ホーム > 2011年度 講義の紹介 > RAHパートタイム 12期&13期

≪最新講義の紹介≫



  2012年1月28日(土)
  講義担当:由井学長
  テーマ: 「ホメオパシー病理 内分泌 II」

【東京校】



【福岡校】


【札幌校】

【大阪校】



【名古屋校】

【沖縄校】



【講義の様子】
先月に引き続き、由井学長のホメオパシー病理『内分泌』の続きの授業が行われ、
躍動感に溢れる授業に学生達は生き生きとした表情で受講しました。

内分泌は人生で起こる苦難によってホルモン分泌が乱され、その後の人生においても
感情面や代謝面に大きく影響を与える事が知られています。

授業では、人間の霊的なボディーと肉体的なボディーを繋ぐチャクラシステムと
内分泌が関連付けられ、肉体-感情-魂を一体となった『生きた人間の病理学』
が展開されました。

また、各内分泌のセクション毎に由井学長の臨床ケースが映像で紹介され、
劇的な治癒に導くのに内分泌の調整が欠かせない事を実感する内容でした。

その他、患者さんの機能不全の内分泌を見極める方法が伝えられると共に、
内分泌を調整する特殊なレメディーをサポートして投与する技術が伝えられました。

由井学長は体験から得た素晴らしい知恵を惜しげもなく後輩達に伝え、
学生達は集中力を切らす事無くスポンジのように吸収しているようでした。

由井学長、素晴らしい生きた授業をありがとうございました。
学生の皆さん、本日もお疲れ様でした。

【講義の感想】
●ホメオパシーに出会えて本当に良かったと思います。ホメオパシーに到達できた自分をほめています。由井先生には卒業後も学びたいです。日本にホメオパシーをもちこんで下さってありがとうございました。4年目にしてやっとインチャと向かいあえるようになりました。それは授業の内容から、そしてレメディを数々ととってきた結果ですが、4年かかりました。気づきは治癒の第一歩です。今後も授業を復習し、学びと気づきを深めたいと思います。4年間ありがとうございました。

●丸一日の由井先生の講義は今日が最後。一言一言かみしめながら聞きました。ケースも10年もかかっている重いケースを最後に見て、人間の抱える問題の奥深さを改めて感じさせていただきました。生きることは大変ですけど、素晴らしく味わい深いものでもあるとも思います。ありがとうございました。

●内分泌と臓器の関係また、臓器のメッセージの関係、病理、レメディの知識と多くのことをケースを通して講義いただきありがとうございます。充実した内容でした。

●最後の授業でした。4年間本当に有難うございました。最初の授業も昨日のように覚えています。魂のホメオパスになるよう精進します。今後もご指導宜しくお願いいたします。

●内分泌とチャクラの関係がよくわかりました。チャクラについてあまり詳しくないので、もっと東洋医学も勉強したいです。また、魂のホメオパスにいつかなりたいなとも思いました。

●卵巣に手を当てて、めいそうした時、自分は許せていないんだとわかりました。昔の彼氏のことや、私を祖母に預けて働いていた母のこと、厳しかった父のこと、頭ではみんな仕方なかったんだと思えるのですが、それを許せていないから苦しいんだとわかりました。許して流せていけるようインチャいやしをしっかりやりたいと思います。今日もありがとうございました。

●今日もありがとうございました。病理を正しく判断するのは難しいなと思いましたが、少しずつ自分でも勉強していきたいです。インナーチャイルド、患者さんに誠実に向き合うことの大切さが分かりました。

●「自分が自分を粗末にすると、人も自分を粗末にする」自分の尊厳は自分で勝ちとらないといけないという言葉とても感動しました。自分にもあてはまるところがあり、心にしみました。私ももっとインチャを癒して強い人になりたいです。

●RAHに入って本当に良かったと思える事と、手にしたものの大きさを感じています。まだまだ、日々勉強ですが、本当に価値ある楽しい4年間でした。由井先生への気持ちは、日々大きくなるばかりです。先生と同じ時を生き、直接学ぶ事が出来、貴重な時間を過ごせました。ありがとうございました。

●由井先生のホメオパシー的病理はとても学び深い授業です。ホメオパシーを実践していく上で、この授業がとても役に立ちます。ぜひ、ホメオパスの強化学習でもホメオパシー的病理をお願いします。ホメオパシー的病理の授業は、何度受講しても学ぶべきところが多くあると思うので、これからも学生の授業に参加したいと思います。

●内分泌のレメディには興味がとてもあり、今回チャクラとの関係と一緒に教えて頂いて、とても参考になりました。メインのレメディと共に内分泌のレメディを使うとすごく相乗効果があると思うので、これからも勉強を進めていきたいと思います。今日のケースを見ていても、由井先生の処方にはいつも感動します。

●授業ありがとうございました。インチャを癒すことはとても大事ですネ。私自身もインチャで苦しいままなので、インチャのホメオパス!!とてもいいと思います。育児相談をしていた時の相手の話にまず「共感する!!」という姿勢も、子供が罪悪感を抱くプロセスの説明の話も生かせるかも、と思います。その前には、まず自分が癒されないと…。

●本日も、とても楽しい講義をありがとうございました。丸々1日のとら子先生の講義は今日が最後…と思うとこれまでの4年間を思い出し、何とも感無量でありますホメオパシーをとり巻く厳しい話を聞くたびに、本当の療法だからこそ、ここまでバッシングされるのだと確信するようになりました。プロになる私達がしっかりホメオパシーを血肉にしてこれから自分たちが広げていけるように微力ながらがんばりたいです。日本のホメオパシーを決してつぶしてはならない!と思います!!とら子先生もがんばってくださいアメリカ行…、しかし、とら子先生の処方、毎回すごい!!です!!学べば学ぶほどすごさがわかってきました…

●ありがとうございました。前回のころから、先生の話していることが、よく理解できるようになり、時間もあっという間に終わります。松果体と胸腺のレメディをとりはじめたことからでしょうか。もともと知っている病理の内容と先生の言っている事が結びつき、チャクラのことも知っていたので、良くわかりました。ありがとうございました。

●ありがとうございます。内分泌の残りはもうないのかと思っていたので今日最後までいけて大変良かったです!配布プリントが、補ってくれて大変助 かります。書ききれない部分は、資料が命ですから!とうとうあと1年になってしまいました。昨年よりは、今年の方が心にはゆとりがありますが、結局日々の復習は追いついていないので、やっぱり追試か?!正直なこというと、あと4年留年して、め一杯ここでやりたい。。。学長と逆に苦労した人生ではない 分、どのよ うにクライアントを励ませるか不安です。

●わかりやすかったです。最後まで内分泌が終わって嬉しいです。ありがとうございました。試験勉強頑張ります。

●今日、寅子先生の最後の授業でした。今日のケースのような話を患者さんにできるかと言えば、私にはとても無理です。なので、イン チャの集中講座 を開設させるということで、本当によかったと思います。寅子先生のあたたかい心からのお話に、本当に患者さんは救われることでしょう。私もイン チャをよく 理解して、言葉のレメディーをかけられる心のホメオパスになれるように頑張ります。友人が、とあるホメオパスさんから「離婚」を勧められたとのこと。私に も相談があったのですが、私は反対しました。今では友人は離婚しなくて良かったと言ってます。本当に親身になれば、簡単に離婚は勧められないはず です。そ のように患者さんにも友人のように考えてあげられればよいのだと思いました。

●最後の講義、とてもよかったです。今まで見たDVDを別なテーマから改めて見ることは、とても解りやすく、大切なことだと思いました。改め てインチャが 大切なことだと解りました。自分のインチャの癒しも含めて、もっと自分の心を見つめて行くことで、命をかけて魂のホメオパスになれるように努力し ていきた いと思います。本当にありがとうございました。また来期もよろしくお願いいたします。ぜひ来期のインチャセラピストの講義も受けてみたいと思います。

●本日もありがとうございました。内分泌をしっかり理解することは、治癒へのプロセスにとても重要になるので、きちんと復習したいと思います。 ケースでは、母の行動で折角の進展がダメになってしまうことが多く、残念なことが多いのを実感します。

●ホルモン治療を受けている方が多いので、とても勉強になりました。チョコレートのう腫、インターネット中毒の方、インチャの深い所までカバーなさったホメオパシー処方、見事でした。恐怖体験が感情にフタをしてしまい人生を行きにくくするそのサポートをホメオパシーがしている様子がよく相談会から感じられ、感動して涙が出ました。

●由井先生、今年(今期)も一年ありがとうございました。毎回、右手が疲れるくらいノートを取るのに必死でしたが、気持ちは元気になって、帰宅していました。これからはセミナーや強化学習でしかお話が聞けないのがさみしいです。由井寅子の教え子として頑張っていきます。

●内分泌の講義ありがとうございました。クライアントの問題を様々な面からみれる方法を教えて頂きました。実際に使えるようになっていきたいと思います。

●インチャの問題は難しいです。おそらく自分にもあると思いますし、それを向き合いたくない自分もいるのも知ってます。いつかは向き合わないといけない問題だと思います。あと1年あります。その中で向き合っていこうと思います。

●今日がとら子先生の最後の講義だと思うと、とても感慨深く授業を受けました。見せていただいたケースにより、改めてホメオパシー でしか治すことのできないものがある、ホメオパシーは真の療法であるということを感じました。そして、その療法を真に理解してもらいながら治療を 進めていくことのむずかしさも改めて考えさせられました。とにかく、自分でできることを忍耐を持って、偏見を持たずに少しずつやって行きたいと思 います。

●今日も盛り沢山の情報ありがとうございました!先生とクライアントさんが泣いている姿は本当に心というか魂にジーンときました。ものすごくエンパ シックな場となってて、あれがあればクライアントさんはどんどん良くなっていくのでは、と思いました。卒業前なので先生の言葉全てがよくわかりま す。よくわかるようになった自分を褒めたいです(笑)。今日は改善してて悪化したケースなど、とても参考になりました。充実した授業ありがとうご ざいます。

●寅子先生〜今日もvividな活気ある授業をありがとうございました。ADHDの性のケースは涙しました。私自身もまさにそ ういう時期があり、本当に苦しかったので気持ちがとても良くわかります。インナーチャイルドが泣きたくても泣けな いのはツ ライですね。わたしも苦しんだ数年間の中で、ハグして泣かせてくれる人に出会うまでさまよったように思います。あのハグと嗚咽の涙は感動的でし た。ホメオパシーの可能性はアジアやアフリカの貧しい女 性たちを救うと感じました。私はトラコ先生の愛あふれることばのレメディーの力に感動しました。拍手!!!インナーチャイルドセラピストとしての 資質はホ メオパスには必須だと思います。今後授業カリキュラムで大切にしていただけたらありがたいです。

●最近のとら子先生は涙を見せたり、正月からヤル気が出ないと口にしたり、子育ての失敗談など披露してくれたり、なんかいい感じだなぁと思います。入学したころはビクビクしていましたが、先生もいろいろあって、端から見たらスゴイ先生でも、その中で葛藤があって、変化があるのですね。卒業できても、まだまだ学ぶことがいっぱいです。

●最後のケースの人、すごく気になっていたので、すごく良くなってよかったです。私も大分ホメオパシーのおかげですっきりしましたが、まだまだあるのですこしずつはがしていきたいです。ホメオパシーのおかげでいろいろありすぎて勉強まで行きつきませんが、あとすこしがんばります。ありがとうございました。

●先生の授業ではいつも泣いているような気がします。ケース5は私ではないかと思ったりすると涙が出てきてしまいます。ホメオパシーに出会えて本当に良かったと今日も思いました。もうすぐ4年生になるのですが、自分のスピードで歩いて行こうと改めて思いました。

●内分泌、とても重要なパートだと思いました。今まで臓器、ミネラルばかり気にしていましたが、内分泌も頭にいれていかなければと感じました。

●4年間は、本当にあっという間ですね。まだまだ学ばなければならないことばかりで、一生勉強だと思っています。けれどもこの4年間で得たものは一生の宝物だと思っています。本当に本当にありがとうございました。

●ホメオパシーを必要とする人たちが多い事を改めて感じました。本日のケースの方々の人生を思うと、ホメオパシーがやはり現代には必要だと思えました。

●内分泌と感情の関係が興味深かったです。本日のケースは、とても勉強になりました。

●4年間本当にありがとうございました。この4年間でいろんな学びがあり自分が本当に楽になりました。今後もコツコツ自分のペースで学んでいきます。

●インナーチャイルドは深いし、多くの人がもっているので、ホメオパシーでよりどんどん良くなってほしいと思いました。

●由井先生の講義はいつも楽しく興味深くあっという間に過ぎてしまいます。4年生になって今さらながらもっと勉強したい、学生でいたいと強く感じています。いつもありがとうございます。

●内分泌は本当に難しいと思います。あと一年間しっかり学んでもっともっと身につけたいと思います。

●とても内容の濃い授業でした。

●内分泌の大切さが学べました。

●自分を含め、多くの人がインナーチャイルドで苦しんでいるのだと思いました。

●大変な覚悟が必要です。わかりました。

top ▲