魅力・CHhomの講師紹介

CHhomでは、ZENホメオパシーを確立し、その第一人者の由井寅子学長をはじめ、医原病、難治疾患の治療において最先端のZENホメオパシーを習得した実践経験の豊富なJPHMA認定ホメオパスを講師に学びます。  現代医学の救急救命や病理・生理、解剖、助産学、薬学、薬草学などの分野では国内の専門講師を招聘して学びます。

由井 寅子 名誉学長

カレッジ・オブ・ホリスティック・ホメオパシー

CHhom名誉学長
ロイヤル・アカデミー・オブ・ホメオパシー

RAH名誉学長
日本ホメオパシー医学協会(JPHMA)名誉会長
一般財団法人 日本ホメオパシー財団(JPHF)理事長
日本ホメオパシーセンター総センター長
日本豊受自然農株式会社 代表
FHMA【英国ホメオパシー医学協会(HMA)名誉会員】
Hon.Dr.Hom【ホメオパシー名誉博士

(Pioneer University)】
Ph.D.Hom【ホメオパシー博士

(InternationalMedical University)】
D.C.Hom【クリニカルホメオパス】

二十年に及ぶ臨床経験を持ち、難病・医原病に対するホメオパシーの研究と実践に全身全霊を注いでいます。現代に合わせた対医原病アプローチの三次元メソッドは、世界的な評価を受けており、非常に高い治癒率で改善がみられています。 臨床経験と研究、自らの体験を含め、あらゆるエッセンスが盛り込まれた講義では、ホメオパシーの神髄が語られます。

マテリア・メディカ ( プーラ、慢性病論 ) 、レパートリー ( TBR )


菊田 雄介
RAH フルタイムイブニングコース一期生
JPHMA認定ホメオパス№ 406
日本ホメオパシーセンター東京本部
ホメオパシーの基本知識、ケースを熟知。相手を受け入れ、穏やかな語り口の中に ユニークさが光ります。
麻野輝恵
RAH 四期生
JPHMA認定ホメオパス№ 070
日本ホメオパシー大阪本部のセンター長としての経験をフルに活かし、根気強く丁寧に教える授業に定評があります。
松尾敬子
RAH 五期生
日本ホメオパシー医学協会(JPHMA)会長
JPHMA認定ホメオパス№ 0153
日本ホメオパシーセンター埼玉日高
豊富な症例をもとに、自身の体験を含めて解説されます。熱意と情勢が伝わってくる授業は定評があります。
新城 英一
RAH 九期生
JPHMA認定ホメオパス№ 452
日本ホメオパシーセンター読谷トリイ
ホメオパシーの基本知識、病理を熟知。 大胆で力強い話し方と分かりやすい説明に定評があります。
田村翔子
RAH 十一期生
JPHMA認定ホメオパス№ 618
日常生活のあらゆるシーンで使われるレメディーについて、分かりやすく、丁寧に解説する授業は好評です。
永桶房代
RAH 十一期生
JPHMA認定ホメオパス№ 653
子供のアトピーを治すためにさまざまな療法の中でホメオパシーと出会う。実体験に基づく講義は同様の悩みをもつ方だけでなく多くの学生が共感する内容です。
豊池明子
RAH 七期生
JPHMA認定ホメオパス№ 274
日本ホメオパシーセンター福岡長丘、福岡博多
5人の子供を育てるベテランホメオパスママ。多くの症例を持ち、実践経験に基づく授業には定評があります。

フラワーエッセンス


東 昭史
CHhomハーブ・フラワーエッセンス講師
フラワーエッセンス研究科
フラワーエッセンスだけでなく、野の花や薬草にも精通。著書「ファー・イースト・フラワーエッセンスガイドブック」(由井寅子監修/東昭史、浅野典子 共著/ホメオパシー出版刊)

解剖・生理・病理


酒向 猛
医学博士/外科医師
外科治療だけでなく、統合医療部の担当医師として、ホメオパシーをはじめとした統合医療も取り入れています。病理生理の講義担当。千島学説の実践家であります。
増田敬子
RAH 八期生
JPHMA認定ホメオパス№ 357
日本ホメオパシーセンター東京本部
大学の非常勤講師。大学の講師として運動生理学、実技全般を担当。解剖生理の講義を担当します。

薬学


小谷 宗司
薬剤師
長野県薬草指導員
NPO法人自然科学研究所理事長 現在,御嶽山の植物を研究。
日本の薬草学を中心に、薬用植物の解説を行います。
山内 知子
RAH 四期生
JPHMA認定ホメオパス №109
日本ホメオパシーセンター 大阪本部
薬剤師の視点から見たレメディーの見解は、独自性があります。

救急医学


髙野 弘之
豊受クリニック 医師
地域医療の第一線を長年担ってきた経験を生かし、由井名誉学長の統合医療の理念に則って、CHhom東京校に隣接して、内科、小児科、豊受クリニックを開設。ホリスティックな医療を実践し、知識を伝えます。

関連法規


秋山 佳胤
RAH 九期生
JPHMA認定ホメオパス № 411
日本ホメオパシーセンター
東京千鳥ヶ淵 弁護士 東京弁護士会所属
論理明快な思考、語り口は定評があります。

ケンティアンから本物のハーネマニアンに戻るために これまでに招聘した海外講師から


ジョージ・ディミトリアディス
オーストラリアのハーネマン・インスティチュート・シドニーの創立者であり校長です。約三十年間ホメオパシーの研究を続け、二十二年間以上オーストラリアや海外で教えています。ボーニングハウゼンのレパートリー(TBR)の編集を手がけ、オーストラリアやニュージーランドで、教えています。ボーニングハウゼンのレパートリーメソッドの第一人者であり、ハーネマンのオルガノン、慢性病についての研究者としても名高く、ホメオパシー専門誌への寄稿も多数。
トレバー・ガン
生化学者、英国のホメオパスであり、RAH英国本校の副学長を務めます。『予防接種は果たして有効か』の著者です。ガン氏の病理・生理に関するアプローチは、体の生体システム、病気のプロセスについての誤った常識を覆し、真の理解を与えてくれます。
ルディー・バースパー
オランダ出身、カナダ在住のホメオパス。ハーネマンの医療体系を二十年以上にわたって研究し、複雑な慢性のケースに関する豊富な臨床経験を身につけました。歴史と哲学に関する長年の研究により、伝統的なホメオパシー治療に生じていたさまざまな問題・課題を検証し、体系的でダイナミックな治療法を生み出しました。『ダイナミック・レガシー』他、多くの著作があり、欧米で多数の講演を行っており、教育にも力を注いでいます。
ユブラジ・シャルマ
医師として、ロイヤル・ロンドン・ホメオパシック・ホスピタルで勤務経験あり。 その後、個人医として開業し、現在に至ります。 現代医学のアロパシー医、鍼灸師、スピリチュアリストとしての側面を持つホメオパス。東洋医学・ホメオパシー医学・現代医学・神智学・霊的な病理・生理学を一体とする講義は明瞭、簡潔です。
エワルト・ストットラー
最先端を走る、ハーネマン研究者であり、深い洞察を行い、体系的なアプローチを開発し実践しています。 花びらメソッドによるマヤズム理解、介入レメディー、LMポーテンシーなどの解説は、オルガノン、慢性病論を真に理解する上で重要となります。三十五年間ホメオパシーを実践し、療法家として癌、慢性病を含め八割以上の治癒(根治)率を誇る欧州でも傑出したホメオパスです。