ホーム > 2011年度 講義の紹介 > RAHパートタイム 12期&13期

≪最新講義の紹介≫



  2011年11月12日(土)
  講義担当:由井学長
  テーマ: 「ホメオパシー的環境と栄養」

【東京校】



【大阪校】


【名古屋校】

【福岡校】



【沖縄校】

【札幌校】



【野菜試食】




【講義の様子】
昨日、多くの問題を残す中、政府がTPP交渉参加を決定しました。
本日はその余韻を残す中、由井学長の「環境」と「栄養」に関する授業が行われました。
オープンキャンパスとなった本日は多くの一般の方が聴講に訪れ、いつも以上に熱のこもった授業となりました。

まず、由井学長の多くの臨床経験から確信した事実ば多くの病気は食事が原因(食原病)゛という事であり、ホメオパシー療法と同時に食生活を変えてもらう事が必要だとの体験が伝えられました。

授業では農薬、殺虫剤、化学肥料に頼った農業。食品添加物漬けの食品について、世界の政治、経済、歴史など由井学長の幅広い見識から伝えられました。また、食が原因となり病気となった患者さんの治癒例が映像で紹介され、学生たちは多くの危険をはらんでいる現在の食生活に大きなショックを受けた様子でした。

また、由井学長から食の問題を乗り越えられるよう「ホメオパシー自然農」への取り組みが紹介され、土作りから始める安心な食材作りの大切さを深く感じさせられました。

お昼休みは、その自然農でできたサラダの試食会が開催されました。
生命力にあふれたパツパツの野菜を手にした学生たちは「普段買う野菜と全然違う」「食べたら何だか元気がでてきた」などの感想がありました。

食源病についての理解を深め、それに対してのホメオパシー的な対応を学ぶ講義は大きな拍手で幕を閉じました。

由井学長、熱のこもった素晴らしい授業をありがとうました。
学生の皆様、お疲れ様でした。
オープンキャンパスでご来校いたいた皆様、ありがとうございました。

オープンキャンパス参加者の声は⇒こちら

【講義の感想】
●今日も楽しく分かりやすい授業、ありがとうございました。そして何度も涙が出てきました。とても良い授業だったので、オープンキャンパスに来た方達は入学すると思います!!

●今日はお疲れのところありがとうございました。自然農の大切さについては、ちょうど昨日から福岡正信氏の「わら一本の革命」という本を読み始めたところでしたので、とてもタイムリーでした。ほんの少しずつですが、健康相談の依頼を受けるようになり、食物についてのアドバイスの大切さを感じるようになっていました。今日の授業は自分自身の実践のためにも、またさらに勉強をしていく上でも、とても役立つものとなりました。ありがとうございました。野菜の試食もありがとうございました。大変おいしかったです!

●TPP本当に残念です。私なりに政治家への講義や署名をしましたが、だめでした。早く日本人が本当のことを気付いてほしいと大変ですが、どうすればいいのか、考えています。TPP加入でさらに自衛を強化しなくてはいけませんね。気付いた人から早くホメオパシービレッジを始めて、ホメオパシービレッジには、健康な人がいっぱいいるということに気付いてもらって、たくさんの人が、予防接種や食や生活について考え直してくれることを願っています。私も力になりたいです!農業がやりたいです。

●今日の授業もとても良かったです。土の根粒菌や団粒構造の話なども聞けて嬉しかったですし、自分で近い将来、ぜひ自然農をやりたいと思いました。何事にも関心と問題意識を持って接することの大切さがとてもよくわかりました。どうもありがとうございました。

●環境と栄養について、多方面に渡る講義をありがとうございます。午前のイルミナティにおける日本への介入におどろくばかりで、無関心でいられない、本当に自分の足でしっかり立ち、目を開き、やっていかなければと思いました。午後は具体的なミネラル系の症例も含め大変わかりやすかったです。

●今日も充実した講義をありがとうございました。講義の内容とは、関係ないですが、前々から気になっていたことを・・・。寅子先生はどおしてそんなに若くお美しいのでしょう。授業の間ずっとみとれていました。お肌のツヤのハリ・ツヤ・潤い・どれをとってもとても50代とは思えません。たるみ・しわ・しみ・やつれもなく、40代の私よりも全然若くうらやましいです。美のヒミツ(どのレメディー、お肌のお手入れ法)をオープンにするセミナーを希望します。

●遺伝子組替食品の多々、かくれ組替食品にはショックでした。これらに負けない身体づくり本気で考えないといけないなと思います。賢い母さんにならなければ!野菜とても美味しかったです。こんなにおいしい野菜を食べたのは久しぶりでした。マンガンのレメディさっそく購入したいと思います。

●自然農にとても興味があるので楽しい授業でした。私も畑は持ってますが、仕事と子育てに追われ土をさわる時間もままならない毎日ではありますが、どうにかして自分や家族が食べる分くらいは作っていきたいと思っています。これからの時代「農業」というのは本当にそうだと思います。今日のサラダ、とってもおいしかったです♪ありがとうございました。

●食源病の話、大変よかったです。完璧な食生活がベストですが、カップラーメン、コンビニのお菓子などどうしても食べたりしてしまう。またおいしくてつい買ってしまう。そういう時の対処もレメディーでできる。いろんな添加物だらけの日本の食生活だから、必要なホメオパシーだなと思いました。アメリカには負けない日本になるために頑張っていかなければならないと思いました。

●TPP参加ということで、今後の食料にすごく不安を感じています。弁当、外食等、何も考えてないと恐くてできなくなりそうです。信頼できる人たちで、コミュニティを作り、自給していけたらと思うので、ホメオパシーヴィレッジ構想が進むとうれしいです。(食料、教育、福祉を全てまかない自分たちで納める村構想・それぞれが得意なことを狙う。)

●TPPに関しては、国民の世論の大半が「反対」といっているので、まさか、日本は参加しないだろうと呑気に考えていたら、本日、先生の授業で「TPP協議に参加を決定した」ということを聞いたので、びっくりしました。本当に今後、日本の食、そして子供達の健康が危ないと感じました。先生の行動力と信念で是非ホメオパシーエコビレッジを作ってください。日本で「ホメオパシー」の話をすると、やはりまだ壁が厚いなぁと感じます。でも、由井先生やったら、やはり、その先生の信念で、実現していかれると感じました。ご存知だと思いますが、たとえば、ドイツでは農家滞在などができる宿泊施設があります。そういう宿泊施設も農業・牧場に併設してほしいです。久々の授業はとても、楽しかったです。4年もたつと、授業の不満もへってきました。もう先生も必死でされてるのが、理解できてきました。どうぞ、日本を救って下さい。

●今日のオープンキャンパス(午前中)は、大変興味のある内容でした。私も世界の陰謀について学んでいます。由井学長が話されることがすべてスムーズに理解出来ます。この頃の授業で出て来るイルミナティーについても学んでいます。この先、日本はどうなることやら・・・・。私達国民は本当の事を学び、知る必要があると思います。由井学長の力強い話の中にそんな思いを感じます。特に食については、自分で良し悪しの判断が出来る様になることが大切であると思います。牛乳の悪さ、牛肉の悪さも以前から聞いています。フリーエネルギーなど・・・。大きく世界を視野に学んで来た事が、今役だっています。ホメオパスを目指す私達には、本当のことや事実を知り、判断する力を必要とする時が来たようにも感じられます。

●今日頂いた野菜とも塩・キマオイルのサラダがとってもおいしかったです。食の現実を知り(知ってはいたが、忘れてました)改めて、何を選んで口にするか・・・ということをもっと考えなければと反省。しかし、良い物を手に入れることがなんと困難な世の中かと思います。

●今日の講義の内容自体は見知ったものがほとんどでしたが、寅子節で楽しくうかがいました。実家が30数年有機農法を指導しているので、農業の話もとても身近なものであり、また私自身も農業にずーっと興味が(うっすらながら)あるので、新鮮な印象は薄かったのですが、聞きなれたチッ素、リン酸、カリの健康被害についてはここまで深刻だとは認識していなかったので、ちょっとびっくりしました。江戸についての部分やパラオの話は鳥肌が立ちました。“万歳日本”と思ったのですが、「いや、万歳は中国からか?」と思いなおし、“あっぱれ日本!”。農からの日本復興・・・TPPなんか!!

●食は大事だと思っていましたが、再認識できました。食べ物+ホメオパシー+αで、本当に健康になれると思います。食の大切さをもっともっと声を大にして伝えていきたいと思います。私も毎晩のビールは楽しみでなりませんが、マンガンを摂ってみようと思います。が、ビールをやめたいと思ってないので、マンガン摂ってビール飲みたくなくなったら、マンガンのレメディーはすごいですよね。

●食べ物の大切さは今までも感じていましたが、今日の授業で特にそのことが分かりました。また、西洋的な栄養学を勉強・知識も必要だなと思いました。(例えば、マンガン過多・不足のときの症状など)また、マクロビオティックやRaw foodにかたよらず、本当のバランスの良い食事が何かということや、体に必要なものがわかるようになりたいと思います。個人的には先生の離乳食の話がとても興味深かったです。せめて3才までの食事は大切にという言葉は、心にきざんで子育て(まずは出産ですが・・・)やっていきたいと思います。

●ありがとうございました。必須ミネラルについては、自分に不足してるものが絶対ある!と思っていたので、こうして一つ一つ分析して頂けるのが有り難いです。あ〜、こんな時間があと一年しかないなんて・・・。

●とても迫力のある講義でいつもの事ながら圧倒されそうです。ホメオパスになることの意味を改めて強く感じました。ありがとうございました。

●今日は時差ぼけとお疲れの中、とても楽しい授業をありがとうございました。野菜もとてもおいしかったです。皮つきで野菜を食べるようにします。

●初めて聞く情報、覚悟はしていたがショッキングな情報が沢山聞けて、たいへん勉強になりました。レメディーを出すだけでは治癒に至らぬこともあるのだと深く納得しました。

●農業の話、もっと聞きたいです。今、約200坪の畑を耕しており、先生のすすめる自然農をとり入れてやってみたいと前から思っていました。具体的なやり方を含めた農業レクチャー(スクーリング)の講座、楽しみです。

●食の大切さをすごく感じました。自分も農業したいと思いました。食の危機感はありますが、周りにながされつい適当になってしまい、しめつけすぎないで自分なりにできる方法を考えていかないと、と思いました。

●由井先生、お疲れのところ、長時間の講義をありがとうございました。今回の内容は、これからとても重要になると思います。とても勉強になりました。ホメオパシービレッジ、私も働きたいです。(かなり本気)まずはプロになってから… がんばります…

●放射能がはびこって、日本の野菜離れが始まり、色々な人が発現する中、何を信じていけばいいのかと思っていました。でも農業の大切さをひしひしと感じ、小さな畑ですが自分なりに続けていこうと感じました。

●食品添加物について気になってはいたものの、詳しくは調べていなかったので今回の講義はまさに知りたかったことのオンパレードでした。とても勉強になりました。

●食源病、分かりやすかったです。分かっていても実践は難しいですが、できるところから取り組んでいきます。クライアントをみる時の大事な要素になることも、よく理解できました。

●今日の重金属の排泄の話は、とてもおもしろかったです。Ferr-p+Alum.ぜひ使ってみまっす。ぶとう糖果糖液糖に遺伝子組みかえ食品が使われているのは全くの盲点でした。気を付けます。

●チッソ、リン酸、カリの怖さがよく分かった。今まで以上に気を付けます。

●食の大切さがあらためて、よくわかりました。もう一度、ミネラルも勉強しなおします。

●知らないことをたくさん教えて頂き勉強になりました!

●分かりやすい講義でした。

●仕事で牛の臓器を見ていますが、胃のがんはほとんどありません。多いのは肝臓の潰瘍です。

【オープンキャンパス参加者の感想】
●とらこ先生の講義は、時差ボケを感じさせない熱のこもったお話で、またレメディの出し方、説明は印象深く残りました。学校説明会では、学生さんとホメオパスの方に具体的なお話をうかがい、「なんとかなってしまう」「とても楽しい、もう一度入りたい」両方の方がイキイキと楽しそうに話している事が、自然とその雰囲気が心に入ってきたように思います。また、スタッフの方のお話も伺い、ホメオパシーに対して静かに強く情熱を語っていただき、ホメオパシーに対して愛情深い方々が働いているCHhomに入りたいという気持ちが強まりました。他のオープンキャンパスのように良いこと強調して並べるのではなく、過剰な表現はせず、シンプルに、でも心を込めて学校の様子を伝えようとして下さる言葉には誠実な響きがあり、その響きがずっと心に残るような素敵なオープンキャンパスでした。ありがとうございます。

●本日は由井先生の貴重な講義を3時間も聴く事ができ、大変ありがたく思いました。食については以前から気になっていたものの、あまり勉強する機会がなく、今回のお話を伺って、改めて食の大切さを知る事が出来ました。由井先生のお話は大変興味深くてクライアントさんの治療のケースについての映像も見ていて衝撃と驚き、感動・・・。ホメオパシーって本当にすばらしいものなんだなと思いました。12月の講演会もぜひ参加させて頂きたいと思います。ありがとうございました。

●今日はホメオパスに大きな興味を持っている妻の付き添いできました。私も家内も体質が似ていて、薬に頼らず代替療法で治していければなと思っていました。レメディ等実際に使用してみて、効果を実感していました。今日、実際にとらこ先生の講義を拝聴しましたが、その熱気(生徒さんも含めて)に圧倒されました。情報量も大変多く勉強になりました。来てよかったです。

●由井先生の楽しくて、興味深い話が聞けて、とても良い経験が出来ました。たくさんの知らないことを学べて、由井先生のパワーにも触れることが出来て、嬉しかったです。説明会で、卒業生の方、ホメオパスの方からもお話を聞けて勉強になりました。どうもありがとうございました。

●すごく勉強になりました。知らないことがありすぎて、こういう深い勉強をされている学生さんがうらやましいと思いました。ありがとうございました。野菜も食べることができてよかったです。

●発達障害児がよくなっていく過程は素晴らしかったです。真実を知ろうとする努力が大切だと思いました。

●食糧が米国企業の思惑に支配されていることを知り驚きました。健康のことを考えて無農薬の野菜とか買っていましたが、まだまだ色々勉強しないと恐ろしい事になりそうです。今後も機会を見つけてとらこ先生、他の方々のお話をお聞きしたいと思います。

●とらこ先生のお話を生で聞いたのが初めてで、とてもパワフルで聴いているだけで元気をもらえるような感覚でした。講演後に頂いたサラダもとても美味しかったです。

●治癒例のDVDを見て「すごいな!」と思いました。発達障害が良くなった例を今まで見たことがなかったので本当におどろきました。

●TPPに関することや、牛乳、遺伝子組み換え作物などについて知ることができたので良かった。3次元処方も学べて参考になった。

●興味深いことばかりで、先生の話に吸い込まれていきました。知れば知るほど恐ろしく思えてしまいます。時間があっという間でした。楽しかったです。

●食品の話とホメオパシーよくわかりました。

●キョーレツなお話で大変おもしろかったです。こんな話、私大好きなんです。

●魚にせよ野菜にせよ、捨てずに食べきるのが良いと思っているので、牛さんを全て食べようとするのは良いこと(大事にしている)と思っていました。菜食にかわりかけた時に、牛を食べて悲しくて2週間泣き暮らし、恐ろしくなってやめました。やめられたのは玄米菜食の料理教室で習い、その先生がメニューが少ないと困るだろうと、いろんなアレンジを教えてくださったから、体の変化を察せられた・・・もろもろに改めて感謝したくなりました。食事とレメディーと瞑想と・・・いろんなおかげでだんだん自分が信じれるようになり、大きく変わりました。FHを受講させていただき、心から感謝しています。来年は自分ができることを毎日少しずつ実践していこうと思いました。入学はするまいと思いながらも、今日参加するいきさつを主人に「そろそろ、本校に行くのはどうですか?」という意図で、オープンキャンパスが開催されると伝えました。少し悪あがき(!?)でしょうか。自分にできることをしていく日々を悲しいではなく、しみじみと喜びに思えるようになりました。本当にありがとうございます。人参の固いところは薄く小口切りにして、セロリ、人参、ジャガイモ他とミネストローネ風にすると美味しいです。

top ▲