ホーム > 2009年度 講義の紹介 > RAH 12期生授業

≪最新講義の紹介≫




 2009年12月20日(日)
 講義:ロジーナ・ゾンネンシュミット氏講義 2日目
 「肝臓エネルギーのスピリチュアル的重要性、ケース」

 

【鹿児島校】



   
 

【講演の感想】

●ロジーナ先生のセッションを拝見すると、すべての人が特別な存在ということを強く感じました。私が、ホメオパスになったら・・・ということだけでなく、普段からそうやって人に接せられる人になりたいです。

●レメディー処方についても勉強になりましたが、ロジーナ先生のポジティブな面に目を向けたカウンセリングも興味深く勉強になりました。

●ロジーナ先生のクライアントに対するアプローチの仕方とか、自分の一貫した姿勢とかが伝わってきて学ぶところの多い授業でした。未熟な自分にもいつかその状況が来ることを期待して、忘れないようにしたい。