ホーム > 2011年度 講義の紹介 > RAHパートタイム 12期&13期

≪最新講義の紹介≫



  2012年1月14日(土)
  講義担当:由井学長
  テーマ: 「オーガノン講読(7)」

【東京校】



【福岡校】


【札幌校】

【大阪校】



【名古屋校】

【沖縄校】



【講義の様子】
本日の講義は由井学長によるオーガノン講読の講義です。
卒業を控えた高学年(12期・13期)の学生の皆さんへ
これまでのオーガノンの講義の中で難解だった箇所を
しっかり理解してもらうために復習としてとりあげました。

まずハーネマンの素晴らしい発見、ホメオパシーの「作用・反作用の法則」
から、解釈を誤りやすいポイントをクリアに説明していただき、
そしてハーネマンから発展した現代のメソッドとして、
ハーネマンの時代になかった薬害、放射能の害に対する
レメディーアプローチや、ハーネマンが難治とした心の病気、
インナーチャイルドを癒すための鍵となる大切な考え方を
学長自身の体験談からお話していただきました。

生活習慣病が蔓延した現代社会を病気にならないように生きて行くためには、
あるいは放射能の数値が高い地域でも健康に生きて行くためには、
自己治癒力(バイタルフォース)を高めることが必要です。

その手段としてホメオパシーの役割があります。

本日はその必要性と有効性を証明するものとして、実際に福島の
クライアントさんより現地でホメオパシーが活躍し求められているという
報告が紹介されました。

【講義の感想】
●今日のオーガノンの講義は、おもしろかったです。とても基本的な1次作用、2次作用を再確認することもできましたし、病気をつくる因子のことも復習できました。寅子先生のトークもおもしろおかしい中にも、理にかなったホメオパシーの本質というものがしっかり入っていて、よりわかりやすいものでした。本当にためになる講義でした。

●オーガノンの再読部分を先生の説明でもう一度確認ができて良かったです。前とは受け止め方が違う気がしました。又、同じレメディーでも、マヤズムの違うプルーバーによって出す症状が違うというのがすごく理解できました。今日もありがとうございました。

●今日も楽しく充実した講義をありがとうございました。これまでの授業の集大成的な内容、今日のノートは卒業しても大切にしようと思います。今日は、いつにも増してとらこ先生はパワフルでした。「今、この状態が幸せ、ミラクルなのだ」という話、いつも聞いているはずなのに、こうして 学友たちと共に先生の講義を受けるのもあと少しと思うとあらためてこの4年に感謝の気持ちが湧いてきて涙ぐんでしまいました。ずっと授業を受けて いたいです。プロになっても学長講義(CHhomの)を受けたいです。特に新しいマテリア・メディカは受けさせてください。卒業試験前で少々セン チメンタルな感想ですみません。

●今日の講義は1年生の時からの復習と確認ができてとてもよかったと理解しています。特に1次作用と2次作用についてのレメディーとの関係性につい てきちんと理解できたのでうれしく思います。マテリア・メディカの新しい講義についてとても興味があります。もっとレメディーの理解の仕方が違っ てくると思います。ぜひ詳しいことをお聞きしたいです。

●「必ず出来るようになる」と、自分に言い聞かせながら頑張れるようになったお兄ちゃんの様に、私も自然にそう思える様になったらいいと思います。

●本日もありがとうございました。学長の講義を聴けて良かったです。最近、学長の授業が多くて、大変嬉しいです。ありがとうございました。

●免疫・自己治癒力を上げるというお話、とても共感しました。私のやっている保育園でも、由井先生の言うように、無農薬の野菜を食べて強い子供を 育てます。私がシックハウスからホメオパシーにたどり着いたことも、由井先生や祖母やご先祖様のおかげだと思います。道草の草も食べています。 (給食には桑、よもぎ、センダン草など出しています。)「同化」の話もとてもわかりました。私は感情日記が苦手で、書いているとイヤな自分に落ち 込んでいました。でも、今日のお話を聞いて、こうやって書けばいいんだ!と少し明るさが見えました。オルガノン、慢性病論が4年生になってやっと わかってとても楽しくなってきました。授業が終わるのが残念です。今日もありがとうございました。

●学生として由井先生の授業を受けられるのが本当に少なくなり、大変貴重な時間になりました。慢性病へのアプローチを多角的にとらえられるように、あらゆることを関連づけて考えられる授業だったと思います。こちらの理解、勉強不足を感じます。

●いよいよ卒業が近づいてきてまだまだ学び足りずあせる気持ちと不安も山積みですが、周りには確かにホメオパシーで改善した方も増え、よろこびもたくさんあったことを忘れず、勉強がんばりたいと思います!!すべて楽しみたいと思います!!今日もありがとうございました。

●今日も素晴らしい講義でした。人は自分の受け取りたいようにしか受け取らないんだなというのを改めて感じました。毎日本当にウソみたいに1日が終わり、「何も出来ていない、よその人はこんなにスゴイのに。」と、取り残された気持ち・焦り・不安で毎日過ごしてきました。本日の講義を聞いて、ホメオパシーを勉強しなければと強く思いました。「成せば成る」、そう思うのは、昔、五木寛之さんの本で「やりたいと思っても努力が出来ない人もいる。」という一節を読んで、努力できる方の人で良かったと思い、そういう人達をなまけ者や出来ないダメな人とは思わなくなりました。神も人間も動物も皆同じで、神は誰の中にもあり、悪も不安も誰の中にもあるのだと。敵ばかりしかいないという感覚で暮らしてきた私ですが、出会う人起こる事は良い方に行くようにしてくれていると思えるようになりました。何よりの財産だと思います。そういう考えになるのには、RAHに来ないと無理でした。ホメオパシーの素晴らしさ、心の置き方それを知ったという事。あとは、その都度学んでいければ良いと感じています。出来るだけ多くの人にそれを伝えたいと思っています。先生は本当に凄いです。それに気付いている人はたくさんいます。これからもそのままでいて下さい。ありがとうございました。

●今日もホメオパシーの事、人生の事、RAHの事いろいろ教えて下さってありがとうございます。いろいろあったけど12期で入ってこの時期を過ごしたのは本当によかったと思います。自分に必要な時期でした。1期〜5期の人もきっとその時期に入ることが必然で今もたくさん学びをしているんだと思いました。

●ペットフードの中にあれだけの放射性物質が入っているとは意外でびっくりしました。我が家の猫にRAを与えたら首から上がボコボコとおでき(潰瘍)だらけになり、膿んで酷い状態になりました。福島の影響かと思ったら今日の話を聞いてペットフードなんだ!と思いました。一日も早く安全なペットフードの販売をお願い致します。

●RAHの設立までの先生の話を聞いて何て目に遭われて来たんだろうか…と涙がでる思いになった。ホメオパスになるにあたって考えられる逆風が多々ある。自分のインチャを癒して強くなることは必須だ。

●私はホメオパシーを広めてくれた由井先生に感謝しています。由井先生の子供の頃の話を聞くと、子供の時の由井先生のお母さんになった気持ちになります。私だったらこうするのになーといつも思います。そして抱きしめてあげたくなります。「愛してるよ!」と言ってあげたいです。でも、由井先生のお母さんにも感謝です。この世に由井先生を産んでくれてありがとうございます。育ててくれてありがとうございます。心はいつも由井先生のそばにいます。これからもよろしくお願いします。

●今日も楽しかったです。みんななぐさめられたいんですよね。本当、納得です。我が家の周りや子供のスポーツ団体でも慰められたい母親が多いなぁーと感じている最近です。私も私をしっかり自分が一番自分を愛し、慰めてあげて周りの母親達の愚痴を改めて慰める事も心がけながら聞いてあげようと思いました。

●とてもわかりやすい講義でした。ありがとうございます。四年生になりやっと授業の理解度が上がりこれからやっと・・・という時期にはもう卒業。この一年程で授業の内容も変わり、もっと学生として勉強を続けたいです。

●残り少ない由井先生の授業。先生のお話しをありがたくかみしめながら聞かせていただきました。一次作用二次作用のところをこれまでに理解しているところに照らし合わせながらききました。聞き逃しているところもたくさんあるかもしれませんが、自分に残っているところを頼りに行きたいと思っています。

●今日はとてもわかりやすかったです。前にも聞いた記憶もありますが、改めて習うとまた新たに学べたように思います。プルービングを読む時も遺伝的なものを考えながら読むともう少ししっかりと頭に入りそうな気がします。

●現物質に対する一次、二次作用とレメディに対する反応とが混乱していた事がわかりました。実際Caseで判断出来るかどうか自信ありませんが今日の講義でちょっとわかった気がします。3年生終わりそうなので頼りないことでわれながら少々あきれています。ありがとうございました。

●インナーチャイルド癒しは、永遠のテーマだなぁと思いました。健康相談を受けた時に、三食食べているのに栄養失調といわれショックを受けたのを思い出しました。ティッシュソルトをまた取ろうと思います。

●今日教えていた部分は、きっちりと理解しておかなければ、クライアントさんの症状の意味が解らなくなる部分だと思いました。 オーガノン、CK、慢性病論、よく読みこみたいと思います。

●昨年の6月頃 雑誌、新聞TV等 多数のメディアで 「困っているひと」大野更紗著という本が紹介されました。読んでみたところ、自己免疫疾患 に苦しむ20代女性の闘病記でした。内容はすさまじく、現代医学の限界がよくわかります。

●今日のパートは以前習ったところもあったと思いますが、やっぱり完全には理解できてなかったと思います。

●オルガノンは奥が深くて理解がなかなかできません。

●ペットフードに含まれる重金属の話は衝撃でした。

●MMを理解するのにとてもうれしい講義でした。

●新年一回目、熱の入った授業ありがとうございました。

●本日はありがとうございました。いやされた気持ちがします。がんばれると思いました。

●本年も宜しく御願いします。3年も後半になり、そろそろ腹をくくらねばと思います。

●今年一年のまとめのような授業でした。テスト対策にもなったような気がします。

top ▲