ホーム > 2009年度 講義の紹介 > RAH 12期生授業

≪最新講義の紹介≫




 2009年6月20日(土)
 講義担当:由井学長               
 MMP@ Acon., Ars., Mosch.」

 

【仙台分校】



  【講義の感想】

●楽しい授業をありがとうございました。ホメオパシーの深さをまたまた痛感させられた1日でした。

●事前に予習していなかったので、なかなか授業の内容を理解するのが大変だった。ケースとかを見て、本当に自分でできるのか、また授業についていけるのか不安になりました。少しでもついて行けるように事前に予習していきたいと思いました。

●MMPは、はじめての授業でしたが、DVDの時間が多くわかりづらいところがカバーされて良かったです。がんばって読んで自分の身につけてゆきたいと思います。

●マテリア・メディカ・プーラを予習するように言われていたのですが、どのようにしたらよいか全然わからず、読んでも症状のられつでよくわからなかった。でも、由井先生の講義をきいて読み解き方のポイントのようなものがわかり良かった。自分で勉強しなければならないという事実は、ちょっと大変だなあと正直思いました。

●プーラの内容がてんこもりなのでタイヘンでした(汗)。自宅で読んだだけでは症状の羅列でわけわかんなかったのですが、どう勉強していけばよいかなんとなくわかってきました。