ホーム > 2011年度 講義の紹介 > RAHパートタイム 12期&13期

≪最新講義の紹介≫



  2011年4月16日(土)
  講義担当:由井学長
  テーマ: 「緊急対応レメディー」

【東京校】


【大阪校】


【名古屋校】


【沖縄校】

【福岡校】



【講義の様子】
テーマは「緊急対応のレメディー
災害対策レメディーと緊急対応時のTBR活用法」

はじめに、由井学長より、先日東北の被災地を訪れた際の支援活動の報告が行わ れました。
実際に被災地に降り立った由井学長が感じた思いを皆で共有し、感極まった教室には深い沈黙が訪れました。

午前の講義では「今回の地震の裏側に隠された真実とは何か」が伝えられ、 その背後にある問題−思惑、因果関係に対する鋭い指摘が展開されました。

−罪悪感を埋め込まれた日本人が、自らの力で再び立ち上がるためにはどうすればよいか−その希望となりえる、放射性の害に必要なレメディーが紹介され、今年10月に開催されるホメオパシー全国大会JPHMAコングレスの意義がここで改めて伝えられました。

午後には緊急対応レメディーについて。
アレルギーなどの緊急時に応急対応としてどのレメディーを選択すべきかを TBRを使った演習を交えて学びました。

【講義の感想】
●おかげ様で4年生になれました。今の日本のこの状況下で、ホメオパシーを学ぶことのできることに心から感謝しつつ、ラスト1年頑張りたいと思い ます。よろしくお願いいたします。午前中の講義、久々にお会いできたとらこ先生に、なぜだかとてもとても嬉しく、講義に夢中で聞き入っていました。4月頭に福島〜岩手に動かれた由井先生の行動力、本当にすごいです。この3月は、私自身、見えない放射能への恐怖にすくんでしまい、パニくってしまいました。そんな中、ケイタイでJPHMAのページ、とらこ先生のメッセージを読んで、レメディを摂った時のように、冷水をかぶったよう に、目からウロコがおちました。自分が何に恐怖しているのか、あふれる情報に翻弄されて自分を見失っていたことに気付くことができました。本当にありがたかったです。とらこ先生がレメディです。大きな力を前に、何もできない自分がもどかしいのですが、今はとにかくホメオパス(プロ)になること、身近な学生ケースのクライアントさんや家族のためにホメオパシーを役立てていくこと、まわりに伝えていくことを心がけたいと思います。5月に、友人のカフェでホメオパシーのプチセミナーをすることになりそうです。できる限りがんばります!!

●新学期は涙でスタートしました。この1か月と少しの間、不安な中レメディをとりながら日々を過ごし、寅子先生のメッセージを直接聴ける日を心待ちにしておりました。本日の講義で、現地の話をダイレクトに伝えていただき、涙がとまらなくなり、由井先生の詩を胸にとめ・・・さらに知られざる エピソードを知り、驚きつつもどこか納得してしまうのでありました。(・・・しかしどうまわりに伝えるかが問題ですね。レムリア、アトランティスのことも・・・)世の中は、何があってももはや驚かなくなってしまったような気がしますが、光と影があるように白と黒があり・・どちらのサイドに生きるかを常に問われているように感じます。「昔の知恵をもう一度!」という寅子先生に賛同します。今こそ先人の知恵に学び、医食同源に生き、地に足をつけホメオパシーを学びたいと思いました。P.S RAレメディはいろいろな好転反応を感じています。鼻血と出血・・・。まさに本のテーマでした。P.S 麻のある暮らし、私も大賛成です。奈良に行くたび感動します。

●いつもありがたい講義ありがとうございます。私は広島に住んでいますが、震災のニュースを聞いた時、不安と恐怖でいっぱいになってしまいました。しかし、由井先生のメッセージや、今回の講義を聞いたことにより意味があって起こっていることを理解し強くならなければいけないと考えられるようになりました。震災で困っている方には資金的援助しかできていない事にもどかしさを感じていましたが、ホメオパシーをもっともっと学び、これからは世の中に貢献できるようにがんばっていかなければならないと強く思いました。由井先生のメッセージにも感動しました。考え方も前向きになれ、皆で乗り越えていかなくてはならないと思えるようになりました。由井先生のように言葉のレメディーも送れるホメオパスになれるよう頑張りたいと思います。すばらしい講義、ありがとうございました。

●今日は講義をありがとうございました。震災以来、どのように生きるのかを一人一人につきつけられているように感じます。ホメオパシーを学んでいるおかげで、この状況に自分なりに動揺することを最小限に対処出来ていると思います。ホメオパシーを学んでいる者として、今日の講義を含め今まで学ばせていた事を少しでも役立たせることが出来るように努力していきたいと思います。予定が変わり由井先生の講義を受ける事ができ、とても嬉しかったです。

●震災時の対応の早さ、また4月に入りすぐに東北3県に入られた由井先生スタッフの方々に勇気づけられると共に、感心しておりました。(HPにアップされていたことも含め)DVDから災害対応レメディの授業に変更して頂き、感謝しています。細かい対応わかりやすくありがたかったです。

●いつも以上に、重要な講義であったと思います。この様な事柄を、教えてくれる学校はやはりここしかないと、改めて思いました。ありがとうございます。

●DVD授業から急きょライブでの授業に変更して下さってありがとうございます。地震があってから、いろいろな情報が錯綜し、皆、不安がっていたので、今日の授業で大分安心することが出来ました。本当に感謝です。今日、こうして授業が受けられることに感謝です。自分の健康は、自分で守るという考えで、一日一日大切に過ごしていきたいと思います。AAAレメディについて。摂った後、よく眠れるようになりました!!「お守り」としてとても役に立っています

●DVD、とても心に響きました。いち早く現地に寅子先生自らがおもむいて、レメディ散布をしたり、同志(とあえていわせて頂く)を励まして来て下さったこと、感謝の気持ちでいっぱいです。抗体の血液のお話は、以前も聞いたのに、解剖生理の授業でもやっているはずなのに、やっぱりかなり難しく感じました。寅子先生の授業は頭も手も忙しくて、毎度疲労困憊しますが、膨大な量の情報が多岐に渡って学べるのでとても充実感があります。今年もよろしくお願いします。

●私は広島出身で、被爆2世だし、ここでも勉強しているので、放射線の害については、知っているつもりでしたが周りの恐怖心や不安の大きな波に巻き込まれ消耗していましたが、今日の先生のお話でとてもスッキリしました!落ち着いて周りの意見に流されずいるべき場所にいようと思います。これからもホメオパシーを使っていきます。ありがとうございました。

●アレルギーに関して、もっと独学して理解を深めなければならないと痛感しました。全くクライアントさんに説明できません。なんとなく分かっているだけでは、今に痛い目にあうと思いました。TBRももっと早くひけるようにならないとダメだと思いましたし、もう4年生なのに、こんなんでまずいと焦りました。今日は今年度初日の授業だったので、寅子先生の生授業になってとても嬉しかったです!ありがとうございました。

●被災地に由井学長が行ったDVDをみて、とても嬉しく思いました。現地の人はとても励まされたと思います。放射能のこともよく分かっていなく不安に思う事ばかりだったので、説明してもらえてよかったです

●JPHMAの地震に対する活動を聞けてよかったです。久しぶりの授業を受けて、少しつかれましたが、今の私たちに必要なことがたくさん聞けて、 自分だけでなく、家族や友人にも使えるものが分かって良かったです。ホメオパシーもユーザー1人1人も、いろいろ大変な時期だとは思いますが、細々でも、次の世代に続けられるようにがんばりたいですね。

●被災地の様子と寅子先生のお話、改めてこの災害のすごさを再認識しました。私達の出来る事が、いっぱいあるのを痛感しました。寅子先生のお話にびっくりしました。先生もお体、ご自愛下さるようお願いします。私達の大きな希望です。

●由井先生の被災地訪問のご報告、とても心動かされました。さすが、とら子先生だなと思います。お疲れ様でした。特に、放射線被爆の対応レメディーは勉強になり助かります。有難うございました。

●いろいろ大切な事を教えて下さってありがとうございます。尊敬する気持ちがさらに大きくなりました。ついて行きます。放射能は大量だと怖いけ ど、今ぐらいのでは平気なんですよね。由井先生のお話を聞いてとても安心しました。真実を見る目を持ち、それで正しい事を行い、いつも通りやるべ き事をしっかりやって情報に踊らされずに生活していきます。そしてあと1年、しっかりホメオ パシーを学びます。宜しくお願いします。

●新学期1日目の授業で、災害対策レメディーのお話で勉強になりました。実際自分がそういう状況にあったら、すぐにレメディーを選べる自信がありません。しっかり復習したいと思います。被災地に行かれたという事で、先生の行動力に感動しました。これを機に、ホメオパシーが広まれば良いと思います。

●震災関係のお話はとても考えさせられるものがありました。本当に私たち一人一人がよく考えて行動におこさなければならないと思いました

●とっても聞きたかった事なので、授業の変更が嬉しかったです。今の状況に合せて、フレキシブルに対応に対応した授業が嬉しいです。感謝です

●私の息子(小3)は地震2週間後に熱を出しました。夜にうなされていました。聞いてみると「みんなが地面をひっぱっている。音が聞こえる、こわい」とのことでした。Stram.ですぐすーっと寝てくれました。今日の授業で「みんなが地面をひっぱっている」の意味がとてもすごく納得しました。ホメオパシーっ子なので、敏感なのかもしれません

●本日は由井先生にお会いでき、本当に良かったです。代表して災害地に行って下さったこと、活動等を見せて頂きありがとうございました。凝血の RXは大変勉強になり、知りたかったことなのでとても良かったです。

●人生は同種療法であるとの言葉には大変納得しました。全てが必然であるとし、受け入れがたいことも受け入れる強さを持ちたいと思います。有難う ございました。

●授業ありがとうございました。先生がすぐ福島等、原発も気にかけずに行って下さった事は、本当に有難かったです。余震も続いて、何だか本当に地 に足がつかない上に、今日の人口地震についての話は、本当に驚きました。何にも知らなかったんだと、ショックでした!!でも、とてもいい勉強にな りました。

●本日はありがとうございました。先生を、ホメオパシーを(それを学んでいることを)とても誇りに感じます。がんばりたいと思います。「AAA」 「RA」これからぜひとらせていただきたいと思います。

●RAのお陰で、心配な気持ちも落ち着きました(AAAよりも)。花粉症にも合うというのも、すごく納得出来ました。日本の昔からの食事の大切さも良く分かりました。アレルギーのIgEなどのちがい、まだきちんと理解出来ていなさそうです・・・復習します。ありがとうございました。

●後半にいろいろなレメディーを習いましたが、書いているうちに全部おなじく思えてこの使い分けが難しく感じました。

●放射線は必要以上に怖がることはないのだと分かりました。衝撃的な話もありましたが、日本人の誇りを取り戻すために変わっていこうと思います。

●事実をあきらかにしようということや、正しい事をしようとしたときに、明らかになるまでは応援されるのに、いざ行動になるというと立ち止まる人、知らん顔する人、大多数です。数少ない人生経験ですが、私の体験の中でも多々ありました。今思えば、ホメオパシーをやる為の免疫づけに経験したのだなと感じています。

●福島他地域での貴重なお話、情報をありがとうございました。奇跡的なタイミングによってレメディが届いたことは大きな希望だと思いました。今、私たち一人一人がこれまでの暮らし方、生き方を問われているのだと思います。過剰に求めたり消費するのではなく、必要な分量、身の丈に応じた暮らしに転換する時期にあり、転換していけるかどうかを問われているのでしょう。ホメオパシーが日常生活の中にとりいれられていく、受け入れて行くということは、結果的に転換していくことにつながっていくことのように思いました。

●急性の勉強は役立ちました。これから一年間がんばって勉強します。第一回目に 由井先生の授業が受けられてよかったです。

●けっこう内容、盛り沢山でした。日本古来の発酵食品は、どんどん取り入れたいと思います。

●放射線のレメディー、お血の話、レメディーは大変興味深かったです。すべて とってみたいレメディーばかりで家族にも、是非試してみたいと思います。あり がとうございます。

●ありがとうございました。今、被災者もそうですが、現地であらん限りの力を発揮され ている自衛隊の皆さんの精神的サポートも何とかできることがあったら良いな、と思う次第です。(現地の捜索犬も相当元気がないそうです)多くの復興努力をありがとうございます。今後ともみんなで頑張っていきましょう!!

●今日はライブ授業をありがとうございました。思う事はいっぱいありますが、すぐには書き出せません。先生も大変かと思います。私も出来る事頑張ります

●MMの授業だけではのみこめない特徴が少しわかりかけるようになりました。

●難しかったですが、復習がんばります。

●ありがとうございました。

top ▲