです。


<第三部>
●食べ物が一部の人によって操作されて、その結果は時間が経ってみないとわからない事はあってはならない事です。でもその事すら知らない人達が沢山いる。だから、子供がいる人、健康でいたい人、次の世代を守りたい人など気づいた人から情報をリレーして行動する事しかないです。とらこ先生が「もう他人事ではない」と言うように自分ごととして選択していくしかないです。知らないからと言って誰かのせいにはできない、そういう時代です。一人一人が知る事から、情報を配達していきます!ありがとうございました。

●生命に対する危険を知りながら、それを隠して推進するのはなぜなのでしょうか。お金の為か、プライドなのか、恐怖なのか・・・。おそらく自信のなさと恐れが根底にある事を考えると、すべてのことの根本は同じで、悪循環を起こしているだけなのだと思えてしまいます。寅子先生頑張ってください。今、一番必要とされているのは、とら子先生のような人だと思います。真の豊かさを知って「真の豊かさを守ろう」と思います、あらゆることにおいて。

●もう遺伝子組み換えは既にとってしまっているなら、これ以上取らないようにするにはどうすればいいか。→色々知識を身につける。とってしまったらどうすればよいか。→レメディーで。どのように行動を起こせば良いのか考えさせられました。

●かなりショッキングな内容で、胸がつまってしまいました。ここまで来てしまったのかという思いで苦しくなりましたが、現状を受け入れ、他人まかせにしてはいけない、国を頼りにしない生き方、自分で出来ることを最大限やっていく、そして必ず、すばらしい時代になると信じ、努力したいと思います。

●ラットを使った実験や、様々な映像、インタビューを通してみる現状は、あまりに恐ろしく悲惨な状況で気が重くなるようでした。「食料の主権を失うと企業の奴隷になる」まさにそのような状況が進んで来てしまっていることを実感いたします。ただその中でも「本当はお金の問題ではなく、命の問題だ」「次世代に安全な世の中を残したい」と各地で戦っている人がいる、そのことに気付き立ち上がっている人がいるのだということがわかり勇気づけられる思いでした。そんな中で福島の事故を受けての日本での行動はとても意味のあることだと思います。農業の教育、種を作り伝えて行くこと、安心・安全な食べ物を提供していく活動をしていきたいと心から思う事ができました。日本を取り巻く環境も厳しい状況ではありますが、「自然農には解決策がある」また「ホメオパシーには解決策がある」と思います。

●何よりも、冒頭でのセラリーニ教授が警告する「20世紀に世界を激変させた核エネルギーと遺伝子組み換え技術の2つのテクノロジーが密接に関係している事。米国エネルギー省は原爆につぎ込んだ金と技術者を使って、ヒトゲノムの解析を始め、そこから遺伝子組み換え技術が誕生した」。という事実を知り、世界を牛耳ろうとしている者達が、いかに巧妙に人々に恩恵を与えているように見せながら手かせ・足かせをはめていっているのかの一部が垣間見えたように感じました。巧妙なシステムがすでに出来上がっており、そこから抜け出す事は容易ではない事。何よりそのシステムの上で踊らされている事を気付いていない人達がいかに多い事か、その事を淡々と語ってくれていたように感じました。現在、自家採種の種の保存に取り組んでいる日本豊受自然農などの地道な活動がいかに大切な事であるのかがわかりました。

●食品関連の問題定義の内容が、ほぼ全てとらこ先生が常日頃から教えてくれている事だと感じました。長期に渡るラットの研究成果を出してくれている辺りで、その裏付けをしてくれているのが大きなポイントだと思います。
原発に関する部分では、現場の活動や状況を知ることは出来ましたが、「なぜ逃げない?」「すぐに逃げろ」といたずらに住人の不安を煽っているだけの様に見え、正直不快にも感じました。対応策も持たずに行き、逃げたくても逃げられない人の心情を完全に無視している典型に思えます。しかし、改めて食や原発の問題を知り、一人一人が考える様になる為には、とても良い映画だと思います。ありがとうございました。

●GM作物が原発同様に長い期間、将来に渡って禍根を残すものだということが改めてよく認識できる作品でした。悲しいことでもありますが、気付いて腑に落ちた人から立ちあがっていくしかないのだと思います。色々と気付き、考えさせられる映画を見せて頂きありがとうございます。

●無知は罪”であるというハーネマンの言葉通り、実際に何が起こっているのかを知っていくことが必要であり、それを伝えていく人が一人でも増える必要があると思った。人は忘れる様にできているが、忘れてはいけないこと、知らないではいられないと思った。みえない所で、何が起こっているのか?私達が責任をもって知っていくことが大切だと痛感した。

●遺伝子組み換え食品を食べたラットに腫瘍が出来ている様子を見て、もう遺伝子組み換え食品は食べたくないと思いました。TPPに入ると遺伝子組み換えの表示がなくなってしまう可能性が高いということなので、安全な食べ物を食べることが難しくなるなと思いました。

●10数年前よりグリーンピースの活動でGM食品を作っているメーカーへのアプローチやリーフレットの配布に携わり、自らも口にしない努力をしてきました。今、こうしてGMがテーマの映画が上映され、研究がリアルに発表されるようになり感無量です。戦いはこれから。目覚めた人が1人で増えるように私も伝えつづけたいと気持ちがより強くなりました、ありがとうございます。

●今日も、真実への扉を惜しむことなく、広く学びの門戸を開いてくださったとらこ先生、スタッフの皆様に感謝します。この映画を見てあらためて次世代のために何を遺すのかをしっかり考え、行動をおこさなければいけないと感じた。(コンビニでは食べ物があふれているのに、その成分を見ると食べられるものがない。最近では、その袋の大きさも中身も縮小している。約10年前の市場原理にまかせた規制緩和で価格競争、激安激安の結果、食べ物もどきしかない日本になってしまった。「真実を伝えてほしい」、「子供もこれからドキュメンタリーで追ってほしい」、「地球がダメになる」こうした方々の声を、広島、長崎の歴史、今だ裁判で高齢ながらも闘っておられる水俣病の方々から、学ぶことを忘れてしまった日本人は今ここで目を覚まさなければ本当にいけない時にいると心を決めたいと思う。次世代にも、過去数百年の農家の方々にも、戦争で亡くなられた方々にも本当に申し訳ない思いでいっぱいです。

●日々口にしている食べ物の中に必ず入ってしまっているGM食物、GMの種を使用する農家の苦しみ、健康被害、また輸送する立場の方々の被害、世界中の人達に及ぶ数々の被害を目の当たりにして本当に恐ろしかった。食べ物、環境、私達ひとりひとりが真の豊かさとは何かを知り守っていく為に何をすべきか目覚める時だと思いました。

●他人事ではもうないレベルにきているし、今後もさらに大きな問題になると思う。今日、今、この上映会に来るチャンスに恵まれ、自分はすごくラッキーだと思いました。今日は上映会中、感情的になってしまい、泣き通しでしたが、今は、冷静にどうサバイブしていこうと、いろいろ考えさせられました。

●遺伝子組み換え、原発の恐ろしさ、時間がたつと忘れつつあることでした。これからの子供の為に。。。本気で気をつけていかなければならないと思いました。できることをやっていきたいと思います。

●原発とか関係なく、人工的な物をすべてなくしたい。生きるためには少しの苦労や悲しみは必要だと思うけど、人の犠牲は必要ないんじゃないかと。もしかしたら甘いかもしれないけど。「便利さ」よりも「平和」を選びたい。イワンの国みたいな国に住みたい。縄文時代は何もなかったから不便だったと思うけど、平和で幸せな時代だと思うし、その時に生活できていたんだったら今もそういう生活がしたい。TVで嵐が見れないのは悲しいけど(笑)

●GMだらけのフランスの畑も避難区域の福島の風景も日々頑張っている祝島もなんてきれいな緑なんだろう…この地球は本来とても美しいです。その美しい地球はどこへ行ってしまうのだろう…。でも希望を失わず頑張ろう。

●まず、アップリンクより先に上映していただきありがとうございました。これまで企業によって隠されてきたことが、実験結果の数字となって知ることができ、あらためて、GM作物や原発の恐ろしさを考えさせられました。これから、未来へつなげていくためにこの情報を伝えていきます。

●何を食べたらよいのか非常に心配、とは言っても今は働くだけで精一杯。食べ物のことまで手が回らなし。本当にどうしたら良いのか。仕事を辞めて自給自足の生活を始めるのが良いと思うがサラリーマンを30年位やってきており急に転換できません。子供も小さいし答えはすぐに見つからないかもしれないが、希望を捨てずに真剣に考えていきたいと思いました。

●豊受自然農のような農業が増えていかないかぎり、とても恐ろしいですね。自分には何が出来るのかと考えていかないといけませんね。TPP利害関係しか考えていないような…先の手も考えてほしいものです。正しい情報を取り入れ賢く生きていく本当にそう思います。これからも最先端の情報を伝えて下さい。そしてがんばって下さい。何が出来るかわかりませんが、お手伝いできればと思います。

●ショックなことばかりで頭がグルグルしています。農業がだめ!という思いだけで避けていましたが農家さんや運ぶ方に及ぼす悪影響まで考えていなかったことにも気づきました…。今日一日を通して沢山のことを知ることができました。お薬や誰かにたよるのではなく自分で判断できるだけの知恵を身につけ、自分や自分とかかわる人を守れるようになりたいです。ありがとうございました!

●モンサントと原子力ムラの共通点がよくわかりました。とり返しがつかなくならない様、できることをやっていきたいです。ぜひ水稲だけでなく陸稲の種とりも家庭菜園ネットワークでやった方がいいのでは??と思いました。(ペットボトルの田んぼ「ペッ田んぼ」の陸稲版みたいなの)なぜなら電気が不足したら水田に水を供給する用水路のポンプ場がすべてストップして、雨水に頼る天水田で水稲を作ることしかできなくなるからです。陸稲は畑でも育つけど水稲にもなります。今日はありがとうございました。

●フランスなどの国で、遺伝子組換種に対する反対運動が取り上げられていたが、日本ではまだまだ関心が薄いのか広がりがまだまだだと感じた。自然農で福島の事故前に私達夫婦は福島で農業研修に行ってきました。種も固定種にこだわっていますが、条件・制約によって思うようにいきませんが、プランターから今年もやっていきたいと思います。国民皆が生産者であり消費者でありかしこく生きる時代になりました。ホメオパシーを十分に生かしていきたいです。

●どうもありがとうございました。これからの世界がどのような方向に向かおうとしているのか?考えさせられました。一人一人の意識を高くして先生がおっしゃったように希望をもって生きていかなければと思いました。食物はおなかをみたすものではなく生きてる「気」をいただく大切なものなのだと、あらためて感じました。

●TPPに関しては日本の政治家が一流であれば、TPPという表舞台を利用して遺伝子組換作物の危険性をアピールすることも可能だが、現在の日本の政官民の上層部がイルミナティの多国籍企業のドレイになっている現状では、TPPに参加しない方が無難かもしれない。外圧を利用して日本の構造改革を行なうという「したたかな政治家」がいればよいのだが。イルミナティによる利権構造が構築されてしまうと、それを解体するのは彼らのドレイ状態になっている国民一人一人が無知から脱出するしか方法がないということを再確認しました。

●厳しい現実ではありますが、希望も感じました。いつもいつも恐れる気持ちを利用されていると思います。恐れにのみこまれない為には、地に足を付けて行動することが必要なのだと思いました。

●情報操作された中、こういった情報はありがたいです。気づいた人から行動して自然を取り戻していきたいと思いました。まず、周囲にこの映画を薦めようと思います。

●とにかく安心して食べられるものがなくなっていることを感じた。健康を害する食物をばらまいて、体を壊せば、それを治すと言って薬をばらまいて・・・なくていいはずの「物流」を作り出して、利潤をかすめとっていく特定の企業だけが儲かる仕組みに、私たちは組み込まれている虚無感のような感覚に陥りました。

●添加物や農薬など体に悪い食物が多い事は分かっていましたが、マウスの実験結果を目の当たりにして、恐ろしい事が実感出来ました。データの取り方などで『大丈夫です』と誤魔化される恐ろしさも再度、認識できました。知らない間に実験材料にされている現状で、体に良い食物を選べるかは大変難しい事だと思います。但し、選ぶ努力は怠らないようにします。食物がどれほど大事か、豊受自然農の活動は本当に素晴らしいのだと言う事を教えてもらえた貴重な時間となりました。

●遺伝子組替・農薬&放射能汚染を警告する内容でした。生物に対するGM作物の安全基準、影響…公開しなかったさせなかった事実に、光を射す時代が訪れた様に感じます。これからは価値観が問われる時代、真実が求められる時代動機と経路が正される時代が目に見える型で訪れる様に感じます。

●GM・残留農薬のある輸入果物・添加物の入った食品など摂らないようにしていましたが、今日改めてその恐ろしさを実感いたしました。原発の電力については、個人に選択の余地はありませんが、GMと原発の汚染は、未来永劫なくならないかもしれません。人間の性として経済的合理性を追求していくなら、この性ががん細胞のように人間を滅ぼすまで増殖し続けるだろうと思います。映画の中で「警鐘を鳴らすものは、抹消される」というフレーズがありましたが、無性に自然農でつくられた野菜たちに愛着を感じました。

●遺伝子組み換え作物のあまりの恐ろしさにこの先どうなっていくのか暗い気持ちになる。もっと一人ひとりが関心を深めて行かなくてはいけないし、事実を知っていかないといけないと思います。私も家庭菜園をしているので、良い種を絶やさないようにしたいです。

●本当に恐ろしいことが起こっている現実を目のあたりにし、ショックを受けました。が、しかし一人一人が現実に目をむけて、考え、実行しなければと思いました。豊受の自然農コースも受けてみたいです。

●これほど遺伝子組換えが広がっているというか、避けられない状況になっているとは知らなかった。これから、真剣に食を考えていかなければいけないと感じた。

●「取り返しのつかないこと」と映画の中で言っていた一言に尽きると・・・悲しみと怒りでいっぱいでした。世界も日本もどこへ向かおうとしているのか?!と大声で叫びたくなりました。私たち一人ひとりが命について、自然について、地球について、真剣に考え、声を上げ、これからのありかたや進むべき方向を間違うことなく選択し進んで行かなければいけないと思いました。今、私たちが何をすべきか今一度考えていきたいと思います。

●GMと原発はつながっているということがわかった。日本の問題でなく世界の問題である。海でつながり、空でつながっているのだ。GM食品を食べないだけでなく、自分も行動を起こせば何かが変わると思いました。もっともっとたくさんの人に見て欲しい映画です。知らないから食べられるので、知ってしまったら怖くて口にはできなくなると思います。

●話にはきいいていたが、映像で見ると更に恐怖を感じた。特にGM作物について、その危険性をどうして国が認めないのか、マスコミが取り上げないのか、怒りを感じながら、どうしたらいいのか行き詰まってしまいます。自分が関わる全ての人に、少しでも伝えていきたいと思います。

●GM作物、ラウンドアップのラットを使った実験は衝撃的でした。知らないと、いつの間にか口にしてしまい体に蓄積されてしまう。これからの未来の子供たちのためにもこの危険な事実を広めていかなければいけないと思います。

●こんな危険なものを金儲けのために押し付けて来るなんて許せないです。どうして1つしかない地球を、地球の大切な資源を使って汚し、体に悪く、子供たちに悪影響を与えるものをばらまこうとするのか、気が狂ってるとしか思えない。私たち一人一人が正しい知識を持って不買活動や情報を広めなくてはいけないと痛感しました。ありがとうございました。

●マスコミというものは真実を何も伝えないのだ・・・と改めて思いました。遺伝子組み換えと農薬の害。真実を知るには自分から求めて行かなければならない!多くの人にこの映画を見ていただきたいと思います。

●GM、除草剤の実験を公表し映画にされた努力と勇気に感謝したいと思います。モンサントの3ヶ月の実験は人を侮っていると強く感じます。食べ物、原発などの環境は一人一人が知り、正しい道、生き物としての道を進んで行かなければならないと感じます。一人一人が賢くなることを強く感じました。

●世代をこえてどんな影響があるかもわからないGM作物を受け入れるようなことが世の中の大勢にならないためにも、私たちひとりひとりの意識の改革が必要だとより深く思いました。種を守り、食の安全を守るためにも、とらこ先生のされている自家採種の自然農を応援していきたいです。

●モンサントの問題はすごく興味があって「世界が食べられなくなる日」はずっと見たいと思っていました。今日見て、食べ物をしっかりとわからないとこどもにも良い未来がないのだと感じました。

●本日はありがとうございました。学校でも、養生法の大切さを習いますが、食事の大切さを改めて思うとともに、恐ろしいような衝撃的な内容に途方にくれてしまいそうです。でも、希望を持ちつつ、真実を見つめつつ、進みたいです。

●原発推進国のフランスからこのような映画が発信されたことは驚きです。映画に日本の情報がふんだんに取り入れられていたことも意外で、国外でこんなに注目されているなんて・・・とちょっと複雑な気持ちがしました。GM食品のラットによる実験も、あのように時間を追って見ていくとすごい恐怖感に襲われます。あの実験だけでもGMは即中止しないといけないことがわかると思います。この映画が長期間、全世界で広く放映されることを望みます。

●上映会に参加させていただきありがとうございました。自分は一体これから何をしたらいいのか、考えさせられました。全ての人々の意識を変えていくこと、それに尽きるのかなぁ。

●農薬と原発、とっても恐ろしい。子供や孫の代、とずっとと思うと恐ろしい。映画が終わったあと(見たあと)ショックでした。原発に変わる良いものを早く作って欲しいと思いました。ありがとうございました。

●映画を見て、フランス、世界、日本のGM作物、原発のことを知りすごいショックでした。一体何から始めたら・・・子供たちのためになる?問題が大きすぎて目を背けたくなりますが、より安全を目指してコツコツ協力していきたいと思います。多くの情報をありがとうございました。

●GM作物が作っている人、それを流通させる過程のすべての人に影響を及ぼしている事を初めて知りました。4カ月を過ぎてからマウスに腫瘍ができ始めるのに、モンサントはわずか3カ月間の実験で種や農薬を流通させていて、とてもひどいと思います。真実を知る事がとても大切だと感じました。早速、今日の内容を夫に話たいと思います。

●今日、知った事実を一人でも多くの人に伝えていきたいです。恐怖と悲しみで怯えるだけでなく、正しく怒りを感じて、その怒りを行動力に代えて明るい未来を手に入れるために出来ることから始めていきたいです。「Noと言わない事は、Yesと一緒。」重く心に響きました。

●正直怖い映画でした。これほど、GM作物が安易につくられているとは・・・。作物を作る農家の方達だけでなく、港で働く方・作物を運ぶトラックの運転手等々全てがつながっており、自分は関係無いとは言っていられないんだという事がよく分かりました。上が変わる事を待つより、底辺の私達が気づいて変えていかなくては・・・。自分の出来る範囲で伝えていきます。

●農薬や遺伝子組み換え等モンサントのやり方・原発など事実を見せられて、深刻な問題であり、どうすべきか考えさせられました。ホメオパシーもマクドナルドの事もママ友に話をしても改める人はほぼゼロです。人に伝える事の難しさを感じていますが、伝えていく事は続けていくつもりではあります。仲間が増えていく事を願っています。ありがとうございました。

●ずっと興味があったので、この早い段階で見る機会を頂いたのは、本当にありがたく思います。経済と人間の命、どちらが大切か考える事が出来ない一部の人達に恐ろしさを感じると共に自分達を守っていくのは自分達しかいないという事を改めて感じました。ありがとうございます。

●神の域を越えること、報道されないこと、想像以上に危険なGM作物の恐ろしさを感じました。賢く生きていく事への実践・声を上げていく事が大切だなと思います。これから豊受自然農やホメオパシージャパンの展開を期待しております。

●これほど日本についての映像が多いと思っていなくて驚きました。港で穀物の種をおろしをしている労働者が農業の煙を浴びてバタバタ死んでいるという事実にも驚かされました。みんなが「おかしい」と思っているのにおかしな方向に突き進んでいく今の社会は本当におかしいと思いました。ありがとうございました。

●GM作物による侵略はじわじわと進んでおり、その破壊力は戦争や核兵器と同じかそれ以上。ただ、その被害は気付かない内に受けている。被害は確実に出ているはずで、実験でもちゃんと証明もされている。食に困らなくなることは幸せを意味するが、食を得ることと引き換えに寿命を縮めるのなるのは何とも皮肉。気付いた人たちは行動を起こしている行動を起こすことが大切だが、一過性のムーブメントで終わっては意味がない。地に足をつけている人たちは生き生きとしている。とても人間らしくみえる。汚染されていない土地と操作されていない種を守らなければならない。土地に生き、土地とともに生活している人が幸せになれる世界というのが本当の理想郷なのだと思わされました。そんな世界になれるような活動をしていかなければならないと思います。

●こういった映画を先行して上映してくださるCHhomすばらしいです!情報は自ら取りに行く時代ですね。無知は罪を実感します。Dare to know!

●こういう映画こそ、中学校や高校で上映し、GM作物や原発の危険に気づかせるべきだと思います。企業の様々な宣伝活動にのせられ真実を知ろうとする極一部の人にしか伝わらないことを悲しく思います。

●人間はなんというバカな生き物かと思い、人間は何という勇敢な生き物かといったりきたりしながら泣きながらみました。反対の意思をしっかり表明すること、自分で出来ることをやること、多くの人とつながること、お互いを受け入れて。フランスの方達(反対を続けている人々、実験した科学者)にエールを送ります。公開前にこの映画を見させていただきありがとうございました。とても励まされました。

●本来の日本に復活、近未来の江戸を作る田んぼに何もいないのはおかしい。遺伝子組換も農薬も今後なくならないなら自己防衛する。真実を知り自己防衛する。

●やっぱり知っていかなければいけないけど、こうして現実としてつきつけられると、言葉にはならなくて苦しくなって目をそむけたくなりますね。お金ってものが人の体や心まで支配していて、そのうずに長くはまってしまうと、もう最初の敵が何だったのかわからなくなり自殺(自滅)してしまう。それが敵の狙いなのに心が折れてはまってしまう。今日は1日へこんでしまったけど、豊受の野菜を買ったので、食べて明日から元気をとり戻したい。

●人のおろかさとごうまんさが、最大限にあらわされていた。自分自身でまねいたということもあるが、知る為の情報が少ないことも事実としてある。選択した結果であれば自身の責任なのでということで納得もできるが、選択の間もないというのはあまりにも不公平だと思う。この映画はホントの一部でしかないが少しでも考える人が増えてくれると良いと思う。なぜ人は”まんぞく”するということが出来ないのかと考えさせられました。

●本日は上映頂き有難うございました。原発もGMも同じなんだとわかりました。私たちは学ぶために今があるのなら学んで乗り越えて行かなければならない。祈ることと知恵を出し合って希望を持って進んでいけば必ず未来はあります。本日、現状を認識できた事はよかったことです。認識をしっかりして、どうしたらよいか考えていきたいと思います。まずは毎日体に何を入れていくかという事はとても大切だと思いますので質の良い物を食べていきます。

●上映会ありがとうございました。睡眠不足で居眠りが出てしまいました。潜在意識が拒否したのかも知れません。もう一度観に行きます。ネガティブな情報につぶされないためには、仲間とこのようなセミナーも大切ですね。

●絶望的な気持ちになってしまう現実をつきつけられた。豊受自然農の産物とか良い食品をしっかり選んでゆく必要がある。参考になりました。

●「モルモット扱い」「奇形」「原発」「原子力」「GM物質」こういたキーワードが繰り返されることが異様でした。エゴは、自らを滅ぼすのだと思いました。

●TVやマスコミの言っていることがすべてだという環境にいなくて、本当によかったということです。

●気がついた人から広めていき、草の根でも自分ができることをしていかないといけないのだと、改めて思いました。

●衝撃的な内容でした。どう考えてもおかしい、民意が反映されない出来事が、堂々と展開されている日本・世界に激しい憤りを感じます。そして恐怖も。

●たくさんのひとに届いてほしいと思う内容でした。たくさんの人が知る機会がありますように。

●GM作物と放射能、どちらも生活するうえで避けるのが難しく見分けるのも難しい。新しい問題を与えられ、戸惑うばかりです。

●福島の方が言っておられた、空も海もつながっている・・・本当に地球次元での転換が求められる時代であると実感します。

●上映会のみ出席させていただきました。恐ろしくなりました。

●ありがとうございました! 

●1日でも早く安全で安心して暮らせるようになったらいいのになぁと思いました。

●今後もモンサント以外でも農薬やGMに関する、このような活動をお願いします。

●自分を守るのは自分しかいないと知らされました。ホメオパシーバンザイ!!

●恐ろしい現実が迫ってきているなと思いました。その後の寅子先生の盗み食いシリーズがおもしろかった。

●原発反対。GM作物反対

<< 1つ前の記事へ | 記事一覧へ | 次の記事へ >>

最新のセミナーの様子

2017/10/01 (写真クリックで拡大します。) とらこ先生 秋の全国講演会2017『人生は負け...
2017/09/18 (写真クリックで拡大します。) とらこ先生 秋の全国講演ツアー2017『人生は...
2017/09/17 (写真クリックで拡大します。) とらこ先生 秋の全国講演会2017『人生は負け...
2017/08/13 (写真クリックで拡大します。) 毎年お盆の時期には恒例となりましたとら子先生の...
2017/07/30○洞爺ツアー2017 2日目 (写真クリックで拡大します。) 「日本豊受自然農 ...

講義を月別に表示する