ホーム > 2011年度 講義の紹介 > RAHパートタイム 12期&13期

≪最新講義の紹介≫



  2011年5月14日(土)
  講義担当:酒向先生(DVD)
  テーマ: 「臨床病理②」

【東京校】


【福岡校】


【大阪校】


【札幌校】

【沖縄校】



【名古屋校】

【京都校】



【講義の感想】
●本日の授業は、免疫と腫瘍についての総論の授業でした。臨床病理の面から、特に癌について詳しい説明でしたが、癌の原因として食事に気を付ける 事が最も大切であると話されました。現代医学では、食事指導はされてないことを癌を専門に勉強された現役の医者から話されている事を充分に考え、 ホメオパシー的側面から由井学長のおっしゃっていることと併せ、これらを実践し周囲に伝えていきたいと思いました。本日は、ありがとうございまし た。

●高度な内容を分かりやすく、面白く講義していただいて感謝しています。昨年解剖生理の授業をやっていなかったら、ちんぷんかんぷんだったかもしれません。全てを暗記したり、理解できなくても、用語だけでも頭に入っていると整理しやすいと思います。ホメオパシーの考え方とも共通点があり、酒向先生の豊富な学識からそれが浮かび上がってくることがあり、それを発見できることも大きな成果です。

●病理を細かくわかりやすいように教えて頂きとてもありがとうございます。「現代医学では対症療法なので治療が難しい病理こそホメオパシーを使うのはいいかも」という酒向先生の言葉に励まされます。しっかりと学んで賢く生きていきたいです。

●酒向先生の講義第2弾。核心に迫る専門的な解説。大変興味深く受講しました。免疫と癌。気がつくと身内も大腸癌にかかり、ホメオパシーでリハビリ治療中なのですが、ファミリーケアで免疫と癌について説明するつもりがままならず、まだ、きちんと理解できていない事ばかりなので、学ばなくてはいけないと痛感しております。ホメオパシーがどのようなプロセスで症状に作用するかを理解するうえで、医学の専門基礎知識は必須だと思います。酒向先生の説明はクールで明解で解り易いので今度は、ぜひ生講義でお話をおうかがいしたいです。アロパシーしか信じていない人々にホメオパシーをしっかりと伝える為のコツを伝授できましたら幸いです。ありがとうございました。PS:食生活の話は、今回第一のトピックでした。癌について医師が語る食の話には説得力大ですね。さらに医療費にお金をかけない事に賛成という話も・・・。

●難しい内容でしたが、大変勉強になりました。ありがとうございました。酒向先生の講義はRAHではあと1回ですが、CHhomの講義もぜひ聴講させて頂きたいと思います。現役医師ならではのお話、とても楽しく聞かせていただきました。

●いつもおもしろい授業をありがとうございます。豊富な知識をふんだんに教えて頂いて飽きません。千島学説の本読まないとなと思います。免疫の話良く分かりました。IgEやIgC、B細胞、T細胞など今まで由井先生の授業で沢山出ていたけれどわかってなかったなとわかりました。乳がんとマンモグラフィの話は興味深かったです。

●免疫と癌という難しい分野でしたが、ホメオパシー病理と免疫系のとらえ方は重なる部分も多く、納得することができました。癌のお話は知らないことばかりだったので、良い経験になりました。酒向先生ならではのご意見・ご考察が大変参考になります。

●ホメオパシーの病理診断で聞いたいた部分もあったので思っていたより理解できました。ただ、ガンの部分は目がテンになる裏話が聞けて嬉しいような悲しいような。ほとんどの病気は原因も治癒への治療法も持ちえていない、というのは何ということか。それに疑問も持たずにいる患者も変わらなければ日本の医療は変われないなぁ、と思えました。おまけ話たくさん聞けて興味深かったです。ありがとうございました。

●とても分かりやすくて、聞いてておもしろいです。しっかり聞けます。酒向先生のイメージが変わりました。もしかして、根が明るいというのは、こういう方なのかなと感じました。現代医学の考え方、ホメオパシーは根本から考えられている、現は表面から考えられていると思いました。受けれて、とても良かったです。今日もありがとうございました。

●とてもわかりやすくおもしろかったです。経験からのカゲキ(笑)なお話は最高です。またいつか生でお話を聞きたいです。ありがとうございました。

●難しい所もありましたが、丁寧な説明で理解しやすかったです。ユーモアも交えながら本音のお話もうかがえて大変役に立ちました。

●酒向先生の授業は、とても刺激的で面白かったです。もっと病理の勉強をしたくなりました。

●とても良かったです。病気のしくみ、現代医療の考え方、現状をもっと知りたいです。

●ありがとうございました。親しみやすかったので話が理解しやすく感じました。独特の思想を元に一般的でない部分の違いを話されるのが良かった。

●とても勉強になりました。腫瘍にも色々と種類があり、悪性腫瘍にも色々な要因、経過があることがよくわかりました。

●昨年、解剖生理学で学んだ免疫の仕組みが詳しく解説していただいて分かりやすかったです。ヘルパーTがTh1、Th2に分かれていくところなど意味が分からなかったので。似たような細胞名がそれぞれ違った働きをして免疫を支えているのがよくわかりました。

●授業の資料がまとめて有り、聞くことに集中出来てよかった。

●臨床現場の実状がお聞きできて楽しいです。勉強になります。

●医療の裏側が聞けておもしろいです。

●酒向先生の授業は分かりやすかった。

●苦手な免疫の話、何度聞いてもなかなかきっちり理解出来ません。復習します。

top ▲