ホーム > 2011年度 講義の紹介 > 12&13期合同講演

≪最新講義の紹介≫




 2011年11月27日(日)
  講義担当:由井学長
  「ホメオパシー的環境と栄養」

 

【英国校】



  【講義の感想】

●本日は由井学長の講義「環境と栄養」を受講しました。今年の春先より個人的に始めた庭の畑化ですが、なかなか上手くいかず大根とほうれん草が失敗しました。。今日習ったことを参考にしてホメオパシーを導入していこうと思いました。食原病についても、本当になにを食べていいのかと不安になりますが、免疫をあげ、ホメオパシーで解毒しつつ、アロットメントを借りて安全な野菜と玄米と小魚、海産物での生活を今後は目指していこうと思いました。地震についてもイギリスであってもいつくるかもわからないことからこのような世界の裏の動きを見張って賢くなる必要を強く感じています。今日の講義では現在の世界の実情を知ること、そして、恐れてとどまるのではなく、それらに対してどのように対処して行くべきかを学ぶことができました。そしてホメオパシーにはそれに対する大きな答えを持っていました。すばらしいです。本日も素晴らしい講義をありがとうございました。