ホーム > 2011年度 講義の紹介 > 12期生講義の様子

≪最新講義の紹介≫



2011年6月12日(日)
講義担当:由井学長
テーマ: 「介入レメディー&TBR演習」

【東京校】



【福岡校】


【名古屋校】

【大阪校】



【沖縄校】

【京都校】



【講義の様子】
由井学長の授業が4年生に対して行われました。
冒頭、由井学長がホメオパスとして活動を開始した当初の体験が伝えられました。
ホメオパスとして駆け出し時代の未熟な体験を心を開いて語り、そこから学び得たものに関して後輩たちに伝えられました。

様々な苦難を人一倍の努力と知恵で乗り越えてきた由井学長の生きた言葉、生きた人生訓は愛と勇気に溢れ、卒業年次となる4年生たちは真剣に聞き入り、教室は、心を震わせた学生の雰囲気で満たされました。

授業はより実践的に行われ、臨床のケースを映像で見た後に、4年生達が自分自身で考える時間も設定され、ホメオパスを目指す学生にとって良い学びになったことと思います。
由井学長の奇跡とも思える自己治癒力の触発は、レメディーを単体で使用するのではなく、適切な介入レメディーやマヤズムレメディーを組み合わせ、3次元処方にする事によって初めて効果が得られるものです。その事を肌で感じる機会となりました。

由井学長、本日も素晴らしい授業をありがとうございました。
4年生の皆様、日々自分自身に向かい合い一歩一歩前進していってください。
お疲れ様でした。

【講義の感想】
●今日とても深い講義でした。ホメオパスとなれる人間になることの心構え。とても心に響きました。一生かけてホメオパスになるべく学び続けて自分を見つめ続けていきたいと思います。先生が常に最善、最新の講義内容を私たちに教えてくださっている事にとても感謝しています。卒業後も勉強できる機会をいただけると嬉しいです。

●「体調のトーンを聴く」すごく大切だと思いました。ハーモニーがあるか?調和が感じられるか?を聴き取るためには、常に自らを清め魂の耳をきたえて、耳を澄ますこと。自分の内に平穏と静寂さを保つことが、大事だと思いました。今、この地球で生かせてもらえること、日本で生かせてもらえること、このRAHで学ばせてもらえること――常に今この状況に感謝を持っていたいと感じます。由井先生、今日も大切な気付きをたくさん与えて下さってありがとうございました。

●いつもありがとうございます。大変革を通過した12期生でよかったと思いました。入学してから先生の変化を感じることができ、私も自分を解放できてきたことに感謝です。ホメオパシーを由井先生から習えて本当に良かったと思います。自分の信じることを進めていくのに必要なのは強さだけでなく愛が大切なのだと、それが本物だと自分で知っていればそれでいいんだと。これからは何かをするのは自分を証明するのではなく、人に認めてもらうためではなく、それが良いから自分が好きだから、ともっとシンプルな考えでやっていけます。ありがとうございます。

●今日の授業は魂にまで響きました。午前中は、ホメオパスとしての心得や具体的な三次元処方についての説明など、「もしかしたらホメオパスとしてやっていけるかも」と思うことができました。

●人生の勉強になる講義でした。ホメオパシーを学び始めて、自らのインナーチャイルドに向き合わなくてはいけない状態で非常に辛い時があります。ついつい自分を抑えて、今までの自分を生きる事の方が慣れていて、そういう傾向になる自分も良くわかっています。まだまだこの1年でしっかり相談会に入って、インナーチャイルドをやっていきたいと思います。

●由井先生の生ライブ講義、今日もパワー一杯で元気をいただけました。記者クラブの講演のご成功、昨年のバッシング報道を越えてのことだけに、とても嬉しく、スゴイことだと思います。おめでとうございます!講義内容は、3年の学期末の残り、気になっていた大事な介入レメディーについて、しっかり学ばせていただきました。まだルブリックを正しく拾いきれないですが、学生ケースもとりながら、実践につなげていきたいです。ありがとうございました!!感謝、感謝です!!

●LMで処方している時に、急性を変えたい場合、介入とマヤズムを変える場合にポーテンシーをどうするべきか疑問に思っていた事がわかってよかった。いつでもどんな形でも新しい事を教えてもらえるのは有難いし、嬉しいです。いつもの授業もそうですが、今回の授業は得るべきものが多かったです。ありがとうございました。

●今日の授業は3次元処方、LMについてのエッセンスがぎっしり詰まっていて、とても重要な内容だと思いました。

●介入レメディーの続きが気になっていたので、今日の講義は(いつもですが)とても為になりました。介入レメディーはかなり迷う元でしたが、これからはすんなり選べそうです。今日の初めの方の先生のお話、すばらしかったです。

●今日も深い内容で沢山の学びをいただきました。どうもありがとうございました。インチャの癒し、卒業までに少しでも進めたいです。自分の努力ももちろん必要なのですが、導いて下さる寅子先生をとても頼りにしています。これからもどうぞよろしくお願いします。

●昨日に続き、今日もものすごくボリュームあったので、ゆっくりしっかり復習しないといけませんね。今日は治療家としての心構えなど、すごく聞きたい話ばかりでしたので、6時間分とは思えないぐらい、濃密な授業でした。まずは自分をしっかりさせることをやっていきます。授業の1回1回がありがたいです。ありがとうございました!

●今日もすばらしい講義ありがとうございました。毎回自分にとってタイムリーな話題でうれしいです。

●先生からの知識を素直に受け止めることによって、自分のものとして消化していくことが出来そうです。今日もとても素晴らしい講義をありがとうございました。

●抗カイセン治療で使われる介入レメディーのついての説明やそれを使った三次元処方のやり方をとてもわかりやすい表や図で、説明されたので、頭がすっきりした感じがします。復習も兼ねてあったのですが、今までとてももやもやしていたところがはっきりしました。ありがとうございました。実践に向けての具体的な演習に身がひきしまる思いがしました。感謝です。

●三次元処方やLMの方法についてより詳しく明確になったので良かったです。被害者意識は加害者を生む。まことにその通りだと思います。

●介入が抗疥癬で会ったことに改めて気づきました。(お恥ずかしい限りですが)TBRを使う際の使い方、補完のレメディとの関係性など、はっとさせられるのもありました。TBRもつかいこなしてゆきたいです。

●LMのことがよくわかりました。ありがとうございました。

●今日の介入レメディーとても分かりやすかったです。ありがとうございました。

●とても面白い授業でした。ありがとうございました。

●今日もありがとうございます!!精神的にも疲れ果てていましたが、元気に勉強する気になれました!!あー4年生…不安だらけですが頑張ります。

●言っていることが変わることを不満に思っている人がいるとのことだったが、日々、全てが変化しているので、変わる方が正しいと思うし、私はこの学校を一番信用できたのは、逆にこの点です。常に新しく変化したこと、得たことを教えてくれるので、ありがたいです。

●内容的にはとても難しかったのですが、今日は理解したから、また今まで疑問に思っていたことが解決できたからノートをとれました。TBRもみんなでやるのはとても楽しいです。とても実践的で良かったです。

●本日はありがとうございました。解らないことが、まだ本当に多くて、焦るような気持ちになることもあります。自分なりに進めていきたいと思います。

●発達障害と骨や歯とかかわりが深いことに驚きました。発達障害は脳から来るものととらえていました。でも子供達をみていると、発達障害の子供は、体の芯がしっかりしていない。グニャグニャしていることや、変わった形に体が変形して、くせなどがあることが多いと思っていました。病気は一つが問題ではなくて、全体なんだなぁと思いました。授業をありがとうございました。

●復習もあり、ゆっくりでわかりやすかった。

●マヤズム、介入、難しい!!です。もう1回聞きたいです。

●TBRの検索スピードをあげていかないと、いけないなあと思いました。(ソフトに頼らず、本で調べるのがまず大切ですね。)頑張ります。

top ▲