ホーム > 2011年度 講義の紹介 > RAHパートタイム 12期&13期

≪最新講義の紹介≫



  2011年5月15日(日)
  講義担当:由井学長
  テーマ: 「ケース分析/生ケーステイク」

【東京校】


生ケーステイク


【福岡校】


【札幌校】


【沖縄校】

【名古屋校】



【京都校】

【大阪校】



【講義の様子】
本日は学生お待ちかねの生ケーステイクの授業が行われ、実際の由井学長のケーステイクの公開授業が行われました。
由井学長のケーステイクを受ける事が出来る事もあり、多くの学生から被験者希望の申し込みがありました。

午前中は、ケーステイクを行うにあたっての心構えと治療の観点が伝えられ、具体例として由井学長自らの体験談があますところなく伝えられました。
ホメオパスとして活動をする中での失敗談。気づきと人生観の変化などの生きた言葉に、ホメオパスの卵達は生き生きとした表情で耳を傾け、大きくうなずきながらノートをとっておりました。

午後は2人の学生が順番に被験者となり、公開ケーステイクが行われました。
エネルギー測定機(QX-SCIO)を使い、由井学長が的確に被験者の潜在意識を読み解く様子に教室から驚きの声があがるほどでした。
また、五感を駆使して患者を観察するだけでなく、ホメオパシー独自のマヤズム医学、インナーチャイルド、エネルギー医学をベースに核心を突く的確な質問を繰り返し、納得のレメディー選択を行う由井学長のホメオパスとしての経験の奥深さを、学生達は必死に吸収しようとする姿が心象的でした。

本日の公開ケーステークにご参加いただいた学生の皆様ありがとうございました。
また由井学長、本日も素晴らしい授業をありがとうございました。

【講義の感想】
●今日の講義もとてもすばらしかったです!とらこ先生のドイツコングレスのご成功おめでとうございます!生徒として会場のスタンディングオベーションにとてもうれしくて感動しました。「神様との取引き」のお話、私も昔そう考えていた時があり身につまされるところがありました。こうしたお話も聞く事ができるのも幸せと感謝しこれからも真剣に学んで実践していきたいと思います。午後の生ケーステイク、これまたすごかったです。QX-SCIO、ますますほしくなりました(笑)レメディーを選ぶまでにいたる道筋を教えてくださってとても参考になりました。ありがとうございました。

●今日の講義もありがとうございました。2年前のコングレスでの先生の気づきのお話、感動しました。どんな地位であろうとも、自分をクリアにして高まっていく先生が、だんだんピュアできれいになっていくのが納得です。自分のことを気づくのはとても難しいと思いますが、難しいと決めつけず、自分の心が乱れたときをチャンスと思い、インチャを解放していきます。講義だけでなく、先生の体験をシェアしていただけるチャンスに恵まれたことに感謝します。ありがとうございます。

●私は今年度初の寅子先生の講義だったので受けていることが幸せでした。午前中はこれから本格的にケーステイクするのにとても役立つ内容でした。寅子先生のお話が胸にとても深く響いてきました。涙がでました。ありがとうございます。

●ありがとうございました。初めのDVDで、ロジーナさんの姿を懐かしく拝見しました。生ケースは大変大変勉強になるので良かった。Q&Aの時間もありがたい色々な思想や考え方もありますが自分で取捨選択出来るんだという思いが、この学問をやっていて気持ちのいいところと思っています。有意義な学生生活を送ろうと今年も頑張りますのでよろしくお願いします!

●今日の講義で長年のわだかまりから解放されました。朝の先生の話、私を見て話してくれているのではと思う程自分とリンクし、すべてが私の為に用意されてるとまで感じました。 本当に全てどの話も、私の未処理の引き出しに入っていて、今日、羽をつけて出て行きました。私の心の中に100%先生の言葉が入りました。自身の日々とリンクしまくりです。私がどんなに感じたかもっとお話したいくらいです。そして、嗚咽を出して子供のように泣けました。今日有る一日、ここ(RAH)がある事、ここにこれる車、送り出してくれる家族、天候、今までもありがたいと思っていましたが、本当にありがたいと思いました。私自身、長男が6カ月の時、気管支炎で入院し、5日目に毎日規則正しい生活を送っていた70歳の祖父が、突然、本当に突然、原因不明で死にました。その時も命の交換をしてくれたと思いましたが本当にそれに自信が持て、心から感謝し、もしあの時息子が死んでいたら今の私なんか絶対いなかったと思います。沢山泣いてすっきりしました。今日もありがとうございました。

●今日の授業では、来る途中の電車の中で考えたことや、昨日読んだニーチェのお話が出て面白かったです。この半年、私自身に起こったことにより、3年生になる事はあきらめかけていましたが、今日やっと3年生になって授業を受けることが出来ました。学校に通える事も当たり前じゃないんだと、私を応援してくれた人にも感謝をして、あと2年、頑張れたらと思います。昨日読んだニーチェの本にあった「人は自分の弱点はあまり知らない」といった言葉、今年の目標は自分の弱い部分を見つめて、よい方向へ向かうようにしていきたいです。

●今日の授業の「罪悪感=執着=欲」には、本当にうなづきました。もっともっと欲しい!! と頭の中で自分の理想を作り上げていたのだと思いました。そして地震が起こり、今、自分が神戸にいて、どれだけ恵まれているのか、私は今までどれだけ恵まれていたのかが判りました。そうしたら執着がハラホレーととれていき、今では、「ま、なんとかなるワー」と気楽に生きられるようになりました。予期せず、ドイツに帰った時も「もう最低」と思いこんでいたのが、温かく家族にうけいれてもらい、皆で助けてもらい、美しい春を満喫できました。罪悪感が私には、まだまだ残っているようですが、学生1年生の頃に比べると成長したし、生きるのが楽しいです。客観的にみると、私たち家族の状態も日本、ホメオパシーも結構大変だけど、これはチャンスなのだと思いました。今日の授業はとっても面白く、これからもホメオパシーでやっていこう!と思いました。私の周りには重病の患者さんが多く、「相談にのって」と言われると逃げることもあったのですが、今日の授業で、できるかは判らないけど、やってみようと・・・という 気になりました。「おこるべくことは、おこるべくしておこる」と理解していきたいです。どうしても私は、ホメオパシーでやっていくような道があるようで・・・

●本日の前半についての感想です。今までホメオパシーを学んでいて、どうしても気分が良くない点が一つありました。ハーネマンの書いている長い長い他者批判や文調です。冷静な分析や批判は必要だとは思うものの、読んでいるうちに(読み飛ばすことも多いですが)、少し暗い気分になりました。バッチのフラワーエッセンスを学び、バッチの著作集を読んでいると、心が洗われ、光がサラサラ流れるような感覚になるのに対し、ハーネマンの文章は時々ドロドロ暗くなり、やる気がそがれるものの時もありました。魂が喜んでいない気がしてしまってました。でも、今日の由井先生のお話内容は光にあふれ、とてもすっきりとした清々しい気分になりました。これでまた快い気分でホメオパシーを学ぶことができると思えました。明るい気持ちで学べるような話をして下さったこと、魂に光を与えられるようなお話をして下さったことに感謝しています。モチベーションが維持できず、休学も迷っていましたが、これで迷いも一旦消えました。ありがとうございました。

●卒業まで僅か1年ですが、それまでに執着と罪悪感を手離すことがとても大事だと思いました。「日常の当たり前」に感謝できる心を持てるよう、日々自分も他人も否定することなく神様に生かされている事を忘れずにいようと思いました。QXを使用しての生ケース、とてもわかりやすく興味深かったです。由井先生、今日もたくさんの気付きを与えて下さり、ありがとうございました。

●ケーススタディを通して質問の仕方、方法論に基づいたポイントの捉え方など、とても勉強になることが多いと感じています。今日のケーステイクでも説明を入れながら進めてくれたのでとても勉強になりました。由井先生、私達学生の為にありがとうございます。

●QXマシーンはやっぱりすごいですね、それよりも何よりもたくさん書かれているなかで患者にヒットするポイントをピックアップする寅子先生はさすがだと思いました。

●1時間の中でどのようなことを知りたいのか引き出すのは難しそうです。症状からなかなかレメディーが浮かび上がらないので質問することも絞りきれません。

●実際にケーステイクをとる際に先生がどんな質問されているかや何を考えながら、クライアントさんと関わっているかを見せて頂き、本当に勉強になりました。自分が今の状態ではまだまだ十分なケーステイクが出来ないことも良わかり、勉強の必要性を感じます。

●生ケースでは、レメディーを選択する過程をじっくり見ることができてよかったです。様々な事柄を考慮に入れて処方が出来上がっていることがよくわかりました。ありがとうございました。

●寅子先生お疲れ様です。ケーススタディ有難うございます。罪悪感についてのお話から始まった本日の講義、とても深かったです。日本人の持つ罪の意識に関して、今回の震災でも再びクローズアップされているように感じました。

●本日はありがとうございました。ニーチェの言葉にはたくさん励まされるような言葉があると思います。生のケース授業、すばらしいと思いました。選択するのは本当に難しいと思います。

●今日もありがとうございました。また今年もケーススタディ頑張ります。最後の学年なので、喜びを持ってやっていきます。

●ちょうど疑問に思っていたような事が今日の内容だったので、とても良かったです。寅子先生の講義を聞くと、いつもはげまされます。

●前半の講義はこれまでの復習とホメオパスとしての姿勢を再認識できました。後半のケーステイクは処方の方向性、絞込みの難しさが理解できました。QXは不思議な機械ですね。

●ケースの授業はとても分かりやすく実践的なのでためになります。レメディを出す前にQXで色々なことを分析していることにいつもびっくりしています。ますますQXに興味をもちます。やはり、メインテニングコーズがある時のレメディ選びは難しいなぁと思います。僕自身レメディの選び方もまだまだだなぁと思います。しっかりと勉強していきたいと思います。

●生ケーステイク勉強になりました。レメディを選んだ理由まで説明して下さり、理解することができました。

●深いところまで先生はスムーズに突き進んでいかれるのに感心しました。三次元処方でマヤズムの見極めもなかなか難しい。シナバリスを梅・淋・かいせんの引き離しに使ったり、ピンポイントでソーファーを使うとか勉強になりました。

●QXの画面を初めて見られて大変興味深かったです。相談会の流れを表側・裏側から学習できました。TBRソフトの使い方もよくわかりました(自己流だったので)。クライアントに出てくださった方、ありがとうございました。

●由井先生ありがとうございました。DVDのケースよりも、途中のあいの手で由井先生がどの様にレメディを決めているか見えて「凄い!!」の一言です。まだまだご指導宜しくお願い致します。

●生ケーステイクはとてもためになりました。これからケース見学も積極的に受けたいです。ありがとうございました。

●当たり前でしょうが、寅子先生のレメディ選択には頭が上がりません。今日も刺激一杯の内容でした。

●初めての生ケーステイク、とても楽しかったです。生ケースではないと、とら子先生がレメディーを選んだ結果しか見られないので、考えながら選んでいく様子がわかり、参考になりました。

●ものすごく盛りだくさんな1日でした。当たり前のことをありがたがる。有り難い→あるのがあり得ないこと、なことが日々ある。本当にありがたいと思います。ケーステイクは、書き取るのも理解するのも必至でした。今晩きちんと復習しようと思います。

●本日は生ケーステイクの授業でした。今年はケースをとらなくてはいけないこともありいよいよ実践的になってきたなと実感しました。午前中に教えていただいたホメオパスの心構えのパートでは、罪悪感とカルマについて、「神とのかけひきだ」という先生の言葉にハッとさせられました。今までそういう観点で考えたことがなかったので、またひとつ視野が開けたような気がします。クライアントとの接し方から全体の流れまでとても細やかに教えていただけて、これからケースをとっていくにあたってとても心強く感じる授業でした。QXのパートでも昨年の授業よりもより深く理解することができました。本日習ったことを自分自身のこれからに生かしていきたいと思います。ありがとうございました。

●とらこ先生、今日もどうもありがとうございました。最後にとらこ先生が仰ったように、実際のケーステイクを見学すると、質問の仕方や話の引き出し方、クライアントさんとの接し方なども勉強になりますし、どのように考えながらレメディーを探っていけば良いのか、何となく感じ取ることが出来ました。ありがとうございました。

●生ケースで他の方の質問とかで自分の理解がまだまだだと反省です。生ケースを聞きながら 書いて⇒入力 こつこつ頑張ります。

●ケースにご協力いただいた方、本当にありがとうございました。今日のケーステイクはとても良い内容だったのでとても勉強になりました。

●今日も盛り沢山の授業ありがとうございました。罪悪感から始まり、自分も自己不信のレメディをとってみようと思いました。LMの使い方は最近ようやく少し分かってきました。先生のように潔くレメディを選んでいくことは、私はまだできないのでたくさんレメディをとりつつ、LMも試してみたいと思います。

●帰って、ノートを見て、まとめの用紙に書き写したいと思います。質問など、大変参考になりました。有難うございました。

●午前中、盛りだくさんでついていくのが大変でした。午後の生ケースは、QX-SCIOは本当に面白そうだと思いました。修正まで出来るのには、驚きです。

●生ケース、楽しかったです。午前中のお話もいろいろ心に響きました。強すぎる道徳観、大きな課題です。

●生ケースとても良かったです。QX本当にすごいですね。もっと使い方、何がわかるのかを知りたいです。

●由井先生の迫力に圧倒されました。勉強不足を痛感しました。クライアントさんになって下さった方に感謝します。なかなか自分をさらすことは、出来ないものですのに。

●今日の授業も勉強になりました、ありがとうございます。

●生ケースは、さすがと思いました。

●生ケース、QX-SCIOとても面白かったです。

●QX-SCIO、すごく良かったです。

●由井学長、ドイツ行きお疲れ様でした。色々な窓を開けて頂き、先生には感謝しています。ありがとうございました。

top ▲