ホーム > 2009年度 講義の紹介 > RAH 13期生授業

≪最新講義の紹介≫




 2009年5月24日(日)
 講義担当:由井学長  
 「ホメオパシー用語」          

 

【仙台分校】



  【講義の感想】
●ホメオパシーを学ぶ上で基礎となる内容だったのでしっかり学ぼうと思いました。まだ馴染みのないコトバが多いので、繰り返し学習しないといけないですね。

●トラ子先生の黒板に書いてくださるイラストや症状の図式化が、理解の手助けになります。

●「わからない事をわからないままにしておく勇気を持とう」という寅子先生の言葉が印象的でした。1回目の授業より、そんな言葉が受け入れられるようになったかな・・・。

●MMPについてもアルポにしても、新しいもので非常に大変ですが、本当の意味でスタートの時期に入学させていただいたんだなーと思いました。