ホーム > 2009年度 講義の紹介 > RAH 12期生授業

≪最新講義の紹介≫




 2010年3月6日(土)
 講義担当:由井学長
 「マヤズム(慢性病論)B」

 

【鹿児島分校】




 
  【講義の感想】

●肺と心臓病・腎臓との関係、結核だけでなく、疥癬病も深く関わってる等、色々なつながりがあり難しかったです。Zinc.によって湿疹が出たからこそSep.が効いた、湿疹が出る前だと効かないだろうと・・・。将来はこのように深く考える事が出来るようにならないと・・・。と強く思いました。

●2年生も終わりに近づき、今日のマヤズムの授業で私も本格的に深いところを治していけるようになりたい!と思いました。慢性病にじっくりと取り組めるようにしっかりと勉強していきたいです。

●表面的な理解しか出来ないということをこの頃強く感じます。レメディーの事もあれこれと考えることばかりが多いので、もっと地道に試す事を心掛ける事をこれからの課題にします。それにしても、先生のお話はいつも素晴らしくて楽しいのです。今日の授業では只単にケースのところでLyc.とPuls.を予想してそれが当たったことを嬉しいと感じました。でももっときちんと勉強するつもりです。