ホーム > 2009年度 講義の紹介 > RAH 12期生授業

≪最新講義の紹介≫




 2010年3月7日(日)
 講義担当:由井学長
 「AM:パートタイムコース進級試験 / PM:オーガノン、バイタルフォース、病気とは」

 

【鹿児島分校】



  【講義の感想】

●1年間のまとめになる授業をありがとうございました。今日の授業でも、進級テストでも、オーガノンを読み込めていないことを痛感しました。よくわからないところは、その都度、質問して理解していこうと思います。

●いつにもまして配布資料も多くいただき、それも大切なこれからに役立つもので嬉しく感じました。 若い人と同じようには進んで行くのが難しいことは、一応感じてはいますが、私は私なりにホメオパシーを役立て理解していくつもりですので、そのためにはできる限り良い情報をしっかり聞くことだと思います。ますます進化される由井先生に大きな期待を持っています。マヤズムがなんとなく少し理解が深まったと思います。感謝。

【1年間の感想】
●奥が深く難しいなぁとつくづく思います。1年前よりは確実に理解してきたとは思いますが、まだまだです。しかし、もっと深く、もっと確実に知っていきたいと、今日の授業とテストを受け感じましたので、この1年の勉強不足も含め、次年度はもっとしっかり自分のものにできるようがんばりたいと思います。

●この1年は家族の事情や、自分の排出があって体調が極端に悪くなったりして、ただただ授業だけは興味深く受けました。ということで家での勉強やレメディの摂り方もまだまだでした。今日のテストはきっと白紙で出さねばいけないかなと思うほどのこれまでの状況でしたが、それはそれとして私はホメオパシーをまだまだ勉強し、ホメオパシーとともに楽しみも充分持って人生を送るつもりでいますので、今後ともよろしくと、そして1年間多くの教えをいただき共感できたことを心から有難うございましたと言いたいです。

●今年はプーラが始まったり、初めてコングレスに参加したりと、新しい体験のできた年でした。初めはプーラに戸惑いましたが、新しいものにすぐに順応できない自分の性格を知れた気がします。今日はとても貴重な勉強であり、楽しくやれるようになりました。コングレスや日々の授業で、ホメオパシーは素晴らしい医療だと改めて感じいています。今日、由井学長のおっしゃってたレベルの高いホメオパスを目指して、コツコツとやっていこうと思います。