ホーム > お知らせ > 新着情報 > フルタイム・イブニングコース第4回

                

●RAHフルタイム・イブニングコース 第4回


今日はトレバー・ガン氏の病理・生理・解剖の授業でした。 授業の内容はすばらしく、ホメオパシー的な病理を 学ぶことのできる大変有意義なものです。 また、医学用語の通訳は大変難しいのですが、 通訳はとても頑張って訳していました。 後半は講師との息もあってきて、とてもよい通訳でした。 

 

【英国校】トレバー副学長
yakan1
5

【東京校】 英国校より中継&録画授業             
4

【大阪校】 英国校より中継&録画授業
y2

【福岡校】 英国校より中継&録画授業
yakan3


   ←back 

【アンケートより抜粋】

◆用語は沢山あり聞きなれたり、使わないと覚えられないものだと思いました。でも由井先生の授業は何度も何度も反復して話してもらえるのでそのたびに復習になります。あせらずに慣れたいと思いました。

◆本格的な、一回目の講義でしたが良く分かりました。7年間で全ての身体要素が変わるのにはびっくりです。これからの授業が楽しみです。

◆早い時期に基本単語を教えて下さって良かったです。海外講師の話の中で、何回も同じ単語が出てきてもイメージがつかめなかった単語がようやくわかるようになりました。日本語でも英語でもわかるように努力していきたいです。

◆身体全体の流れが分かりやすく面白かったです。これから、それぞれの部位を細かく勉強していくのが楽しみになりました。

◆トレバー先生の話は難しかったけれど、これからの勉強のアウトラインがつかめた。高度な授業でこれらを理解できれば自分が成長できるだろうと感じた。

◆むずかしかったです。でも初日にきいた話を再度してもらったときは、前回より少しわかりやすくはいってきたので、これからじょじょに理解できるようになるのかなー?と思いました。トレバーガン先生かっこいいですね〜。話し方もやさしくわかりやすくてよいです。

◆身体とその要素、細胞・組織・身体の構成 今まで全く触れなかった部分なので、とても難しかったけど、面白いです。細胞も色々な種、働きがあると知って、ますます自分の体、そして人間の組織というものを愛おしく感じられるようになりました。断食時に、白色脂肪を使うため、そこにたまっている毒素が血液に再吸収される話は目からウロコでした。友人でやはり湿疹が全身に出た人がいたので、説明してあげようと思いました。

◆海外講師の講義はとても内容が素晴らしく、魅力的だと感じた。しかし正直なところホメオパシーの勉強はハードだと思いました。通訳の方が日本語に訳してくれますが、英語と日本語で交互に話が進行する中で、理解するのに難しい内容の場面になると、日本語に訳してくれてはいるが、とても理解に苦しんだ。次回の講義もしっかり集中して頑張ります。

◆細胞の話と核とDNAの話が少し難しく感じた。骨格とか筋とか、内臓の位置の話はわかりやすかった。

◆一つ一つ用語について説明いただいたのでだいぶイロハが分かるようになった。