ホーム > 2009年度 講義の紹介 > 動物コースの様子

≪最新講義の紹介≫



  2010年2月14日
  講師:由井学長
  テーマ:「MTとミネラル」

【東京校】




【試験の様子】


【福岡校】

【大阪校】



 

【講義の様子】
午前中はRAH第五期動物コース終了試験が行われました。

試験終了後、午後の講義は公開講座として、動物コース受講生以外の学生、一般の方にも開放して行われました。

テーマは、三次元処方ケース分析。

動物たちの病気はペットオーナーが持つ未解決な感情の問題が影響しているため、まず飼い主が癒されない事には動物たちは癒されません。

由井学長の三次元処方は、予防接種により立ち上がったマヤズム、ダメージを受けた臓器のサポート、薬害出しのレメディーに、飼い主のケアも加えたレメディーやマザーチンクチャーを統合的に与えた結果、彼らの難病は治癒して行きました。

今年もまた多くのJPHMA認定アニマルホメオパスが誕生します。自分自身を生きられない動物たちがホメオパシーの恩恵により救われることを願ってやみません。

【講義の感想】
●今日の講義は、今年の動物コース最後の授業として、4つのケース分析を中心に、動物に対してのケーステイクのやり方と由井学長の三次元処方についてのまとめを学ぶものになりました。どのケースも、レメディー選択の根拠とその効果が明確であり、QXの読み取り方や、TBRの使い方はとても参考になりました。クライアントさんの背景にある心の問題に鮮やかに切り込み、動物と飼い主、そしてその家族全体までを見越した由井学長の三次元処方は、いつもながら見事で、終わりの時間が来るのがさみしいような、いつまでも聞いていたいと思う充実した講義でした。今年1年、この動物コースを受けさせて頂きましたが、人間を学んだうえで動物を学べたことで理解も深まり、より実践的で内容の濃い講義を楽しんで受講することができたことが本当に良かったと思います。RAH4年間のおさらいとしても、貴重な学びをさせて頂けたことに感謝しています。由井先生、どうもありがとうございました。

●初めて参加しました。動物看護士の資格を取ろうと思っていたところこの動物コースに参加しましたが、予防接種などのかかわりがよくわかり、大変勉強になりました。

●ペットが人間のマヤズムや精神のせいで病むんだと思い複雑な気分になった。オーナーとペットのホメオパスが別々ではよくないということを知れた。ケースを細かく紹介してくれるので、とても参考になった。新しい情報がたくさんあってメモがたくさんになった。ホメオパスは自分をちゃんとできないと難しいなと思う。責任も多いし。動物のことは初めて聞いたのですけど、犬、猫でも同じマヤズムだと思った。

●恐怖があるから欲張りになるのは、とってもよくわかりました。なるほど!です。TBRの入れ方は、まだなかなか上達しませんが何度か寅子先生にお手本を見せて頂いているうちに、TBRを入れるのは嫌ではなくなりました。ありがとうございます。これからも何度となく面倒見てくださいませ。よろしくお願いします。インコの話は父が野鳥の会をしていた時、よく保護していたので興味深かったです。遺伝に対しての深い所もきちんとさせないと、いけない時もあるのかもしれないと考えさせられました。家にいるハムスターはかなり特殊君なので、一度Moldav.も入れてみようかなと思いました。ありがとうございました。

●1年間ありがとうございました。これからも動物の声を聞きながら、頑張っていきたいと思います。本当にありがとうございました。

●自分とペットの関係を改めて考えたいと思います。人より、短い命の彼ら、1日も彼ららしく生きてもらうために飼い主の私の癒しをはやくしないといけないですね。

●UK校の授業と英語の授業もみてみたいです。最後まで受けられたので質問の様子や生徒さんの熱心な様子もみれてよかった。

●1年間アニマルコースで勉強させていただきました。2年生には難しい内容もありましたが、とても楽しく有意義な1年でした。1年で終わってしまうのがとても残念です。また動物の講義を聴く機会があればうれしいです。ありがとうございました。

●最後の講義でさみしい気がする。

【公開講座アンケート】

●ペットが良くなっていくのと同時に飼い主も元気になっていく姿が印象的でした。飼い主の未解決な問題などスポンジのように人間の負を受け取ってしまうという先生の最初のお話が実感できました。最後のMTの説明もとても勉強になりました。ありがとうございました。

●一般のユーザーにとってはついていけない内容でしたが、普段学校でどのような授業が行われているのか垣間見られて有意義でした。ありがとうございました。

●動物コース公開講座に途中からの参加だったが、実際のケースをDVDで見て、とら子先生の処方を体験する事が出来、本当に貴重であった。すべてがリアルで三次元処方がどれだけ治癒に導いているのかとらこ先生の深い知識には驚きです。深い話を惜しげもなくいつもありがとうございます。

●基本的な知識がないまま参加してしまったので、テンポが早くて内容は殆どわかりませんでしたが、飼い犬はホメオパシーの治療も受けていますし、これをきっかけに学習してみようと思いました。

●手術で薬を大量投与され、今頭に膿のおできができていてなんでだろうと思っていたら由井先生の話で理由がよくわかりました。抗生物質の排毒を頑張ろうと思います。動物講義ペットを飼っている人に話してみようと思いました。

top ▲