≪最新講義の紹介≫



  2013年2月24日(日)
  講義担当:由井学長
  テーマ:「卒業試験・特別講義・4年間の感想」

【修了試験】


【昼食】


【最終講義】


【講義の様子】
午前中に卒業試験を無事終えられた13期生に由井学長からの最後のはなむけの講義が行われました。
その前に本日のお昼休みの時間には特別企画、由井学長を囲んでの豊受昼食会が開かれました。本日のメニューは日本豊受自然農で育った無農薬、無化学肥料の食材をふんだんに使った豊受特製ランチです。 由井学長を囲んで皆でいただき「とてもおいしい!」と皆さん大喜び。なごやかな楽しい時間を味わいました。
午後の講義は、由井学長からこれからホメオパスとして活動する13期生へ実践ですぐ応用できるようにと、困った時に使えるレメディー集をケースとともに紹介してくださいました。
ホメオパシー相談会を通して心の問題を癒し本当の自分を生きられるようになったケース集では 今まで講義で紹介してきたクライアントの方々がダイジェストで再登場し「ホメオパシーと由井学長のおかげで自分は変わることができた」という感謝の気持ちを伝えてくれました。 これからホメオパスになる皆さんにとって希望を感じるメッセージになりました。
そして学長から13期生への最後の言葉、皆さんの心に強く深く響いたと思います。 最後の最後まで涙と笑いが溢れ出る講義でした。 皆さんにとってこの4年間はさまざまな出来事を通して感情を出しきり真に生きる事とは何かを気づいて行った4年間だったのではないでしょうか。
以下に皆さんからの感想を紹介します。 4年間本当にありがとうございました。

【講義の感想】
【最終授業】
●ホメオパスとして、人として、これからどのように生きていくのか。由井先生からあたたかく大きな心で教えていただきました。インナーチャイルドを癒し、同士同胞を愛し、助けたいという気持ちをこれから本当に持って生きれるように、これからだなって思います。とてもおいしいお昼も食べさせてもらって幸せでした。由井先生、学校のスタッフの皆様の愛を感じました。

●4年間たくさんのことを教えていただいてありがとうございました。今日のインチャのDVDのダイジェストを見た時、とても心にひびいて涙が出ました。ホメオパシーは(由井学長は)こんなにも人をいやし、人生を変える力があるのだと心の底から思いました。私も由井先生にはとても足元にも及びませんが、たとえ一人でもいやすことができ、良い方向に人生が向かうお手伝いができれば、とてもうれしいと思います。ホメオパスとはすばらしい職業ですね。誇りに思います。

●先生の気持ちのいっぱいつまった(私も寂しいです)授業を心から感謝します。本当にありがとうございました。先生、4年間を通し最大の気づきがありました。自分の言葉で言うと「感情とどう向き合うか」ということでした。インナーチャイルド癒しにもつながることですが、自分の感情しだいでどうにでもなることでした。「感情」が私の宿題だなと今は感じられました。(また変わるかもしれませんが…)大きな気づきをありがとうございました。

●最後の由井学長の講義でした。これからホメオパスとして(合格すればですが)クライアントと向き合っていく私達のために心からの言葉のある講義でした。先生が一生懸命クライアント様と向き合う姿をみせていただくことで、本当にたくさんの事を学びました。この講義を心にきざんでこれからだれかの役に立っていけるようになりたいと思いました。ありがとうございました。

●ホメオパスとはどうあるべきなのかを改めて認識できました。本物のホメオパスを目指すなら自分の精神的向上とインチャを癒していくことを一生やっていかなくてはならないんだとわかりました。いつも真剣に楽しく教えていただきありがとうございました。

●最後の最後まで大事なアトピーのレメディーを教えて下さりありがとうございました。「症状がある限り治せる」「人間としての生き方をとらえる」「心の叫びをとらえる」など大切な言葉をいただきました。またすばらしいお食事をごちそうになり、13期生がいかに大事にされているかよくわかりました。由井先生が「ホメオパスとは」と哲学、考え方をとても大事に語って下さり、今後少しでも世の中の役に立つホメオパスになりたいと思いました。アトピーが自然農で治ったというきっかけで、大変なご苦労をされ、農業法人を立ち上げられた由井先生のすごいパワーに本当に頭が下がります。授業は楽しく、また由井先生の人を引き付ける力を尊敬しております。今後もよろしくお願い致します。

●ケースの映像が残っていることは、説得力があると思いました。デトックスなどの健康法をいろいろ知っていると言っている方に、由井先生のDVDを見せました。こんな療法があったのだと、感動のメールが届きました。私の言葉でうまく説明できなかったと、落ち込んだりしましたが、皮膚からの排泄は画像で見せないとわかってもらえませんでした。

●本日も先生が自分の体験を惜しみなく話して下さり、自分の中のインナーチャイルドにひびいてゆさぶられて涙が出てとまらなくなってしまいました。本当にどの回の授業も魂をゆさぶられる深い内容でした。そうしてケースのDVDで私達に体験をシェアしてくれるクライアントの方々にも心から感謝したいと思います。今日は胸がいっぱいになってしまい、又とても有難いお話しを聞けてすばらしい最後の授業でした。おいしいランチを有難うございました!!

●心に響くものが沢山ありました。先生、ありがとうございました。心よりお礼申し上げます。由井先生という師にめぐり会えたことに、深く感謝しています。由井先生からでなければ学べないことばかりでした。

●アトピーについてわかりやすく為になりました。ホメオパスの心構えのインチャについては4年間テストに出た通り本当に大切で心にしっかりと刻み、自分自身を逃げずに向き合いたいと思います。由井先生の言葉ひとつひとつが心に染みました

。 ●ホメオパスとしてやっていくかどうか、今になって悩むことが多くなり、そんな時期だったので、心にしみました。やっぱり、小さい規模でもなんでも、どうにかでも活動したいなあという気持に気がつけました。「私はできる」とくりかえし言ってみたいと思います。

●こういう症状の時は、このルービックでこのレメディー、というすぐ使える分かりやすい内容だったと思います。実際には、その人の特有の症状を合わせて考える事も大事だと思いますが、こういう事が分かっているとレメディーを選択しやすいと思いました。最後のホメオパスの心得の話しは心にひびきました。「ホメオパシーが好きな事」これは、ゆるぎないので、悩んだら、ここに戻ろうと思います。

●アトピーのこれにはこれという処方を学べてよかったです。けっこうアトピーの人に共通した症状ばかりのピックアップでありがたかったです。先生の福島で土地の浄化やレメディーをまいてくださっている姿の写真を見ていたら、すごく涙が流れてきました。代々木上原での入学式そしてその時の先生の写真で4年前に記憶が戻りとても懐かしくなりました。

●最後に大事なポイントを色々とわかりやすく教えていただいてありがとうございました。そして、ホメオパスとしての心得、心の持ち方、ありがたいお話をしていただいて、とても心に響きました。レメディーを選ぶよりも?(同じくらい?)大切なことを…この学校でしかきっと学ぶことのできないことを学べて、とてもありがたく感じます。

●インナーチャイルドの講義は、今の自分にあっていて心に響きました。幸せになる権利が私にもあると思い、これから楽しく生きていこうと思いました。

●最後の授業だということが信じられません。まだまだもっと学びたい。ホメオパシーは奥が深くて難しいけれど、めちゃくちゃ楽しい。先生からの教えを胸に、魂のホメオパスに近づけるように自分なりに努力していきます。辛い時には頼れる先生がいてくれる。「明日に架ける橋」を聴いて安心できました。ありがとうございました。

●テストが終わってほっとしています。反面、もう学校に来ることがないのかと思うとさみしいです。PMの講義では、卒業するんだなぁと引き締まる思いと、これからは一人でやっていかなければいけない恐怖がありました。できなくていいんだよ、失敗してもいいんだよ、ホメオパシーが好きなだけでいいんだよ、と言ってもらえて嬉しかったです。

●改めて、ホメオパスになる為に人として真剣に生きなければならないと痛感しました。ホメオパスの商売道具は心。人間としての生き方が問われる。私はまだ自分のインチャがぜんぜん癒えていませんしホメオパシーの知識も確たるものがなく、ホメオパスになる自信が全くありません。まだまだあらゆる面で修業が必要となると思います。最近もホメオパシーとは関係なく、子供の学校の他のお母さんに相談を受けたところ、その方の感情に飲み込まれてしまい、何日も胸が潰れそうに重く、悩んでいました。他の人から見ると、大したことではなかったようですので、やはり私の中のインチャがこんなに自分を揺さぶってしまうのだと思いました。もっとインチャ癒し、自分磨きをしなければと思います。

●由井先生の真剣勝負、本音で物をいうところが大好きです。患者を治すために、あらゆることを行う精神態度を見習いたいです。「ホメオパシーが好き」とアンケートに書こうと思っていたのですが、講義の最後に、ホメオパシーが好きだというのがホメオパスにとって一番の資質と由井先生がおっしゃったことがとても嬉しかったです。最後まで真剣で魂のこもった講義をありがとうございました。

●試験の出来が自分的に納得できなくて自分を責めていましたが、「失敗は悪い事だ。完璧でなくては納得がいかない。」と思っている自分がいる事に気付きました。しっかり復習したいと思いました。最後に由井先生がかけてくれた言葉、「ホメオパシーが好きなんだということ。」「そうなんだ、私ホメオパシーが好きなんだ!」と初めてホメオパシーを知った時の事を思い出しました。心に刻みます。由井先生ありがとうございます。大好きです。

●たくさんの苦しみを乗り越えて来た由井先生の言葉は、とても愛があると思います。クライアントさんのDVDを見て、改めて人は幸せの権利を放棄した時から病気になるんだなと思いました。「無条件に自分を愛せるようになるまで生まれ変わる。」沢山の間違った教育・道徳の中で本当の自分を生きられていない人がほとんどだと思います。もっとたくさんの人が心の奥底から自分を好きになり幸せになるため、自分で成長出来るようにホメオパシーを活用していきたいと思います。

●午前中試験、午後からのアトピーのケースは、その症状ごとにまとめてあり、分かりやすかったです。生きるとは何なのか考えさせられるDVDも見せてもらえて感動しています。何もない日が「ばんざい」です。

●最後の授業も元気いっぱいの由井先生の授業でとてもうれしかったです。テストもお昼ご飯の事を楽しみにしつつ受けました。テスト前に由井先生から教えて頂いたマントラを唱えつつ、何とか終了出来ました。久々に頭を使った為か、授業を終了しトイレに立った時に、鼻血が出ました。自分でもとてもおかしかったし、仲間たちにも笑ってもらいました。

●テストの終わりのあともフォローしてくださってありがとうございました。「じゃんけんの最初はグー」と同じように教えてあげます。と言われたことがとても強烈でした。学生は変わっていると言われた事とともに心に残ります。相手の状態、価値観にそっていってくださる由井先生は素晴らしいと思います。愛あるホメオパシーを身につけたいと思います。最後の最後までありがとうございました。

●ちょうどアトピーのケースをこれからやろうという所でしたので、TBRのひき方、質問のポイントなど沢山ヒントをもらえました。最後のDVDは泣けました。4年前由井先生の元で学びたいという直感で動いたこと、本当によかったなと思いました。

●アトピーのレメディの見分け方(?)とてもわかりやすかったです。まだアトピーの患者さんを診たことはありませんが、何に着目すればいいか、ポイントをつかめた(もちろん、他にも考えねばならないポイントは沢山ありますが)と思います。

●今までの授業と違いこういうアトピーにはこのレメディ、というのがわかりやすかったです。インナーチャイルドの癒しは大切で一生やっていくものなんだと改めて感じました。

●午前中の試験の最中に先生がインチャの演習をされていたとは驚きでした。ホメオパスは人の「生」に関わるというという事は1年生の頃から覚悟をしてましたが、今日の心構えでまたさらにホメオパシーが面白いと思う本日でした。

●具体的なわかりやすい処方内容をありがとうございました。子供の皮膚発疹に試してみます。また、ガンについては本人、その家族とも話し合い、今後の方針を決めていただこうと思います。

●今日が最後の授業だとおもうと、とても切ない気持になりました。そして、今までにも増して、とらこ先生の言葉が胸にしみわたってきました。ありがとうございました。

●テストが終わり、ほっとしました。午後からの授業も心にしみました。また、インナーチャイルドセミナーがありますので、よろしくお願いします。

●資料があり、わかりやすかったです。口答だけだとメモをとるだけで抜けたり、理解不足が出ますが、資料配布されるようになり、理解が深まるようになりました。

●もっともっとインチャの癒しをしようと思います。まだまだ人の人生を見ていけるほど自分が癒されていないので、癒しが進めば人にもできる自信がつくのかなと思います。今は3人の子どもの子育てに生きながら、自分癒しをしていきます。

●アトピーのレメディーの説明は実にわかりやすかったです。楽をすることばかり覚えるのは良くないと思いますが、このように教えていただけると理解が早まります。

●アトピーまとめてくださってありがとうございました。わかりやすかったです。ランチ大変美味しく気をたくさんいただきました。ありがとうございます。ごちそうさまでした。

●とても心に響く講義でした。ホメオパシーをこの4年学べて幸せでした。ありがとうございました。

●聞きたいことが詰まったような講義でした。ホメオパスとして活動していくときの大切なアドバイスをありがとうございました。自分のインチャを癒し、魂のホメオパスを目指して頑張ります。RA、CK、Allen、etc、貴重な資料を翻訳して、手に取れるようにして頂いたこと、本当に感謝しています。

●具体的でわかりやすく教えていただきました。MMを引いていくことで、より適合するレメディーが選べるので、出る症状を素直に調べる時間をおしまないようしたいと思った。

●最後の授業もとてもためになる内容でした。ありがとうございました。「本気で真剣に生きる」とても心に響きました。

●今日の午後の講義では涙が止まらず大変でした。ホメオパスになるのはまだ先になりそうですが、ホメオパスとしての心構えはしっかりと胸に刻んでおきます。

●由井先生の最後の授業と思うと、感慨深かったです。DVDダイジェスト・3.11DVDに感動しました。ランチプレート最高でした。美味しかったです!!

●最後、アトピーで締めくくりになったのも何かのご縁だと感じました。結局4年間でアトピーを完治するには至りませんでしたが、好転反応の辛さも乗り越える力も身をもって経験することができました。アトピーは皮膚の病気ではなく血液の病気だという気付きが有難かったです。血液を汚さない生き方をしていかなければと思います。

●最後に大きな励まし、エールを頂いて本当に感激です。希望を持ってアトピーやインナーチャイルドといった現代人の難病にも取り組んでいきたいと思います。

●卒業試験がすごっく心に重くのしかかっていましたが、やっと終わりホッとしています。結果はどうであれ、自分なりに一生懸命取り組んできたので、やりきった充実感があります。由井先生最後の授業、ありがたいなと思いながらききました。今日はおいしいお食事をいただきありがとうございました。

●レメディーの説明、活用法、とてもわかりやすかった。1、2、3年生では学校と先生の方達が色々変わりついていくのが大変でした。ここ数年、資料の内容がとてもよくなり、とても勉強になります。 ●今日のお昼ご飯とても美味しかったです。最後の授業として受講しましたが、またこれからも授業を聞いていきたいです。

●卒業にあたり、ホメオパスの心構えなど聞けて良かったです。アトピーの話しをもっと聞きたかったです。

●4年間の授業の中で、いちばん泣きました。私は由井先生が大好きです。ありがとうのひと言に尽きます。

●アトピーのレメディの選び方をとてもわかりやすく講義してくださりとてもありがたかったです。

●やっと試験が終わり気持ちが楽になりました。気分的にはもう春です。

●最後にとてもわかりやすい内容でまとめていただいて、とても安心感を持てました。

●本日は最後の授業にふさわしい感動的な授業でした。特に最後の映像と音楽は良かったです。

●インチャのDVD改めて感動しました。テストについて。思わぬ問題が出ました。

●アトピーについては一年生の時からの復習なのでわかりやすかったです。

●試験は勉強不足でした。

●お昼御飯おいしかったです。

【4年間の感想】
●入学してからの4年間を想うと、涙が止まらなくなります。3.11もあり、生きていること、命あることの意味を考えたり、人生における大きな学びの時間となりました。入学当初の「変わりたいからここに来たんだろう」という由井先生の言葉がいつも心にありました。ここで、この時に学ぶことができたこと、とても幸せだと思います。由井先生はじめ、学校スタッフ、ホメジャ、出版、先輩方、そして家族、友人あらゆるものに支えられて今があると感じています。ありがとうございます。教えていただいたことを胸に、素直に、自信をもって、足を止めず、愛をもって前に進んでいきたいと思います。その時にできるベストを尽くしてホメオパシーを大切に行きます。

●本当に感謝の気持ちでいっぱいです。一言では言い表せません。沢山の事、霊性の気づき、魂の友人達との出会い、先生方との出会い、本当に楽しかったです。私の子供2人のアレルギーを治し、そこからホメオパシーと出会う事ができ、家族みな自己免疫で病気をやりすごすことができ、尚かつホメオパシーを通して真の自然のあり方、生活、食事、考え等々、子供に伝える事が出来ました。本当にありがたいです。本当の自然、自然の大事さを教えてもらいました。4年間、楽しかった授業、海外講師の授業、またホメオパシーバッシング、地震と、本当にたくさんのことがありましたが、私の中では子供を健康に導いてくれたホメオパシーはゆるぎのないものです。この紙1枚では書ききれませんが、ずっとホメオパシーを愛していきます。これからも宜しくお願い致します。

●由井先生の姿を見て、いつも感じるのは、くたびれたような所を見せず、エネルギッシュに爆進するのに何度も何度も感動しております。病人はくたびれたような治療家やDrにはかかりたくなく、一緒に歩いてくれる力のありそうな明るい見通しの立ちそうなホメオパスにかかりたいと思います。それを維持しておられる日頃の目標設定の強さとこころがけを感心し、見習いたいと思います。本日の授業においても、心のあり方について確かな指針を示してくれました。私歯科医として毎日患者に接する時に、RAHの考え方を持ったホメオパシーを生かした治療ができるように努力してますが、自分を疲れさせずに輝かせる事は、ついおこたわりがちになってしまいます。そんな時に学校に入って、楽しく明るくエネルギッシュな先生と接していく事で、これからも見習い続けたいと思います。守破離といいますが、ホメオパシーを通しては本業が歯科医なので、なかなか直ぐにはなおらないように感じますが、甘えすぎず先生を師としてあおぎ続けたいと思います。今後もよろしくお願い致します。

●長かったようで、今ふりかえると、あっという間の4年間でした。通っている間、迷いや辛い時があり、やめようかな、なんて思ったりしたこともありましたが、こうして4年間通えたことに、よかったなと思います。4年間、なんとか通って、必死でしたが、月に1〜2回のペースで、自宅での自己学習がなかなかできず、本当なら、この4年間の終了した今、もっと知識が深まっているんだろうなと思います。私の自分のインチャ癒し、ホメオパスとしての心がまえを、これからだなって感じています。由井先生、学校のスタッフの皆様と、もっとお話したり、交流をすることができたらよかったなと思います。これから、どうぞよろしくお願いします。

●この学校で本当に良かったです。ホメオパシーの「いろは」も知らなかった私達を、ここまで教え、導いて下さりありがとうございました。由井学長が私達に伝えて下さろうとしたことの何割も、まだ深い理解に到りませんが、楽しみながら学んでいきたいと思います。由井学長、講師の先生方、スタッフのみなさま、四年間、愛情深い導きをありがとうございました。豊受自然農とシェフのみなさま、本日は心づくしの昼食をありがとうございました。大変おいしくいただきました。

●本当にありがとうございました。何をお伝えすれば、感謝の気持ちが伝えられるのか、言葉が見つかりませんが、この学校に通えた人生と、通わなかった人生では、とても大きな違いがあるだろうと思います。立ち止まって自分を見つめ直すこと、信念の病気に気づくこと、自分を受け入れていくこと・・・等、”ホメオパシーを学ぶ”という言葉ではくくり切れない大きなものを学べました。薬について、食について、体について・・・どれも、誰にとっても、とても大切なことなのに、忙しさもあって、しっかりと考えていない人が、自分も含め、あまりに多いことを思い知らされもしました。ホメオパシーの素晴らしさ、その人自身の素晴らしさを、誰かに伝えていけるようにしていきたいです。今後も強化学習他でお世話になるかと思いますが、どうぞよろしくお願いします。

●なんとか4年間、通学することができてよかったです。由井先生、ありがとうございました。たくさんのことを学んで、本当に感謝しています。もし由井先生がこのようにホメオパシーを学ぶ機会を与えてくれなかったら、今の自分はどうなっていたかと思うと、正直不安です。まだまだ、向き合わなければいけないことはありますが、なんとかここまで自分が変わることができて、本当によかったです。ありがとうございました。

●4年間、いろいろあったけど、とても充実し、楽しかったです。何より自分自身が変わりました。生きていくのが楽になったし、毎日がとても幸せです。いろいろな事が起こっても、感謝して受け取ることができるようになりました。この学校に来て、本当によかったです。とらこ先生、ありがとうございます。

●4年間、由井先生、学校の事務局の方々ありがとうございました。2年生くらいまでは自分の想像していた内容と授業も違い、難しくて全然わからず、このまま続けていけるのかと悩んだこともありましたが色々な苦難を乗り越えてより大きく優しく変化されている寅子先生の姿を近くで見れたことがすごく自分にとって大きな目標になりました。人は変われるものだということが自分の希望となって卒業後も頑張っていこうという勇気をもらえました。ホメオパシーを通してこの学校に通えた事を心から感謝しています。ありがとうございました。

●この日が来てしまいました。4年間は短いと思っていましたがとうとう来ちゃいましたね〜あはは。1年の時、先生があらゆる相談について涙を見せない事を聞いた時には「もう流す涙はなくなりましたね」と言われ、その強い姿に憧れました。2年になって学校が乗り換えなしの駅に引っ越してきた時、やっぱりホメは私に味方している!と勝手に悟りました(笑)3年になって卒業まで後半戦に入ったと思った頃、先生の涙を見るようになり先生がどんどん身近になって弱みもばんばん見せてくださるようになり私共も自分達を出していったように思いました。4年になってインチャ・豊受・クリニック・卒業…色々なことが一気に来たわけですが、いつもの仲間(戦士)達に会うのが楽しく普段語り合えない話ができる同士を頼もしく思いました。残念ながら、親、兄弟はホメの良さはわからず…。全てはつながっているという事、「トキ」が合わないと進まないという事、日常もその様な事が多く日々精進を続ける所存です。まだこれから畑もあります(笑)引き続きよろしくお願い致します。ありがとうございました。

●4年間、早いようで、とても深く長く大切な時間を過ごすことができました。入学した時は授業についていけるか不安で大変でしたが、すばらしい学友にもめぐまれ、2年3年と過ぎていく中で、やっと授業についていけるようになりました。授業もわたし達がどうしたら学べるか工夫していただき年々わかりやすくしていただきありがとうございました。RAH最後の学年でしたが、RAHで学べてとても良かったと思います。昼食もとても美味でした。お心遣いありがとうございます。

●4年間ありがとうございました。RAHで学んだ4年間は自分にとってとても貴重な時間になりました。ホメオパシーの知識も身に付きましたが、自分自身との向き合い方もたくさん教えていただきました。4年前よりも成長しているような気がします。生きる上で大事なことを教えていただきありがとうございました。

●今日の授業を聴きながら4年前に入学したことを思い出していました。この4年間で私自身も色々な変化がありました。RAHで、他では学べないような生き方、「真の自分を生きる」ということを身を持って学ばせて頂きました。病理、生理、MMなど為になる講義でしたが、何より由井先生の人間味あふれるお話がとても楽しく、毎回授業に来ていた気がします。ホメオパシーに関してはまだまだこれから学ぶことが多いかと思いますので、今後も強化学習等で学ばせて頂きたいと思います。短時間では言い尽くせませんが、4年間お世話になり、ありがとうございました。

●RAH、由井先生、新城先生、菊田先生、片桐先生、事務局の名前も知らない皆さま、菅野事務局長、本当に本当にありがとうございました。入学時、実はヘルニアで(これも学校に入った理由でしたが)授業の約7時間ノートを取ることがとても難しく下を向き続けるのに自分の頭を左手でおさえながらのスタートでした。その為アンケートが全く書けず提出できませんでした。今ではほぼ9割完治し、長く下を向いてノート筆記してもOKなほど改善致しました。4年間で夫の1年もの失業、背骨の骨折、娘の1年アメリカ留学など竜巻のような日々を通し、辞めようかと思うと自分の職場の壁の修理でCH1期の男性の学生さんに会ったり、不思議と導きがあってここまでやってこれました。13期はMMもいただき、TBRもあり、学生達も大変あたたかくラッキーで、充実で幸せでした。学校に入れた幸運を必ず人々を助ける事、生きることは光であると伝えていきたいと思います。また卒業後もお世話になりました学校に、チョコチョコ遊びに来れたら良いなあと思っております。

●あっという間の4年間でした。1年生の頃には、4年生になった頃にはすごい知識がついているんだろうなと思っていたのですが、今の自分がそれになっているとは思えず、正直不安でいっぱいです。でもこれからも学び続けて、あの頃想像した4年生になれるよう頑張ります。

●何度もやめてしまおうと思いましたが、ついに今日まで来ることが出来ました。12期で入学し、一年休学、2年生から13期の仲間に入れていただきました。浦島太郎状態で、2年生を終え、怒涛の3年生‥・なんやかんやのうちに4年生になりました。ホメオパシーとは、何ぞやという問いかけにやっとなんとか答えられるようになったところです。子供のアトピーのおかげで、ホメオパシーに出会うことが出来ました。素晴らしい先生、仲間、家族のおかげで、ホメオパシーを学ぶことが出来ました。RAHを卒業することを誇りに、ほどほどに頑張っていきたいと思います。いつも素晴らしい資料を準備してくださった教育部の皆様に感謝いたします。

●4年間、とらこ先生、スタッフの皆さま、どうもありがとうございました。長いようであっという間の4年間でした。朝日新聞の事件では家族から、また友人から白い目で見られ、家族はバトルの毎日、親しくしていた友人は音信不通になり・・・とくじけそうになりましたが、とらこ先生のお話やこの学校の友人たちに励まされ、やっぱり私はホメオパシーが大好き、神様からの贈り物、ホメオパシーに一生関わっていきたいと更に強く思う今日この頃です。ハーネマン、とらこ先生、本当に感謝の気持ちでいっぱいです、ありがとうございました。

●由井学長はじめ、先生方、事務局の方々、そして同期の皆さま、本当にお世話になりました。振り返るとあっという間でしたが、とても充実した日々を過ごすことができました。私も先生方のお話を聴く中で、人間として少し成長できたかなと思います。個人的には、最初は東京校に入学し、2年の秋〜3年終わりまで福岡校へ主人の転勤のため転校し、4年生春からまた東京校へ帰ってきました。東京校で先生方の生の講義を聴ける事のありがたさ、また分校のある事のありがたさ、分校のみなさんの熱心さなど、色々と考えさせられました。他では聴けない内容の充実した授業、先生方が講義するのも教育部の方々の教材の準備等、本当に大変だったと思います。改めて、その誠実な対応に感謝致します。私もこれからますます、自分を高めるために努力いたします、ありがとうございました。

●4年間続けられるのかと思いましたが、何だかあっという間でした。看護師でしみついたあたり前の知識を外し、今までの経験を生かしつつ、ホメオパシーで治していく方法を更に学びつづけたいです。薬は効かなかったら、どんどん増えていきますが、ポーテンシーが高くなり薄くなると効くというのは、しばらく理解できず、2年はかかりました。薬の感覚でレメディーを見てみると、理解できないことばかりでした。やっとスタート地点に立てたような。まだまだこれからだと思っています。ありがとうございました。

●まず本当に4年間ホメオパシーを学べて、良かったです。由井先生、ホメオパシーを守ってくれて、日本にもってきてくれて感謝です。とにかくホメオパシーに出会えて幸せだと思います。入学後に妊娠がわかり、2年目は丸1年子連れ部屋で、割と孤独でつらかったこともあって。3年目、大震災があり、そこから一気に価値観がかわり、HARPのことなど由井先生の授業にショックを受け、自分で色々ネットや本を読んで調べ出しました。友人たちと、学校以外ではあまり通じない話もとても楽しかったです。これからは、とてつもなく奥深い世界に足をふみ入れてしまったなあと思ってはいますが、謙虚に学び続けて行きたいので、そういう機会の提供をお願いします。由井先生のように沢山の人をみれるかわかりませんが、目の前にある来てくれる人たちに寄り添って命を大切に、その人らしい命を生きられるような手助けを、ホメオパシーを通してやっていけたらなと思います。

●4年間たくさんの愛をありがとうございました。私は4年生になったくらいに、今まで自分の事を大事にしてこなかった事に気が付きました。自己卑下ばかりしている自分を少しずつ許せるようになってきました。学校に入学しなければ一生気付くことはなかったかもしれません。これからは、とらこ先生のように自分の魂に正直に美しい生き方をしたいと思います。そして、一生、師として学ばせてください。治癒できるホメオパスになれるよう頑張ります!4年間ありがとうございました。

●大人になって、人生の約半分くらいのところで、ホメオパシーと自分の病気と出会い、学校に入学しました、自分が大人になって、4年間、そして学費もかけ、子どもを預けて、それでも「どうしても学びたい」と思えるものに出会えたことは本当に幸せだなぁと実感しています。本気で取り組みたいものに出会えて、4年間勉強できて、今は充実感、達成感、「自分もすてたものじゃないなぁ。」と感じています。寅子先生の人生をかけてホメオパシーの恩恵で苦しんでいる方々を救っていらっしゃる姿や、操作されている社会の仕組みや、それに対する先生の考え方、自然農に本気で取り組んでいらっしゃる姿に人として大切にしたいことや、人生とは何か、何を大切に生きていこうかなど本当に多くの刺激をいただきました。ホメオパシーを学ぶことができ、自分のこれからの人生が楽しみになってきました。寅子先生4年間、毎回綿密な授業の準備ありがとうございました。先生の本気が毎回ビシビシ伝わってきて、学ぶことが楽しいなぁと思えました。日本にホメオパシーをもってきて下さって感謝です。これからも学びにきます。ありがとうございました。

●4年間、長いようであっというまでした。2年の頃、自分の中の劣等感や自己卑下に押しつぶされそうになり、学校に入らなければこういう思いを(それまで以上に)しなくてすむのに、自分は絶対続けられないと、気持ち的には退学寸前まで行ったこともありました。それでもなんとかやって来られたのは、由井先生がホメオパシーそのものが(学問として)だけでなく、自分を見つめること、インナーチャイルドを癒すことの大切さを繰り返し繰り返しおしえてくださり、この学校に来ていることで、自分は人として、人生の勉強をしているのだと思えたからだと思います。心から感謝しております。ありがとうございました、ここまで来た自分をほめてやりたいと思います。

●とうとう最後の講義となってしまいました。卒業するのがとてもさびしいです。4年前、入学願書を出すのをどうしようかと悩み、ポストの前に来ても迷ってた自分を思い出しました。まだ小学生だった子供たちがいて新潟から4年も自分は通い切ることができるか自身がなかったのです。でも、ふりかえると4年はあっという間でした。とらこ先生に会えるのはとても楽しみで毎回ワクワク通学しました。.今まで勉強はあまり好きではありませんでした。学校の先生も授業もあまり印象に残る事のなかった学生生活を送った私ですが、RAHのとらこ先生の授業は本当にすばらしかったです。先生の愛ある講義は心に響くものでした。初めて勉強って楽しいなと思いました。(試験はいやですけど…)本当に本当にありがとうございました。とらこ先生をはじめスタッフの方々、お世話になりました。これからもよろしくお願いいたします。

●この4年間、本当に激動でたくさんの気づきがあり、自分自身とても成長することができました。1年生の時はただレメディーが効くことが楽しくて、また薬は悪い、予防接種は悪い、添加物は悪いとがんじがらめになっていました。2年生の時はホメオパシーバッシングがあり、なぜみんなわからないんだ、なぜ理解してくれないんだ、自分が正しいのにと思っていました。そして1年の時には子供の面倒を見てくれる人がいなく、周りに対してイライラしていましたが、2年生の時には少しずつ家族に感謝できるようになりました。3年生になる直前、地震と原発事故が起きとても苦しい思いもしましたが、起こることはおこるべくしておこる、原因は他になく自分自身にあるということが腹からわかることができました。4年生になって感情日記を書くようになり、「自分は常に正しい」、「意思は強く持たなければいけない」、「できる子が愛される」と思っているインナーチャイルドがいるとわかり、また自分を許せるように少しずつなってきました。4年間の辛い経験の中で、人とは違う選択をしたことを後悔することもありました。「こんなこと気づかなければ、こんな辛い思いをしなくて済んだのに」と。でも魂が望んでこの道に進み、今世で少しでも霊性を上げられるようにこの道を選んだのですね。このようにホメオパシーだけでなく、インナーチャイルドや人生の哲学を教えてくれる学校は他にないと思います。こうやって4年間、学校に通えたこと、教えてくれた先生方、支えてくれたスタッフの方々、そして協力してくれた家族に感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。

●最初の授業のマテリアメディカでまず心が折れ、マテリアメディカの授業の度にどんよりと落ち込みました。こんなに膨大な情報を覚えるなんて出来ないとへこみました。でも4年目になってやっとこのプルービングの症状がとても役に立つ素晴らしいものだと思えるようになりました。そして先生から学んだホメオパシーの病理は目からウロコものの素晴らしいものだと思います。卒業してからどうしよう…どうやってホメオパスとして開業したらいいのか…活動したらいいのか…世間から批判されはしないか…などなど不安や心配でいっぱいでした。でもこんなに素晴らしいメソッドを知っているのに自分のものだけにしてしまうのは、あまりにももったいなすぎる。私は私の出来るやり方で人々に伝えて治せるホメオパスになって行きたいと思いました。「本気で生きる」というこの言葉が深く胸につきささりました。この学校に入学して本当に良かったと今思っております。

●仕事をしながらの4年間は大変でした。最初はヤル気満々でしたが、転職、親の介護、夫の休職があり、やめてしまおうということも学年が上がるたびに考えました。レメディーを実際に取ったのは入学してから。ホメオパシー本も今だ頭に入らず、MMにとても苦戦しています。ただ薬漬けの生活から家族が抜け出せた事、特に夫のうつに薬を使わなかったこと、知らないことをたくさん知り、勉強不足の自分を痛いほど知ったことは、これからの私にとても力を与えてくれました。今はホメオパスにはなれません。まだ自分自身と身近な人を救う力がないからです。まだ勉強を続けていきます。ありがとうございました。

●続けられるのか…と思いながらも、友人に恵まれ、助けられて卒業までこぎつけることができました。かけがえのない友人達と出会えたことは人生に財産です。授業は難しく、勉強するのも大変でした。でもこの4年間で心の傷も体もずいぶん癒えました。自責、自己卑下、自己否定、私にはできるわけがない…という強い苦しい思いが、気づいたら、なくなっていました。充実した4年間でした。どうもありがとうございました。授業中に(時に最前列でうけた時)トラコ先生の美しさにいつも見とれて、講義がうわの空になるほどでした。「私が証明です」とTVCMにも出ていただきたい位です。どうぞますます若く美しく私たちのあこがれのとらこ先生でいてください。4年間どうもありがとうございました。

●私は最初の半年イブニングコース、実質4年半の学生生活でした。その間、自分の人生にたくさんのことが起き、たくさんがっかりし、泣き、そんな時間がありました。そんな時、いつもでホメオパシーが私に気づきをくれ、ささえになり、しなやかにのりこえてこられました。決してまじめな学生ではなく、来るだけで精一杯、最期の1年は子連れでノートも虫くい。でも、毎回授業でホメオパシーの知識がふえるだけでなく、今の自分に必要なキーワードが耳に入り、また、友人達からの温かさにふれ、ふりかえれば、充実した幸せな時間でした。4月から定期的に学校に来る機会が減ると思うと、とても淋しく、なんだか気持ちがふぬけてしまう感じですが近い将来、ホメオパスになり、諸先輩とのかかわりなど、また違う形で仲間とつきあっていけることが、楽しみにも思います。1年間子供連れのめんどうな生徒を、最後まで面倒みて下さりありがとうございました。子供もここに来るのを楽しんでいたと思いますし、私も最高の気晴らしでもありました。ホメオパシーがあったからこそ、子育ても楽しんでいられ、不安も少なくいられます。4年間ありがとうございました。本当にホメオパシーを通じて、生きることに大切なことを学べたと思います。

●4年間という超長編映画(ヒューマン)を見終わったような、ほっとするけど、本当に今日で終わってしまうのかという寂しい感じです。今後も度々学校に来て、DVDを見たり、強化合宿に参加したりと、お世話になりたいと思います。ありがとうございました。

●由井先生の授業も今日が最後と思うと、この4年間にあったいろいろな事が思い出されて、ぐっとこみ上げてくるものがあります。私にとってホメオパシー(RAH、CHhom)とは何か?をひと言で表現すると、「真実に近づくための手段(場所)」であったと思います。まず病気とは何か?治癒するとは何か?から始まり、より良く生きるとは?人間の欲望とは?農産物の安全性とは?といった、多くの大切な事を、本質から学ぶきっかけを与えて頂きました。もちろん、メディア業界、医療業界の裏側についても、自分にも大きく関わっている問題なんだという認識を与えて頂きました。さらには、生命とは何か?魂とは何か?人は何のために生きるのか?といった事についても、じっくり考えるようになりました。由井先生の本は、全て読ませて頂いており、メッセージはきちんと受け止めさせて頂きました。今後はホメオパシー、安全な食、根源意識との接続(信仰)を軸として、地球人の一人として、できる事を精一杯やっていこうと思います。由井先生、スタッフの皆様、本当にありがとうございました。

●最初は学校に行くだけで疲れていましたが、友達に会うこと、授業が楽しくて、あっという間の4年間でした。まだ最後という実感がありませんが、4年間通った自分を褒めてあげます。とらこ先生はじめ学校の皆様、学校のお友達、家族にありがとうございました。

●4年間本当にありがとうございました。3年間休学したこともあり、計7年かかっての卒業となりますが、あっという間でした。アトピーの好転反応を抱えながらの通学で心身ともに大変つらい状況でしたが、この学校にこられて本当に良かったです。真実を知ることがこんなにも力になるとは思わなかったです。もし心の底から自分が納得していなければ好転反応も乗り越えられなかったと思います。とらこ先生に出会えたこと、先生方、仲間たちに出会えたことに心から感謝しています。愛のある授業をありがとうございました!!

●あっという間の4年間でした。こんなに卒業したくない学校は初めてです。次男の相談会でお世話になって、あれよあれよという間に入学することになり、あれよあれよという間に卒業です・・・。RAHに入って本当に良かったです。とらこ先生と出会えて本当に幸せです。ホメオパシーに出会えて生きるのが楽しくなりました。これからも一生、勉強していきます!頑張ります!たくさんのことを教えてくださった先生方、サポートしてくださったスタッフの皆様、同期の仲間たち、支えてくれた家族に、感謝の気持ちでいっぱいです。人生の転機となる4年間でした。ありがとうございました。

●月に1〜2回の授業で、自分の成長を感じられることもなく、途中なかだるみした時期もあって、4年間長いなと思っていました。でも振り返ると入学式のこともしっかりと思い出すことができ、やっぱりあっという間だったなと。ホメオパシーという療法に出会い、今まで善・正と思っていたことが真逆になり、知らなければ良かったと思うこともあったけれど、やっぱり知らないことの方が罪なような気がします。自分自身の突発的に起こる怒りや悲しみ、体の不調への対処を知ることができて、これからしっかり対面していける。自分を癒し、他人を癒して行ける人になりたいと思いました。とらこ先生の大きな心に触れることができ、目標とする憧れる師に出会えて幸せでした。ありがとうございました。

●4年間あっという間に過ぎました。1年生、2年生のんびり楽しく学んだのですが、3/11がきていろいろ深く考えさせられ、ホメオパシーを学んでいてこれからますますその必要性を感じました。63歳以後の人生、ホメオパシーと共に歩んでいけることに感謝です。いろいろ教えていただいて感謝です。

●今までありがとうございました。入学に際しクラシカルへもいかず、無事4年間終えることができました。3年の時、体調が悪く、本当に留年しようか悩んだ時期がありましたが、いろんな人と神様のおかげで4年生にもなれました。SCIOではまだまだ「気付きの欠如」、「メンタルが原因」等でますが、気長にインチャ癒しを続けて行きます。先生大好き!!ありがとう!!卒業式は先生にハグしてもらいにいきまーす。

●ちょうどRAH、CHhomの移行期で(MMなど何々教えていただけるのか)カリキュラムがはっきりせず戸惑った時もありましたが、自分が知りたいと思った内容がちょうど授業であつかわれるということが不思議なくらい何度も起きました。また、ここでは人として大切なこと、魂の教育をしていただきました。4年間どうもありがとうございました。PS:自然農ランチありがとうございました。最近”人につくってもらうこと”を求めて、朝のモーニング、夕食をしょっちゅう外食していました。気持ち、心のこもっている食事ってこんなに美味しいんですね。感謝の思いでいっぱいです。

●4年間で2人も子供を出産しました。大阪校の先生方、スタッフの方々にはご迷惑をたくさんおかけしました。温かくサポートして下さりありがたく思っています。なかなか十分に勉強もできていないので、これからボチボチと私のペースでやっていこうと思います。3.11のこともあり、すごい時に学んできたなと思いました。ホメオパスとしてやっていく気はないですが、まず自分→家族からと思っています。自分が幸せになり、周りにも幸せが広がっていったらと思っています。由井学長、たくさんありがとうございました。私も愛あふれる人間目指します。菊田先生はじめ教育部の方、いつもご苦労さまでした。

●4年間長くて大変だと思っていました。今となっては4年間、人として成長するのに必要だったのかなと思いました。由井先生の話を通してハーネマンにも触れられた日々でした。MMの講義は1年次のものとかは物足りなさを感じるので再受講でもしようかと思います。

●4年目の最後のテスト勉強をするために、これまで4年間のノートを復習してみた。これまでわからなかったところが、あらっ理解できる!4年間、必死でとったノート、一言も聞き漏らすまいとどれほど早く書いても書ききれなくてじれた。下手な字で書いたノートの文字をパソコンで打ち直してきれいなノートに書き換えた。最後に出来上がった講義ノートは私のたからものだー。由井先生の言葉はノートのどこにあったかなとワード検索してみたら、出てきた。やった!「患者を愛せ。患者は治癒する。治すために知識を増やそうとする。」由井先生が講義の中に言われた言葉の一つですが、これからも学び続けて行きます。あリがとうございました。

●4年間本当にありがとうございました。こちらの学校ではホメオパシー以外にもたくさんのことを教えていただきました。そしてたくさんのことに気付かせていただきました。たくさんのケースの中で、決してきれい事で片付けられない人生のドラマを見ました。本当に貴重な4年間でした。卒業後も今日の気持ちを忘れず努力して他の人の治療の手助けができるホメオパスになるようにしたいと思います。今後ともよろしくお願いします。

●中身の濃い4年間の授業でした。UKも行ったし。遠方で通うのも大変でしたが、終わってしまうのはさびしいです。自分が4年間でとても変わったと思います。最後のDVDとコメントは泣けました。

●4年間終わってしまいましたね。入学した時は、4年という長さに気が遠くなりそうでしたが、あれよあれよと時がたち、今はなんて早い4年だったんだろうと思います。RAHがCHhomにかわり、RA,CKも先生方も初めての授業で、先生、私たちも混乱とともに授業が進んでいったと思います。自分が、どれほどレメディを、ホメオパシーを理解しいるのか、さっぱりわかりません。こんな状態で卒業して大丈夫なんだろうかと不安です。でも、とらこ先生の言葉を忘れずに、頑張っていきたいと思います。4年間、困ったことは、授業でわからないこと、ちょっとした疑問が誰に聞いたら良いかわからずにわからないままに過ごしてしまったことが多々ありました。(オルガノンの内容やCKの内容など)これはホメオパシーという療法の特性上仕方がないのかもしれませんが(本当に理解することは難しいですよね)、あらかじめ告知として、半日でも数時間でも質問コーナーがあるとよいなと思いました。RAHの13期は、いろいろ大変なこともあったけど、新しいこともたくさん見せてもらえて学ばせてもらえて、めまぐるしかったけど良かったと思います。本当に4年間、とらこ先生をはじめ、学校の関係の方々ありがとうございました。

●卒業試験の出来は今一つでしたが、解放感でいっぱいです。私は12期で入学し、出産で1年間休学し、13期で復学しました。その間にCHhom開校・ホメオパシーバッシング等色々ありましたが、ホメオパシーへの興味・奥深さに離れる事なく今日まで来ました。乳児を連れて広島から福岡への通学・お金の件・夫からの小言も楽でなかったし、勉強もどっぷり出来る環境ではなかったけれども、この5年間で得られたホメオパシーの学び・体験・友人たちはかけがえのない一生の宝になりました。学びの母のような愛を沢山頂きました。ありがとうございました。「あぁ、5年間自分は頑張ったなぁ。よく福岡まで通ったなぁ。えらかったなぁ」

●4年間本当にありがとうございました。入学の時、ここまで深い内容が学べるとは思っていませんでした。入学当初はホメオパシーを始めたばかりでした。その後、自分に色んな気付きや好転があり、どんどん体調も良くなり自分の人生が楽しくなってきました。それは、親や周りの人が感じる程でした。学校でどうして病気になるのかを学び、癌や怖い病気も怖くなくなりました。こういう勉強を子供の頃から出来たら不幸な子供や大人はいなくなると思います。もっとみんなが幸せになれるような世界になるように少しずつでも活動していきたいと思います。ありがとうございました。

●終わってしまえば、早く終わった様な気もします。また、試験も終わったので余計にほっとした気もします。本来ならもっともっと勉強しなければならないと感じています。基本的な事を学び実践への応用をしていく事で自分なりの自信もつくのだと思いますが、まだ実感が味わえない現状です。これまで学んだ事を元にこれからの人生の中で生かしていくようにして行くつもりでいます。それはレメディーの事だけではなく、考え方や生き方を含めて生かしていきたいと思っています。また、病気にならない為に日頃から心がけておくべき沢山の事を学んだと思います。正しい事は何なのかをこれからも追い求めて生きられたら、本来の自分に少しでも近づく事が出来るのではないかと考えております。ホメオパシーの勉強が出来たのも家族の理解があっての事だと感謝しています。

●4年間本当にありがとうございました。無事に終わった事に感謝です。家族の協力があっての4年間でした。子供達が母のわがままを受け入れてくれて本当有難いです。すごく有意義な4年間でした。お友達でホメオパシーに興味がある方も数名いるので、「4年制が無理ならファミリーホメオパスでも!」と心から進めています。ホメオパスとして活動するかという事よりも、通学している間に学びがあり、本人の為になる学校だと思います。CHhomの益々のご発展を楽しみにしています。

●この4年間新しい発見を次々にシェアしてもらえて楽しかったです。どんどん色々な改善をしてもらい、日々勉強になりました。TBRは本当に画期的でした。Zenメソッドも、癌の事も、今年度の発見は面白かったです。4年間でたくさんの変化があり、常に私も進化できたと思います。これからも立ち止まらず、色々な事をシェアしてもらいたいです。インナーチャイルドに目を向けてもらって、更に面白くなりました。今までレメディーに頼っていたインナーチャイルド。それを、自分で見つめなければならないという事を言われだして本当に良かった。レメディーに依存傾向が強かった人が、これで少しは良くなるのではないかと思いました。

●入学当時4年間続けられるか不安で一杯でしたが、学校に来るのが楽しくて、4年間通うことが出来ました。片道4時間のバス通学、我ながらよく頑張ったなぁと思います。4年間を通して自分があまりこだわらなくなったことが嬉しく思います。これから色々とあるでしょうがポジティブにとらえるようにして行きたいと思います。4年間ありがとうございました。

●実り多い4年間でした。楽しい4年間でした。数え切れないほどたくさんのことを教えていただきました。由井先生と、ホメオパシーに出会えたことに、こうして学校に通えたことに感謝しています。まだまだこれからだと思っていますので、どうぞよろしくお願い致します。ホメオパシー大好きです!!

●4年間大変お世話になりました。長いようであっという間の4年間でした。仕事をしながらの土日の受講、及び遠い所からの通学等々、途中で心が折れることもありましたが、何とかこなせる事ができました。これからも勉強を怠ることなく、ホメオパシーの普及に努めたいと考えます。4年間ありがとうございました。

●入学を決意したきっかけは息子(3ヶ月)のアトピーがひどく汗まみれ星人だった事、祖父のALSの意味が知りたかった事、母のリウマチを助けたい事、自分のアトピーを見つめたい事など家族の健康を守りたいと思ったからです。祖父は昨年他界し、晩年は延命治療の日々だったので、生きる意味や死ぬことへの意味を深く考えました。もっと早くホメオパシーに出会えていたら祖父を救うことができたのではないか後悔もしましたが、痛まず、苦しまずに他界できたことは神様からのプレゼントだったのではないかと思っています。4年が経ち、あの時赤ちゃんだった息子も4才になりすっかり元気でピカピカツルツルしています。「ママ行かないで」と泣く子に後ろ髪を引かれながらの通学は大変でもありましたが、4年間通えたことは私の人生の宝であり、自信になると強く思います。良い師良い友に出会えたことを心から感謝しています。

●4年間ありがとうございました。ホメオパシーを全く知らない状況で入学し、授業についていけなかったり、家族の協力がなかったり、大変な思いをしました。ですが…一緒に学んできた仲間と出会えたこと、とらこ先生に出会えたこと、ホメオパシーを学べたこと、本当に幸せです。これからも続けていきます。ありがとうございました。

●とらこ先生、スタッフの皆様、4年間本当にありがとうございました。自分の病気を治す方法を探すためにRAHに入学しました。一時は、大波にのまれて、RAHがなくなるのではないかと思いましたが、先生の大きな力で、今日まで勉強を続けられて、とても感謝してます。自分の症状はまだ続いていますが、これから勉強を続け、自分も家族も癒していこうと思っています。

●7年かけてやっと卒業です。RAHへは、ホメオパシーを学ぶ以上に人生の学びとして、通わせていただきました。仙台から東京へ通っていた時、小さい子を主人に預け向かいました。しかし、子供は母がいなくなることを知り、喘息がスクーリングのたびに出て休学。仙台校ができて嬉しかったです。しかし、DVD授業のまま、卒業への不安がありました。311のあの日、まさかあのような惨事が起こるとは…避難先を選択する際、RAHがあることを基準にしました。沖縄も考えました。沖縄のRAHの先輩とお話をし、生きていくには北海道だと選択しました。RAHに通っていなければ、今、私はここにはいませんでした。人生の大きな財産となりました。お世話になりました。

●長いと思っていた4年間でしたが、あっという間に今日の日がきてしまいました。病気をきっかけにホメオパシーと出会い、お金もないし…と迷いながら飛び込んだRAH。入学して本当によかったです。何がなんだか全くわからなかった一年生。二年生でバッシングがおこり、三年生では震災が起き、なだれのように過ぎた四年生。レメディをとるうちに何度もインチャにぶち当たり、時には自分を持て余してしまうこともありましたが、とらこ先生の言葉のレメディに励まされ、助けられ、少しは本当の自分に近づけたかなと感じています。この学校を選んだことで、前よりずっと楽に生きられるようになりました。黒い自分も受け入れ、罪悪感を解放することもできるようになりました。きっかけをくれた病気に感謝です。とらこ先生に感謝です。4年間本当にありがとうございました。これからもよろしくお願いします。ホメオパシーラブ!!

●今日という日が来たという事が信じられない気持ちです。授業の度に必ず学ぶものがあり、それを消化することで精一杯(結局自分を受け入れる事ばかりだったと思います)で、知識も経験もまだまだこれからです。自分と向き合うことでしかないと、心から思います。由井先生はじめ素晴らしい講師の皆さん、学校やショップのスタッフの方々のおかげだと感謝しています。ありがとうございました。

●私はホメオパシー療法を受けながらRAHに入学しました。1年生の半ば過ぎに好転反応が強くて体力がさがり、1年休学して現在の13期生として復学しました。ちょうど新しくMMが次々と新しく訳されて行く時期と、TBRを使ってのレメディー選出を行い、由井先生の三次元処方も始まりました。病理医を退職してからのホメオパシーの勉強は、アロパシーの医学と、ホメオパシー的考え方を自分の中で落ち着かせて行くのはかなり難しい事だったように感じます。記憶力の低下もひどくて、興味はありながらも足ぶみ状態が続いています。今はかなり体調も良くなっています。若い同級生が12期13期と2期にわたって出来たことは私にとっての宝物です。それより何より由井先生に出会えたことが人生一番のイベントです。講義もびっくりするような広範囲の内容で未だになかなか吸収できない位です。ホメオパスの資格をとるのはもう一つの課題として残していますので、これからもご指導頂きたいと思っています。また教育係の方々の資料作りやホメオパシー出版の方々のご助力に深く感謝いたします。ありがとうございました。

●私はRAHに入学するまではなんとなく流されて生きてきたように思いますが、なぜだかホメオパシーにすごく惹かれて、突然入学しようと決意しました。そして入学したら次から次へと苦しい事が起こり、それが誘因となって自分もアトピーが悪化してしまい、日々体力が落ちてきて、このまま死んでしまうのかと思うところまで気力も落ちてしまいました。ホメオパシーをやっているのにこんなひどい状態だし、3年生にもなって恥ずかしいという気持ちもありましたが、由井先生に助けていただき回復していき本当に感謝しています。今日最後の授業で苦しみを体験した人が相手の苦しみをわかるという話がありこの苦しみは必然だったんだと思いました。この苦しみを乗り越える為に私にとってのホメオパシーが必要だったと思います。この体験を生かしてホメオパスをやっていきたいと今心から思います。由井先生はじめ講師、スタッフの皆さま本当にありがとうございました。

●4年間一人ひとりの学生をあたたかく見守り、導きいただきましてありがとうございました。卒業したくないと思う学校はここが初めてでした!ありがとうございました!どの先生も大好きです!!

●この4年間、学費の工面、交通費の工面、仕事の工面、授業の日の子供たちと家事の工面、ホメの勉強、由井先生の処方についていく辛さ、自分のインチャの癒し、自分を見つめ直す、自分&家族へのレメディー投与など苦しくて苦しくて辛い4年間でした。でもそんな大きな苦しさよりも大きい、ホメの素晴らしさ、人間の素晴らしさ、世の中の問題へ立ち向かわなければならない大切さという宝物を学ぶことができました。この4年間本当にありがとうございました。

●4年間ありがとうございました。そして今日は心づくしの昼食もありがとうございました。4年間由井先生、片桐先生、新城先生、菊田先生のもとで学べたこと幸せでした。最初の1〜2年は何をやっているかわからず、処方も今の処方でなかったので書き写すだけで精一杯でした。(ほとんど説明を聞く余裕がない)資料をいただくようになってから少し聞きながらメモをとれました。MMは13期生からが始まりだったのですが3年生の終わり?から今のやり方になり、以前のやり方は特徴がつかみにくいので以前のレメディー(1、2年で習った)の資料が出来れば欲しいと思いました。4年生が終わる頃に何となくわかりかけてきたという情けない状態なので、いまからまだまだ勉強が必要だと感じます。ケースも全然進んでいません。(自分の中に好転反応の恐怖があって)私は卒業してはいけない生徒です…(涙)…。あと、名古屋校スタッフの皆さま、学生が勉強しやすい環境を作って下さり本当にありがとうございました。

●あっという間の4年間でした。4年間、仕事、家事、子育てをしながらよく頑張ったと思います。主人、義両親にはとてもお世話になりました。ホメオパシーに出会ってとても良かったです。まだインナーチャイルドコースに通っているので、卒業という気分ではないですが、寅子先生に会えるのは嬉しいです。

●あっという間の4年間。ノートや資料の整理が最後までできなかったのが反省です。卒業してからは少しずつ今まで習ってきたことのまとめをしていきたいと思っています。

●ありがとうございました。4年間。あっという間の…だけど、とても内容の濃い4年間でした。親子ともにホメオパシーに救われました。友達もどんどんホメオパシーの良さを理解してくれています。

●毎回泊まりで学校に来ていたので来るまでが正直面倒だったのですが、楽しい4年間でした。卒業しても勉強は続けたいと思います。

●4年間通うだけでも本当に大変でしたが、この4年間で学んだこと、手に入れたものは、本当に大きいです。とらこ先生の愛ある授業を受けられたことを本当に幸せに思います。4年間本当にお世話になりました。ありがとうございました。