ホーム > 2009年度 講義の紹介 > RAH 12期生授業

≪最新講義の紹介≫




 2009年6月21日(日)
 講義担当:由井学長
 「TBR演習」

 

【仙台校】


 

【講義の様子】
12期生パートタイムコースの講義テーマはTBR演習でした。 治癒に導くレメディーを選ぶには、患者の出している症状を正確に判断し ルーブリック化する必要があります。この作業にミスがあれば正しいレメディー に到達することはできません。患者が訴える症状の中で、どれを重要視して ピックアップするのか。この難解な作業をPPTやDVDを使用しながら学んで いきました。

【講義の感想】

●昨日よりはTBRを使用して一つのレメディを選び出すということに少し慣れて きました。いかに相手の言葉をしっかりととらえ、又、必要な情報を得る事が大 切かと感じました。まだまだ自分が今後もやっていけるかの不安は消せません が、まず症状をTBRでひいてレメディを導き出すということをまずやってみたい と思います。

●TBRの演習は難しかったけど、おもしろい部分もあった。


●授業をうける度にホメオパシーの奥深さを痛感します。難しく、1回ではまとまりませんが、理解し、使いこなせるようになりたいです。