私らしく、自然体で、自分の直感を信じて

私は非常に複雑な環境の中で育ち、自分だけが理不尽な扱いを受けて育ってきました。 自分の話をじっくり聞いてもらうこともなく、自分の考えはすべて否定されてきました。反抗すれば暴力で押さえつけられ、小学生のころからひどいいじめにも会い、いつの頃からか「私はこの世にいてはいけない存在なのだ。いつか自分で命を絶たなくては・・」と思って生きてきました。

そんな私が49歳にして、寅子先生の書籍に出会ったのです。瞬く間にホメオパシーや寅子先生の存在にに引き込まれ、今思えば不思議としか言いようがないのですが、自分のために投資したつもりで、ものすごい勇気を出してインチャコースに入学しました。

寅子先生から何度も何度も「君は唯一無二の存在だ。神様が生きることを許可してくださっているんだ。まずは苦しんでたたずんでいる小さい時の自分を探し出して、愛を持って助けてあげなければ」とおっしゃっていただき、涙を流しながら授業を聞いてきました。そのたびに「私は生きていていいんだ・・」 と思えるようになりました。自分の生い立ちと向き合って、少々つらい作業でしたが、小さく弱り果ててうずくまっている私を何度も見つけては「大丈夫」と声をかけ、癒していきました。イメージでいじめた相手や両親をボコボコにしたことも何度もあります。

私は「生きていて良い」ことに気付きました。小さい時、どんな目にあっても健気に生きることを止めなかった自分がいとおしくなりました。抑圧してきたことをどんどん外に出していくことの素晴らしさ。それがずっとずっと長いことできなくて、本当に自分にかわいそうなことをしました。
授業を終えてみると、恨んでいた両親も、それぞれが本当に苦しい生き様でしたので、優しく豊かな心で生きることなど決してできなかったんだろうと思うに至りました。よく私を殺さないでいてくれた。よく心中しないでいてくれたと思います。そして、やはりそれだけの目に合わねばいけなかった自分にもそれなりのカルマがあったんだろうということを、ひねくれずに理解することができました。そして人に頼ったり、人のために自分を犠牲にしなくても、自分の考えをしっかり持って自分足で立って生きていって良いことに気付きました。

今は何を見ても、神々様の息吹を感じてありがたくて仕方なくなるし、食事が自分の体を作るのだからできるだけ自然なものを頂くようになったし、授業で教えて頂いたマザーチンクチャーやレメディを感激のあまりに、片っ端から試しました。 まだまだ波はあるけど自分への許しを与えてあげられるようになりました。「自分を癒し、自分を愛する」なんて言う言葉は、今までは私の中に存在しませんでした。これからは、長い間両親の影響や道徳でがんじがらめに縛られていた古くて不要な価値観を一つずつ外して、「私らしく、自然体で、自分の直感を信じて」生きていきたいと思います。本当に貴重な素晴らしい出会いを頂き、ありがとうございました。ホメオパシーが世界中に、日本中に溢れたら、間違いなくこの世は幸せになると思います。

来年からはプロフェッショナルホメオパスコースに入学して、ホメオパシーを1から学びたいと思います。  
私のように長年苦しんでいる人の助けになりたいと思います。ありがとうございました。