トップ > ホメオパシーヘルプ 体験談 > 医原病(薬の副作用) > 断薬

女性 30代 広島県
最初は好転反応がとてもひどく、ホメオパシーを知らない両親などには「止めなさい!」と言われたりしましたが、あれよと言う間に減薬し続けている姿を見て、主人をはじめ息子も、ホメオパシーにお世話になっています

広島県女性の体験談 ホメオパシーを知って、ホメオパスの先生にかかり、約3か月になります。

きつい精神安定剤を一日15錠飲んでいましたが、やっと、3錠まで減り、来月には、0になる予定です。

好転反応が、最初はとてもひどく、色々な人にあたったり、ホメオパシーを知らない両親などには「止めなさ い!」と言われたりしましたが、あれよと言う間に減薬し続けている姿を見て、主人をはじめ息子も、ホメオパシーにお世話になっています。

ちなみに、私は、Phos(フォ スフォラス)関係と、Lach(ラカシス)が利きます。

イライラするのが私の病気なのですが、Lach(ラカシス)を飲むと、すっかり大人しくなります。

女性 40代 北海道
レメディーの助けで向精神薬の断薬がうまくいっていったケース

北海道女性の体験談 ホメオパシーを始めて一年たちました・・。

子供の花粉症対策にと始めたホメオパシーでしたが、実り多い時間をすごしました。

私は抗精神病薬ジプレキサの断薬が上手くいっています。
ジプレキサの減薬中には、Ars( アーセニカム)、coff(コフィア)、Nat-m(ネイチュミュア)を中心に使い、不眠とパワーの無さを助けてもらいました。

すっかり断薬した後は禁断症状が強烈でしたから、ポテンシーをあげて対応。Caps(カプシカム)で元気になりぐっすり眠れたのは驚きました。

Moonston(ムーンストーン)でも良く眠れ、バイタルソルトにも挑戦していてLith-m(リチウム・ミュア)一粒で耳鳴り・めまい・吐き気・倦怠感がすっかりなくなった体験もしました。不眠にも効きました。断薬してもうすぐ3ヶ月になりますが、レメディー無しでも良く眠れる日が増えてきて回復を実感しています。


◆慢性病におけるホメオパシーの治療法は
CHhomプロフェッショナル・ ホメオパス養成コース(4年生) にて
教育、育成を行っております。
通学コースは、4月開講。eラーニングコースは、6月開講です。

≪CHhom学校紹介≫
○人生が変わるホメオパシー
○CHhomコース紹介
○在校生・卒業生の声

>>ホメオパシー健康相談を受けるには

>>ホメオパシーセンター(JPHMA認定)

※ホメオパシーは、現代医学による医療行為を否定したり、遠ざけるものではありません。 異変を感じた場合には、専門機関へご相談ください。

※体験談は個人の感想であり、すべての方が同様の体験をすることをご説明しているものではありません。


季節性のある症状

一般的な急性症状

怪我、身体活動後のトラブル

子供の罹る病気(感染症)

子供に多い問題

アレルギー性疾患

女性の問題

男性に多い問題

感情、精神症状

医原病(薬の副作用)

難治性疾患①

難治性疾患②

皮膚

骨・歯の問題

アンチエイジング

動物

農業

その他