ホーム > 2009年度 講義の紹介 > RAH 13期生授業

≪最新講義の紹介≫




 2009年6月6日(土)
 講義担当:由井学長               
 「オルガノン講読@」

 

【仙台分校】


  【講義の感想】

●ハーネマンがこれらの考えをまとめるに至った経緯を想像するだけで大きなおどろきです。わからないことは、そのままでよい、とのこと。ありがたい言葉です。


●先生の例題を入れた解説は理解しやすい。ホメオパシー療法に限定するのではなく、人生の生き方・考え方をしさしていただき感謝しています。


●一字一句に、ハーネマンの想いが込められているから、自分なりよりもハーネマンを理解するよう注意したい。こんな大変な作業をして残してくれた事がすばらしくありがたく、私の一部に少しでも刻みたい。


●難しかったが、とても楽しく学ぶ事ができた。1つひとつ、オルガノンを説明して下さった事で、あらたな発見があった。


●教科書をかみくだいて説明していただいても、まだ理解できないというかピンとこないことばかりです。