ホーム > 2009年度 講義の紹介 > 東洋医学講座

≪最新講義の紹介≫




  2009年10月10日(土)
  講師:竹下文朗氏(鍼灸師、医療系専門学校講師)

  テーマ:「東洋医学の診断論」

  【東京校】


【札幌校】 【大阪校】



 

【講義の様子】
竹下先生による、東洋医学講座の第8回が行われました。 東洋医学の4つの診断法を軸とした、分かりやすくユーモアのあるお話に 今回もまた引き付けられ、あっというまの2時間でした。


【講義の感想】

●臍に気を送って頂き、自分は脈が弱くなり、友人は強く速くなりました。送っ てもらっている間は、臍の上あたりに押されるような感じがしました。

●今日の授業は良かったです。四診法もっと知りたくなりました。気を送ってい ただいた時お臍のあたりが押された感じを受けました。脈をみてみると最初より 強くなったらしいです。不思議な体験でした。

●身近な診断法をたくさん教えていただいて、とても興味深くあっという間の2時間でした。

●実用的で面白かったです。脈診・・・脈が強くなりました。ありがとうございました

●実用的な話題が増えてきて、とても楽しく勉強させていただきました。「証」の立て方についてもう少し詳しく教えていただけると幸いです。ありがとうございました。

●診断法の話であらゆる状態観察の大切さが理解できました。実生活に役立てたい。脈はよくわかりませんでした。