在校生・卒業生の声Voice

大いなるものにゆだねる、すべてはつながっているという感覚

穏やかに微笑むAさん。じつは、ホメオパシーと出会ったきっかけは「うつと不眠」だったのだそう。ホメオパシー、学校での学びを通して経験した、たくさんの気づき、大きな変化を話してくださいました。

Aさん(CHhom 3期卒業)

きっかけは、「うつと不眠」でした
私がホメオパシーに出合ったきっかけは「うつと不眠」でした。精神科の薬を飲んでいた私に、叔母が「ホメオパシー療法」を勧めてくれました。最初はクライアントとして半信半疑でホメオパスの相談会を受けましたが、ホメオパシーによって体も心も魂も助けてもらったので、この素晴らしくて不思議なホメオパシーをもっと知りたいと思って入学に至りました。
「心身のバランスを取り戻す」ホメオパシーってすごい!
振り返ると、以前の私は自己否定と罪悪感がすごく強かったです。悲しみと絶望に覆われていました。自分を大切にするということが分からず、ただただ頑張っていました。今は自分を大切にすることや、心と体が繋がっていることが分かります。自分の体を信頼する感覚、魂と繋がっていることの大切さ、大いなるものにゆだねる感覚、すべては繋がっているという感覚も分かってきました。生きるのが楽になりました。今では、うつという病気をもらったことも、苦しかった出来事も必然だったと感じ、すべてに感謝しています。

私の周りでは、夫、母、義母、愛犬、愛犬の訓練士さん、友人がホメオパシーを使うようになりました。レメディーを使うことにより、心身のバランスを取り戻す様子に感激しています。学ぶにつれて、ホメオパシーの奥深さを感じています。フラワーエッセンスも大好きになりました。
楽しくてあっという間だった学校生活
学校はとっても楽しくて、楽しい楽しいと過ごしているうちに本当にあっという間に過ぎていきました。由井先生は講義の度に、その時々のありのままの姿で惜しみなく教えてくださいます。中継のモニターを通してあふれる愛が伝わってきました。笑い話があり、時には涙し、生身の姿で教えてくださる由井先生が大好きです。他にも素敵な先生方と友達に出会いました。

私はホメオパシーを知りたくて入学しましたが、今では、ホメオパスになってホメオパシーを必要としている人に届けたい! と強く思っています。

この学校案内をご覧の皆さん。ホメオパシーに出合えてよかったですね。もし、学びたいという気持ちが少しでもありましたら、ご自身の気持ちに正直に従って学校に飛び込んでみる事をお勧めします。それぞれの命を、ますますイキイキと生きられますことを願っています。