ホーム > 2009年度 講義の紹介 > 東洋医学講座

≪最新講義の紹介≫




  2009年8月1日(土)
  講師:竹下文朗氏(鍼灸師、医療系専門学校講師)

  テーマ:「東洋医学の人体の考え方U 血・津液・その他」

  【東京校】


【大阪校】 【沖縄校】



 

【講義の様子】
東洋医学第5回は「東洋医学の人体の考え方U 血・津液・その他」が行われました。 前回の復習から始まった本日の講義は、血・津液と五臓の関係や臓器そのものの東洋医学の考えを詳しく説明され、 また自分の手足に直接マジックでツボの位置の把握の仕方を書いていくといった体を使った講義を、 皆さん真剣に和やかに受けられていました。

【講義の感想】

●いつも楽しく分かり易い授業をありがとうございます

●難しかったですが、面白かったです

●5回授業を受けて、なんとなーく東洋医学のかけらが見えてきました。ありがとうございました

●東洋医学には、気・血・津液があり、そして五臓六腑がある・・・。という程度しかまだ理解出来ていません。(すみません、勉強不足です)常識で固まってしまった頭には、腎と腎臓の違いが分からず、かといって腎臓が何かもよく分かっているとはいえず。まだまだ勉強が必要ですね。