ホーム > 2009年度 講義の紹介 > RAH 13期生授業

≪最新講義の紹介≫




  2009年6月13日(土)
  担当:由井学長
  「オルガノン購読B」

  【福岡校】



【東京校】


【大阪校】


【名古屋校】 【札幌校】 

  ■6月13日(土) 講義終了後、福岡校にて「由井学長を囲む会」が開かれました。

 

【講義の様子】
RAH福岡校からのライブ講義、テーマはオーガノン講読(part3) 自然病と人工病、同時に起こる二つの病気、そしてホメオパシーとアロパシー 各格言ごとに由井学長の解説、症例やエピソードを挟みオーガノンを紐解いて行きました。 -老廃物のたまりを溶かすには熱が必要であり、症状が出る。 それはバイタルフォースがその人を救おうとする、聖の営みである- 由井学長の熱の入った解説により一年生の理解もまた一歩深められたようです。 学生からの高度な質問が相次ぎ、由井学長と学生の白熱した質疑応答が繰り広げられました。

【講義の感想】

●今日はオルガノン購読に加えて、ケースDVDも何件か見せて頂き、たくさんのレメディやTBRが出てきて一瞬ついていけなくてどうしようかと思いましたが、相談に来られるクライアントさんの主訴から取りかかるのではなく、薬害の蓋を取ることからはじめなくてはいけないということを症例を通して理解することができました。薬害は身体的な症状だけでなく、性格も変容させてしまうというのは、自分のアトピーの体験からうなずけました。自分にもたくさんの薬害や蓋があると思うので、自分がホメオパスになる前にちゃんと蓋取り、解毒をしないといけないと思いました。ありがとうございました。

●ありがとうございました。他の土地で学ばさせてもらえるのは大変感謝しています。この学校で学ぶことが楽しいので、もっと他の教室でも聞いて同期の顔をより多く見たいと思いました。本日の講義で蒙古班のような青いカフェオレ班がその部位の不調を知らせるという事を知ることができ感動しました。

●やっぱりリアル由井先生はよかった。毎回ライブの東京の方がうらやましいかぎり。オルガノンの講義も3回目、少しずつ理解できるところが増えてきた。解るようにいろいろ考えてくださってるのがわかり感謝です。

●子連れなのでモニターでしたが、それでも廊下で学長先生から声をかけて頂き嬉しかったです。ありがとうございました。3次元処方の所が早くてメモするので必死でした。またいつか教えていただけるといいなと思います。その時まで「メモする、聞く」ことを大切に学んでいきたいと思います。一日ありがとうございました。明日もよろしくお願い致します。

●LIVEの講義は何だか時間をたつのが早いような気がしました。一つ一つを解放して頂いてありがとうございました。

●MM Pura…どう使うのか?読むのか?と思っていましたが、今日の授業で少し疑問が解けました。少しずつ頑張って読んでみます。

●MMPを読み始めてルービックの多さになかなかはかどりませんが、とにかく読むほどに少しずつホメオパシーに親しみを持っていけると思って少しずつでも時間を作りだしていろんなものに何度も目を通しながら牛歩であれレメディーもとっていきたいと思いました。

●ライブはやはり違う〜。由井先生のエネルギーをいただき、どうもありがとうございます。でも…やはり自宅学習が大事だという事で…楽しんで学びまーす。

●オーガノンの講読の講義があと1回ということで残念でならないのが率直なところです。もっと続けてハーネマンが真に伝えたかったことを学長の解釈で学びたいと感じております。来年もあるのでしょうか・・・?クライアントの改善のケース写真は、東京校ではとてもクリアに映っていましたので改善の写真が映し出されるたび、驚きの声があがっていました。由井学長、今日も楽しい講義をありがとうございました。

●まだまだ基礎をしっかりきっちり勉強していきたい。


●オルガノンを一人で読むのは大変ですが、ポイントの文表示や分かり易いイラストは助かります。ケースを見るのは本当は早すぎるとのことですが、あの実例のお陰でホメオパシーへの関心が更に高まっている面があるので、今後も是非取り入れていただきたいと思います。三次元処方をもう少し詳しく知りたいと思っておりましたので、今日の授業内容に含まれていたのは幸いでした。

●いつもオーガノンを読んで思うのは、古い感じがしないなあと。特に医原病、アロパシーに関することなど。質疑応答にあった由井先生の「人はいろいろな信念を持っている。ホメオパスの善を振りかざさないこと!」というのは今の自分にしみましおた。実家の母や、周りのママ達に対して私がいつも思ってしまう気持ちに対して。今でも聞いたことのあった「古い症状が戻ってくる」ことに関して今日はよくわかりました。よいことなんですね。

●前回のオーガノン購読までは全て新しいことだらけでついていくのが大変でしたが、今回になってそれぞれのパラグラフでも似ているところやつながっているところがあり、楽しくなってきました。さらに理解が深まりました。ありがとうございました。

●今まで罹患してきた病気を玉ねぎの皮をむくようにはがしていく場合に、順番ではなく、強く大きなものへとぶこともあるということがわかった。現代人にはいろいろな薬を摂っている傾向が強いため、まずは医原病のフタ取りをすべきであることがわかったのでJXセットを摂ってみようと思った。

●少しずつわかることが増えてきておもしろくなってきた。でもまだまだだと思いますが。

●授業はとても楽しいです。

●今日は「三次元処方」や「ケース」などが入っていて刺激になりました。相談会で処方されたレメディについて、検証してみようと思いました。

●主訴 水虫の事例がとても私の今の状態に似ていたのでびっくりしました。医原病の蓋が私にもあるのだなと気づきました。

●本日も熱い講義をありがとうございました。ケースを出していただいてすごくわかりやすく学べました。

●内容が濃く、まだまだ理解できません。いろいろなレメディーが出てくるのでこれからもっと勉強です。

●コツコツと地道に学ばなくてはいけないことがだんだんわかってきました。

●とりあえず頑張って書いてます。ありがとうございました。

●中年になってから周りでアレルギーになる人が増えたのはなぜなのだろう?と思っていた疑問が解けました。

●まだまだわからないことばかりでとらこ先生についていくのがやっとです。

●レメディーの基礎知識が少ない為、症例を出されてもなかなか理解できなかったですが、興味深かったです。

●ホメオパシーの奥の深さを、再確認しました。分らない事だらけですが、一つ一つ学んで行きたい。

●初めてでどうかと思ったけれど、大丈夫でした。臨床やはりあってよかった。私はケースのたびに生き返ります。(途中入学の学生です)

●相談会の進め方ー症状の出た順番でもなく、1番気になっている症状も、今回の免疫低下からくるものなら、医原病からアプローチしていく、そして昔かかった病気がもどってくる---ということ、処方のレメディーによって、どんどん良くなるという事が興味深かったです。

●寅子先生のケースは毎回興味深く拝見しています。今回はじめて3次元処方のことを教えてもらいわかりはじめてきました。ケーススタディもまだわからないところが多いですが、こうやって毎回どんどん見て聞いていったらわかっていくのだろうな〜と感じています。

●医原病の話は複雑なケースが多く、上手く理解できないところもありました。しかし自分のもつ症状のヒントになることも多く大変有意義でした。

●今日は原理以外にもケースや、三次元処方の話しがあり、難しかったです。

●先生の語りにはいつも引き込まれ、一日があっという間に過ぎました。臨床例を見ると、見が引き締まる思いがするのと同時に、いつか私にも出来るようになるのかな?と思います。

●先生のおっしゃるように、随所に臨床のDVD映像があると、刺激になってより興味深く講義を聴講できます。まだまだ全てを理解できませんが、コツコツと学び消化してきたいと思います。ありがとうございました。

●ありがとうございました。

●うちのこも蒙古反がお尻以外にもあります。さっそくカシノシンをとらせたいと思います。

●ホメオパシーはすごい世界だと思った。人の健康や、生きているということを根本から考えさせられます。

●相変わらず、さっぱりわからないです。2年後しっかり理解できるようにノートをとります。

●病気について全然無知なので今後勉強していかなければならないことを実感した。


●由井先生のライブで少し緊張しました。アロパシーとホメオパシーの違いを頭に入れて、自分の経験を通してコツコツ勉強していきます。今日は少し難しかったですが、動揺せず、自分でできることをマイペースでやっていきます。少し気合いが足りなかったようですので、MM・書籍を積極的に読んで覚えるようにします。いつも適切なアドバイスをありがとうございます。

●先生の講義を聞いたり、書きとることで精一杯で、まだまだ頭の中で整理できず、不安になります。年数をかけ学ぶことで分かるようになるという言葉に少し安心しました。

●スクリーンの絵で説明したところはとても分かりやすく理解できました。重要な要点がまだつかめでおらず、試験の準備がちゃんとできるか心配でもあります。

●楽しくてあっという間の一日でした。コツコツ基礎の勉強を一歩一歩やってゆきます。

●生で講義を受けられ、とても感動しました。まだ質問や意見さえもわからない状態で、あっという間の講義でした。コツコツ分からないことにとどまらず、勉強していこうと思います。ありがとうございました。

●今回はまったく眠くなりませんでした。毎回生で由井先生の講義を聞きたいです。