ホーム > 2009年度 講義の紹介 > RAH 12期生授業

≪最新講義の紹介≫




  2009年6月13日(土)
  講義担当:由井学長DVD               
  「MMP@ Acon., Ars., Mosch.」

 

【東京校】


【大阪校】


【福岡校】

            

【名古屋校】 【札幌校】

 

【講義の感想】

●由井学長MMP@(DVD上映)に出席させて頂きました。MMPの講義がついに始まった!!という気持ちと始まってしまった…という両方の気持ちでした。まるで、大学院のような講義に目や耳だけでなく、皮膚でも吸収しなければと思うほど、今後のMMPの講義につながる内容の深い講義だったと思います。自分でまとめる作業がいかに大事かを思い知らされた講義でもあったので、今日の講義を次に生かせるよう、しっかり復習したいと思います。DVD上映ではありましたが、臨場感ある素晴らしい講義をありがとうございました。

●初めてのプーラのMMでとても難しいと感じました。シノプティックの方が簡単ということがよくわかりました。まずは簡単なものから取り組みたいです---。

●深い学びでした。今までのマテリアメディカと共に自分の中で、改めて整理したいと思いました。楽しい授業でした。ありがとうございました。

●ハードでしたが楽しい授業でした。DVDでしたが、直接授業を受けているような感じがありました。MMPを由井先生と一緒に読んだことで、ハーネマンと会話しているような気がしました。ハーネマンは面白い事を言っているなー。面白い人だと思いました。ハーネマン、好きです。Ars.も面白かったです。ありがとうございました。

●MMPの授業、初めてでとても興味深く、もっと勉強しなければと思いました。

●DVDでRXSの特徴的なタイプを見れて良かったです。工夫していただいて集中できました。

●1人で読んでみた時は退屈でしたが、講義を受けると結構楽しかったです。

●リアルで楽しかったです。ここまで探せば必ず見つかりそう。あとは時間ですかね。

●MMPを見たとたん不安になりましたが、由井先生が言われたように忍耐をもってがんばります。ありがとうございました。

●シノプティックマテリアメディカと違ってもっともっと詳しいというか、原文そのままで奥深さを感じました。ハーネマンを知るのは大変な道のりですが、今日はいつもより(すみません)濃い内容でまたわかりやすかったです。

●MMPの初めての講義でどのように進められるのかと思っていたのですが、とてもわかりやすかったです。

●MMの授業としてAcon.もArs.も2度目なのですが、MMの奥深さ、情報量の多さに圧倒されています。地道に忍耐を持ってライフワークにしていきたいと思っています。

●MMの情報が多すぎて本当にめげそうになります。しかし先生の「近道はない!」という言葉に少しずつ地道にやっていきたいと思います。