ホーム > 2009年度 講義の紹介 > RAH 13期生授業

≪最新講義の紹介≫




 2010年3月6日(土)
 講義担当:由井学長
 「ホメオパシー的病理@」

 

【仙台分校】



  【講義の感想】

●なるほどー!!の話ばかりでしたが、現代医学の知識(体のしくみなど)は、とても必要になってくるなぁと感じました。

●ワクチンが色々なところに深く影響をしている事が改めてわかった事で、より予防接種に対し考えさせられた。

●難しく何度も繰り返し学習しないと理解できない感じです。実際に見えてい る症状と、体内の免疫システムの働きがつながらないので、もっとしっかり理解しないといけないと思った。

●今までの免疫のイメージと違っていてわかりにくかった。