ホーム > 2011年度 講義の紹介 > 13期生講義の様子

≪最新講義の紹介≫



  2011年6月11日(土)
  講義担当:由井学長
  テーマ: 「オルガノン⑥」

【東京校】



【福岡校】


【大阪校】


【札幌校】

【名古屋校】



【京都校】

【沖縄校】



【講義の様子】
今日の講義テーマはオーガノン講読より「介入レメディー」を取り上げました。

介入レメディーとは、ハーネマンが著書オーガノンや慢性病論の中でも繰り返し述べられているように、クライアントの根本治療を行うために必要なレメディーです。

講義では介入レメディーのそれぞれの特徴を、各文献からの記載を引用しながら紹介していきました。

また、それぞれの介入レメディーをノゾーズレメディーや臓器サポートなどと一緒に与える三次元メソッドにより、クライアントの方々がそれぞれ好転反応を出しながら、主訴がどんどん良くなっていったケースを紹介しました。

質疑応答も含め、今まで分かりづらかった介入レメディーの使い方が身に着く、とても実用的な講義になりました。

【講義の感想】
●介入レメディーの使い方を詳しくご説明頂きありがとうございました。一つ一つの介入レメディーの特徴を知って、更に使い方を考える材料になりました。毎回の講義で、自分や家族に合いそうなレメディーがあり、今日の介入のレメディーも是非使ってみたいと思います。

●今日は介入レメディについての授業。とても分かりやすかったです。4つある介入レメディの使い分けについて、よく分かっていなかったのでおもしろかったです。3次元処方の説明についても、よく分かりました。今日の処方試してみます。

●最近になって処方の仕方が分かるようになってきました。介入の入れ方も今日の授業でだいぶ理解できました。今日はとても丁寧に説明していただいて分かりやすい授業でした。ありがとうございました。

●これまで分かりにくかったマヤズムと介入レメディーの関係を教えて頂いて、すっきりしました。何度も見直して、しっかり覚えたいと思います。またマヤズムの授業を繰り返しやって頂きたいです。

●介入レメディのことが、すごく理解できました。メイン、介入、ノゾーズの順番&ポーテンシーの設定が今いち理解できてなかったのですがスッキリしました。ありがとうございます。

●介入レメディを1つ1つ説明して頂き、使い方、大切さがよく分かりました。資料と授業を参考に、介入を出していきたいと思いました。

●LMの具体的な使い方や、臓器サポートにCポーテンシーを入れる方法などが理解できて良かったです。介入レメディについても、使い方がはっきり分かりました。もう一度自分でまとめなおしてみようと思います。解決方法は自分の中にあるというお話も良かったです。愛も解決方法も外に求めずとも自分の中にあるのですね。

●知りたかったところがよく分かり、とても貴重な講義でした。ありがとうございました。

●愛情、同情、共感。もっと自分のインチャを見つめなおします。介入の使い方がよくわかりました。

●介入の使い方が分かっていなかったので何となくつかめました。使い方によっては反応が強く出ることもあるということなので迷うところですが、勇気を持って使っていこうと思います。今、健康相談を受けているので自分の状態も良く観察していきます。

●ありがとうございました。とても大事な授業をいただきました。相変わらず自分のノートが汚いので、後で思い出せるか不安・・・。

●今、自分が好転反応がひどい状態です。体中、アトピーの皮膚しっしんが酷く、顔も湿疹・腫れ、首の腫れがあります。今日は皮膚の話も多くて、参考になりました。特に最後のケースは自分に重なる部分もあり、今日来て良かったです。介入レメディーはいろいろ実験してみます。ありがとうございました。

●難しかったですが、今まで疑問に思っていたことが解決できました。

●マヤズムの理解がとてもいいかげんだと痛感しました。勉強します。

●歯車の話がすごくわかりやすかった。ガッテン!介入とLMがほぼ分からなかったのが、少し理解できたと思う。LMの使い方をもっと勉強したい。

●難しさはありましたが、理解はしやすかったです。

●介入レメディーについて今日は学び、整理できました。でも理解はまだまだです。

●難しかったですが、、、CK読みます。

●最近、夫が禁煙しはじめて数日後発熱しました。今まで熱は、数年に一度しか出ない人でした。本日の授業で禁煙でずっと酸欠状態だったのが禁煙して、熱が出せるようになったのだと納得できました。

top ▲