ホーム > 2011年度 講義の紹介 > 12期生講義の様子

≪最新講義の紹介≫



2011年9月3日(土)
講義担当:酒向先生(DVD)
テーマ: 「臨床病理③」

【東京校】


【名古屋校】


【沖縄校】

【大阪校】



【札幌校】

【福岡校】



【講義の感想】
●症例や実際に先生が経験されたエピソードもまじえながら説明して下さって、とても分かりやすかったです。どうもありがとうございました。

●とてもわかりやすく楽しい授業でした。ありがとうございます。酒向先生のような医師がいるのが素晴らしいです。希望です。

●いつも懇切丁寧でわかりやすい講義をありがとうございます。これからも私達への支援を宜しくお願い致します。

●今日もていねいに説明していただきました。ありがとうございました。

●酒向先生の授業は本当におもしろいです。

●難しい生体病理をわかりやすく解説して下さって、親しみやすかった。こんな気さくなドクターがいらっしゃる事は驚きだった。

●血液の病気の複雑さがよくわかりました。

●いつものことながら、シュールな笑いを交えた楽しい授業でした。

●パワーポイントのレジュメがあり、非常に分かり易かったです。補足的な事を書き込む事も出来ました。お医者さんの本音のようなものが聞けて良かったです。

●2年生の時の授業とかぶることもありますが、酒向先生の軽い感じの話し方が楽しく時間が経つのが早いです。病理も覚えることが多くて大変です。頭がいっぱいいっぱいで。ありがとうございました。

●ありがとうございました。また、次回も楽しみにしてます。

●講義の中で時折、現代医学の矛盾点を指摘される先生は、物事を全て先入観や偏見なく見ていらっしゃるのだろうと思います。

●淡々とお話される酒向先生・・・。医療の現場にいる人達がホメオパシーに興味が湧いたり、関心を持ったりするのも分かる気がしました。

top ▲