アニマルホメオパスコース(e-ラーニング)

プロフェッショナルコース学生・卒業生対象コース

もの言わぬ動物の少ない情報から症状像を捉える観察眼を養い、ペットを通して飼い主をも癒すことができる「アニマルホメオパスコース」です。このコースでは病理・生理及びホメオパシーにおける病理的なアプローチを中心に、病理とマヤズムの関係、TBR、QXーSCIOを用いたケーステイクも行っていきます。
臨床現場ですぐに活かせる実践的な講義で人間にもそのまま応用できる内容です。

留意事項

・受講資格はプロフェッショナルコース(4年制)の2年次から、もしくは卒業生となります。

・全国どこの地域からでも、自宅にいながら、自分の時間に合わせ学ぶeーランニングです。

入学時期 9月
修学期間 8ヶ月
年間授業日数 eラーニングコース:9月~翌年4月
全16回(予定)
講義概要 第1回 (3H) 動物とは何か
第2回 (6H) 循環器系、呼吸器系の解剖、生理、病理とケース事例
第3回 (6H) 動物に行われる予防接種とその害(医原病
第4回 (6H) 血液、免疫系の解剖、生理、病理とケース事例
第5回 (6H) 動物の行動問題、しつけ、飼い主のあり方
第6回 (6H) 消化器系の解剖、生理、病理とケース事例
第7回 (6H) 動物ケース分析 (難病、白血病、ガン)
第8回 (6H) 眼、皮膚の解剖、生理、病理とケース事例
第9回 (6H) 現代医療での犬・猫の成長とワクチンプログラム、フィラリア予防蚤予防等 午後ケース
第10回 (6H) 泌尿器系の解剖、生理、病理とケース事例と寄生虫について
第11回 (6H) 動物の感染症
第12回 (6H) 内分泌系の解剖、生理、病理とケース事例
第13回 (6H) 犬の環境
第14回 (6H) 動物の行動問題と動物の感情の対応
第15回 (6H) 生殖器系の解剖、生理、病理とケース事例
第16回 (6H) 食原病、ペットフードの真相等


【修了試験】
2021年7月25日(日)
※最寄りの各校(札幌校、東京校、名古屋校、大阪校)で実施

留意事項

・プロフェッショナルコース(4年制)学生は2年次より選択が可能です。(通常の授業に加えての履修となります)

・プロフェッショナルコース(4年制)卒業後の受講も可能です。

・日程、講義内容は変更する事がございますのでご了承ください。

・特に、授業の進行度合いにより、授業のテーマ、内容が次回も継続したり、変更になることがあります。

・パソコン(Windows XP、Windows Vista、Windows7/8/10、Mac OS)インターネット回線(ADSL以上の通信速度)が必要です。

学生の特典

・CHhom主催の各種講演会・セミナーに学生価格で参加できます。

アニマルホメオパシーの特典

・豊受オーガニクスショッピングモールのスペシャルプラス会員となります。
・会員規約および特典については豊受オーガニクスショッピングモールのホームページでご確認下さい。

補講対応

eラーニングコースは補講対応はございません。必ず配信期間中に受講するようにしてください。

修了資格

本コース修了の条件は、必修授業の科目単位授業の出席率が80%以上、及び修了試験に合格することが必須です。

取得資格

JPHMA認定アニマルホメオパス資格取得

入学金 なし
年間授業料 一括/28万円(税込) 2回分割/前期:15.5万円(税込)・後期:14万円(税込)


アニマルホメオパスコースカリキュラム一覧ダウンロード

オープンキャンパス開催中!(参加費無料)